ラ・プロヴァンス


竹芝のフレンチランキングをみる

口コミ
少し早目の誕生祝い
本生(627) [携帯電話番号認証済]
2017/12最終訪問
★★★★4.0
(詳しい評価)

★★★★4.0
2017/12訪問
満40才の誕生日を少しだけ前倒しして
旦那に祝って貰いました


【前菜1】パレット・アート・オードブル~芸術家が愛した南仏プロヴァンスより五種の味覚~

視覚からも楽しませてくれた今回の前菜
球体一つと一つにしっかりとした個性があり
たった一口でその世界を表してしまう素晴らしさに感動

【前菜2】季節の前菜 カンパチとアボカドのマリネ

『カンパチって脂っこいから苦手なんだよなぁ…』
なんて食べる前から言って居たのに一口食べたら
そんな私のカンパチ記念日となりました

【魚料理】スズキのミキュイ 秋茄子のピューレ

どれが茄子なん?
これやろ?
いや、茄子の形状してへんやん??

なんて会話をしながら
驚くぐらい茄子の味がするピューレと共に美味しく頂きました


【旦那メイン】
・鴨のロースト シンプルなジュとポワヴル・ヴェールのソース

この時期、家でも鴨南蛮は作るのですが
ソテーされた肉厚の物は本当に美味しいらしく
『これからは角萬の冷肉たべれへんな!』と言っておりました

【私メイン】
・カナダ産活オマール海老 季節のアレンジ

今回誕生日と言う事でコースメニューには無い一品を用意して頂きました
まるでカナダからの手紙を読むような気分で
大事に大事にカナダ産の海老ちゃんを頂きました

美しい食事と共に

美味しいワインも行水するかの如く頂き
至福の時間を満喫させて頂きました
来年の誕生日も是非訪問したいと思います


★★★★4.0
2017/07訪問
結婚18回目の記念日と旦那の誕生日祝いを兼ねて訪問

結婚当初、記念日と言えば利用して居たのは
今は無き幕張プリンスホテル最上階のレストラン
味も一流な上に夜景が最高でとても大事にしていたお店でした

そんな大好きなレストラン

幕張プリンスの閉鎖と共にレストランは無くなり
ホテルごとアパに買収され
最高に素敵だったその場所は漫画喫茶となってしまいました

その後、記念日に相応しいレストランは無いかと鼻を利かせ

聖路加タワー最上階にあるレストランルークと言うお店を見つけました
通いだした当初は最高の夜景とハイレベルなお料理
ピアノの生演奏に感動し、暫く利用して居たのですが
ある日を境に料理の質、客層の低下と色んな事が残念な結果に
(映画、永遠の0に使われていました)
料理長が変わったと言う報告を受け

やはりね…

そして思い出のレストランから再び涙の別れ
いよいよ食の引き出しも無くなった頃
『夜景こそ見えないけど料理のレベルは凄いよ』と言う話を聞き

初訪問

初めての訪問でグッと心を掴まれ
かれこれ3年
我々が歩んで来た道に何時もこの店がありました
結婚記念日、お互いの誕生日、ちょっと嬉しい事があった日

何時訪問しても素敵なサービスと美味しい料理をありがとう

年末の誕生日にも
来年の結婚記念日にも
また寄らせて頂きます

美味しい料理をありがとう

※我々夫妻の事を覚えて居て頂き
特別料理を出して下さりありがとうございました

★★★★4.0
2014/07訪問
【再訪】

12月11日、自分の39歳の誕生日にお祝いとして利用しました
何時訪問しても料理以上に楽しい気分を味わえる此方
今回もサーブ担当の方と大いに盛り上がりとても楽しい誕生日となりました

人間って不思議ですね

たった一個のワードで心が繋がるんですから
来年こそ一緒に野球に行ったりしましょう。
いつもありがとう

・栗とセロリのムース
・7つの味覚と彩り小前菜の餐宴クリスマスバージョン
・セロリの暖かいスープ、ビーツのカプチーノ仕立て
・黒ムツとまとう鯛の食べ比べ
・鱸のポワレ
(旦那は牛フィレ肉の炭火焼き)

全ての料理がどれも美味しかったのですが
中でもセロリのスープが感動的な美味しさでした
セロリが嫌いな自分が初めて「セロリって美味しいんだ」と思った一品でした

ごちそう様

……………………………………………………………………………………………………………………

【再訪】

年に2回づつ
お互いの誕生日と記念日に美味しい物を食べようねと毎年訪問しているコチラ
昨年は予定が合わず訪問する事が叶わなかったのですが

今年は17年目の結婚記念日を楽しみに一年振りに訪問しました

今回も前回同様アルコール2時間飲み放題をプランに付け
お魚と肉両方を楽しめるWメインのコースを利用
ここのレストランに限らずフレンチのコース料理を頂く際

『ワシわな、パンは要らんねんメインの肉をご飯と食べたいねん!』
『パンもな、旨いけどなやっぱ日本人やん?美味しい肉は綺麗な米とたべたいやん??』
『長い題名のソースをな白いご飯にかけて食べたいねん』

等と演説を始めるので…

レストランに確認しメイン提供の際一人前のご飯を出して頂けるか確認すると
『では、その日の為に特別にご用意させて頂きますね』
と言ってくださったのでロッシーニを飯で〆るべくいざコースのスタート

・メロンと生ハムのジュレ仕立て
綺麗に形抜きされたメロンに生ハムのチョリソーが挟まり
ザ!夏の祭典と言った爽やかな味
実はメロンが苦手な自分…
カブトムシの気分を味わいました

・7つの味覚と彩り豊かな夏野菜の小前菜の餐宴
中央に鎮座するパテが実は豚足で固めた物だったのですが
これが豚足だと分からない位美味
他の野菜達も普段味わう事がないものばかりで
3年振り位に食べたゴーヤのカレー仕立てが実にご~~~やでした…

・尾長鯛のポワレシブレットソースタスマニアサーモンのココナッツオイル
ソースから魚からびっくりする位美味しくて
一口食べる度に炭の匂いが口内に広がり
ふわっととろけるようなサーモンは適度な脂と塩分で
途中配膳して頂いた焼き立てのパンと一緒に満面の笑みで頂きました♪
尾長鯛もしっとりと美味しく、パリッと焼けた皮と身のコントラストが最高でした!

・海老、ホタテ、鯛等のジュレソースカプチーノ仕立て
これは塊肉が食べれない自分用のメイン
写真では相当分かりにくいのですが、泡立ったブイヨンの下に
大きな海老や帆立、鯛がごろごろと入り
濃厚な旨さがソースにギュッと出て何とも言えない味わいでしたね~
今思い出しても最高に美味しかった!としか表現できませぬ!!!

・ロッシーニスタイル仔牛フィレ肉とフォアグラのポワレマデラ酒とトリュフの香り
ロッシーニを飯で〆る!と言う目的通り
同時に提供して頂いた肉を豪快に白米に乗せ
一気に口へ!
『こんな旨いもんはじめてや~』が店内に響きました

サーブ担当の方が大阪の方でここでも又旦那とやや友情が芽生え
『兄ちゃん賄いでるやろ?』
『だったらな、肉はやっぱり米でくわなアカン!』
『わしわな、この食い方を兄ちゃんにすすめる!』と熱く語り
最後には個人連絡先を交わす程に
彼との会話から飲み放題のロゼからやはりここのレストランは自分的に最高です

18年目もここでお祝いをしようねと言ってお店をでました☆

美味しかったです
ごちそう様☆

……………………………………………………………………………………………………………………

【再訪】

結婚15年目の記念日にて利用

15年と言うと何となく節目の年でもあるので
行きつけではないレストランで雰囲気を変えて豪華なディナーでも!
船上とか、ヘリに乗っちゃうとか、ルークのベランダでカクテルだけ飲むとか

等と本当にここ数か月の間色々と頭を悩ませ提案だけはしてきたのですが…

日が近づくにつれ段々とそんなプランに対する情熱も
過ぎてしまえば『あんときゃあーだったよねー。。。』で終わってしまう行事だよな
と段々に現実的な考えとなり結果的に何時もの安心レストランをチョイス

本日は呑み助である自分のリクエストから

コース料理の他に決められた種類だけ飲み放題と言うプランもセットにし
(シャンパン、ワイン赤、白、麒麟熟成生、ソフトドリンク7種)
何て銘柄だか完全に忘れた飲みやすいロゼとシャンパンに似せたノンアルで乾杯

・小さな前菜マスカルポーネのカナッペ
胡桃や干し葡萄が練り込まれたパンにマスカルポーネチーズに
フォアグラを混ぜた物を添えてあります。
味わう事無く一瞬にして食べた旦那に『100回噛め!』と制裁

・瀬戸内パレット・アート・オードブル
7つの味覚(甘味・辛味・酸味・旨味・苦味・えぐ味・滋味)を一皿に表現
愛媛産の真鯛、豚足やエリンギを混ぜたテリーヌ、珍しい野菜では赤オクラ
錦糸ウリを麺状にした物にアクセントに辛味のチリビーンズ
赤くなることの無い緑トマト、フレッシュな苦みが抜群のゴーヤ
上記の物を添えられたサフランのソースや炭の塩で頂きました
中でも愛媛産の真鯛、こいつは最高でした、真鯛の下に隠れた冥加と
一緒に頂くと一瞬にして口内が初夏状態、暫く目を閉じてしまいました

・季節のスープビシソワーズ空豆ジュレ添え
冷たいスープを元来好まない自分なのですが
ここまでキンキンに冷やしてあるのは小気味いいですねー!
混ぜると出てくるそら豆のコンソメジュレが主張しすぎず
調和を産みだし、非常にサッパリ、飽きないようにクルトンと共に最後まで♪

途中飯島直子好きの旦那が『警視庁ゼロウーマン』の事を熱く語りだし
あのシャワーシーンは当時の男子高校生すべての心を掴んだとか
未だに直ちゃんは天使や等、話が途切れそうも無かったので
この間に一人ロゼを5回程お替りしました

・本日のお魚すずきのポワレやりいか添え
こんがりと香ばしく焼かれたすずきの皮目にインカの目覚めピューレが添えてあり
はじっこには炭で香ばしく焼かれた槍イカが隠れて居てこのやりいかが本当に
炭の匂いがしてこのイカだけあと5つ位別料金払うからだして!って言いたくなる程美味!
あの匂いはやばいです、メインがすずきなのに完全にやりいかに良い所持ってかれました

段々とロゼに飽きたのでここで熟成にチェンジ

・本日のメイン牛フィレ肉のロッシーニ風
・オリジナルメインまとい鯛や甲殻類を添えた一品


お料理の相談の段階で本来はメインが魚だけになってしまうと言う話の中で
『甲殻類は大好きなんです』と言う自分に対し
『ならば伊勢エビのラビオリではどうですか?』と気を利かせて下さったのですが
ラビオリが好きではないと言う胸を告げると『では考えますね』と言って
出して下さったメインは甲殻類もアリ、魚もありーのの最高な一皿

散々飲んだくれて更にここから又ロゼに戻った自分にも

『僕も普段は家で缶ビールなんで今日は好きなだけ飲んで下さい』と
相手に気を使わせない完璧なサービス☆
余りに心地いい接客についつい飲み過ぎてデザートが何だったのか覚えてないのですが
旦那曰く、ケーキの他に桃のゼリーも出たとか。

甘いもんはアンタが食べ!!と言って全部食べさせられ腹がはち切れたと
翌朝聞かされました

16年目のこれからもお互い折れずに腐らずに頑張りましょう!

最高に美味しかったです
ごちそう様☆

……………………………………………………………………………………………………………………

【再訪】

記念すべき35歳の誕生日をどーしても祝いたいと言う旦那に連れられ今宵も竹芝まで

『誕生日だからって奮発しなくても現ナマでくれればいいのに…』と淡雪が
地面に説け落ちるようにやんわりと言ったにも関わらず

『折角やのに現ナマて…』と泣きそうな旦那

追い打ちをかけるように『グルメシェフカードでも良いよ』と言うと
ガッカリしすぎて表情はまるでR25の漫画キメゾー状態

だって…

この季節どこに行ってもクリスマスムードむんむんで
レストランのコース等にも心なしか割高感を感じ損した気分になるんだもの…

しかーーしそこはやってくれますプロヴァンス♪

クリスマスに関わらず事前の予約で今回も好きなカクテル等を用意して頂き
乾杯から大好きなタンカレー10年ソーダ割りを傾けつつまずは一口のお愉しみ
このサクッと旨いラスクに塗られたパテがまた濃厚で酒が進む味わい

運転がある旦那の分も今日は呑んじゃうよ♪

てんで、大好きな神風をお代わり注文しつつ頂いた前菜がまた旨し
ウニのムースの上に飾られた蟹とコンソメのジュレは
一口食べると口の中に濃厚な足跡を残し…

ホリケン風に「じゅんじゅれ~」と言いたくなる程

まだ肌寒い12月にも関わらず一足お先にグルメで春を!
と言う事でお次に出された一品目の魚は

鰆の炙り彩り野菜のマリネ風
鰆を焼きでなく生で!と言うのも初めての出会いでしたが

これが又マジぱねっ!!

旨すぎてスーパーサイヤ人になる一歩手前!!!
興奮しすぎて髪の毛が逆立っちゃう位に旨い!!
今のこの状況なら天下一武道会で優勝出来る自信あり!!!

お次の魚料理はフレンチでは定番の真鯛のムニエル
何かってーとムニエル、ダニエル、ミラジョボビッチと横文字を並べがちなフレンチですが

名前負けする事なくふわっふわの魚はシブレットの香りなんてよくりかい出来ませんが…

かなりのパーセンテージでシブレッテます(シブレの説明されたけど覚えてないです)
このシブレ具合は鬼!シルブプレ~とは多分関係ないけど
思わずウェイターさん相手にシルブプレ~を連発したくなる旨さ

メインの肉は今回も自分は食す事が出来ないので対面にて涎の滝に溺れそうな旦那に丸なげ
ヒレ肉を二重に積み『プシュプシュゆうてる~』と自分の誕生日なのに嬉しそうな旦那

何故かムカつきます…

そんな最高に軟らかく旨い肉を飲むように平らげ最後はデザート♪
ここまで4杯の旨いカクテルやシャンパンを堪能し勝手ながら今回も
年を重ねるのも悪くないなと思う自分…

ダブルで配膳されたデザート達は勿論最高に旨いのですが…

結構、いや相当満腹だったので一口づつ食べてごちそう様
2012年末に来て今宵も素晴らしい食事と共に誕生日を祝わせて頂きました
来年もきっとこちらにお世話になる事でしょう

美味しかったです
ごちそう様☆

……………………………………………………………………………………………………………………

【再訪】

満13回目の結婚記念日にて利用
四角い顔の仁鶴がまぁるく収めましょ!と言う具合に
色々な事をどなかなー!の勢いで丸く収めて来た結婚生活13年…。

我が家の場合、結婚記念日に全てを盛り込み出費を極力抑えましょうと言う事で
毎年下記のような理由にて家庭内エコを実践!

①旦那の誕生日
②入籍記念日
③結婚式を挙げた日

何事も今はエコの時代!
旦那の誕生日である18日にすべてを一回で終わらせれば
地球温暖化も防げて家計にも優しい♪エコ家族のモデルケースのような家です!

まぁそんな独断と偏見による理不尽な理由を旦那から言わせると…

誕生日とクリスマスが重なってしまい本当はプレゼントを2つ欲しいのに
母親に半ば強引に『同じ日なんだからプレゼントは一個で良いわよね!』と言われた小学生の心境だそう。

そんな心境を語られても『ふ~ん、だから何!!』で終了。

鬱陶しいので早々にそんな旦那を連れ普段見慣れない夜景を見つつ車にて目的のお店まで…
地下駐車場に車を止めレストラン入口にて予約名を告げ店内へと案内されます。。

高い天井に広めの店内演出。
西洋を思わせる大きなシャンデリアに大きな鏡。

案内された席は前回同様広めのソファー席でソファーに座りフレンチを頂くと言う発想も何だか斬新

蝋燭に明かりを灯して頂き横に並ぶ1輪のバラを見ればかなりムーディ
しかも空間が広い割に客数が少なく、席と席の感覚が非常に離れているので
一つの広い空間に居ながら個室で食事をしてるような気分…。

今回はシャンパンから始まるワイン付きフルコース。

だったのですが、自分がシャンパンを好まない事と旦那が運転がある旨を事前に伝えておくと
ありがたい事に乾杯のシャンパンも2杯目のワインもお好きな物で良いとの事♪

じゃあじゃあ最初は好きな酒から!と意気込んてみたのですが…

やはりお料理がお料理と言う事でちょっと上品に自分はミモザで
旦那は柑橘系をベースにしたオリジナルカクテルをチョイス♪
(勿論旦那の分は乾杯だけして自分のお腹に収まりました)

ミモザなんて一気に飲んじゃって旦那にと作ってくれたオリジナルカクテルを味わうと
グレープフルーツベースにほのかに残る梅酒の味とブルーキュラソーがもう夏そのもの
ロンググラス脇に添えられたハートの抜き型がもうホント可愛い♪

そんな可愛いカクテルを水のように飲み干しながら頂いたのは一口カナッペ

これがまた香ばしいったらありゃしない!!!
自家製と言われるシュー生地は勿論香り高く中に挟まれたクリームチーズは
バジルの残り香を湛え濃すぎず後味よく酒が進む一品

そこからはもう止まらない美味しいの連続ドラマ

*冷たい胡瓜のスープ
これはスープの温度も丁度よく胡瓜の青臭さを生クリームで上手に隠した一品
間違いなくカッパなら泣いて喜びます!!

*カンパチと夏野菜のソテー
新鮮なカンパチが美味しいのは勿論なのですが飾られたブラックオリーブのソースが
非常に香りよく甘すぎるくらいのフルーツトマトとベストマッチ◎

*バジルを練り込んだフォカッチャ
こちらはお料理の間にだされたパンなのですがあまりに美味しいので一品として書かせて下さい
かじる前からは香りよくかじった瞬間たるや鼻から抜ける匂いが半端ない!

ここで料理に関係なく好きなお酒と言う事で…

自分は大好物のタンカレー10年をツーフィンガーでソーダ割り♪
旦那は飲めないと言う理由からお店の担当の方が一押しですと進める
フランスで話題のリモーネ4種からストロベリー味をチョイス♪

*ヒラメのソテー
一見すると普通のソテーなのですがこいつの威力が半端ない!!
じっくりと炭火で蒸すように焼かれたヒラメはふんわりと白身特有の食感でこの炭の香りが堪らない!
ソースには赤ピーマンと貝の味わいがびっしり、且つダブルソース的な味わいで
パセリをじっくりとバターで炒めソースにしたようなものも添えられ目にも補色関係を楽しみ
味でも色と味わいの違いを交互に楽しめ一皿で何皿分にも美味しい♪

*牛フィレ肉のソテー

今回も前回同様、塊肉が苦手な自分は特別仕様にてお料理をお願いしようと思ったのですが
上記のような心境を語られてしまい流石に蜷川監督風に言う

『エリカとは昔はソウルメイトだったの…』

と散々仲良しでいざ金の話になると過去を語りだすそんな監督のように冷たく成り下がりたくない自分は
メインの肉はそのままに提供してもらい、ささやかながら旦那に肉のプレゼント♪

『こんなん贅沢ええのーーーー!!』と食べる顔は最高の笑み。

1年に誕生日は1回、そして結婚記念日も一回更には人生も一回
全てが笑顔でそして美味しいに越したことないのだ!
泣いて過ごしても一生笑って過ごして一生だったら笑って一生過ごしましょうがモットー!

で、ココからはデザートタイム…

*メインのデザートの前の小さなデザート(ええっちゅうねん!!)
一番人気と言うチョコレートケーキの回りには情熱のパッションフルーツ…
ここで勿論パッション屋良の物まねをさせた事は言うまでもございません…

エビィバディパッション!

*〆のデザートにバニラアイス練乳添えに小豆のブランマンジェ
脳みそが理解不能で甘くて溶けそうだったので全て旦那にあげて
自分はタンカレーをロックでしっぽり♪
(タンカレー10年は最高です♪)

お互いに美味しい時間を過ごすこと約2時間…

明日から14年目のスタート
きっとまたアッと今に結婚記念日ですね…

………………………………………………………………………………………………………………・

今晩は自分の誕生日前夜祭

何時もいくレストランルークにしようか迷ったのですが、
新規開拓をと言う事で竹芝のインターコンチネンタルホテルの中にある「ラ・プロバンス」へ
美味しい物を食べれるのなら33歳になるのも良いもんだ♪

ドリンクがセットになっているコースと言う事で自分は食前酒にミモザをチョイス

ミモザと共に提供されたのは先付けである自家製クロワッサンとスモークサーモンのパテ
このサーモンが口の中に入れると、スモークされた香りがきつ過ぎず最高に美味♪

先付けの旨さに全体的な料理のレベルの高さを見た自分はドキドキわくわく♪

料理の中でも苦手な物はないですか?の問いに塊肉はダメなんですが…
可笑しな事にフォアグラは大好物でして…
なんて感じに柄にもなくもじもじ男でいると担当の方が

「塊肉が苦手でもフォアグラがお好きな本生様の為に特別料理を用意させていただきました」
と思わずトランポリン世界大会日本選手代表にように跳ね上がってしまいそうに嬉しい言葉!

嬉しい言葉に興奮しつつ提供された前菜はひよこ豆の洋風茶碗蒸しとミートのパテ
(洋風茶碗蒸しは本当に優しくて上品な味、旦那はミートパテ大絶賛)

2品目は私の為に作ってくれた鮮魚のサラダ
(ビーツの下に真鯛、カツオのスモーク、あんきもが入り上にはからすみ、梨の角切り等が盛り込まれ
非常にさっぱりとしたオイルで仕上げられていました)

3品目は特別フォアグラ料理!
フォアグラのソテーにリンゴのポワレとホワイトブロッコリーのグラタン
(リンゴのポワレがバルサミコ酢のかかったフォアグラに不思議とあって
果物のなんとも言えない甘さが、濃厚なフォアグラを一つにまとめてくれます)

本日のお魚は料理はキハダのソテー

ブラックオリーブとペッパーを使ったソースがきつめの酸味でソテーされた濃厚な魚の味をしゃっきりと
〆てくれ炭で軽く焼かれたやりイカはプリップリ、美味しい以外言葉にならない!
この香りだけで、もう言葉に出来ない美味しさなんです。

ソテーの脇に添えられた里芋のフリットは冬に美味しいお芋さんの食べる芸術♪
さっくりしてるのに中はほっくらとしてて12月だけどここに小さい秋みっけって感じ

メインはオマールエビのソテー
塊肉がダメな自分の為に用意してくれた最高のメイン料理
プリプリをはるかに超えたブリブリ食感、かじると独特の筋肉質なエビの食感が口内で
裸祭り状態、もうオマール神輿をふんどし一丁で担ぎたい位のテンションです!
呑みこんでしまったらもうこの祭りは終了してしまうからこのまま眠りたい位…

だけど眠ったら帰れないからお腹にinしました♪

肉が好きな旦那にはイベリコ豚☆
とにかく美味しいを連発、豚でも牛でも肉なら万歳な旦那も満面の笑みです♪

デザートもこれまた豪華で、最初に、本日の小さなデザート、そしてプティフール
そしてメインのデザートにリンゴのスープ。

リンゴなのにスープ。。ジュースじゃなくてスープ・・・。摩訶不思議遊戯

お料理もサービスも本当に行き届いていて流石ホテルクオリティと言った感じ
「パンおかわりしてもいいですか?」の問いには勿論です沢山焼いてありますからのお返事♪
カプチーノも何も言わないのに二杯目どうですか?なんてステキングジムサービス
『お誕生日おめでとうございます、優しい旦那さんですね』なんて言わなくても良いセリフまで♪

帰りにはテーブルの薔薇を一輪自分へとプレゼントして下さりキャラにもなく乙女気分。

旦那にいつも『鞭でシバキまわすぞ!』とか『髪型センターベンツ、違うベンツにしろ!』とか
相変わらずな感じで毒霧をグレートかぶきバリに噴射して居ますが今日だけはそんな毒霧もなし♪

全体的にお値段の割にお料理のレベルも高くそして素晴らしいサービスもありきでしたので

是非皆様にもここぞ!と言う記念日にはこんなお店でお祝いして欲しいなぁなんて思いました
本当に美味しかったです!ご馳走さまでした♪
▲ページトップ

ラ・プロヴァンス - 料理写真:今年の夏は北海道とヨーグルトがテーマ ラ・プロヴァンス - 料理写真:全て美味しいですがやはり海老と星型のオクラは最高ですね ラ・プロヴァンス - 料理写真:トビウオのつぶ貝マヨソース和えが凄い!!トビウオから炭の香りはするはつぶ貝の食感は良いはでやべー旨い ラ・プロヴァンス - 料理写真:本来、赤鯛と天使の海老だったのですが私の事を覚えて居てくれ、天使の海老がロブスターのソテーに変わりました、ありがとうございますシェフ ラ・プロヴァンス - 料理写真:やばいよやばいよ~ ラ・プロヴァンス - 料理写真:尾長鯛のポワレシブレットソース、タスマニアサーモンのココナッツオイルコンフィ、グルノーブルソース ラ・プロヴァンス - 料理写真:口に含むたびふわっと空気を含んだ魚がほろっと溶けます ラ・プロヴァンス - 料理写真:ロッシーニスタイル仔牛フィレ肉とフォアグラのグリエマデラ酒とトリュフの香り(コースに+1500円で変更) ラ・プロヴァンス - 料理写真:柔らか過ぎる肉に旨味がつまり濃厚なフォアグラが旨味と一緒に襲いかかります ラ・プロヴァンス - 料理写真:オードブル 7つの味覚と彩り豊かな夏野菜と小前菜の餐宴 ラ・プロヴァンス - その他写真:フレンチの世界大会日本代表で3位を獲得した吉本シェフに変わりました! ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:わくわく♪ ラ・プロヴァンス - 料理写真:この球体の威力が凄い ラ・プロヴァンス - 料理写真:美しくて食べるのが勿体ないけど全部一口で食べてやったうぇーーい ラ・プロヴァンス - その他写真:分かりやすいお料理の説明 ラ・プロヴァンス - 料理写真:カンパチがさ、こんなさっぱりしてるなんて ラ・プロヴァンス - 料理写真:上の白いのふわっふわ ラ・プロヴァンス - 料理写真:なすが、なすのようで茄子でない ラ・プロヴァンス - 料理写真:鱸の皮目もパリパリ ラ・プロヴァンス - 料理写真:カナダからの手紙 ラ・プロヴァンス - 料理写真:かもねか~もねそ~~うかもね~ ラ・プロヴァンス - 外観写真:ムーディー勝山的な入口 ラ・プロヴァンス - 内観写真:改装後は席の位置が大分変りました ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:完敗グラスに桜の絵、素敵です ラ・プロヴァンス - その他写真:お皿の層が美しく、本当にワクワクします! ラ・プロヴァンス - 料理写真:メロンとコンソメのジュレ ラ・プロヴァンス - 料理写真:北海道を意識してオイルにも干し貝柱を仕様して居ます ラ・プロヴァンス - 料理写真:通常コースに2000追加でフォアグラ~ ラ・プロヴァンス - 料理写真:〆は勿論特注ライスとにぐ ラ・プロヴァンス - 料理写真:天の川をイメージしたデザートは本当素敵 ラ・プロヴァンス - 料理写真:19年目も一緒に♪ ラ・プロヴァンス - 料理写真:小さなバケットとまるいパン ラ・プロヴァンス - その他写真:ハンサムが紅茶を調合してオリジナルの一杯を作って下さいます ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:飲み放題のコースでしたので思う存分飲みました ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:赤と白全部飲んでやりました ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:白は水を飲んで居るように葡萄の味が無かったので一本飲んで次は赤 ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:ワイン2本を一人で飲んだから、食後のラテが旨いです ラ・プロヴァンス - 内観写真:改装されて席数が増えました ラ・プロヴァンス - 料理写真:アミューズ メロンと生ハムのチョリソージュレ添え ラ・プロヴァンス - 料理写真:事前予約でお願いしておいた通常では出ないライス ラ・プロヴァンス - 料理写真:栗とセロリのムース ラ・プロヴァンス - 料理写真:7つの味覚と彩り小前菜の餐宴クリスマスバージョン ラ・プロヴァンス - 料理写真:サンタ仕様の真っ赤なお帽子 ラ・プロヴァンス - 料理写真:セロリの暖かいスープ、ビーツのカプチーノ仕立て ラ・プロヴァンス - 料理写真:黒ムツとまとう鯛の食べ比べ ラ・プロヴァンス - 料理写真:鱸のポワレ ラ・プロヴァンス - 料理写真:牛フィレ肉の炭火焼き ラ・プロヴァンス - 料理写真:今回も特別注文のライスと一緒に頂きました ラ・プロヴァンス - 料理写真:カシスのソルベともものキャラメリゼ ラ・プロヴァンス - その他写真:今年から始まった紅茶を茶葉から好みにブレンドしてサーブするサービス ラ・プロヴァンス - その他写真:色々な紅茶がのめますしオリジナルも作ってくれます ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:ノンアルコールスパークリングとロゼで乾杯(ロゼは飲み放題なので今回も一人で1、5本飲みました) ラ・プロヴァンス - 料理写真:肉がダメな自分に特別に用意してくれたメイン ラ・プロヴァンス - 料理写真:スズキのポワレ やりいか添え ラ・プロヴァンス - 料理写真:牛フィレ肉のステーキ ラ・プロヴァンス - 料理写真:ビシゾワーズそら豆のジュレ添え ラ・プロヴァンス - 料理写真:じゅんじゅれ~ ラ・プロヴァンス - 料理写真:瀬戸内パレット・アート・オードブル ラ・プロヴァンス - 料理写真:赤くならないトマト『緑とまとー!』 ラ・プロヴァンス - 料理写真:炭の塩とレモン塩、炭の塩は独特の香り ラ・プロヴァンス - 料理写真:マスカルポーネのカナッペ、フォアグラのムース添え ラ・プロヴァンス - 料理写真:アンチョビガーリックピューレのオイル、ローズマリーのオイル、バージンオリーブオイル、八角、ローリエ ラ・プロヴァンス - 料理写真:こめっこのパンとバケット ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:銘柄言ってたけど覚えてないや。。 ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:めっちゃ飲みやすいロゼ ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:かなりロゼを飲んでからのビア ラ・プロヴァンス - 料理写真:デザート2種類出たんだけどこれしか覚えてない。。 ラ・プロヴァンス - メニュー写真:食後のドリンクめにゅ ラ・プロヴァンス - 外観写真:クリスマスシーズンなのでツリってます ラ・プロヴァンス - 料理写真:見た目にも綺麗 ラ・プロヴァンス - 料理写真:アップにすると堪らん旨そう ラ・プロヴァンス - 料理写真:魚料理が抜群に旨し ラ・プロヴァンス - 料理写真:こんなにふんわりで良いのかしら… ラ・プロヴァンス - 料理写真:ウニのムースの上には蟹のジュレ ラ・プロヴァンス - 料理写真:選べるオイルは4種類 ラ・プロヴァンス - 料理写真:にく! ラ・プロヴァンス - 料理写真:リンゴのスープに。。。。 ラ・プロヴァンス - 料理写真:アイスとチョコのダブルハーモに~ ラ・プロヴァンス - 料理写真:一口で頂ける喜び ラ・プロヴァンス - 内観写真:ソファーで食べるフレンチ ラ・プロヴァンス - 料理写真:カンパチと夏野菜のカルパッチョ(ドンガバチョじゃないよ!) ラ・プロヴァンス - 料理写真:カンパチぷりシコ♪ ラ・プロヴァンス - 料理写真:ひらめちゃん(じゃりんこチエのひらめちゃんじゃないよ!) ラ・プロヴァンス - 料理写真:じっくりと炭火で焼かれたひらめは最高! ラ・プロヴァンス - 料理写真:本当にふわっふわで美味しかった☆ ラ・プロヴァンス - 料理写真:牛フィレ肉のロッシーニ風(バレンティノロッシじゃないよ!) ラ・プロヴァンス - 料理写真:2×9=18 ラ・プロヴァンス - 料理写真:一口カナッペ(にぎりっぺじゃないよ!) ラ・プロヴァンス - 料理写真:自家製のシューがしゅーーーーーっ! ラ・プロヴァンス - 料理写真:胡瓜のスープ ラ・プロヴァンス - 料理写真:カッパも大興奮 ラ・プロヴァンス - 料理写真:バジルフォカッチャ ラ・プロヴァンス - 料理写真:小さなデザート(小さなことからコツコツと!) ラ・プロヴァンス - 料理写真:〆のデザート ラ・プロヴァンス - 料理写真:あま~~~~い! ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:エスプレッソ ラ・プロヴァンス - 料理写真:ラテ ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:オリジナルカクテルとミモザ ラ・プロヴァンス - ドリンク写真:タンカレー10年 ラ・プロヴァンス - 料理写真:リモーネはかなりサッパリ味 ラ・プロヴァンス - 料理写真:パイオツ♪ ラ・プロヴァンス - 内観写真:中世を思わせる店内 ラ・プロヴァンス - 料理写真:洋風茶碗蒸し ラ・プロヴァンス - 料理写真:美味しいパン ラ・プロヴァンス - 料理写真:コースに無いサラダ ラ・プロヴァンス - 料理写真:大好きなフォアグラ ラ・プロヴァンス - 料理写真:キハダのソテー ラ・プロヴァンス - 料理写真:オマールエビのソテー ラ・プロヴァンス - 料理写真:オマール一口目 ラ・プロヴァンス - 料理写真:旦那のいべりこ豚 ラ・プロヴァンス - 料理写真:小さなデザート ラ・プロヴァンス - 料理写真:カフェカプチーの ラ・プロヴァンス - 料理写真:プティフルール ラ・プロヴァンス - 料理写真:りんごのスープ ラ・プロヴァンス - メニュー写真:ディナめにゅ ラ・プロヴァンス - メニュー写真:フランスで流行りのリモーネ ラ・プロヴァンス - 内観写真:改装中☆
⇒もっと見る

ラ・プロヴァンスの口コミをもっと見る(86件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.0
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.0
夜:サービス  :〓〓〓〓4.0
夜:雰囲気 :〓〓〓==3.5
夜:CP   :〓〓〓==3.5
夜:ドリンク  :〓〓〓==3.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥8,000~¥9,999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



本生さんの他のお店の口コミ
ベルマートキヨスク 新大阪乗換口 (新大阪、西中島南方、東淀川/その他)
SIZUYAのカルネが買えるキヨスク
★★★☆☆3.0
 2019/11

天下一品 高槻八丁畷店 (高槻市、高槻/ラーメン)
高槻の天一
★★★☆3.5
 2019/11

餃子の王将 茨木店 (JR総持寺、茨木/餃子、中華料理、ラーメン)

★★★☆☆3.0
 2019/11

本生さんの口コミ一覧を見る(592件)


ラ・プロヴァンスのその他の口コミ
ベストフレンチ
勝浦タンタンメン(77)
★★★★☆4.5
 2019/10

1年ぶりに
nyahotan(77)
★★★☆☆3.0
 2019/10

エレガントなレストランは貴重
麻布十番おじさん(120)
★★★★4.1
 2019/10

⇒もっと見る(86件)
▲ページトップ



竹芝のフレンチランキングをみる


口コミ(86)写真メニュー
評価店舗情報地図


ラ・プロヴァンストップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 浜松町・田町・品川 > 浜松町・芝公園 > ラ・プロヴァンス > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.