桃天花


三河島の担々麺ランキングをみる

口コミ
担々麺ブームの今、敢えて再評価したい名店
タム6000(1608) [携帯電話番号認証済]
2018/04最終訪問
★★★☆3.7
(詳しい評価)

★★★☆3.7
2018/04訪問
担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)

日暮里方面で遅めのランチ。
そういえば桃天花に久しく行ってなかったなぁ、と2年半ぶりに三河島。
ここの担々つけ麺は10年前くらいにドハマリし、以後も定期的に食べたくなるんですよねぇ。

平日13:55到着。前客2、後客1。
券売機がめちゃくちゃ調子悪そうで、札を入れたのに何も起こりませんw
店員さんに言って口頭でオーダー&現金でお釣りをもらいます。
ここへ来たらマストだった50円の「切り落としチャシュー」は前回相当ボリュームダウンしていたので今回はパス。
ちなみに、汁なし担々と餃子がレギュラー落ちしてましたね。あのオーロラソース入りの汁なし旨かったんだけどなぁ。。

テーブル席へ着席。全体的にお店の空気はまったりしてます。
壁のTVを見ながら待つこと5分ほどで着丼。
ホッ、お店の雰囲気は変わりましたが料理は変わりないですね。
極辛にしたのでラー油が表層を覆った担々スープ。麺は平打縮れ。上に刻み海苔。

では麺から。
約10年前、このお店をスターダムへ押し上げたのは、かの浅草開化楼の不死鳥カラス氏。
客入りに悩む中華店だったこのお店に対し、カラス氏が提供したのがこの「チー麺」。さらにメニュー構成等にもアドバイスを与え、当時の開化楼ブームにも乗って大変な行列店になったんですよね。
形状は中太平打。しっかり冷水で〆られ、モッチリとガッチリを併せ持つ歯ごたえ。
麺味もしっかりしており、今食べてもいい麺だと思います。ゆるい縮れでもって担々つけ汁の絡みも抜群。
麺量は並で240gだったかな?必要十分な量です。

そして、カラス氏が惚れ込んだという担々つけ汁は相変わらず個性的!
この手のお店でありがちな「クリーミー」なトロトロ感とはちょっと違い、やや粘度のあるつけ汁の中に、粗挽きの胡麻や肉片?のザラザラした素材感がある個性的な口当たり。
味わい的には、芝麻醤の白ゴマの甘く香ばしい風味と動物系白湯スープがベースとなり、そこに五香粉等のエスニックな中華スパイスと辣油の辛味が組み合わさるような構成。さらに、奥の方に節?っぽい風味も感じられ、独自性が極めて高いんですよね~。ちと温いのはいつもなので、そういうこだわりなのでしょう。

辛味は辣油で足されるようで、表面には赤い油が。ただコレ、それほど辛くなく、辛いのが好きな方は迷わず極辛にして問題ないと思います。辛さよりもむしろ口当たりの強さとかコクを足す感じの使い方に近いかも。
胡麻の甘みとコク、スパイス感が強めに先行する印象で、つけ麺のスープとしてはもうちょっとだけ塩気が合ったほうが引きが強い気がします。
初めて食べた時の旨さに対し、時間が経つにつれ緩やかに劣化している気がしないでもないけど、俺の舌が変化しただけかもしれないし、まだまだ戦闘力は残ってるかな。

つけ汁には半熟玉子、チャーシュー1枚、メンマ、そして青菜。
半熟玉子ってもともと入ってたっけ?味わい的には凡庸ですがあるとうれしいですね。
チャーシューは箸で持つとホロホロとほぐれるバラ煮豚スライス。メンマは薄切り、中華屋さん的なベーシックな味わい。
青菜は小松菜をシャキッと湯がいたもの。ほろ苦さと食感がいいですね。

ライスは小でもしっかり250g程度はあり、これで50円はホントうれしいですよね(これでも以前より減ったw)。
残ったつけ汁をご飯にぶっかけて担々雑炊にして食うと、なかなか最高な気分になれます。
麺だけでもそこそこお腹にたまるので、腹パンパン、大満足でごちそうさま。

一時期のブームも去り、今は昔通りの路地裏の落ち着いた中華食堂に戻った桃天花。
味的な魅力はまだ廃れていないので、細く長くでいいので続いてほしいですね~。

というか、最近都内に広まりつつある担々麺ブームの波にのり、再びスポットライトを浴びたりしないかなぁ?
ここの担々つけは、都内の担々麺の名店と比較しても十分太刀打ちできるだけの個性があると思います(担々麺も旨いけど、担々つけ麺の方が個性的なのでオススメ)。
最近のブームで担々麺が好きになった方たちに、一周回った今、オススメしたい名店です。

--



★★★☆3.8
2015/10訪問
今日の晩飯は三河島あたりで。
そういえば、最近「桃天花」さん全然行ってないなぁ。。。
大好きなお店ですが、最近あまりいい話を聞かないので、ここらで定点調査しておきますか。

ということで、休日19:30到着。前客0、後客1。
なんか。。。空いてますね(-_-;)

お店入り口の券売機で、定番「担々つけめん」をポチ。
あと、ここに来たら外せない「切り落としチャーシュー」「ライス」もポチ、と。
食券を出すタイミングで「極辛」でお願いします。
#これまで極辛は裏メニュー(頼めばやってくれた)だったのですが、レギュラーオプションになったようです。
そういえば、昔は夜の部のみ極太麺に変更できたんだけど、今はどうなんでしょう?貼り紙が消えてるな。。

ちなみにホールの優しそうなお兄さんは昔と同じですが、厨房の方が変わってますね。

待つこと10分ほどで着丼。
うん、見た目はこれまでと同じですね。
なんかいろいろ入ってそうなオレンジ色の担々スープの表面にはたっぷりのラー油。
麺はこのお店のブレイクのきっかけとなった浅草開化楼のもの。

まずは麺を一口。
しっかり〆られたモチモチの平打麺は、麺味もしっかりで、さすが開化楼といった味わい。

さてお次はスープ。
最近劣化したとの噂を聞いていたので心配していたんですが。。。しっかりした動物系の旨味にたっぷりの胡麻の香ばしさ、そして五香粉のエスニックな香りが加わり、構成は昔と変わらず悪くないですよ。ぬるいのも相変わらず(-_-;)
極辛にするとラー油がたっぷりになり、じわっと舌に来る辛さがいい感じ。
ただ、昔食べた時のような感動があまりないのは。。。食べ慣れたせいかな?まぁでも、言われるほど劣化はしてない印象で一安心。

ただ、スープに沈んだ切り落としチャーシューは、明らかに量が減ってたような。。
まぁ50円のサービスメニューだから、日によって量にムラがあるのは仕方ないですね。

小ライスが着丼した時に気づいたのですが。。。ここの小ライス、かなりボリュームあるんだった(300gくらい?)orz
並の麺量もそこそこあるので(240gくらいかな?)、プラスこのライスだと、相当腹にたまりますねw
ということで、相当腹パンパンになってごちそうさま。

ちなみに、担々系は昔とそう変わった感じはしなかったのですが、家族が頼んだカレーつけめんは、以前の物と全然印象が変わってたかも。
以前は、あくまで担々のスープに野菜ゴロゴロのカレーをブレンドしたような感じで、両方の融合具合が素敵すぎたんだけど、今のやつは、カレー粉を溶かしこんだ白湯スープみたいな雰囲気で、辛さもなく平坦な味わいで。。。これは残念ながら大きく劣化と言っていいかな?

今後こちらに来た時は担々一択で行きたいですね。

--

担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円)+小ライス(100円)

今日のランチは三河島!
ということで、前回早じまいを食らってしまった桃天花に久々のリベンジ!

平日14:10到着。前客3、後客0。
一時期の猛烈な開化楼プッシュ(カラスさんプッシュというべきか?)により一躍スター店となったこちらのお店ですが、最近の客入りはだいぶ落ち着いてきたんですかね。テレビの音が流れる中、まったりとした下町食堂的な空気。
このお店はこれまで何度もお邪魔していますが、担々つけ、カレーつけ、汁なし担々をひたすらローテーションしていたんですよね。ということで、今日は担々麺に初挑戦してみましょう。
また、担々系には外せない小ライス、そしてボタンが点灯していればラッキーな「切り落としチャーシュー」もポチし食券を提出。このタイミングで「激辛」をコール。

待つこと10分ほどで着丼。
うん、久々に見るこのスープ、めっちゃ旨そう!
独特の海老茶色のスープの表面にはラー油が膜を貼っており、その上には肉味噌、何らかの粉末、青菜、そして切り落としチャーシュー。

ではスープを一口。
うん、相変わらず旨いです。ただ相変わらず温いですね。。。
ベーススープは豚鶏メインで、特に豚が強め。旨みはかなりしっかりしているけれど同時に雑味も感じ、結構荒削りでワイルド感あります。
粘度は高めでドロリとした食感。塩梅はジャスト。方向性としては、先日食べた「むら田」さんの太麺担担麺Gのスープの中華度を高めて野趣強めにした感じかな?
この重心の低い動物系スープをベースに、たっぷりの芝麻醤でまったりとしたコクを加え、自家製のラー油でハイを引き上げるという「正統派担々麺」の構成。ただ全要素が骨太なので、かなり分厚いインパクトに仕上がっていますね。五香粉等の中華スパイスな風味も強めに香るのもこちらの特徴。

肉味噌はゴロゴロ肉片が残るものではなくフレークタイプ。口に入れると鮮烈に花椒が香ります。
また、その隣の粉末的なものはフライドガーリックの粉末でした。全体が混ざると、当然ながらさらにニンニク効果でパワーアップ。
なお、辛さは激辛指定でもピリ辛程度です。辛党は「極辛(店内には表記なし)」がオススメですね。

麺は開化楼の丸断面細縮れタイプ。
茹で具合はジャストでシコシコとしたコシが楽しめるもの。その縮れのおかげでスープの持ち上げも十分。
加水は低めで、後半スープを吸って若干モッチリとした歯ごたえになりますね。麺量は180g程度。
つけ麺と同様最初のスープは温めなんですが、麺がアツアツなので全体を撹拌するとちょうどいい温度になるようです(つけ麺は構造上冷める一方なのがイタイところ)

青菜は小松菜。担々麺というとチンゲンサイなイメージですが、こういった和食材も違和感なく溶け込んでいますね。シャキシャキの食感と仄かな苦味がいい清涼剤。

また、ここに来たら頼まないと損な切り落としチャーシューは、その名の通り、ロース系煮豚の端豚をゴロゴロと投入してくれる必須オプション。担々麺にチャーシューって普通入らないのが定番だけど、当然合いますし肉々感アップでうれしいですよ。むっちりした食感としっかりした肉の旨みがいい感じです。

固形物完食後、当然担々雑炊!
今回はスープにライスをぶっこむのではなく、残ったスープをライス側へ投入して調整。

うん、当然ながら鉄板の仕上がり!ここに温泉卵でも入れたら最高なんだろうなぁ、と思いつつサクッと完食、お腹パンパンでご馳走様でした。

トータルで見て、相変わらずの個性が光る、荒削りだけどガッツリ楽しめる「中華出身担々麺」な一杯。やっぱり「三河島に桃天花あり」ですな!
ここで汁ありは初めて食べましたが、なかなか気に入ったかも?
いつの間にかカレーの汁ありバージョンも登場していたので(昔はなかったような記憶なんだけど。。)、次回はこれで決定。

--

▲ページトップ

桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(790円)+ライス(100円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(790円)+ライス(100円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円)+小ライス(100円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(790円)+ライス(100円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(800円)+小ライス(50円)
桃天花 - メニュー写真: 桃天花 - 料理写真:担々つけめん・極辛(790円)+ライス(100円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:担々麺・激辛(750円)+切り落としチャーシュー(50円) 桃天花 - 料理写真:最後は坦々雑炊 桃天花 - 料理写真:最後は坦々雑炊
⇒もっと見る

桃天花の口コミをもっと見る(115件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆3.7
昼:料理・味 :〓〓〓==3.7
昼:サービス  :〓〓〓==3.0
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.0
昼:CP   :〓〓〓==3.5
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



タム6000さんの他のお店の口コミ
Dining Bar TAO 新店 (新橋、御成門、汐留/居酒屋、からあげ、ダイニングバー)
評判どおりの爆盛唐揚げ定食。量が食べられる人なら満足度高め
★★★☆3.6
 2020/11

エム (高山/つけ麺、ラーメン)
フレンチ出身、変わり種の無化調高山中華そば
★★★☆☆3.4
 2020/11

龍王 (浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、田原町/餃子、中華料理、ラーメン)
丁寧な仕事を感じる裏観音マニアック街中華
★★★☆3.6
 2020/11

タム6000さんの口コミ一覧を見る(1704件)


桃天花のその他の口コミ
桃天花で 坦々つけ麺(並) 食べました♪
ムッツ(1206)
★★★☆☆3.3
 2020/11

担々つけ麺
トトロンのほぼラーメン日記(346)
★★★★4.0
 2020/10

じゃがいもごろごろのつけ汁。
meatboy(184)
★★★☆3.5
 2020/09

⇒もっと見る(115件)
▲ページトップ



三河島の担々麺ランキングをみる


口コミ(115)写真メニュー
評価店舗情報地図


桃天花トップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 千住・綾瀬・葛飾 > 町屋・南千住 > 桃天花 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.