湖麺屋 リールカフェ


ラーメンランキングをみる

口コミ
ほうとう風ラーメンは海無し県山梨の味です
tatu8343(55) [携帯電話番号認証済]
2020/03最終訪問
★★★☆☆3.2
(詳しい評価)

★★★☆☆3.2
2020/03訪問
山梨県の有名ラーメン屋さんに美味しいラーメンをいただきに行こうと、ドライブです。
この計画は前から持っていたのですが、何だかんだで、遅くなってしまいました。
予定は”湖麺屋 リールカフェ”さんと”中華蕎麦うゑず”さんです。
万が一の臨時休業も考えて、”蓬来軒 本店”さんも候補に入れています。
”湖麺屋 リールカフェ”さんは、私の知る限りでは山梨県で最初に“食べログラーメンEAST百名店”に2019年になって選出されたお店です。
それまでは”中華蕎麦うゑず”さんに続くような立ち位置でしたが、2019年になってTopに躍り出たようなイメージです。

先ずは山中湖畔にある“湖麺屋 リールカフェ”を目指します。
横浜・横須賀道路に乗り、保土ケ谷バイパスを通り、横浜町田ICで東名高速道路に乗り、御殿場ICで降りて山中湖に向う計画でした。
しかし、狩場JCTで、渋滞に会ってしまいました。
平日にも関わらずの渋滞で、後で知ったのですが、やはり交通事故です。
ここで渋滞が始まるのはこの先、保土ヶ谷バイパスは全線ノロノロ運転になってしまいます。
ナビを見れば下の道に降りろとの指示です。
致し方なく、新保土ヶ谷ICから一旦下の道に降りて16号線沿いで横浜町田ICを目指すことにしました。
横浜町田ICで東名に乗ったのが、10:50です。
新保土ヶ谷ICを降りたのが、9:47でしたので、1時間超かかっています。
通常、10~15分程度ですので、大きなロスでした。
(時間はETC利用照会サービスからのデータ)
御殿場ICを降りたのが11:40で、こちらは標準タイムです。
国道138号線で籠坂峠を抜け、国道413号線(マリモ通り)で山中湖に着いたのは12時過ぎです。
大きなロスが有ったのですが、天候も非常に良くてまずまずです。

湖畔の駐車場に止めます。
大きな駐車場です。
町中のお店と異なり、車を止めるのに気を使わずに済むのは、本当に嬉しいです。
道路の反対側に立て札が、その先の高台に、テディベアワールドミュージアムと一緒に有るようです。
高台には童話にでも出て来そうなオレンジ色のお洒落な建物が建っています。
本日の青い空、湖の青、松の木の緑にオレンジ色の建物は、メルヘンチックで非常に映えます。

お店の前には、待ちのお客さんが1名、スマホを見ています。
入口に行くと、“ウェイティング シート”が置いてあります。
ウェイティングシートの前には、パウチされた貼紙があり、大凡の待ち時間の目安が書いてあります。
トップシーズンですと、最長で2時間程にもなるとのことです。
待ち時間が長いことに対し、了承、同意を求める但し書きです。
現在、待ちの先客は1名です。
全然問題は無く、同意し、“カタカナで名前、人数1名”と記入して待つことに・・・

運が良かったか?5分程でお店の中に入ります。
券売機の横にはメニューの一覧のボードがあり、色々と説明が書いてあります。
事前に決めていたのは“野菜と有機豆乳の味噌ラーメン”です。
限定10食、山梨名物の“ほうとう”を感じさせるラーメンとしてこのお店の1番の売りと読んでいたからです。
しかし、券売機でのボタンの位置は左から3番目でナンバー3のようです。
メニューボードを見ても①が正油、②が塩で、③として書かれています。
別に平日限定として“豚煮干ラーメン【正油/塩】”が有りました。
どうも、“野菜と有機豆乳の味噌ラーメン”の扱いは低いように思えてきました。
色々と悩み、考えたのですが、これはきっとサ(砂糖)・シ(塩)・ス(酢)・セ(醤油)・ソ(味噌)の順番で、塩と醤油の位置が違いますが、味噌が最後なのはラーメンに取っては仕方が無いのかと思い、折角、山梨に来たのだからとして、甲州名物ほうとう風ラーメンとして、食べることにしました。
プラス味玉の食券を購入。

傍で待ってくれていたスタッフへと食券を渡します。
その際、スタッフからは「“野菜と有機豆乳の味噌ラーメン”にはもともと味玉が付いていますが・・・よろしいですか?」・・・・・少し、考えたのですが玉子が好きなので、「玉子2個で構いません。・・・」と回答。
指定されたのはカウンター席です。
壁に向ったカウンターへ座ります。

お店の湖側は全面ガラスのため、店内は明るく窓からは山中湖が一望できます。
そして天井が非常に高く、シーリングファンが回っていてお洒落感を演出しています。
レイアウトは壁に向った一列カウンターに6人分の椅子が用意されています。
窓側のテーブルは4人掛けが4卓ありますが、1卓は窓ガラスに突き当てており、3人しか座れません。
壁にはお洒落なジーンズシャッツや鈴木英人が描いたような絵画が飾られています。

スタッフに席を案内されるときは、1人、2人の場合はカウンター席に案内されます。
中途半端にカウンターが埋まっていたときに1人で来た人が、一旦はテーブル席に案内され、座っていたのですが、途中でカウンター席に変わるようスタッフから、お願いされていました。(指示?)
カウンター席は壁に向いていますので、折角の表の景色が台無しです。
また、カウンターの上には調味料は無く、箸箱に上にナフキンと爪楊枝が置いてあるだけです。

出て来るのが遅いなと思っていると、後から来た人の“正油ラーメン”が先に届いています。
メニューに依ってかかる時間が違うのであろう~・・・

先に座っていた隣の若い人も先に“レアチャーシューライス”が先に届き、ラーメンが来るまではと、最初は我慢していたようですが、ついに食べ始めてしまい、最後まで食べてしまいました。
その後、(特製?)正油ラーメンだけで食べています。
表情はよくわかりませんでしたが、気持ちがわかるような感じです。
でも、美味しそうです。

前後しますが、その隣のカップルの男性は“甲州地鶏つけソバ”です。
麺の色が綺麗、チャーシューが分厚い、ジューシー、美味しそうに食べている。
メニュー変更すれば良かったのかな、っと少し、・・・・

25分程で、やーっと着丼です。
金属の容器に入れた調味料としてのトウガラシが一緒に来ます。
調味料を卓上に置かずに、お客さんが頼んだメニューに合わせた調味料を料理と一緒に提供しています。
狙った味以外の余分で、間違った調味料はお客さんと言えども使わせない。
・・・料理人らしい拘ったスタイルだと思います。
野菜たっぷり、豆乳でミルキーな味噌ラーメン。
入ってる野菜は確認できるだけでもニンジン、ズッキーニ、カボチャ、タマネギ、インゲン、ニンニク、芽キャベツ、その他アサリやチャーシューなども入ってました。
その上に、糸トウガラシと特製焦がしネギが乗せてあります。
野菜と豆乳と言う健康的な食材を多く使用した濃厚そうなラーメンです。

色々なものが融け込んだスープは複雑な味です。
2種類の甲州味噌と四国産御膳味噌、数種類のスパイスが融け込み、そこに豆乳が入り、まろやかで、優しい味噌味のスープになっています。
濃厚ですが、クドさは無く、豆乳の独特な匂いは殆ど感じません。
レンゲの動きが止まりません。

特注された麺はラーメンにしてはかなり太めの平打ち麺です。
やはりほうとうを彷彿させます。
コシもあり、美味しいのだとは思いますが、麺の小麦感を感じたいラーメン感覚で言えばスープには敵わないようです。
でも、“ほうとう”は麺にもスープの味を染み込ませた煮込み料理です。
ここでは、“山梨名物ほうとう仕立て”としていますので、煮込んだ“ほうとう拠り”にさせているのだと思います。

アサリが入ってはいましたが、2個です。
これは正解だと思います。
言い方が難しいのですが、アサリはホンの少しの味付けだけで、海、漁業系の味を押さえ、
山の方のラーメン、野菜タップリな農業系のラーメンとしての濃厚な味を演出しているのだと思います。

私には少し、濃過ぎる味でしたが、何故か体が欲するようにスープも全て飲んでしまいました。
禁じ手の完飲です。

ラーメンの出て来る迄の時間が長かったのですが、行列覚悟のことを考えればNo Problemです。
しかし、カップルの男性が食べていた“甲州地鶏つけソバ”は本当に美味しそうです。
基本の醤油、塩も美味しいに違いない。
駐車場も広いし、平日やトップシーズンを外して再訪しようと思います。
▲ページトップ

湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:本日いただいたのは、野菜と有機豆乳の味噌ラーメンと味玉2個(デフォルトにも味玉は付いている。) 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:山中湖際の駐車所を降りると、反対側の高台にCaféが有ります。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:テディベアワールドも併設されています。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:高台には童話に出て来そうなオレンジ色のお洒落な建物が有ります。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:青い空緑の松の木とオレンジ色のカフェ 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:非常に良い天気の日でした。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:お洒落な暖簾です。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:LAKESIDE NOODLE KITCHEN 湖麺屋 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:待ち時間の長さ、席についてはスタッフの指示に従う。了解の上、Waiting Sheetに名前を書く。 湖麺屋 リールカフェ - メニュー写真:SOUP STYLE-ラーメン-メニュー 湖麺屋 リールカフェ - メニュー写真:DIP STYLE -つけソバ- & RICE MENU-ごはんもの-メニュー 湖麺屋 リールカフェ - メニュー写真:親切な説明書きがいっぱいの券売機 湖麺屋 リールカフェ - メニュー写真:メニューの一覧(Menu  Board) 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:甲州地どりつけそばの召し上がり方 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:液体の風味が素晴らしいSpecialityCoffee 湖麺屋 リールカフェ - メニュー写真:GALVANINA社製オーガニックドリンク 湖麺屋 リールカフェ - 内観写真:天井の高いお洒落な内装です。 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:高い天井にはシーリングファンが回っています。 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:壁に飾られたJeans Shattsu 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:EIZIN SUZUKI’s ART 湖麺屋 リールカフェ - 内観写真:カウンターは大きな一枚板 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:カウンターの上は、箸箱と楊枝、ナプキンだけで調味料は置いていません。 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:お洒落な丼です。 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:野菜たっぷり、豆乳でミルキーな味噌ラーメン 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:デフォルトでも味玉は付いていました。 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:ホウトウ風の平打ち麺 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:太い平打ち麺とスープが良く絡みます。 湖麺屋 リールカフェ - 料理写真:味玉はしっかり目の半熟玉子です。 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:スープの濃さに惹かれ飲み干す。 湖麺屋 リールカフェ - 外観写真:山中湖テディベアワールドミュージアムは隣です。 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:広い駐車場が水海のそばにあります。 湖麺屋 リールカフェ - その他写真:駐車場から見える南アルプス
⇒もっと見る

湖麺屋 リールカフェの口コミをもっと見る(171件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆☆3.2
昼:料理・味 :〓〓〓==3.2
昼:サービス  :〓〓〓==3.2
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.2
昼:CP   :〓〓〓==3.2
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



tatu8343さんの他のお店の口コミ
御食事処 スズキ (新横浜、菊名/うなぎ、すっぽん、魚介料理・海鮮料理)
真っ赤に焼けた備長炭の上に、うなぎの脂がポタポタと、坂東太郎(大)を美味しくいただきました。
★★★☆3.7
 2020/09

華正樓 高島屋新横浜店 (新横浜/北京料理、中華料理)
具が多く、優しくあっさりした塩味の“海鮮あんかけそば”を熱々で美味しくいただきました。
★★★☆3.6
 2020/09

とんかつ 明石 (新橋、汐留、内幸町/とんかつ、かつ丼・かつ重)
植物性油だけで揚げているとんかつは軽やかです。そしてお肉の旨みが・・凄い!!
★★★★4.0
 2020/08

tatu8343さんの口コミ一覧を見る(191件)


湖麺屋 リールカフェのその他の口コミ

ラルフ ワタナベ(8)
★★★★4.0
 2020/08


なめこ_777(0)
★★★☆☆3.0
 2020/08


自称食通我が道を行く(168)

 2020/08

⇒もっと見る(171件)
▲ページトップ



ラーメンランキングをみる


口コミ(171)写真メニュー
評価店舗情報地図


湖麺屋 リールカフェトップ
食べログトップ
食べログ > 山梨 > 富士五湖・忍野・富士吉田 > 山中湖・忍野 > 湖麺屋 リールカフェ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.