メンドコロ キナリ


東中野のラーメンランキングをみる

口コミ
濃口醤油(久しぶりの!)
だーらは(1412) [携帯電話番号認証済]
2019/09最終訪問
★★★★4.1
★★★★4.1
(詳しい評価)

★★★★4.1
2019/09訪問
体調回復&土曜出勤に向けた布石としてラーメン
食べ活動2杯目。かしわぎからの連食です。

冷やし魚介出汁を頂くつもりが夜は売り切れ。
会社を出るときツイッターみたんだけどなー。
直前にも確認した方が良いようですね。。。
東中野へ来たのはこの一杯が目的だったのに…
明日、出勤できる気がしない…やめよかな…

と、色々こじらせたオッサンのようなことを
言いつつ、それなら「醤油」の食べ比べでも
やろうということで!久々に、看板メニュー♪


■濃口醤油@780円 +鴨肉@250円

こちらもオープン当初より更に丸みが増してます。
自分のクチコミによれば(笑)、当初は煮干しの
イノシン感が頭一つ出ていたのですが、今はほぼ
真円に近いぐらいにブラッシュアップ。

鶏・節・煮干し・昆布に椎茸と、旨みの重奏化は
完璧で、とてもふくよか。醤油ダレはトガらずに、
優しく全体を包みつつ、適度な塩分感も演出。
この、相乗された出汁感だけではなく、カエシの
塩気でも食わせる感じのバランスが凄い。

かしわぎとはタイプの全く異なる、旨いスープ♪
やはりこの2店は比較対象となる店ではないな~。
それぞれがそれぞれの路線で、非常にうまし。

麺はそうめんのようにスッキリとした香りが立ち
口当たりはとても滑らか。完璧な出汁感の中でも
埋没しない、しかし主張しすぎることもない麺。

そしてやっぱり、レア肉は最高級に旨いですね。
鶏ムネ、鴨肉、脱帽です。豚もかなり旨いけど、
やっぱ鶏と鴨だな。


* * *

冷やしがやってるうちに、魚介出汁を食べに来な
ければ。明日は土曜だから夜でも残ってるかな?
体力が残ってれば帰りに寄ろうと思います。

★★★★4.1
2019/07訪問
7/5からのメニューです。
冷やしは魚介出汁・つけめん(トマト)の2種になってますが、魚介出汁は提供まで今しばしかかるとのこと。

▼Ra-men
 ・濃口醤油
 ・塩
 ・山椒 白醤油
 ・冷/魚介出汁
▼tsukemen
 ・冷/Crème de Tomate 


てなわけで、冷やしつけ麺を頂いてきました。
當店のつけ麺は、最後の割スープも楽しいので大好きです。


■Crème de Tomate @880円

なんとも夏らしい、鮮やかで楽しい見た目です。

麺を一口頂くと、従来のものよりもコシがだいぶ強くなったような。昨年の冷やしに比べても、密度がぎゅっと詰まっている感じで、小麦の風味も感じやすいですね。コシの強さはしっかり締めているからというだけかもしれませんが(笑)

で、これをつけダレにくぐらすと・・・あぁ~、これはもうまさにトマトクリームだ。一流のリストランテで頂く冷製ソースとも遜色ない、絶妙な味のコントロール、お見事です。ねっとり麺に絡みついてきて、絡めば絡むほど旨い。あっという間に減っていくので、割スープ用に調整しながら頂きましたが(笑)

大ぶりな茶豆、炙ったヤングコーン、火入れして皮を向いたチェリートマト、ルーコラと野菜がふんだん。低温調理の鶏ムネ・豚肩もいつもながらジューシーで、鉄板の美味しさ。冷やしてあるので、少し風味がどうかなと思ったけど、臭みは微塵もなくて本当流石ですね。

ノンストップで食べ尽くしました。


* * *

冷やし魚介も楽しみです。

★★★★4.2
2019/03訪問
ラーメンのメニューにも春来たれり・・・

というわけで、赤味噌が終了。最後の方は地鶏で
スゴいことになってたらしいけど、捕まえられず…
次の冬に期待ですな。。。

というわけで、2月28日からメニュー変更。

・濃口醤油
・塩
・山椒 白醤油
・鶏白湯

となり、しばらくつけ麺はおやすみです。
新たに鶏白湯が加わってますね♪

さっそく頂きましたが、本当に850円で提供して
良い代物とは思えませんでした。無論良い意味で。


■鶏白湯@850円

一口啜ると、とろんと甘い、何か蠱惑的な香りが…

香りづけにシェリー等の洋酒を使っているのかな
と思って、越川店主に聞いてみたけど答えはNO。
花粉症で鼻が壊れたかもしれません(笑)

鶏と水だけで炊き出したそうですが、比較的短め
にしているようです。粘度はそれほどなく何処か
洋風のミルキーさを感じる、篝系統のスープ。
旨みは凝縮、臭みは皆無、むしろ香りよし。
金柑か何かの皮が細切りであしらえられ、重層的
な香りの設計も素晴らしいと感じました。

麺は當店には珍しい、加水低めの中細麺です。
コリコリした食感で持ち上げよく、相性ばっちり。

具材も秀逸です。
鶏ムネのレアチャは、デフォの量じゃありません。
大判で厚切りな肉がどかっと3枚。
滅茶みずみずしい仕上がりで、かなり好みです。

菜の花もドカッと一本乗っかり、筍も添えて、、
しっかり春を演出していました。
マッシュルームの生スライスも旨し!


 * * *

個人的には篝よりこちらのほうが美味いし、
CPも優れていると思う…

地元・中野の「ようすけ」で烏賊煮干&鶏白湯の
限定をやっているので、帰りに食べ比べようかと
思ってたけど、余韻も良かったのでそのまま帰宅。

★★★★4.2
2018/12訪問
先日、新所沢に行ったとき、僕以外はみんな「赤味噌」を頼んでいて、そんなに旨いのかと気になって・・・

越川店主の東中野へ訪問。実はこの日の昼過ぎにいったら赤味噌は売り切れていて、やっぱり人気があるようです。そんなわけで夜に再戦。夜は夜用に確保されているようですね。


■赤味噌(900円)+鴨肉(250円)

當店至高の鴨肉はデフォでも3枚ついているようです。知らずにトッピングしたら贅沢すぎることになってしまいました。

赤味噌は夏のつけ麺では頂きましたが、らーめんはこれが初めて。色味も含め、つけめんとは一味違いました。

うまそ~な赤いスープをひとくち啜ると、思ったよりも塩分感がありません。八丁味噌だけではなく、直感的には白味噌など、色々とブレンドしているような味わいです。加えて、節や煮干し・昆布が中心と思われる淡麗系の魚介スープがまろやかに奥行きを添えています。

さらに個性を加えるアクセントとして、山椒が効いています。初めは麺に練り込んであるのかな?と思いましたが、オイルとして使用しているようです。これがほどほどにしっかり効いているので、平淡さを感じさせない旨スープに仕上がっていました♪

これになめこや春菊などの具材が加わり、めちゃ旨味噌汁感が醸し出されています。

麺はやや縮れた加水やや多めの麺。ちゅるちゅると啜る感じで、スープとの相性は良好です。


 * * *

人気も頷ける一杯。味噌なのにカプチーノみたいに泡立っているというビジュアルもそそるものがありますね。ごちそうさまでした♪
年末は限定メニューとかやるのかな??

★★★★4.2
2018/10訪問
赤味噌にすっかり食欲を刺激され、久しぶりの店内連食。

にし乃@本郷三丁目で、山椒中華そばが絶賛されていたので、山椒使いのそばってどんなものかな?と思っていたのだけど、キナリなら間違いないはず、と前々から気になっていたメニューを注文。


■山椒 白醤油@800円

とはいえ、當店の白醤油は旨みの重奏化で食わせる淡麗だったので、赤味噌の後じゃ順番が間違ってる・・・!

と思いきや、なんのその。めちゃくちゃしっかり旨みを感じる、なかなかとんでもないスープ!プレーンな白醤油よりも濃厚な具合ですね。

越川店主にそんな感想を伝えると、やっぱりしっかり目に仕上げているとのこと。味が薄くないか確認頂きましたが、これくらいの塩梅がちょうど良いですよ♪

ふくよかな旨みが健在なスープには、まんべんなく、仄かな山椒が溶け込んでいる感じで、予想していたより遥かに旨い一杯でした。途中から七味を入れるのがお薦めということだったので、振ってみたけど、ちょっと多かったのかな?七味感が少し前面に出すぎてしまった。ぜひ、ちょびちょび確かめながら入れることをオススメ。

麺は中細ストレートで、加水普通程度。茹では若干柔らかめな感もありますが、低加水パツパツ好きの僕でも「むむむ」と思う、スープとの一体感。やっぱり美味いな~。當店は何を頂いても、僕自身の好みを超えて「美味い」と感じるんですよね。

トッピングの低温調理系・鶏チャ&豚ロースも、ため息の出る出来栄えで。旨みが凝縮されすぎていて、思わず黙りこくってしまう。

心地よい仄かな痺れも相まって、とある冬の日にフラれた後で頂いたら、思わず涙をこぼしてしまいそうな・・・心ゆくまで楽しめる一杯でした。って、例えが悪いかな!?


 * * *

土橋氏が離脱済かどうか、この日だけではわからないけど、越川店主なら全く問題ない!と思った夜でした。これからも通わせていただきます。




★★★★4.2
2018/10訪問
今日は『大つけ麺博2019』開幕日だったので、わざわざ中央線に乗り込み新宿を目指したものの・・・大久保公園まで歩くのがめんどくさくなり(笑)そうだ、メニューチェンジしたキナリへ行こう!と予定変更して訪問。宣言通り、カリスマ土橋氏の姿は見えなくなっていました。(たまたま?)

9月27日から、以下メニューへ変更されてます。

・濃口醤油
・柚子しお
・煮干し 烏賊
・山椒 白醤油
・TSUKEMEN 鴨肉と赤味噌


■鴨肉と赤味噌@900円

麺はいつもの多加水・平打ち。プリっとモチっとしていて、小麦のうまみが素直に感ぜられるやつ!普段は力強いコシあるほうが好きな私も、この麺は好きなのです。

で、つけダレは、八丁味噌ベースのキリっとした激ウマダレ!夏に頂いた白味噌に比べると、だいぶ塩気が効いていて、しっかりした味わいです。かといって甘みもやや感ぜられるので、白味噌なんかもブレンドしているのかも。にしても、あの時、はやく赤味噌も食べたいなぁなんて思っていたので、期待通りのローンチに嬉しい限りです♪

かといって勿論、味噌だけではなく…。肉を炒めたときのような旨み、昆布・魚介といったベースの旨みが芳醇に感じられる、ハンパじゃない美味しさ!本当、奥深い・・・このスープの旨さあってこそなのでしょう。200g程度の麺はあっという間になくなりました。

トッピングは鴨肉3枚に、春菊・メンマ。當店の傑作のひとつとも言える、悶絶レアー鴨肉は、東中野移転後で一番良かったかもしれない・・・。

TSUKEMENの楽しみのひとつ、割スープは今回はなんだったんだろう・・・。兎に角、美味しいとしか言えない、奥深いスープに仕上がっていて、胡麻が乗っていました。かき回すと柚子皮が結構多めに混ぜられており、僕好みの爽やかな感覚もあり大満足♪

900円でこの内容はかなりお得のように思います。


 * * *

あまりの美味しさに、スッカリ食欲を刺激されてしまい・・・


★★★☆3.9
2018/09訪問
2018年9月は、以下ラインナップとのこと。
「煮干し 烏賊」が残っていてありがたいです♪

[Ra-men]
 ① 濃口醤油 @780円
 ② 汐 @780円
 ③ 煮干し 烏賊 @800円
 ④ 山椒 白醤油 @800円

[tsukemen]
 ① 烏賊肝 醤油 @880円

この日は「つきひ」@亀戸の濃厚煮干しを食べに
行ったのですが、まさかの限定まぜそばのみ。。
でも、當店の新メニューもかなり気になっていた
ので、これ幸いと東中野へ踵を返しました(笑)


■tsukemen 烏賊肝 醤油

「煮干し 烏賊」がかなり旨かったので、同じく
烏賊のワタを使っているらしきこちらをぽちり。

「冷やし」表記はありませんでしたが、つけダレ
は意外にも冷やしです。この日はちょっと肌寒い
くらいだったから、面食らいました(笑)

當店としては珍しく、塩分がきりっと濃い具合の
つけダレです。んで、ワタの旨みが濃厚~!!!
こりゃ、すごいつけダレですね。内臓を煮詰めた
ときのものと思われる破片も適宜混ざっていて…
でも、醤油がきりっと効いているからか???
全く臭みのたぐいは感じない・・・深甚なる肝の
旨みをこれもかってほど堪能できるつけダレ♪

麺はもっちりタイプのややウネッた多加水麺。
券売機に「塩辛みたいな味わいです。」みたいな
コメントがつけてあったのですが、、そこまでは
塩分濃くないけど、そう言われてしまうと、麺が
塩辛の烏賊肉みたいに思えてきた(笑)

極厚の鶏ムネレアチャーも2枚ついて、きっちり
堪能したあとは、お待ちかねの「割スープ」を。

今回はなんと「トマトジュース&黒コショウ」!!
まじか~。烏賊のワタにトマトを混ぜるかね??
相変わらず大将の発想には度肝を抜かれるけど…
このスープ割りがまた、とんでもなく美味い!!
上等なビストロのポタージュみたいな感じで。。
肝とトマトってこんなに相性良かったんですね。


* * *

そんなわけで、引き続き、定期的に通う価値ある
クリエイティブそば屋。今回も楽しかったです!


★★★★4.0
2018/08訪問
評判の良い一杯を頂きに再訪。


□煮干し 烏賊@800円

先行レビュワーさん達の口コミからは、もう少し
煮干しが強いのかしら?と思っていましたが・・

こりゃ、どう考えても烏賊のワタの旨み!
一口スープを啜るだけで、烏賊肝の深イイ味わい
がググっと広がります。苦くもなく、臭くもなく
えぐくもない。ワタの深みある旨みが、良い具合
の煮干しとうまく混ざり合って・・・

どちらも主役級に主張してくる激うまスープ♪
あおさも少しずつ溶かせば良いアクセントだし…
これは素晴らしいレシピだと思います。

麺は硬めでお願いしましたが、スープとの相性も
良好で。 豚肩ロースのレアチャ、低温鶏チャー
もやっぱり良い仕事してるし。

唯一あるとすれば、スープが少ないかな(*´з`)
まぁ、穂先メンマもたっぷり3本入ってたりして
これで一杯800円なんだから仕方ないのかも
しれませんが。


ん~。やっぱし良いお店。定期的に通います、



★★★☆3.8
2018/08訪問
自称独り者グルメさんの写真をこの日の朝一番に
見てしまい…数時間後、開店前に並んでましたw
土曜の開店時には並び5名と、猛暑のせいなのか
ほどよき具合でした。

目当ては夏限定・冷やし白味噌つけ麺。
この真っ白なつけダレに惹かれての訪問です。


◽️tsukemen 冷 白味噌 @880円

麺は平打ち・中太の縮れ麺。口当たりが滑らかで
しっとり優しく、しなやかな伸びのある印象♪
上品でさっぱり頂けて、冷やしにピッタリです。
茗荷に大葉、レモン等の薬味も清涼感をプラス。

つけダレはもっとドロリとしているかと思いきや
シャバっとさっぱり。白味噌はそれほど強くなく
やや意表を突かれます。冷たいのに、塩気は強く
感じることもなく、上品で予想以上に複雑な旨み
です。アニマルオフっぽく感じますがどうかな…

正体の一部は、割りスープの際に判明。
4枚目の写真のように、白くトロッとしたスープ
で割られ、胡麻もふりかけられて、あたかも1つ
の料理のように仕立てて出されますが…

これは豆乳ベースのコーンクリームスープみたい
なあんばいで、もはや割りスープの域を超越(笑)
最後の最後まで美味しく楽しく頂けました♪


* * *

相変わらず、予想を超えてくる土橋店主。
烏賊ニボらーめんも早いとこ試したいものです。


★★★☆3.8
2018/06訪問
駒込時代のしおそばはペルノリキュール使いで、
ラーメンの次世代を感じた当店。

東中野への移転ありがとうございます(笑)
てか東中野と聞いたときはビックリしましたが、
かしわぎと当店、東中野も熱くなってきました。

まだ禁麺は解いていませんが、こいつはリハビリ
であると言い訳して訪問。お昼過ぎにベビーカー
で訪問、お姉さんが快く対応してくれましたが、
やはりお勧めできるものじゃありません(笑)
あぶなっかしー。。。


さて、白醤油と濃口醤油を頂きましたが、どちら
も塩分が穏やかで、出汁の厚みと重ね方はすごい
のだけど、分かりやすいハッキリした旨さの一杯
ではありません。ので、濃い味やジャンキーの方
が好み・お好きな方には向かない店と思われます。


◾️Ra-men 白醤油 & カモ胸肉

久しぶりに頂く、マトモな?らーめん。
飲んだ〆に強制連行された天下一品以来か。
色気すら感じる麺顔に嬉しくなりました。

スープを一口。
む〜ん。
出汁の厚みが食わせる一杯ですねぇ(^ω^)

実際はトロミはないのに、トロミを感じるアレ!

鶏・節・煮干しのイノシンより、椎茸のグアニル
に貝のコハクをしっかりとブレンドして、昆布も
ケチらずグルタミンを厚めに張った時に特有の!

旨みの最強四重奏!!
なぜかこの時はスープにトロミを感じるのです。
出汁の厚みがなせる業、という処でしょうか…

駒込のときにも白口醤油のらーめんは頂いたけど
和出汁の旨さは当時を軽く上回っているなぁ♪

白口醤油の塩分はほとんど感じず、わかりやすい
ハッキリした旨みもなく、ただひたすらに分厚い
出汁の旨みでいただくらーめん。

麺は加水普通程度の中細麺で、持ち上げ最高。
らーめんの旨さを思い出しました。
鶏むねチャーも極めてレベル高し。


あと、カモ胸肉はトッピングで注文したけど…
すげーな。めちゃくちゃ旨いよコレ。
レアが大丈夫な方は是非。溶けちゃうあんばい。
ほぼトリュフチョコレートみたいな食感 (笑)


◾️Ra-men 濃口醤油

こちらは白醤油よりも、煮干しの旨みが前面に。
濃口といっても、一般的には薄口です(笑)

濃口っていわれて此方の一杯をいただくと塩分を
探してしまう。それくらい優しいのですが、旨み
の分厚さは白醤油と同等。あちらよりも、鋭角な
煮干しのイノシンが強く効いていますので、まだ
分かり易い旨みもありますが…
こちらにもトロミを感じます。うますぎる。

麺は白醤油と同じ、三河屋製麺のものでした。


* * *

烏賊煮干しのつけ麺も提供していて、これからは
東中野に降りる機会が増えそうです。

でも、残念ながら、ペルノ使いに出会ったときの
高揚感は…。もっと攻めまくった一杯にも期待!
▲ページトップ

メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真:Creme de Tomate メンドコロ キナリ - 料理写真:Creme de Tomate メンドコロ キナリ - 料理写真:Creme de Tomate メンドコロ キナリ - 料理写真:麺はコシが強くなりました メンドコロ キナリ - 料理写真:Creme de Tomateのスープ割り メンドコロ キナリ - 料理写真:鶏白湯 メンドコロ キナリ - 料理写真:鶏白湯 メンドコロ キナリ - 料理写真:鶏白湯 メンドコロ キナリ - 料理写真:赤味噌+鴨肉トッピング(3枚) メンドコロ キナリ - 料理写真:赤味噌+鴨肉トッピング(皿上の分) メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - メニュー写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - メニュー写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真: メンドコロ キナリ - 料理写真:冷やし白味噌つけ麺&鴨肉トッピング メンドコロ キナリ - 料理写真:白味噌つけダレ メンドコロ キナリ - 料理写真:つけ麺 メンドコロ キナリ - 料理写真:スープ割り後  不思議な甘み メンドコロ キナリ - 料理写真:白口醤油 メンドコロ キナリ - 料理写真:白口醤油 メンドコロ キナリ - 料理写真:濃口醤油 メンドコロ キナリ - 料理写真:濃口醤油
⇒もっと見る

メンドコロ キナリの口コミをもっと見る(124件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.1
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.1
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



だーらはさんの他のお店の口コミ
三田製麺所 中野店 (中野、新井薬師前/つけ麺)
強豪校の番長ではない背脂番長
★★★☆☆3.2
★★★☆☆3.2
 2019/10

カンナ (東京ディズニーランド・ステーション、舞浜、リゾートゲートウェイ・ステーション/西洋各国料理(その他)、アジア・エスニック料理(その他)、和食(その他))
平日はオトク
★★★☆3.5
 2019/10

イーストサイド・カフェ (東京ディズニーランド・ステーション、舞浜、リゾートゲートウェイ・ステーション/カフェ、イタリアン、パスタ)
安心のファミレス感
★★★☆☆3.3
 2019/10

だーらはさんの口コミ一覧を見る(1476件)


メンドコロ キナリのその他の口コミ
Ra-men 濃口醤油 特製をいただきに
タモさんだよ(22)
★★★☆3.7
 2019/04

濃口醤油
N氏(325)
★★★★4.4
 2019/09

無化調な優しい淡麗醤油!
Tokyo Rocks(3870)
★★★☆3.6
 2019/09

⇒もっと見る(124件)
▲ページトップ



東中野のラーメンランキングをみる


口コミ(124)写真メニュー
評価店舗情報地図


メンドコロ キナリトップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 中野~西荻窪 > 東中野 > メンドコロ キナリ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.