のスた


大井町のラーメンランキングをみる

口コミ
元助手から師匠へのトリビュート。「さぶちゃん」の味わい再び
タム6000(1607) [携帯電話番号認証済]
2020/09最終訪問
★★★★4.2
(詳しい評価)

★★★★4.2
2020/09訪問
守・醤油(850円)+半チャン(300円)

休日、大井町で遅めのランチ。
そういえば最近「社井田」の間借り営業が終わり復活した「のスた」にまだ行ってなかったっけ、と公式Twitterをチェック。
・・・ほぉ、この週末は細麺のみの営業なんですな。

新生「のスた」のメニューのラインナップは「守」「破」「離」の3種類。
「守」は、今は亡き神保町「さぶちゃん」トリビュートな細麺清湯なメニュー。「破」は「凛」時代から引き続き提供してされる二郎系、「離」は「破」を可能な限り国産材料を使って作り上げたという意識高い系二郎といった感じです。
で、今日は「守」のみの提供とのこと。

のスたの細麺は、立会川暗渠近くにお店があった際に塩を食べましたがかなり旨かった記憶。
確かこちらの店主さん、かの「さぶちゃん」の助手をやっていた(もっと言うとメグジの助手経験もあり)と聞いたことがあり、最近はそちらにかなり寄せているというのと、アレを語るには必須アイテムである「半チャン」も出しているとのことで、期待値を上げて訪問。

休日13:30到着。
店内は満席で前客が食券を買っているところでした。後客続々で待ち発生。
店員さんの指示に従い、ハイハットスタンドを改造した足踏み式消毒アルコールスプレーで手を消毒し券売機へ。「守」と「半チャン」をポチしカウンター席へ着席。ちなみに今日の細麺は塩と醤油が選べたのですが醤油。塩を選ぶと「ニンニクは入れますか?」と聞かれるみたい。

「社井田」撤退後、お店をリフォームしたようで、完全に「withコロナ」なニューノーマル時代に対応した作りになりましたね。客席はカウンターのみで、透明アクリル板を使った大ぶりなパーティションが作り付けてあります。
最近よく見る「ブックエンドにプラダンやボール紙を貼っただけ」なパテとは大違いですね(まぁ、そういうのであっても設置しようと思う心がけは素晴らしいですが)。
卓上には何も置いておらず、箸は箸袋入りで丼とともに提供(胡椒も都度提供)、レンゲはなし(これは昔からだったはず)、スタッフは全員マスク着用。そして素晴らしいのは、客が帰るたびにホールの店員さんがアルコールスプレーで卓上やパーティションをきれいに消毒してから次の客を通していること。
パテ設置や消毒等「手段が目的化」しちゃってるお店も多い中、こちらは頭を使ってオペレーションしてる感あって安心できます。

さて、待つこと5分ほどでラーメンから着丼。
ほぉ。。。これは。。。確かに神保町のあの店内の風景が目に浮かぶようなルックス。
やや濁った、生姜香る醤油スープの表面には厚めのラード層。スープの色は神保町よりも濃いめかな。中には細麺が泳ぎ、上にはチャーシュー、ネギ、メンマ。

では丼を直接持ってスープをズズズ。
・・・あぁ。。。さぶちゃんの顔が脳裏にw
店主さん本人が「かなり寄せてる」と宣言してる通り、もう、完全にあの味わい。
ただ、正直ブレ幅も大きかったあのスープですが、こちらではかなりカッチリと安定感があり、本家より輪郭がはっきりした骨太な仕上がりになってる気がします。
どっしりしたガラ系のスープ、甘口で濃口な醤油ダレ、ラードと生姜の香り。。。あぁ、こりゃたまらん!丼を持ってズビズビと飲み続けたい味わい。

麺は表面がツルッとした細麺。
今っぽいパツパツ麺とかじゃなく、ちょっと柔めでしなやかな所がまたこのスープに合いますね。麺量は150gくらいか。

チャーシューは、しっかり食紅を塗って焼豚として仕上げた肩ロース。ムッチリ分厚く、肉の旨味がミッチリ詰まっており、これは完全に本家超えなうまさ!2枚入ってて満足感あります。
メンマは、あの店を彷彿とさせる独特の甘ったるい味付け。うまいまずいじゃなく、そうそう!この味!って感じw

やや遅れて着丼した半チャーハンは、明らかに「半」ではない感じ。こりゃ300gは確実にあるやつ。
そして。。。そうそう!これこれ!と言いたくなるような、敢えて雑に作った質感なのがいいねぇ。
あの店のチャーハンの作り方って、注文より常に多目に作って余ったやつをキープしておき、次の注文が入ったらそれに白飯やチャーシューを足して炒め直す、といった「継ぎ足し方式」で作ってたので、米のしっとり感に結構差があったりしたのと、さぶちゃん本人の腕力が落ちてきた末期は、継ぎ足した白飯がほとんど混ざらないまま、マーブル模様のように醤油ご飯と白ご飯が混ざり合ってる状態の時もありましたがそんな雰囲気も感じられる「完コピ」版。
チャーシューはほぐし焼豚状態、卵やネギはほとんど入ってないんだけど。。。「あの味」がもう食べられない今となっては涙モノの半ちゃんですね。

両者想定よりかなりボリュームがあったので、腹パンパン、大満足でご馳走様。

いやぁ、神保町さぶちゃんに何らかの思い入れがある方にとっては、この組み合わせは正直感涙モノだと思いますね。ポン酢を使った名物二郎系メニューも好きだけど、これも絶対また食いたい一杯になりました。
正直、材料原価に対する価格設定としては強気な価格だとは思うけど、価格対満足度で言ったら個人的には全く問題なし。
塩もいいけど、また醤油と半ちゃんを食べに来ちゃいそうです。

(二郎系と細麺メニューはどちらも不定期提供なので、訪問前に公式Twitterを確認することをオススメします)
▲ページトップ

のスた - 料理写真:守・醤油(850円) のスた - 料理写真:守・醤油(850円) のスた - 料理写真:守・醤油(850円) のスた - 料理写真:守・醤油(850円) のスた - 料理写真:守・醤油(850円) のスた - 料理写真:半チャン(300円) のスた - 料理写真:半チャン(300円) のスた - 料理写真:半チャン(300円) のスた - 料理写真:半チャン(300円) のスた - 料理写真:半チャン(300円) のスた - メニュー写真:
⇒もっと見る

のスたの口コミをもっと見る(12件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.2
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.2
昼:サービス  :〓〓〓==3.0
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.0
昼:CP   :〓〓〓==3.0
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



タム6000さんの他のお店の口コミ
萬来軒 (戸越銀座、戸越、大崎広小路/中華料理、ラーメン)
鍋振りメニューの双璧を満喫!
★★★☆3.8
 2020/11

龍王 (浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、田原町/餃子、中華料理、ラーメン)
丁寧な仕事を感じる裏観音マニアック街中華
★★★☆3.6
 2020/11

ら・けいこ (栄(名古屋)、栄町、矢場町/ラーメン)
フォーマットは二郎系だが、全く異なるクセになる味わい
★★★☆3.9
 2020/11

タム6000さんの口コミ一覧を見る(1702件)


のスたのその他の口コミ
細麺DAY
3パット(8)
★★★★★5.0
 2020/09

一見地味ですが内に秘めたる美味しさは相当なものです。
亜喜丸(1794)
★★★★4.0
 2020/11


Maasaru(26)
★★★☆☆3.3
 2020/09

⇒もっと見る(12件)
▲ページトップ



大井町のラーメンランキングをみる


口コミ(12)写真メニュー
評価店舗情報地図


のスたトップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 大井・蒲田 > 大井町・青物横丁 > のスた > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.