なかむら屋


上野毛のラーメンランキングをみる

口コミ
激熱スープと大格闘 !!!
kazutans(1390) [携帯電話番号認証済]
2020/11最終訪問
★★★☆3.7
(詳しい評価)

★★★☆3.7
2020/11訪問
【 (309) メガ盛行脚レビュー その223】

本日は、家の奥さんと二人、『東京ビックサイト』〔東京都江東区有明3-11〕で行われる、『デザインフェスタ vol.52』観覧のためのお出掛けである。思えば、11ヶ月前の 2019.12.15(日)に、家の奥さんが KinKi Kida のコンサート〔KinKi Kids Concert Tour 2019-2020 ThanKs 2 YOU〕に行くに当たり、開宴時間が 17:00 と遅く、帰宅が随分遅くなりそうだと言うことで、「そんじゃ、行き帰り一緒に居てあげよう」と言うことで東京行となって以来の JR 線使用移動となった。
その後、新型コロナウイルス感染症〔COVID-19〕が猛威を振るい、未だに収束の兆しも見えないが、『with コロナ』のスタンスで、COVID-19 対策をしっかりとって行動する、唯々自粛するのではなく、自衛の算段を踏まえた上での行動、そんな、時代の要請を実践してみた次第である。
11ヶ月前の東京行では、『インデアンカレー 中目黒』〔東京都目黒区青葉台1-22-3 2F〕にて「チャレンジカレー」3,000円(税込)総重量(実測値)3,426g を 10分47秒3 で完食して、無料で戴いたのであったが、今回もまた、イベントに併せて、私の個人的イベント〔チャレンジメニュー〕も催してみたと言うわけだ。但し、今回は、チャレンジする私の隣の席には、家の奥さんが心配そうに眺めていると言う構図となり、俄然張り切る私なのであった。(笑´∀`)


『なかむら屋』
東京都世田谷区野毛3-1-1
03-3704-4059


起点を東京都世田谷区の「瀬田」交差点とし、神奈川県川崎市を経由して、終点を横浜市神奈川区の「保土ヶ谷 IC」とする一般国道 R466 は、起点の「瀬田」交差点から、東京都世田谷区の「玉川 IC」までは、東京都道311号環状八号線 と重複路線となり、「玉川 IC」から「保土ヶ谷 IC」の終点までは、自動車専用の一般有料道路である『第三京浜道路』となっている。その「玉川 IC」の直ぐ北西に『なかむら屋』はある。
道筋としては、環状八号線の沿線になるので、その外回りを R1〔国道1号(第一京浜)〕方向から用賀(東名高速)方向に向けて走行し、『第三京浜道路』と合流する地点「玉川 IC」の上り出口付近、道路左手(西側)に『なかむら屋』はある。


赤いテント生地の欄間看板には白抜き文字、その両脇には「うまい」の文字と来れば、それはもう『ラーメンショップ』のそれに他ならないが、しかし、その看板のどこを見ても、店名に「ラーメンショップ」の文字はない。
過去、参加していた『ラーメンショップ』のフランチャイズからの脱退店なのか、はたまた『ラーメンショップ』インスパイア店なのか、ことの詳細は不明である。
現在は『ラーメンの店 なかむら屋』が看板に記されており、それが正式名のようだが、「ぐるなび」「RETRIP」「クックドア」「favy」「Tripadvisor」等々、大半のグルメサイトでは『ラーメンショップ なかむら屋』の名称で登録されているようだ。

因みに、使用丼の色味である水色、メニュー表示版の体裁等は『ラーメンショップ』そのものであり、恐らくは『ラーメンショップ』出身店なのだろうと思われる。

ところが、使用している麺は「家系ラーメン」直系店ご用達の『酒井製麺』〔東京都大田区南蒲田1-8-6〕製の麺である。「家系ラーメン」店に於いて、この『酒井製麺』の麺の使用にあたっては、『吉村家』の許可が必要であるとも言われており、『吉村家』系列の店にしか納品されていないと言う、あの『酒井製麺』なのだ。
まあ、『吉村家』の創始者である 吉村 実 氏 が、平和島〔東京都大田区〕のトラックターミナルにあった『ラーメンショップ』出身とのことだから、その関わりはそもそも深いのだろうが、こちら『中村屋』との関係性は不詳である。

結論として、こちら『ラーメンの店 なかむら屋』に関して、飽くまでも推測の域を出ないのであるが、その味わい、ビジュアル等も併せ考えて、「家系ラーメン」寄りの「ラーメンショップ」出身店との位置付けで良さそうに思った。。。


なお、『ラーメンの店 なかむら屋』の営業時間は、月曜日から土曜日、11:00 ~ 翌朝 5:00 と、長時間の通し営業で頑張ってくれているのがとても嬉しいところである。日曜・祝日定休は、この際、致し方なかろうと言う感じだ。

因みに、店舗を南から眺めると、その建物の幅は一間(1.82m)どころか、5尺(0.91m)あるかどうかと言うサイズだ。この狭小さは、「一間」の、否、「一見」の価値ありと言えるかも知れない。baku爆baku


そんな、こちら『なかむら屋』の提供メニューは以下の通りだ。

「ラーメン 並」650円
「ラーメン 中」750円
「ラーメン 大」850円
「チャーシューメン 並」900円
「チャーシューメン 中」1,000円
「チャーシューメン 大」1,100円
「つけ麺 並」700円
「つけ麺 中」800円
「つけ麺 大」900円
「つけ麺 特大」麺3玉 1,150円

「ジャンボラーメン」麺5玉〔30分以内完食で無料 !!〕2,500円

【トッピング】
「ゆで玉子」「味付玉子」100円
「メンマ」「ワカメ」「のり」150円
「ネギ」200円
「チャーシュー」250円

「餃子」6個 スタミナモリモリ 400円
「ビール」中瓶 550円


創業は 1977年〔昭和52年〕、、、以来、今年で43年目になることとなるが、開業以来脈々と続けてきたのがこちらのチャレンジメニュー「ジャンボラーメン」なのだそうだ。今回は、それを目途の訪問なのである。


当日は電車移動なので、『東京ビックサイト』を 12:00 頃に後にし、臨海副都心線〔りんかい線〕に「国際展示場駅」から乗り込み、「大井町駅」で 東急大井町線 に乗り換え、『なかむら屋』最寄駅の 東急大井町線「上野毛駅」に 12:55 頃に到着した。「上野毛駅」の正面改札口から降りて直ぐに左折(西南西折)、東京都道311号環状八号線の「上野毛駅前」信号交差点に出たところで、信号をそのまま渡って鋪道を左折(南折)する。

因みに、この「上野毛(かみのげ)」と言う地名だが、ほぼ群馬県の旧国名と言っても良いような地名ではないだろうか。群馬県の旧国名は、元々「上毛野国(かみつけのくに)」と呼称されていたものが、713年5月2日〔和銅6年〕の、元明天皇による『畿内七道諸国郡郷名着好字令〔好字令〕』によって「上野国(こうずけのくに)」と「毛」を抜いて「上野」と表記するようになったわけなのだが、「上野毛(かみのげ)」と「上毛野国(かみつけのくに)」、この二つの名称は何とも奇妙に似通っていて、ちょっと嬉しくなる私なのであった。

…………………………………………
『続日本紀』巻第六 起和銅六年正月尽霊亀元年八月 =『好字令』
・五月甲子、畿内七道諸国郡郷名、着好字。
【現代語訳】五月二日、諸国の国、郡(こおり)、郷(さと)の名称を好字(よい漢字)で表記せよ。
『延喜式』巻第二十二 民部上
・凡諸国部内郡里等名、並用二字、必取嘉名。
【現代語訳】郡里の名は、漢字二字を用い、必ず嘉名(好い名)とするように。
…………………………………………

『なかむら屋』への道筋に話を戻すが、あとは唯々、環状八号線を「第三京浜」及び「大森」「目黒」方向に歩いて南進しさえすれば良い。途中、世田谷区上野毛二丁目の「明神坂上歩道橋」を通過すれば、残りは 80m 足らずで舗道右手(西側)に『なかむら屋』はある。「上野毛駅前」信号交差点からは距離にして 540m 足らず。時間にして 7分 と言ったところだろうか。

…………………………………………
『不動産の表示に関する公正競争規約施行規則』第5章 表示基準
第1節 物件の内容・取引条件等に係る表示基準 第10条〔各種施設までの距離又は所要時間〕(10)徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。この場合において、1分未満の端数が生じたときは、1分として算出すること。
…………………………………………


そんなこんなで、当日の現着時間は 13:05。土曜日とは言え、昼の弩ピーク時間は過ぎただろうかと思いきや、数名の空席待ちが発生しており、わずかにカウンター席 10席 のみと言う店内は満席であった。幸いにして、5分程の待ち時間で夫婦ともに並んで席に着くことが出来てホッとした。ε-(´∀`*)
因みに、チャレンジを終えて店を後にしたのは 13:40 頃であったのだが、店外の空席待ち客は 5~6名 いて、その人気の程が窺えた。

着席して直ぐに、家の奥さんの分の「ラーメン 並」650円(税込)と、私の分の「ジャンボラーメン」2,500円(税込)をオーダーする。すると店主から一言。

店主 :「かなり量があるよ、スープまで全部完飲だけど大丈夫 ?」
私 :「はい、そのために群馬から来ました。頑張ります」
店主 :「別に頑張らなくて良いんだよ」
私 :「はい、ゆるりとチャレンジします」

と言った感じでオーダーはするりと通った。その後、配膳までは、わずかに 4分 少々であった。何とも素早い配膳である。最初に家の奥さんの「ラーメン 並」が、続いて 1分後 に、私の「ジャンボラーメン」がどーんとカウンター上に置かれるのであった。

撮影並びに計量時間は予め戴けて、準備が整ってからのチャレンジスタートとして戴けた。何から何まで我が儘を言っては流石に申し訳ないので、「麺リフト」写真は、タイマースタート後に撮影。チャレンジ時間に含める形とさせて戴いた。

さあ、13:18 からいよいよチャレンジスタートである !! p(^^)q


「ジャンボラーメン」 麺5玉 挑戦料 2,500円(税込)30分以内完食で無料 !!


このチャレンジメニューは予約不要だ。初訪であってもいきなりチャレンジ可能である。但し、混雑時はお断りすることもありとのことだ。

チャレンジメニューの「ジャンボラーメン」の器サイズは、直径 30.5cm、高さ 9.5cm。これに比べて、「ラーメン 並」の器サイズは、直径 21.5cm、高さ 8cm。それはもう圧倒的な差異がある。今回、チャレンジ時間を気にする余り、家の奥さんの品との比較写真を撮影する間を作れず、実にもったいないことをした。。。(T^T)


ラーメンショップの面影を彷彿とさせる淡い水色をした直径 30.5cm の巨大丼に、麺5玉、チャーシュー 1枚、ワカメと 6切〔ろくさい : 全型 = 1枚 分の 1/6 サイズ〕の海苔が 2枚 載せられている。具材に関してはたっぷりと言うわけにはいかないが、見るからに、麺はそれこそたっぷり入っている。

麺は機械打ち角刃麺、わずかに縮れの入った中太のストレート麺で、『酒井製麺』製の多加水麺が使用されている。
いわゆる『ラーメンショップ』オリジナルの『椿食堂管理有限会社』系の中細麺ではなく、つるつるもちもちの『酒井製麺』製の中太麺は、スープとの親和性がかなり高い。ここは、『酒井製麺』ならではの作りと言おうか、『吉村家』『杉田家』『寿々㐂家』等の「家系ラーメン」直系店でも感じたことだが、スープの吸い上げが殊の外に素晴らしく、麺肌にスープが纏わり付くかのような印象なのだ。つるつるもちもちとの擬態語〔オノマトペェ〕を用いたが、その実際は「にゅるり」と形容すべき食感であった。要するに、澱粉質にしっかりとコーティングされた、なかなかに冷めない仕様の麺なのだ。この事実が、実は、このチャレンジメニューの難しさを作り出していると、後になって気付く私なのであった。
一方でこの麺、ほんと時間を掛けてゆっくりと味わいたい麺なのである。因みに、この麺、「つけ麺」で食したらより一層旨いことだろうとも思った。


チャーシューは、「ジャンボラーメン」に 1枚 のみ搭載されていた。家の奥さんの「ラーメン 並」も同じく 1枚。情報では「ジャンボラーメン」には 5枚 と言うものもあったが、今回の品は 1枚、これもまた、ことの詳細は不明である。赤身肉主体のチャーシューではあるが、噛み応えは柔らかく、口中ですぐに解れる感じで、5枚 載っていたいら、いかばかりか嬉しかったことだろうにと、少々残念に感じた。


スープは醤油ベースの豚骨スープ。味は、油っこくなくあっさり系。醤油の味わいも思いの外に強くはなく、これを酒を呑んでの上がりに戴けたら、さぞや旨かろうと言う味わいだ。

基本的には、いわゆる「ラーショ」的な一杯なのだが、鶏油こそ使われていないものの、背脂感は左程に高くなく、「家系ラーメン」的な色彩もわずかに感じられる仕様だ。当初に感じた、「家系ラーメン」寄りの「ラーメンショップ」出身店との位置付けは、満更外れてもいまい。

動物感が抑え目で、まろやかでライトテイストな豚骨醤油スープは、背脂も程良く浮いており、乳化の白濁もそれなりに感じられる品で、飲み易い落ち着きのある一杯となっている。

それにしても、スープが熱い。兎に角あっつ熱のあっつ熱なのだ。今回は、食べ始めから完食時まで、このスープの熱さとの格闘だったと言えよう。
何せ、麺具材等は、6分50秒4 で食べ終えているのだ。そこから、スープ完飲まで、5分50秒 も掛かるとは夢にも思わなかった。
そうして、完食後一日経って、こうしてレビューを記している段で、胃の入口である噴門付近を、どうやら火傷したらしいと分かった。その後の食事中、嚥下時に何となく違和感があって、炎症を起こしているうようだと気づいたのである。
チャレンジメニュー喫食時は、口内火傷を大いに気に掛け、麺の嚥下時に合わせて水を含んではいたのだが、何しろ麺の加水率が高めなのと、スープ自体も熱々のままが最後まで続いたので、麺の蓄積熱による胃内壁の火傷を起こしたものと思われる。いやいや、無理の出来ない年齢になったものよと、少々淋しくなってしまった。。。


486番、、、これは完食者名として、私のハンドルネーム kazutans と記入した店内掲示用の用紙最上部に記される番号である。完食者は名前・完食時間・年齢とともに、数字を書き入れることになっているのだが、この数字は、これまでのチャレンジ成功数なのだそうだ。こちらのシステムでは何度でもチャレンジ可能らしく、それこそ 3回 も 4回 もチャレンジしに来ている猛者がいると聞く。従って、飽くまでも延べのチャレンジ成功回数であって、チャレンジ成功者人数とイコールではないのだが、それにしたって大した人数であることは間違いない。1977年〔昭和52年〕の創業時から 43年間、ずっと続いていると言うこのチャレンジメニュー、その積み重ねてきた歴史の深さを思わずにはいられないのであった。


兎にも角にも、無事チャレンジ成功!
今回は、結構頑張ってみたつもりだ。

なかなかに美味しうござったが、スープと麺の熱さが、異様に際立ったチャレンジとなった次第である。f^_^;


さて、今回の東京行、『東京ビックサイト』で行われた『デザインフェスタ vol.52』の観覧の主目的は何か!
それは、西4F【ブース I】にて展示発表されていた「フィギア・人形/雑貨/ライブイベント」が観覧のメインで、実は、長男の嫁が製作するぬいぐるみ出展があり、その応援も兼ねての『デザ・フェス』観覧だったのである。長男の嫁は、現在ぬいぐるみのデザイナーとして活躍、なかなかの品を作り上げるクリエイターなのだ。
この『デザ・フェス』、ぬいぐるみ関連に関しては、一通り歩いて覗き回ってみた。その上で、飽くまでも個人的感想ではあるが、家の嫁の作品群が、一際可愛かったのであった♪ ( ̄▽ ̄)

『東京ビッグサイト』西ホール全館にて、2020.11.7(土)・8(日)の両日に渡って行われたこのイベントは、新型コロナウイルス感染症〔COVID-19〕対策は万全を期しており、チケット購入者に連絡先の事前登録を求め、入場者数の監視も怠らず、入場制限もきっちりと行うなど、諸々徹底していて、安心感のあるイベントとなっていた。
「自衛の算段を踏まえた上での行動」、、、その意味に於いては、正に打ってつけのイベントであった。
兎にも角にも、駆けつけた私たち夫婦を目の前にして、とても喜ぶ嫁の姿が実に可愛いのであった♪


さて、今回の実測値は、

「ジャンボラーメン」麺5玉 挑戦料 2,500円(税込)30分以内完食で無料 !!
総重量(実測値)3,041g
うち麺・具材重量 1,796g
うちスープ重量(麺・具材等完食後)1,245g
器サイズ
直径 30.5cm、高さ 9.5cm、器重量 2,046g

合計支払金額 0円(税込)
麺・具材等完食時間 : 6分50秒4
完食時間 : 12分42秒3

訪問日 : 2020.11.7(土)


はてさて、『ラーメンの店 なかむら屋』にての無事完食、今回は我ながらよく頑張ったと思う。
この次に、この系統のチャレンジメニューで狙うのは、2019.10.1(火)に、東京都葛飾区堀切7-32-4 から移転した『ラーメンショップ 堀切店』〔東京都葛飾区堀切7-3-1〕の「ジャンボラーメン」であろうか。
…………………………………………
1st チャレンジは
「ジャンボラーメン」2,000円(税込)
麺4玉 とスープ 1.5L(約2.8kg)を 20分 以内に完食で出来たら無料!
さらに永久に割引きになる認定カードをさしあげます!(500円 ごとに 100円 割引き)
2nd チャレンジは
「スーパー油そば」3,000円(税込)
麺10玉 油そば(約3.2kg)を 30分 以内に完食出来たら無料!
さらに永久に割引きになる認定カードをさしあげます!(500円 ごとに 200円 割引き)
ジャンボ & スーパー挑戦可能時間は・・・
7〜11時 と 14時〜19時30分
…………………………………………
この、チャレンジメニュー、移転後も実施されていることを心底祈念する私なのである。
▲ページトップ

なかむら屋 - 料理写真:「ジャンボラーメン」麺5玉 挑戦料 2,500円(税込)30分以内完食で無料 !! なかむら屋 - 料理写真:「ジャンボラーメン」上から。スープは醤油ベースの豚骨スープ。味は、油っこくなくあっさり系。醤油の味わいも思いの外に強くはなく、これを酒を呑んでの上がりに戴けたら、さぞや旨かろうと言う味わいだ。 なかむら屋 - 料理写真:「ジャンボラーメン」接写。ラーメンショップの面影を彷彿とさせる淡い水色をした直径 30.5cm の巨大丼に、麺5玉、チャーシュー 1枚、ワカメと 6切 の海苔が 2枚 載せられている。 なかむら屋 - 料理写真:「ジャンボラーメン」麺リフト。つるつるもちもちの中太麺は、スープとの親和性が高い。『酒井製麺』ならではと言おうか、スープの吸い上げが殊の外に素晴らしく、麺肌にスープが纏わり付くかのような印象なのだ。 なかむら屋 - 料理写真:家の奥さんが注文した「ラーメン 並」650円(税込)器サイズは、直径 21.5cm、高さ 8cm。チャレンジ時間を気にする余り、この品との比較写真を撮影する間を作れず、実にもったいないことをした。 なかむら屋 - メニュー写真:『なかむら屋』チャレンジメニュー「ジャンボラーメン」 なかむら屋 - メニュー写真:『なかむら屋』メニュー表示板 1 なかむら屋 - メニュー写真:『なかむら屋』メニュー表示板 2 なかむら屋 - 外観写真:『なかむら屋』店舗外観「東から」 なかむら屋 - 外観写真:『なかむら屋』店舗外観「南東から」 なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』店舗外観「南から」 なかむら屋 - 外観写真:『なかむら屋』店舗入口 なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』営業時間 なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』駐車場説明書き なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』住所表示板 なかむら屋 - 内観写真:『なかむら屋』店舗内観 なかむら屋 - 料理写真:『なかむら屋』テーブル付属の各種調味料類 なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』ウォーターサーバー なかむら屋 - 内観写真:『なかむら屋』チャレンジメニュー成功者の名前が貼られている なかむら屋 - その他写真:『なかむら屋』使用麺は『酒井製麺』製の特注麺である。 なかむら屋 - 料理写真:「ジャンボラーメン」麺5玉 挑戦料 2,500円(税込)30分以内完食で無料 !! 総重量(実測値)3,041g。うち麺・具材重量 1,796g、うちスープ重量(麺・具材等完食後)1,245g。 なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』パンフレット なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』会場の『東京ビックサイド』 なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』会場内の様子 なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』長男の嫁が製作するぬいぐるみ出展は大盛況であった。 なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』長男の嫁が製作するぬいぐるみ。 なかむら屋 - その他写真:『デザインフェスタ vol.52』へと向かう「ゆりかもめ」の車窓風景。ちょうど上下線交差のシーンが撮影出来た♪
⇒もっと見る

なかむら屋の口コミをもっと見る(77件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆3.7
昼:料理・味 :〓〓〓==3.5
昼:サービス  :〓〓〓〓4.0
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.5
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓==3.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



kazutansさんの他のお店の口コミ
らーめん たん二郎 (北藤岡、倉賀野、山名/ラーメン)
エッジの立つオーション麺のジェントルマンなお味♪
★★★★4.0
 2021/01

青竹手打ち佐野ラーメン ひだまり (細谷/ラーメン、餃子、丼もの(その他))
青竹手打ち麺のもちもち感♪
★★★☆3.5
 2021/01

きやんち (本庄早稲田/うどん)
月曜日は「玉ねぎ天」無料食べ放題♪
★★★★4.0
 2020/12

kazutansさんの口コミ一覧を見る(644件)


なかむら屋のその他の口コミ
ラーショと家系の中間的存在とはよく言ったもんだ。
想夫恋(1698)
★★★☆☆3.4
 2020/12

我がラーメン放浪記
iebishou(7)
★★★☆☆3.0
 2020/12

うちの子供が一番好きなラーメン屋
遼太友(6)
★★★★4.0
 2019/04

⇒もっと見る(77件)
▲ページトップ



上野毛のラーメンランキングをみる


口コミ(77)写真メニュー
評価店舗情報地図


なかむら屋トップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 東急沿線 > 九品仏~上野毛(大井町線) > なかむら屋 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.