肉とワインと旬の食材のフランス田舎料理◎
ビストロ ル マリアージュ

口コミ
日本酒の奥深さとイタリアンの懐の広さがマリアージュした夜。
オビキン(1390) [携帯電話番号認証済]
2019/06最終訪問
★★★★4.2
(詳しい評価)

★★★★4.2
2019/06訪問
 今夜は「日本酒ナイト」に参加しました。たまに「ワイン会」や「日本酒会」などを開催しているようです。

 日本酒とイタリアンのマリアージュ、とあって皆さんワクワク顔でテーブルについています。日本酒は、六本木「長谷川栄雅」の若手ソムリエ・坂本雅俊氏が、今夜の各料理に合う日本酒を準備して駆けつけて下さいました。6種類の個性的な日本酒と、吟醸酒リキュールがスタンバイです。

1
料理 「プーリア産ストラッチャテッラとフルーツトマト」
日本酒「居谷里(いやり) 純米吟醸 山廃 直汲み」北安醸造(長野県)

 ブッラータチーズの中身の部分だけを、塩や生クリームと混ぜたクリーミーなチーズだそうです。これをフルーツトマトに合わせたイタリアでは定番の料理です。
 トマトとクリームの甘味と酸味に合わせる、スタートの酒は「居谷里」。これ、すごい! 何という濃さ! 白ワインをお米で作ったような、カーッとくる味です。カーッ! ヘヴィな一撃です。こんな重厚な日本酒があるんですね。美味いっ。

2
料理 「稚鮎のフリット 胡瓜のソース」
日本酒「雑賀(さいか) 吟醸 大辛口」九重雑賀(ここのえさいか)和歌山県

 希少な食材となってきた稚鮎。川釣り好きの私には嬉しい一品です。胡瓜のソースがまたいいですねえ。
 合わせるは「雑賀」。「九重雑賀(ここのえさいか)」という酒蔵が食中酒として開発されたそうです。これは、いわゆる一般的な日本酒らしい味、と表現していいと思います。ただし、芳醇。親しみのある味のお酒です。
 炭酸割りにもしてくれましたが、なかなか合うもんですね。新しい発見でした。

3
料理 「天草産津本式仕立てカルパッチョ」
日本酒「江戸開城 純米吟醸 無濾過 生原酒」東京港醸造(東京都)

 ボラ、スズキ、しまあじを津本式でさばき、マリアージュのマスター曰く一番旨味が出る6日目の刺身だそうです。イチ推しはボラ。なるほど。甘味、食感、共に上物です。
 江戸開城は大田区「東京港醸造」さんのお酒です。このお酒は女性の舌を意識したフルーティな味です。大田区の酒蔵なんですね。飲みやすさはここまでで一番ですね。カルパッチョの白身刺身の淡白な旨味を押さえつけない、いい意味でクセのある喉ごしです。

4
料理 「カニクリーム クロケット」
日本酒「篠峯 どぶろく 生」千代酒造(奈良県)

 クロケット、つまりコロッケです。すげえクリーミー! 一人一個じゃ足りませんて。
 ここで来ました、どぶろく。こ、これは! すげえ。甘味、などという甘ったれた味はありません。瓶蓋の開け方を気をつけないと、爆発して半分以上吹き出してしまうそうです。それだけ瓶の中で熟成されているそうです。それだけ酸味の強いどぶろくです。これはいいぞ。濃いー! 同じテーブルの日本酒ファンが唸っています。すぐに追加注文が入りました。

5
料理 「鴨のロティ カシスのソース」
日本酒「山崎醸 純米大吟醸 生原酒 夢吟香」尊王蔵元(愛知県)

 メイン料理です。美味しいですよ、もちろん。マスター、絶妙の火加減です。ソースもよく合っています。
 山崎醸、このお酒も独特の舌触りと喉ごしです。

6
料理 「トリュフがけ カルボナーラ」
日本酒「楽の世 本醸造 山廃 無濾過 生酒」(愛知県)

 すっきりして口当たりがよく、ゴクゴク飲めますが、喉を通過すると身体が熱くなる、手に負えない美味さです。20%! そりゃ熱くなります。個性的ですねー。一番始めの「居谷里」に方向性は似たものを感じます。濃い味のパスタには濃い味の酒がよく似合います。

7
料理   「ドルチェ アンニン豆腐」
リキュール「鳳凰美田 みかん」小林酒造(栃木県)

 あれっ? みかんジュースのようなお酒です。温州みかんを使用した鳳凰美田なんてあるんですね。すごく飲みやすいです。しかも杏仁豆腐によく合います。女性たちが喜んでグビグビ飲んでいます。炭酸で割ってももちろん美味しかったです。

 ソムリエの細やかな説明を聞きながら、あーでもないこーでもないどこそこの酒蔵はこうでどこそこの米はああだ、などと騒ぎながら飲むのも楽しいもんですね。そして何と言っても、美味しい料理! これが大前提ですね。

わかったこと
1、甘いものにも日本酒は合う
2、種類によっては炭酸割りも日本酒は合う
3、濃い味の料理には濃い味の酒と闘わせる

 今宵もル・マリアージュは楽しい時間を提供してくれました。酒好きの仲間たちと、本当に美味い酒。それを提供して下さったマスターと、臨時ソムリエの坂本氏、ありがとうございました。イベントじゃなくてもまたおじゃまさせていただきます。「長谷川栄雅」さんにも訪問したいと思います。
 ごちそうさまでした。あー美味しかった。

★★★★4.2
2019/03訪問
 今宵の給油は板橋駅、注目の酒場「ビストロ ル マリアージュ」。噂を耳にしていたので勝手に注目してました。カウンター席を予約して伺いました。
 マスターお一人での営業なので忙しそうです。厨房からは立て続けにいい香りが漂います。カウンター席に座るとマスターからいろいろなお話が聞けます。今夜は本当にたくさんのお話を伺い、楽しい夜でした。

 マスターは食材のクオリティに強いこだわりがあり、日々探求しているそうです。それが思い込みで終わらないよう、自らいろいろな飲食店を訪問して食べて学んでいるそうです。何軒かおススメのお店を教えていただきましたが、知らないお店ばかり。

 食材の例として、魚は天草産、これを究極の血抜きと神経締めで有名な「津本式」のものを使用しています。それを数日間寝かせてから調理するそうです。ここまでは珍しい話ではないかも知れませんが、それをこの価格で! フレンチ、というかしこまった言い方ではなく「ビストロ」にこだわっています。気軽に最高の料理を。

 ビールはクラフトビール「GRAND KIRIN」の「JPL」と「IPA」の2種類。

「ランプフィッシュキャビア 自家製パン付」¥750

 パンは自家製で、カウンターに焼いたパンが積まれています。キャビアはそんなに高級なものではない、とご謙遜のお話でしたが、すごく美味しい。マスターが焼くパンとの相性がいいんです。キャビアとパンの塩っ気が相乗効果で広がります。

「天然熟成サバのマリネ」¥1,200

 酢〆、というよりマリネといえばカッコつくでしょ、と言いながら提供して下さいました。身の色は鮮度の高い赤。そして柔らかい。そして旨味が舌ではじける。美味しい。ソースはオニオンソース。これこそマリアージュ。

「スズキのフライパン焼」¥1,600

 これが津本式。調理前の魚を見せていただきましたが、新鮮な色味と弾力です。数日間寝かせたようには見えません。これを丁寧に骨抜きしてフライパンで焼かれました。ううーーんいい香り。
 美味しい…。身はホクホク、皮はパリパリ。フライパンでここまで出来るんですね。

「4%の奇跡 鹿児島和牛トモサンカク グリル」¥4,800

 今宵のメインは、マスター渾身の食材。この肉の仕入れルートを確保するための苦労話もお伺いしました。同じ和牛でもこの上質な肉は全牛の4%程度しか採れないそうです。その生肉を見せてもらいましたが、完璧な霜入りです。
 焼かれた肉は…圧巻!表現できない赤い身色。フォークを刺すことができない弾力。しかし舌では溶けていく柔らかさ。旨味が脳を刺激します。久しぶりに頬がキューッとなりました。もちろん食材がいいということもりますが、絶妙な焼き加減。食材の良さを最大限に引き出すマスターの腕。

 あれだけ霜が入っていたのに、全然脂っこくないんです。ヘルシー感すら感じます。こんなグリルが、この価格でいいんでしょうか。

 ワインは、マスターは結構「ジャケ買い」することも多いそうです。今夜いただいた白ワインは、日本酒に近い濃厚なものでした。ヤバイ、グイグイ呑んじゃいます。
 伝説のグラッパ職人、故ロマーノ・レヴィ氏のグラッパの瓶のコレクションを見せていただきました。レヴィ氏が気分や季節に合わせて描いた、あたたかいイラストのラベルです。手描きのものはほとんど流通していないようです。

 板橋で、心地よい優雅な夜を過ごしました。マスターの人柄と探究心に酔いました。ごちそうさまでした。

最寄駅 JR「板橋」東武東上線「下板橋」(板橋区)

「ビストロ ル マリアージュ」HP CLIC → https://bistrolemariage.owst.jp/


▲ページトップ

ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:鴨のロティ カシスのソース ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:トリュフがけ カルボナーラ ビストロ ル マリアージュ - ドリンク写真:篠峯 どぶろく 生 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:稚鮎のフリット 胡瓜のソース ビストロ ル マリアージュ - ドリンク写真:楽の世 本醸造 山廃 無濾過 生酒 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:4%の奇跡 鹿児島和牛トモサンカク ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:4%の奇跡 鹿児島和牛トモサンカク グリル ¥4,800 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:スズキのフライパン焼 ¥1,600 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:天然熟成サバのマリネ ¥1,200 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:天然熟成サバのマリネ ¥1,200 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:カニクリーム クロケット ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:カニクリーム クロケット ビストロ ル マリアージュ - ドリンク写真:ドルチェ アンニン豆腐と鳳凰美田「みかん」 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:天草産津本式仕立てカルパッチョ ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:プーリア産ストラッチャテッラとフルーツトマト ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:鴨のロティ カシスのソース ビストロ ル マリアージュ - ドリンク写真:徳利 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:4%の奇跡 鹿児島和牛トモサンカク グリル ¥4,800 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:ランプフィッシュキャビア 自家製パン付 ¥750 ビストロ ル マリアージュ - 料理写真:ランプフィッシュキャビア 自家製パン付 ¥750 ビストロ ル マリアージュ - その他写真:ジャケ買いのワインたち ビストロ ル マリアージュ - その他写真:ロマーノ・レヴィ氏のグラッパの瓶 ビストロ ル マリアージュ - 外観写真:店構え ビストロ ル マリアージュ - ドリンク写真:GRAND KIRIN の「JPL」 ビストロ ル マリアージュ - メニュー写真:今夜のメニュー
⇒もっと見る

ビストロ ル マリアージュの口コミをもっと見る(11件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.2
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.2
夜:サービス  :〓〓〓〓4.0
夜:雰囲気 :〓〓〓==3.8
夜:CP   :〓〓〓==3.8
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥6,000~¥7,999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



オビキンさんの他のお店の口コミ
丸福 (志村坂上、志村三丁目/中華料理)
「丸福」でチャーハンを食べない勇気を讃えてくれ。
★★★☆3.7
 2019/07

博多酒場 もんもん (上板橋/居酒屋、もつ鍋、焼鳥)
九州の海の幸山の幸をお手頃価格で。上板橋「博多酒場 もんもん」。
★★★☆☆3.4
 2019/07

う道 (志村三丁目、蓮根、志村坂上/うどん)
味は繊細、量は豪快。美しい「う道」のうどん。
★★★☆3.9
 2019/07

オビキンさんの口コミ一覧を見る(1486件)


ビストロ ル マリアージュのその他の口コミ

m-r-r3(0)
★★★★4.0
 2019/05

下板橋オシャレご飯③:豪華・美味しい・コスパ良し!3拍子揃ったランチが食べられる本格ビストロ
知らないおじさん(617)
★★★★4.0
 2018/04


ishikoro_03(0)
★★★☆3.5
 2018/05

⇒もっと見る(11件)
▲ページトップ



口コミ(11)写真メニュー
評価店舗情報地図


ビストロ ル マリアージュトップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 板橋・東武沿線 > 北池袋・板橋駅周辺 > ビストロ ル マリアージュ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.