煮干そば 流。


十条のラーメンランキングをみる

口コミ
スッキリ朝流。
ボッチ飯上等(45) [携帯電話番号認証済]
2021/01最終訪問
★★★★4.3
★★★★4.3
(詳しい評価)

★★★★4.3
2021/01訪問
2度目の緊急事態宣言に対して、こちらは朝ラーと通し営業で対応するとの事で訪問。

最初の緊急事態宣言の時は「テイクアウト」と「通販」、「鍋ラー」で対応。どちらも定着して「鍋ラー」はテレビでも取り上げられたていました。

今回は営業時間を7:00~11:00、11:00~20:00に区切ってメニューを変えた通し営業をするようです。
お店にとっては休憩や仕込みの修正無しのハードモードですが、お客にとってみれば新しい「朝ラー」や、オフピーク時間に食べる機会が増えるありがたい対応です。
当然こちらの事なので、朝ラーと通常メニューは味も変えてくるはず。

訪問したのは朝ラータイムが終わるギリギリの時間。この日は日本テレビのスッキリの取材があったようで、対応された店主さんは今の時間が一番眠いとおっしゃってきました。今日の収録は1月11日(月)8:30~9:00に放送されるようです。

「朝流。」とネーミングした朝ラーメニューは「朝ラー(具なし)」¥600とチャーシュー、メンマ、海苔がトッピングされた「朝ラー(具あり)」¥700の2種類。麺量は通常よりちょっぴり少なめの150g。追加トッピング各種と白飯もあります。

注文は「具なし」¥600に「味玉」¥120。朝ラーは現金精算です。

提供された朝ラーはシンプルな外観。スープもいつものガツンと煮干しを感じるものではなく、スッキリした中に煮干しを感じるよう調整されています。
自家製中太麺は変わらず、真ん中に乗せられた小ネギがきれいです。
スープがスッキリしたので麺の味が良くわかるようになったのと小ネギが良い味を出してくれるのがわかります。

食べ終える頃には通常メニューに戻って、次々とお客さんが入ってきました。ごちそうさまです。

2021年1月13日(水)追記
スッキリの放送は少し延期されて本日9時過ぎから放送されました。
朝ラーの他、鍋ラーも紹介されていて、店主さんのインタビューもしっかり放送されていました。

★★★★4.3
2021/01訪問
あけましておめでとうございます。
皆様はラーメン始めはお済みでしょうか?

今年も癒しを求めて煮干しからスタートします。
1月2、3日は振る舞い酒のサービスがあります。

ある程度混むことを予想して14時過ぎに到着しましたが外待ち4名。すぐに5名が後ろにつきます。さすが人気店。

食券を買ってから並ぶシステムなので先に券売機で「煮干しそば」¥800と味玉¥120を購入。

案内の順番が近づくと店員さんが食券を回収に来ます。半券を返されるますが、これは後でカウンターに上げて注文の確認に使用します。

席へ案内されると振る舞い酒の案内がありましたのでもちろんいただきます。

小振りの升いっぱいに注がれたお酒は「群馬泉」群馬県太田市の酒蔵のもの。飲み口がいいのでおかわりをしたくなりますが、ほぼ下戸なのでこの量が適量。

カウンター越しに提供される煮干しそばはこちらの定番メニュー。煮干しの苦味を残しながら嫌みのない醤油味にまとまっているスープと中太自家製麺が美味しいです。少し強めの味付けも日本酒と良く合います。

食べ終える頃にはお酒が適度に回っていい心地。
今年も良いラーメン始めになりました。ごちそうさまです。

★★★★4.3
2020/08訪問
ラーメン屋さんの夏メニューは冷やしだったり辛味だったり趣向を凝らしてくれますが、こちらは辛味とスタミナのストロングスタイルです。

日曜日午後、先客は6人。順当です。食券を買って最後尾に並びます。

今回は当然「スタミナ(限定4)」¥930と相性の良さそうな「メンマ飯」¥220。

ここの案内は丁寧で手際がいいです。
席が空いてくると食券を回収に来るので、自分が案内されるのが近いことがわかります。複数名のお客さんには隣り合う席が空いたタイミングで案内されます。
大盛りやニンニク少なめなど券売機にない追加オーダーはこのときに伝えます。

スタミナは見た目どおりニンニクとニラの香りがしています。
崩すのが惜しい盛り付けですが、よく混ぜて、混ぜて、混ぜて…いただきます。

想像通りの辛旨。ニンニクの後から煮干しもきます。途中、メンマ飯とセットのスープで舌をリセットしながら麺を完食。
トッピングの細かく切ったチャーシューやたれがそれなりに残るので追い飯をお願いします。
最後はマイルドにごはんを味わいたかったので、少し残しておいたメンマ飯も丼に投入。再びよく混ぜて、混ぜて、混ぜていただきます。
メンマの味わいが加わった追い飯は最強。ゆっくり味わい、最後にスープを一口飲んで締めました。

夏バテしそうな時はまた食べに来ます。ごちそうさまです。

帰宅して何を食べたのか判ってしまうフレーバーは休日仕様だと思います。

★★★★4.3
2020/07訪問
基本メニューはお店の実力だと思っています。

今回は飲んだ後の〆の一杯としていただきます。

券売機で食券を購入しようとしたところで「お帰りのお客さんをお通しください」の声掛け。すれ違えない通路をお互い気持ち良く利用するためのお店の配慮。「流。に来たなぁ」と思える時です。

今回は基本の「煮干しそば(並)」¥780。麺量は170gです。

ラーメンの出来上がりを待つほぼ満席の店内。ちょっと狭いけど居心地のいい空間です。

煮干しそばは炙ったバラチャーシュー、たっぷりのメンマ刻みタマネギ、アクセントにナルトのシンプルかつ充分なトッピング。
火の通ったチャーシューは温かくして食べたいので最初にスープに沈めておきます。

強めの味付けのスープはストロング系煮干し出汁をしっかり感じます。
このスープにはこの麺がいいとしか思えない相性。
ト コリコリしたメンマの歯応え、スープで温められたチャーシューのホロホロ感、刻みタマネギの爽やかさで煮干しそばが完成していきます。

久しぶりに食べた基本メニューでこちらの美味しさを再認識しました。
ちょっぴりアルコールの入った胃がおかわりを希望しているようですが、おとなのお腹は八分目。一番美味しいところで〆ておきます。ごちそうさまです。

★★★★4.3
2020/07訪問
マスクは便利です。
髭を剃り忘れても隠せるし、ニンニクを食べても迷惑をかけない…はず。

このところ2号店に行っていたので久しぶりの流。
賄いで食べているニンニクたっぷりの油そばを限定メニューで提供するというSNSの告知を見て寄ってみました。

平日の夜は案外空いていて、空いている席に通されます。
この情報量の多いコンパクトな空間も好きです。

注文は「ニンニキーな油そば(限定メニュー)」¥830と「肉飯」¥280。大人なので、腹八分目の並盛り170gです。
いつもならメンマ飯なのですが、ニンニクに負けない味の強さで炙りチャーシューたっぷりの肉飯を選択。

ニンニキーはシンプルな油そば。マスクを外すとニンニクの香りが心地好いです。
混ぜるとさらにニンニキー。
煮干しより強いニンニキー。

途中で肉飯を頬張るとチャーシューとご飯とニンニキー。
最後にスープでさっと口直し。
2号店より先にやんちゃなメニューを提供してくれる流。に感謝。

こういうメニューを心置きなく食べられるマスク生活もたまにはいいものです。ごちそうさまです。

★★★★4.3
2020/06訪問
ジオラマやりますとSNSで告知されていたので訪問。

鹽(シオ)・辣(ラー)・麻(マー)の要素と煮干しそば・煮干しそば(鹽)・もやしそば・辛湯などこれまでの限定ラーメンを思い浮かべる事ができる様子を模型で表現した「ジオラマ」と名付けたとのことです。

雨模様でしたが外待ち6名ほど、限定3¥900と味玉¥120、メンマめし¥220の食券を購入して最後尾に付きます。
今回は同行者がいたので煮干しそば(並)¥780に味玉¥120も追加です。

雨の中、お店のかたが食券の確認と丁寧に案内をしてくれます。ありがたい。

ジオラマの見た目は確かにこれまでの限定をどこか思い出させる様々なトッピング。鹽ベースのスープ。見えるように盛り付けられた辛味。流。の限定メニュー総集編のようです。
食べても様々な味が次々と楽しめます。
メンマめしとの相性も相変わらずいいです。

同行者の煮干しそばのスープをも最初に味見。定番メニューは安定した味で安心できます。

今回も楽しい限定メニューごちそうさまです。

近々オープンするという2号店も楽しみです。

★★★★4.3
2019/12訪問
12月は味噌の月最終週は「味噌煮込そばウマニ」。
ベーシックな味噌、ネギ味噌、辛ネギ味噌と徐々に辛くなってきたので、どう纏めるのか楽しみに訪問しました。
仕込みの都合で18時からの提供という事で夜営業にうかがいます。限定5のボタンは¥980。辛ネギと同じお値段。メンマ飯¥220は味噌味の締めにいいと信じています。
バラ肉、白菜、ちょっぴりニンジンのウマニは背脂を浮かせた味噌スープと合わされて優しい表情です。
白菜は適度なシャキシャキ感を残しながら甘味を感じる程度に煮込まれています。スープは最初の週に食べた味噌煮干そばより麹が加わったような柔らかさを感じます。麺にもよく絡み中太麺は甘味すら感じるような気がします。
寒い夜に熱々のウマニ。最高のごちそうです。
スープを少し多めに残してメンマ飯に取りかかります。このスープはピリ辛メンマと白飯に合わないはずはありません。
満腹&満足で完食しました。
4週連続限定味噌ラーメンメニューはそれぞれ個性的で、どれも美味しく、この季節にぴったりの企画でした。年内はウマニの提供ありとの事ですので、もう一回食べに行こうか悩んでいます。ごちそうさまでした。

★★★★4.1
2019/12訪問
味噌煮干ラーメン月間3週目は「辛ネギ味噌煮干そば」。
価格はネギ味噌より¥50アップの¥980。サイドメニューはやはりメンマ飯¥220。現金で辛ネギ増しもできるようです。
今週のネギは辣油で和えられて辛味を増しています。スープには背脂が散りばめられて、先週とは違う味を期待させてくれます。
まずはスープから。濃厚な味噌と煮干が背脂でマイルドになりました。
辛ネギをひとつまみ。辛いです。
辛ネギをスープに沈めて麺をひとすすり。甘味を感じるような気がします。
辛さがバランス良く変化するこのローテーションは、無限に食べられそうです。
しっかり炙られたチャーシューと適度な歯応えのあるメンマをアクセントに食べているとすぐに完食してしまいそうです。
ここで一息いれてメンマ飯に取りかかります。
残したスープは背脂と辣油で程よい辛さ。メンマと白米に良く合います。メンマが好きならこちらのメンマ飯は外せません。
食べ終わるとうっすら汗ばんでいました。
寒い日にいただく辛ネギと味噌と煮干の組み合わせはとても嬉しいです。ごちそうさまでした。


★★★★4.2
2019/12訪問
先週から始まった味噌煮干ラーメン月間第2週めは「ネギ味噌煮干そば」。今日から新鮮なネギスライスがトッピングされます。価格はプラス¥100の¥930。今回のサイドメニューは白飯¥100と生卵¥50。

先に生卵と白飯が到着。TKGにしたいところですが麺の到着を待ちます。すぐに麺到着。早速、生卵を投入。麺を持ち上げ丼の底に沈めます。
スープは先週より煮干を感じるようになったように思えるのは気のせいでしょうか?
やや濃いめの味付けのスープはネギでスッキリした味わいになるので麺→ネギ→スープのローテーションがとても気に入りました。アクセントに炙りチャーシュー、メンマを頬張りながら食べ進んだところで沈めておいた卵を崩します。スープがマイルドになり、ちょっぴり半熟風になって麺に絡んできます。
麺を完食して残ったスープに白飯を投入…しないで別々に食べる白米至上主義です。味噌+卵のスープを口にした後の白米の甘味が好きです。今回も美味しくいただきました。ごちそうさまです。

来週からの辛ネギのことを聞いている常連さんもいて人気の高さをうかがわせます。辛ネギ増量オプションも期待できそうなので、辛ネギフリークは必食です。
来週はどう食べようか今から楽しみです。

★★★★4.1
2019/12訪問
12月の限定メニューは週変わりで味噌ラーメンにバリエーションをつけて提供してくれるとのことなので、第1週目のベースとなる「味噌煮干そば(¥830)」を食べに行きました。
到着は19時過ぎ。外待ちなし。食券を買ってカウンターの端に着席。メンマ飯¥220は自分のデフォルトです。
見た目は普通の味噌ラーメン。スープを口に含むと味噌、煮干、ニンニクが香ってきます。これは美味しいパターン。煮干を巧く合わせたなぁ。
麺は安定の自家製麺。トッピングは炙りチャーシュー、メンマにナルト、刻みネギにパラッと唐辛子がまぶしてあります。生卵のトッピングかTKGも合うのではないかと思いながらメンマ飯をワシワシいただきます。ピリ辛のブラックペッパーが振りかけられたメンマは味噌ラーメンとも相性がいいです。
来週から徐々に辛味に振れていくようですが、どう食べさせてくれるのか楽しみです。来週もまた来ます。ごちそうさまです。


★★★★4.2
2019/11訪問
火曜日は「流。」の定休日で「逆流。」の営業日ですが、「流。」開店5周年という事で雨ニモマケズとのコラボ限定メニューを提供すると聞いて訪問。
到着が19時過ぎになったので出遅れたと思ったら何とか間に合って待ち列3番目。
券売機は限定メニューの「チャルメラそば¥830」のみ。大盛りは不可。「ラーメン屋の鶏ちまき¥300」はカウンターで現金注文。
鶏ちまきはすぐに到着。以外と大きいです。続いてチャルメラそば到着。モヤシとコーン、固茹で玉子、モモ肉の角切りチャーシューがクラシックなイメージ。いつものメンマが流。っぽさを感じさせます。
スープを一口すすると、食べ慣れた煮干しと鶏の味がミックス。この辺りが雨マケとのコラボなのでしょうか。ちょっとレトロな感じとぶれない流。の味がいい感じで新鮮です。
ちまきは常温で提供されましたが、もちもちの食感とラーメンぽい味。鶏とネギ、シメジが入っていて単品メニューでもいい感じです。
少しスープを残して麺を完食。ちまきをスープと食べるともちもちがふわっとしていい食感で鶏感が増します。
ちまきが美味しかったのでテイクアウトさせていただきました。
この日のためのBGMも昭和レトロで美味しくて楽しい5周年でした。

★★★★4.2
2019/10訪問
毎年恒例の燕三条系限定メニュー「煮干スワロー」。今年も食べてきました。
到着は14時過ぎ、待ち6人。いいペースなので食券を買って最後尾の椅子に座って待ちます。店員さんが食券を回収しに来たら間もなく案内されます。複数で来店したお客さんは並んで座れるよう配慮してくれるところも好感が持てます。
席に案内されるとほどなくスワロー到着。スープに軽く背脂が散らされて岩のりがトッピングされています。まずは岩のりをスープに沈めてスープを一口。背脂に負けない煮干しが口いっぱいに広がります。スワロー専用の中太麺は自家製麺。もちっとした口当たりが強めのスープに良く合います。みじん切りの玉ねぎも口をさっぱりさせてくれます。
スープを少し残してメンマ飯に取りかかります。スープと白飯、メンマが煮干し味と相性がいいです。
今年のスワローは明日まで。麺切れを出さないよう、営業中も製麺していたので今日は大丈夫でしょう。
食べ終わって外に出たら待ち列が20人近くになっていました。人気メニューなのだと改めて思いました。
何より今年もスワれて良かったです。ごちそうさまです。


★★★★4.2
2019/10訪問
趣向を変えた限定メニューで楽しませてくれるこちらですが、火曜日のセカンドブランド立ち上げのためか今週は限定メニューがありません。
レギュラーメニューで何がいいかを考えると全部になってしまいます。この時期にしては暑かった今日の気分でつけそばを選択。メンマ飯と味玉は必須です。そのまま食券を渡すと醤油味なのですが、今回は鹽味をリクエスト。
麺は中太のやや縮れた感じでクセのない食感なので、少し強めの鹽味のつけ汁が良く合います。小振りなつけ汁の器にはチャーシュー、メンマなどが盛りだくさんなので最初は麺を少しずつつけて食べることになります。細切りにしたチャーシューは麺と一緒につかんでも違和感なく食べられます。鹽味、いいです。
途中まで食べ進んでメンマ飯で一休み。粗挽き胡椒のかけられたメンマがとても好みです。
残りの麺を一気に食べてスープ割りをお願いします。「濃いようでしたらおっしゃってください」の心遣いが嬉しいですが、今日は少し汗をかいたので濃い目くらいがちょうどいいです。スープ割りとメンマ飯を交互に食べると無限に食が進みそう。鹽味が癖になりそうです。
食べ終えるのが惜しいと思いながら完食。
レギュラーメニューがしっかりしているから限定メニューの変化が楽しめることを実感しました。
ごちそうさまです。

★★★★4.2
2019/09訪問
朝晩は涼しくなったけど昼間はまだ暑い日が続いているこのタイミングで冷し中華を提供してくれる流。好きです。
日曜日の昼時とあって外待ち8人。食券を買って待ち列最後尾に並びます。ここのお客さんは概してマナーがいいように思うのはお店の接客に依るものなのかもしれません。
注文は冷し中華¥880とメンマ飯¥200。
ここのメンマ飯は好物なので、追い飯がつかないメニューを食べる時は追加注文をしています。
冷し中華の見た目は紅生姜とキュウリが乗ってカラシが添えられた冷やしラーメン。
スープを一口飲んでみるとやはり煮干しが口に広がります。麺をひと啜りしても煮干しです。キュウリを口に運ぶと冷し中華の雰囲気。紅生姜をひとつまみ口に放り込みとさらに冷し中華。カラシをスープに溶いて一口。もう冷し中華。
スープを少し残して一気に完食。残したスープでメンマ飯をいただきます。やはりこちらのメンマ飯をはずしてはいけないと実感。
今回の限定も大変美味しかったです。ごちそうさまでした。

★★★★4.2
2019/08訪問
Twitterで見た限定麺「油そばスタミナ」の画像があまりにも美味しそうだったので食べに行きました。
到着時快晴の中待つかどうか迷う先客8名…食券を買って待ちました。
食券を渡すときに「ニンニク入れますか?」と聞かれるたので「お願いします!」と即答。ちなみに辛さも調整可能とのとの事ですので、辛味が苦手な方も食べやすいかも。
席に着くと地元の常連さんと調理中の店主さんが軽く世間話をしているのに良く遭遇します。この雰囲気が結構好きです。
手際よく盛り付けられた麺はスープと一緒に提供されます。
相変わらずきれいな盛り付け。色味も食欲をそそります。まずはよく混ぜます。さらに混ぜます。麺にタレとトッピングが絡むとニンニクとニラとタレの香りが立ち上ってきます。これが美味しくないはずはなく、一気に麺を完食。
残った(残した)タレとトッピングに追い飯をお願いするのがもうひとつの楽しみ方。
今回も美味しくいただきました。
地元に根付きながら新しいお客も来店しやすいメニューを提供してくれる間口の広さがこちらの魅力だと思います。お店の間口は狭いですけど…。

★★★★4.2
2019/04訪問


★★★★4.0
2019/03訪問


★★★☆3.9
★★★★4.2
2015/05訪問
十条のラーメン店、流。、雨ニモマケズ、貴の3店コラボ限定麺最終バージョンは雨ニモマケズの塩ダレに貴の鶏清湯スープ、流。の煮干し出汁の塩ラーメンとのこと。
お店に到着したのが午後1時頃。待ち列は5人ほど。限定麺があるかどうか微妙なタイミングです。
券売機を見ると限定はあるようなので、メンマめしと一緒に食券を買って列の最後尾に並んで待ちます。
ここの案内の方は手際がいいのであまり待ち時間が気になりません。
ほどなく店内に案内されるとすぐに限定麺「十条そば」が提供されます。もちろんメンマめしも一緒です。
十条そばはまずネギが目を引きますがその下から煮干しの香りが立ち上ってきます。
スープを口に運ぶといつもの煮干しが前に出てくる味とやや違う鶏が上手く合わさったまろやかな味です。この味にはネギが合いそうです。
チャーシューとスープも相性がよく、ネギを少しずつ麺と一緒にすすりながら一気に完食。
他店の味を見事に取り入れた美味な一杯でした。
ごちそうさまです。
▲ページトップ

煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - メニュー写真:朝流。メニュー 煮干そば 流。 - メニュー写真:カウンターの調度 煮干そば 流。 - 料理写真:朝ラー¥600+味玉¥120 煮干そば 流。 - その他写真:日本テレビスッキリから2020年1月13日放送 煮干そば 流。 - その他写真:日本テレビスッキリから2020年1月13日放送 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - その他写真:振る舞い酒のお知らせ 煮干そば 流。 - ドリンク写真:振る舞い酒「群馬泉」 煮干そば 流。 - ドリンク写真:振る舞い酒 煮干そば 流。 - 料理写真:煮干しそば(並)+味玉¥800+¥120 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - 料理写真:カウンターの調度 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - 料理写真:スタミナ(限定メニュー)¥930 煮干そば 流。 - 料理写真:麺アップ 煮干そば 流。 - 料理写真:全貌 煮干そば 流。 - 料理写真:混ぜたあと 煮干そば 流。 - 料理写真:追い飯 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - その他写真:麺の量 煮干そば 流。 - 料理写真:調度 煮干そば 流。 - 料理写真:煮干しラーメン(並170g)¥780 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - 料理写真:カウンターの調度 煮干そば 流。 - 料理写真:ニンニキー(限定メニュー:並盛170g)¥830+肉飯¥280 煮干そば 流。 - 料理写真:ニンニキー 煮干そば 流。 - 料理写真:肉飯 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - メニュー写真:限定メニューの案内 煮干そば 流。 - 料理写真:煮干しそば(並)¥780+味玉¥120 煮干そば 流。 - 料理写真:ジオラマ¥900+味玉¥120 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマめし¥220 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - 料理写真:味噌煮込そば「ウマニ」¥980 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - 料理写真:味噌煮込そばウマニとメンマ飯 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - メニュー写真:12月の限定メニュー 煮干そば 流。 - 料理写真:辛味噌煮干そば¥980+メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - 料理写真:辛味噌煮干そば 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - 料理写真:白飯¥100+生卵¥50 煮干そば 流。 - 料理写真:ネギ味噌煮干そば¥930 煮干そば 流。 - 料理写真:ネギ味噌煮干そば+白飯+生卵のフォーメーション 煮干そば 流。 - 料理写真:生卵は麺の丼に入れてみた 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - メニュー写真:外のメニュー 煮干そば 流。 - 料理写真:味噌煮干そば(限定メニュー)¥830 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - メニュー写真:限定メニューの案内 煮干そば 流。 - メニュー写真:5周年限定メニューの案内 煮干そば 流。 - 料理写真:チャルメラそば¥830+ラーメン屋の鶏ちまき¥300 煮干そば 流。 - 料理写真:チャルメラそば 煮干そば 流。 - その他写真:ラーメン屋の鶏ちまき 煮干そば 流。 - 料理写真:鶏ちまき 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - その他写真:食券 煮干そば 流。 - 料理写真:煮干スワロー¥900 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - メニュー写真:店頭のメニュー 煮干そば 流。 - 料理写真:つけそば(中)鹽¥830+味玉¥120 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥220 煮干そば 流。 - 外観写真:外観 煮干そば 流。 - その他写真:食券 煮干そば 流。 - 料理写真:冷し中華¥880 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥200 煮干そば 流。 - 外観写真:外観(外待ちの椅子から) 煮干そば 流。 - 料理写真:油そばスタミナ¥900 煮干そば 流。 - 料理写真:追い飯は料金に含まれます 煮干そば 流。 - 料理写真:つけ麺(中盛り)¥800+味玉¥100 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥200 煮干そば 流。 - 料理写真:油つけ麺+限定辛ネギトッピング¥780+¥200 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマご飯¥200 煮干そば 流。 - 料理写真: 煮干そば 流。 - 料理写真:十条そば(¥800)*流。、雨ニモマケズ、貴3店コラボ限定麺。 煮干そば 流。 - 料理写真:メンマ飯¥200 煮干そば 流。 - 料理写真:油そば¥640と生玉子¥50とメンマ飯 煮干そば 流。 - 料理写真:油そばに生玉子投入 煮干そば 流。 - 料理写真:油そばかき混ぜ後 煮干そば 流。 - 料理写真:冷そば
⇒もっと見る

煮干そば 流。の口コミをもっと見る(379件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.3
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.4
夜:サービス  :〓〓〓〓4.2
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.2
夜:CP   :〓〓〓==3.8
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.3
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.4
昼:サービス  :〓〓〓==3.8
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.2
昼:CP   :〓〓〓==3.4
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:~¥999
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



ボッチ飯上等さんの他のお店の口コミ
ケンボーノ (清瀬/ピザ、パスタ)
ピッツァランチ
★★★☆☆3.2
 2021/02

コーヒーハウス チロル (清瀬/コーヒー専門店、喫茶店、洋食)
良い雰囲気の喫茶店
★★★☆3.6
 2021/02

エフトゥ シズ (清瀬/カフェ)
清瀬がんばるお店応援キャンペーンを使ってみたテイクアウト編
★★★☆☆3.4
 2021/02

ボッチ飯上等さんの口コミ一覧を見る(448件)


煮干そば 流。のその他の口コミ
十条駅近くのあっさり煮干そば。太麺と炙りチャーシューが旨い!
ケンタンスン(112)
★★★★4.1
 2021/02

百名店の朝ラー(朝流。)のお店!午前7時〜
RIGURAHI(1060)
★★★★4.0
 2021/02

店の外まで煮干しが香る煮干しそば❗
もえあつ(445)
★★★☆3.7
 2021/02

⇒もっと見る(379件)
▲ページトップ



十条のラーメンランキングをみる


口コミ(379)写真メニュー
評価店舗情報地図


煮干そば 流。トップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 大塚・巣鴨・駒込・赤羽 > 十条 > 煮干そば 流。 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.