FRANZ


白金台のフレンチランキングをみる

口コミ
Paris pieds nus
Mr.ぴぃ(460) [携帯電話番号認証済]
2018/02最終訪問
★★★★4.2
(詳しい評価)

★★★★4.2
2018/02訪問
地下鉄開通以降、此れでもかと云うような変貌する街白金もほんの少し前迄町工場が犇めく土地柄で、何かの拍子に奥深い迷宮に踏み込むと、方向感覚を失う迄然程の時間は掛からない。

面白い店があるから行かないか

希望の時間がなかなか合わず、漸く訪問の機会を得る。古民家が肩寄せ合うような町中の歪みのような場所に彼の店在りだ。

リノベーションと云えば格好良く聞こえるが、トタン屋根に木枠の引き戸。照明は仄暗く、妖しさが背中合わせだ。

泡で乾杯する。
此処から先は店主のお任せで、忙しなさと混迷が同居する世界観が幕を開ける。マニアックと素っ気なさが異音と共に調和する時間の始まりだ。
序でながら、Couvert de tableはEichenlaub社製のナイフ、フォーク、其れに箸。
室内をぐるっと見回すと、店の拘りがそこはかとなく漂ってくる。クラフトが店内に溢れ、何気に積まれた食器にも意思があるかのように主張を止めない。

本日のSwimming Song(笑)、以下の通り
トリュフワッフル
温豆腐 蛍烏賊
穴子のフリット
タルトフランベ
牛モツとトマトのワイン煮
七谷鴨のロティ
タルタデケソ
タヤリン
フロマージュブラン

口開けは焼き立てのワッフル。トリュフクリームと岩塩、そしてスライスされたトリュフがのる。「呑んでくださいな」な店で良さそうだ。

昔ながらの豆腐造りで定評のある小野田豆腐の豆乳から創った自家製の温豆腐が登場。此れは確かに箸がいる。今回は蛍烏賊とのコラボだが、此の豆腐、組み合わせ次第では無限な可能性が広がる一品かもしれない。

さて、此の辺で今宵の友撰び。なかなか面白げなボトルが数本並び、作り手とワインの情報が伝えられる。フレッシュで活きの良い柑橘系の中にシャキシャキとした小気味よさがウリの白を撰び、爽快な酸味と塩味を感じるようなミネラル感が今宵の友となる。

提供されたパンはサワードウ・ブレッドとパン・ド・ロデヴで良いのかな。共に焼き立てで熱々がテーブルに出された。
サワードウはナッツとレーズン。最近では、お目に掛かり辛くなってきたパンだが、パンは密度が高く、ずっしりとした食感で、出てきた料理を考えると、単体で食べてくださいよ、と云うことになるのかな。
ロデヴはクラフトが厚く、表面の具合と中のモチモチした食感のアンバランスが愉しい。本来、感じるであろう酸味は然程感じなかったことを思うと…うーん、呑み過ぎたかな(笑)

穴子のフリットを優しく受け止めるのはPurée de pommes de terre。食感の面白さは云う迄も無い。

焼玉葱とポワローを具材にしたタルト・フランベはクミンやコリンアンダー等の香辛料を身に纏い、豊かな香りを漂わせ登場する。

途中に無造作に突っ込まれたようにしか見えないミントティーが登場したが、結構、茶としてはバランスが良く、料理とアルコールの合間にちょいちょいと欲するのは、後で考えると不思議だが、意外に計算尽くめの茶だったのかな。

フレンチにabats、所謂、バラエティミートは外せない。器の中で半端ないトマトが鎮座するワイン煮は葱たっぷりで食べる。ハフハフが愉しくて仕方がない。

針を鴨の首の後ろに刺し、仮死状態にさせ、血を抜かずに処理する方法で、血が肉全体に廻し、鴨特有の鉄分を含んだ風味を強くさせた七谷鴨。其の鴨肉を熟成させて、ロティされた料理。山椒を香辛料として使い、付け合わせの菜物が良い感じの苦みがあって、鴨の旨みを浮かび上がらせる。

チーズはドイツのEdelpilskäse。なもんで、料理名が違うと御叱りを受けるかもしれないが、其の辺は御容赦。最短でも5週間以上の熟成期間を擁する青黴チーズを使ったケーキで、バスク地方のケーキのように表面は真っ黒クロスケ。野菜と一緒にワインと食べるケーキといえるだろう。

このタイミングでPâtesが登場。此処は白金、当たり前だがピエモンテではないので、タリオリーニでも良いのかもしれないが、小麦粉とタマゴだけの手打ちと云うことなのかな、レモンバターソースとミントで味付けされている。

なんだかんだ云って、結構のボリュームで、連れのブレッドをくすねたことにも由来することになるのだけど、お腹いっぱいだ。
珈琲を貰い、ドルチェ。BADOITと橙のソルベが添えられたフロマージュブランが最後を締めてくれる。

好みは色々あるだろうが、もっと強面に突っ慳貪でも良いんじゃね、なんて思ってしまう。
料理の説明は蚊の鳴くようなか細さで、でも、優しく丁寧。と思えば、ジャンルフリーな料理が登場するや、サーブと片付けで一瞬の忙しなさが訪れる不思議な食空間。「Condimentsの妙に驚け」な店でもあり、万人が万人、良いねと思える店ではないと考え訪問するのが良いのかな。


▲ページトップ

FRANZの口コミをもっと見る(18件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.2
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.2
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥10,000~¥14,999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



Mr.ぴぃさんの他のお店の口コミ
オリガノ (大井町、下神明、西大井/ピザ、イタリアン、パスタ)
花薄荷刈られて匂ふ厨口
★★★☆3.8
 2019/06

倶楽湾 (田町、三田、芝浦ふ頭/中華料理、上海料理、広東料理)
くらわんか船通はねど行々子
★★★★4.2
 2019/06

スペイン料理サルデスカ (鶯谷、入谷、上野/スペイン料理)
フォークの歯はなぜ四本になったのか
★★★★4.2
 2019/06

Mr.ぴぃさんの口コミ一覧を見る(836件)


FRANZのその他の口コミ
素敵な笑顔の店主が作る創作フレンチ。
dog-s759(290)
★★★★☆4.5
 2019/07

真の隠れ家
カフェモカ男(1436)
★★★★4.0
 2019/03

変わらぬ世界感
さぶQ-5(208)
★★★★★5.0
 2018/12

⇒もっと見る(18件)
▲ページトップ



白金台のフレンチランキングをみる


口コミ(18)写真メニュー
評価店舗情報地図


FRANZトップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 六本木・麻布・広尾 > 広尾 > FRANZ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.