福寿庵


北参道のそばランキングをみる

口コミ
カレーうどん
lil-kid(1102) [携帯電話番号認証済]
2020/07最終訪問
★★★☆☆3.3
(詳しい評価)

★★★☆☆3.3
2020/07訪問
まだ、蝉の声を聞いていない気がする。

夏は来ないまま、秋の気配を感じる肌寒さ。

何となく、夜は代々木のインド料理屋に行くので、ライトにと考え、蕎麦屋に向かう。

出勤する事自体減っているし、この店も開いていたり、閉まっていたりして、結構久しぶり。

肌寒いけど、ここに来たら8割、勝手に名物と思っている冷やしタヌキ蕎麦を頼むのだがカレー南蛮、そばではなく、うどんにしてしまった。

全然、ライトじゃないものを選んでしまった。

「昼も夜もカレーかよ」と思われたかもしれないが、カレーうどんは日本料理だし、夜はあくまでも「インド料理」であって、全く別物。

あっという間に着丼。

茶色いカレー部分にレンゲの先をいれると、湯気が立ち上り、そばつゆとカレーが混ざり合い、色と粘度が変わる。

なんだかアマゾン川の海水と淡水が混ざり合い、汽水になるイメージが頭に浮かぶ。

厚めにカットされた、豚肉たっぷり。

腰とは無縁のぶよぶよのうどんにカレーが良く絡む。

ジャパニーズガラムマサラ(七味ともいう)をぶっかけ、ぽかぽか。

専門店もいいけど、このほっとする味がたまに食べたくなる。

★★★☆☆3.3
2019/09訪問


お昼はセミが鳴き、夜は鈴虫が鳴き。

気温は高く、風は涼しく。

季節の移ろいを感じる今日この頃。

昨日、日曜日なのに飲みすぎた僕。

久しぶりにこちらで、相も変わらず、冷やしタヌキ蕎麦。

相変わらずのボリウムで、胃にものがはいると少し調子が良くなった。

入口に「天ぷらメニュー冷たいのありません」、「セットメニュー、お酒ありません」の手書きの張り紙は前なかった。

聞かれるのがめんどくさくなったのかね。

もうそろそろ、冷やし系も終わりかしら。

冷やしタヌキ蕎麦に関しては一年中ありなんだけどな。

帰り道、会社の隣のオープンカフェで最近人気のバンド、「king gnu(キングヌー)」のボーカル井口氏がお茶してた。

さすが、ダガヤサンドウ。


★★★☆☆3.3
2019/04訪問
暖かくなってきたので、「もしや」と思い、会社の近所の町そばへ。

思惑通り、「冷やし始めました」のメニューを見つけて、えびす顔。

悪魔の冷やし蕎麦を注文。

サクサクの天かす、シャキシャキきゅうり、ピリッと爽やかなレッドジンジャルピクルス。

これ、これ。

しばらく、お世話になります。



★★★☆☆3.3
2019/01訪問
夏は週1くらいで冷やしタヌキそばを食べにくるランチルーティーンの中に入っているお店。

年明け一発目となった。

寒風吹きすさぶ中、お店に入る。 当然ながら、「冷やし」メニューは姿を消してた。

僕は年中、冷やしタヌキ蕎麦、いけるのだけど・・・。

代替えとして、シンプルに盛りかけもありかなと思いつつ、結局は温かい蕎麦類から、とり南蛮そばに。

なんだかんだで、温かいそばつゆ、美味し。五臓六腑に染み渡るね。

そばは細く、頼りなく、後半はもにゅもにゅになる。温かいの向けじゃないような気がする。

そういえば、一切、うどんをここで食べた事がない。

今度は温かい系をうどんでいってみようか。

★★★☆☆3.3
2018/06訪問
冷やしたぬきそば一択というのも面白くないから、
なんかないかなと考えていたところ、隣の先客が食べていたものが美味そうでこれにしようと決めた。

それが「冷やしやまかけ」だ。

とろろに卵黄、海苔。蕎麦猪口につゆが別途。

とろろ&卵黄にそばつゆを少し入れて伸ばし、そこに蕎麦をつけるというか、絡めて頂くと、おお、これは美味い。卵黄の濃厚な味、海苔の香り、とろろの風味がまとまって口にダイブ。

冷やしタヌキより、こっちのほうが頻度高くなるかも…。

浮気が本気になっちゃった系。




★★★☆☆3.3
2018/04訪問

近くに「大今亨 長命庵」という手打ちそば、雑穀米、刺身、小鉢がついて¥1000で味も間違いなく美味い蕎麦屋のランチがあるのだが、そばも、そばつゆも大して美味しくもなく、「THE町の蕎麦屋」である、こちらを何故かたまに体が欲するのだから不思議だ。

同僚と昼休みに蕎麦気分の時は「美味い蕎麦にするか、それとも、おばちゃんの蕎麦屋にするか」という呼称で使い分けている。

前日に割と多量の酒を飲んだので、冷たい蕎麦でもと久しぶりに来たら、
「冷やしはじめました」の文字が。

そう、自分の中でここはカレー蕎麦と、冷やしタヌキ蕎麦しか見えていないのだ。
思わず、「冷やしタヌキあるんですか」と聞いてしまった。

そんなわけで、嬉しさついでに大盛にしてしまったが、こんなに多かったっけ。
ラーメン丼に入ってるし・・・。

麺量にして、3玉ははいっているんじゃないか。

目を白黒させながら、何とか完食したが数時間後、胃の何とも言えない圧迫感を感じ、胃薬を飲んだ。

ここでの大盛はやめよう。蒲田でいい。大森の前の駅=普通盛。

★★★☆☆3.3
2018/01訪問
 蕎麦屋では、冬でもきゅっと〆られた盛りそばを食べることが多くて、この日も店内に入る前まではそうしようと思っていたが、あまりにも先客のカレー南蛮率、カレー丼率が高すぎて、誘惑に負けてカレー南蛮そばにしてしまった。改めて、カレーの香りの破壊力を実感する。

 同僚がメニューにあった、「卵とじ」と「かき玉」とで迷いつつ、その違いが判らず、困惑していた。どちらも卵は掻いているし(溶いている)、最終、とじてもいるだろうし。まさか、かき揚げwith卵なのか、あるいは、無いとは思うが、牡蠣with卵なんてことも・・・。

 ちょっと不愛想で有名なおばちゃんに恐る恐る聞いてみれば、「卵とじは溶いた卵をのせたもので、かき玉は餡ベース」と、ちょっと何故かはにかみ笑顔を見せて説明してくれたのが、なんか嬉しかった。

 カレー南蛮そばは日本式ガラムマサラ=七味をぶっかけて、hot tasteにしたてあげ、どろりと濃厚なカレー汁が跳ねないよう慎重に食べた。ここの蕎麦は結構細麺だし、茹で方も柔めなので持ち上げると絡みついたカレーの重さでぶちぶちとちぎれそうになる。うどんのほうが相性いいかも。大きな豚バラと長ネギがたまに茶褐色のカレー汁から発見されるとあなうれし。

 そういえば、メニューにカレーライスとカレー丼があるのだが、その違いは平皿と丼の違いだけなのだろうか。
 また聞かないといけない。
別にはにかみ笑顔を見たいからではない、悪しからず


★★★☆☆3.3
2017/09訪問
 例えば、聘珍楼が会社の近くにあっても、その辺の¥2980で飲み放題、食べ放題をやっているような名もなき大陸中華のレバニラ、青椒肉絲、回鍋肉あたりが結局恋しくなるはず。
 それと同じように近くに夜行ったら客単価¥6000~予測な蕎麦割烹、「大今亮 長命庵」の美味しい刺身付き手打ちそばが割とお気に入りでランチローテーションの一角を担っているのだが、この店の冷やしタヌキ蕎麦はたまに食べたくなってしまう。

店に入り、「冷やしタヌキ蕎麦」を頼んだ。注文時に、「蕎麦」か「うどん」はきちんと言わず、「冷やしタヌキ」とだけ告げると、「そば?うどん?」とデビュー当時の森昌子並のショートカットのおばちゃんに舌打ちされる勢いでイラつかれるのでご注意を。結構な頻度でそのような「素人」をみかける。今日は初来店だろう紳士が「冷やしタヌキ、大盛」と注文し、その「そば?うどん?」の洗礼を受け、更にこの店の大盛が通常の店の3倍あるという思わぬ落とし穴に見事にはまり、蕎麦マウンテンの前で途方に暮れていた。
 僕はそれを見て、ほくそ笑みながら、冷やしタヌキ蕎麦の並盛りをすするのだった。
食べてみれば、キンキンに氷で〆られた蕎麦は本々蕎麦の香りが脆弱なうえに、その温度が故にさらに香り弱くなっている。所謂、美味い蕎麦ではないのだが、何だか食べに来てしまう。

 メニューに「冷やし始めました」とあるわけだが、始まりがあれば終わりがあるはず。
この冷やしたぬきはいつ終わりなのだろうか。
 或いは、閉店すると行ってセールを一年中やり続けるシャッター商店街の洋品店のようにやり続けるのだろうか。
 それを確かめる意味でも、ここにはたまに来るしかない。


★★★☆☆3.0
2017/08訪問
人によって、食べモノの優先順位、頻度はマチマチだと思う。わかりやすく、ラーメン、カレー、そば、うどんあたりは毎日食べている中毒者が発生しやすいジャンルかと思う。
そんな中、「かつ丼」という食べ物は自分の中で優先順位が低く、胃の中を通る回数が少ない。最後に食べたのはいつだったか、記憶にない。人生においても10回食べたかどうか。

凄く美味いとおもったこともない。そういうかつ丼に出会ったことがないので、積極的に食べようと思わない。食べる機会が少ないから、美味いカツ丼に出会わない。
鶏が先か、卵が先か。
そう思うと、そういった食べものはたくさんあるはず。冷やし中華、ハヤシライス、クリームシチュー・・・etc

閑話休題。

圧倒的ボリウムの「冷やしタヌキ蕎麦」をやりたくて、久しぶりに来店。

のはずが、課題としていた食べ物を忘れていた。
そう、その「かつ丼」だ。
この店におけるカツ丼人気はなかなかのもので、昼時に行けば必ずオーダーしている人がいる。
いつかたべてみようと思いつつ、安定の冷やしたぬきそばにしてしまう。
今日は鉄の意志を持って、初志貫徹でカツ丼。
その後来たお客さんがカツ丼を頼んだら売り切れになったので、どれだけ人気なのだか。

満を持して登場したそいつは、漆器チックに作られたプラスチックの長方形の容器に入れられて登場。割り下によって茶色く染まったかつは箸ですくいあげると、尽く衣が剥がれ、ストリップを開始。
あらわになった肉にかぶりつくと、しゃくしゃくと音がするくらいの固い噛みごたえ。火入れが過ぎる。
濃い目の味付けが白い米を誘い、入れ物の中を箸でその白米を求めるも、割り下に浸食された茶色い米ばかり。
まずくはないが、うまくもなく、積極的に頼む理由はない。

やはり、蕎麦屋では冷たい蕎麦がいい。
あ、カレー南蛮もあり、おおいに。

こと、この店に関しては、冷やしタヌキそば。

かつ丼に関しては、銀座の「梅林」、渋谷の「瑞兆」に行ってみたいなとわれ思いけり。




★★★☆☆3.0
2017/04訪問

最近、蕎麦を食べていないなと思い、ランチでこちらへ。

確かに盛りが良い記憶があったがここまでだったかしら。
記憶より現実の盛りがマシマシ。

グラス二つくらいの高さがある。

蕎麦を食べて健康的になる心算だったが、結果的に8割小麦の麺即ち炭水化物を大量に摂取してしまった...。

後輩が食べていたカツ丼がうまそうだった。

そういえば、ご飯ものはここで食べたことがないなあ...

★★★☆☆3.0
2016/08訪問
会社の総務が開拓した宅配弁当屋が配達をしてくれなくなった。
十中八九、採算割れで「御社ロット少ないから儲かりませんから配達やめさせていただきます」だね。田舎の路線バスとかローカル電車ってこうやって廃線になるのかね。

また、北参道の飲食店難民に戻った。

台風が去った後の気温はかなり高く、ランチは直感で蕎麦を食べたくなった。
会社から少し歩くけど、ここの蕎麦の盛りがいいというレビューを見てやってきた。
北参道らしからぬ、古びた町の蕎麦屋。
中は案外広い。そして、ほぼ満席だ。

ケミカルジーンズにTシャツをインした恰幅のいいおばちゃんがホールの中心のよう。
小上がりに上がり、決めうちしていた冷やしタヌキを頼む。忙しそうなのでこちらに近づいたタイミングで話しかける。
「冷やしたぬき下さい」
「そば?うどん?」
おっと、こう聞かれることは予習してきたのに自分の中で冷やしたぬき=蕎麦だったので言わなんだ。
「蕎麦で」
無言で厨房へと消えていく。

噂に違わぬ接客ぶりなのでダメな人はダメかもしれない。でも、漱石一枚でお釣りのくるランチなんだし、そう目くじらをたてるほどでもない。

ほぼ同時に着席してもり蕎麦の大盛りを頼んだ人の蕎麦は立ち食い蕎麦並か、それ以上のスピードで提供された。茹で置きで間違いないだろう。そして、その盛り具合は確かにその辺の蕎麦屋とは一線を画す盛りの良さ。

たぬきそばも比較的早い提供。
すし桶みたいな円形の器にわかめ、天かす、きゅうりがたっぷり。そこにネギと紅生姜が少々。蕎麦の香りなんかするわけない蕎麦はこれまた極めて細い。最近、細い蕎麦に当たることが多いなぁ。茹で置きだけど、よくしめられていて良い歯ごたえ。あっさりとした蕎麦つゆもよく冷えていて、今日みたいな日にはぴったりだ。
しかしまあ、客足の絶えないこと。
七割はアパレル関係かしら。

全てを織り込み済みで来店すれば、なんら問題のない町の蕎麦屋だ。この周辺でこれだけのキャパがあり、お洒落ぶったものではなく、庶民的な食事を頂けてお腹一杯にさせてくれる店は貴重だ。

カツ丼が美味そうだったなぁ。
▲ページトップ

福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - その他写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - その他写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真: 福寿庵 - 料理写真:
⇒もっと見る

福寿庵の口コミをもっと見る(17件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆☆3.3
昼:料理・味 :〓〓〓==3.3
昼:サービス  :〓〓〓==3.3
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.0
昼:CP   :〓〓〓==3.0
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



lil-kidさんの他のお店の口コミ
大明飯店 (新大久保、大久保、西武新宿/中華料理、定食・食堂)
サクッと定食
★★★☆3.5
 2020/09

串の家 ちょろ (西荻窪/居酒屋、焼鳥、魚介料理・海鮮料理)
またきちゃった
★★★☆☆3.3
 2020/09

肉と蕎麦の店 晴レルヤ (西荻窪/居酒屋、バル・バール、そば)
店名通り、肉とそばの店
★★★☆☆3.3
 2020/09

lil-kidさんの口コミ一覧を見る(1757件)


福寿庵のその他の口コミ
千駄ヶ谷(北参道)の蕎麦屋で鳥うどんを
ファーストペンギン2020(139)
★★★☆☆3.2
 2020/09

町のお蕎麦屋さん
ナックスミッツ(3)
★★★☆☆3.0
 2019/11


中央銀子さん(0)
★★★☆☆3.0
 2018/05

⇒もっと見る(17件)
▲ページトップ



北参道のそばランキングをみる


口コミ(17)写真メニュー
評価店舗情報地図


福寿庵トップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋 > 千駄ヶ谷・信濃町 > 福寿庵 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.