花彫酒家


新宿三丁目の中華料理ランキングをみる

口コミ
思い出の担々麺
サカキシンイチロウ(541) [携帯電話番号認証済]
2021/01最終訪問
★★★☆3.9
(詳しい評価)

★★★☆3.9
2021/01訪問

「花彫酒家」で昼にする。新宿三丁目の交差点…、つまり伊勢丹からちょっと歩いたところにあって、ランチタイムは伊勢丹メンズの社食のようになる人気のお店。
飲食店だけの雑居ビルの2階にあります。
ビルの一階。今は大阪の串カツチェーンが店を出してる場所にかつて、ロールキャベツのアカシアのお店があった。
ビストロっぽいシンプルで清楚な造りが気持ちよく、本店で食べるよりもおいしく感じて好きだった。
ここの店がなくなってからあんまり行かなくなっちゃったなぁ…。料理は同じ。しかも向こうが本店なのになぜなんだろう…、オモシロイ。
この花彫酒家はタナカくんが見つけてきた店。一時期、担々麺にハマっていた時期があって、そんなときに「おいしいお店を見つけちゃった」って連れてきてもらったのです。たのしかにおいしく、それからずっとオキニイリ。

8月の終わりに来たはずなんだけど、不思議とその時の記憶がない。気さくでボクらのことをいつも気遣ってくれていた「花彫かあさん」が「今日はひとり?」って声かける。「逝っちゃったんだ」って答えたら「さみしいネ…、元気だしてね」ってそっと肩に手を置いてやさしくなぐさめてくれた。さみしいよ。
ここではいつも「半担々麺に中チャーハンセット」。
担々麺は半分なのに、チャーハンは半分じゃなくて「中」というのがオモシロク、しかもお腹にほどよい分量がいい。今日も迷わわず「半担々麺に中チャーハン」。聞いたお母さんは厨房に「一番ひとつ」。メニューの一番上に書かれた人気の料理で、だから一番。合理的(笑)。

しばらく待ってやってきたのは大きなジョッキに氷いっぱいの水とチャーハン。
それからサラダ。
いつもは担々麺が先に来てチャーハンが後からなのに珍しいネ…、ってお母さんに言ったらニッコリ。
麺を茹でる釜のお湯がまだ沸騰していないのよ…、って。
なるほど開店と同時にやってきておりました。
ここのチャーハンは本当にどこと言って特徴のないチャーハンで、ニンジン、コーン、グリーンピースはミックスベジタブルなんでしょう。
刻んだネギにふっくら焼けた卵とシンプル。
味は塩味。なのに不思議なほどに味わい複雑。パラパラ、ご飯の一粒ひと粒が焼き切れていて香ばしい。
一口食べて、どうやったらこんなふうにできるんだろう…、って思ってもぐもぐしていたら半担々麺が到着しました。ひと揃え。

ぽってりとした濃厚タイプのスープです。胡麻やアーモンド、ピーナツがたっぷり混じって風味豊かで辛味、旨みが混じり合う。酸味がスキッと後口整え、旨みを引き立ておいしくさせる。胡麻のエグミやピーナツの渋みが旨味に奥行きくれて、あぁ、おいしいなぁ…、ってしみじみ思う。
自家製のラー油がおいしいのが自慢の店でもあって、それをたっぷりのっけて深い辛味を堪能します。麺は若干ボソボソしていて、チュルチュルじゃなくモグモグたぐって食べるタイプ。
豚ひき肉に干しエビ、刻んだザーサイがたっぷりのっかりスープと一緒に食べるとホツホツガリガリ、食感変わって食べごたえがある。麺料理じゃなくスープ料理なんでしょうネ…、麺もスープの具材のひとつ。汗をかきかき器はどれもすぐに空っぽ。おごちそうさま…、また来ます。

★★★☆3.7
2020/08訪問
花彫酒家に来てみたくなる。
新宿三丁目の路地にある小さな中国料理店で、タナカくんが見つけてきた店。
15年くらい前のことかなぁ…、2人の間で坦々麺がちょっとしたブームになってた。それもぽってりスープの濃厚系。実はすごく気に入っていたお店が銀座にあったのだけど、香港資本のその店が撤退しちゃってしばらく担々麺ロスに陥っていた。
そんなときに、彼が興奮した面持ちで絶対好きな担々麺だから行ってみようよ…、とボクを誘った。
勇んでいくと想像以上に小さくて、場所も雰囲気も場末感が強烈な店。
大丈夫か?と思うもお店の中国系のお母さんは元気で明るくほがらかで、お店も相当混雑してた。ランチタイムのお客様のほとんどが流行りのスーツをパリッと着こなす、おそらく近所の伊勢丹のセールススタッフ。近所の人が通うお店は間違いないに違いない…、と食べてみたらこれが最高。

たちまちボクの「おいしい担々麺リスト」のぽってり部門のナンバーワンに輝いた。
一口食べてそのおいしさにしばらく言葉も忘れてただただひたすら食べるボクを見て、にんまりしながら「悪くないでしょう?」って言った彼の顔が今でも思い出せるほど。
それからふたりでせっせと通った。ランチタイムのメニューはほとんど変わらず、ずっとハーフ担々麺と中チャーハンのセットをひとつ。日替わり定食をひとつたのんで、それにセットでたのめるミニ五目焼きそばをたのんでた。
今日の日替わりのおかずは酢豚。残念ながらミニ焼きそばは手間がかかるうえお客様の数が減ったからお休み中。こってり味のあんかけ焼きそばで揚げた太麺がバリバリ奥歯で壊れる感じがおいしかったのに…。アイミスユー。

担々麺はいつも通りです。
ぽってりとした濃厚スープの中で細めの縮れ麺が心地よさげに収まっている。
麺に比べてスープは少なめ。
上に肉味噌がたっぷりのっかり汁なし担々麺とスープ担々麺の中間みたいな感じの仕上がり。
ナッツの甘みと胡麻の風味がどっしりしていて、スープというよりソースと言った方が気持ちがスッキリするよう。
辛さは程よく、旨味が強い。
胡麻由来の軽い苦味とほのかな酸味が旨味、甘みを引き立てる。
チャーハンは特徴があるかというと特徴がないのが特徴みたいな味。具材も刻んだニンジン、玉ねぎ、ネギに叉焼。ふわふわ卵が入っててありあわせの食材で作ってみましたって風。
けれどこれおが不思議とおいしい。味は塩と化学調味料で整えられているのだけれど、担々麺の合間に食べるとホッとする味。主役じゃなくて脇役に徹する覚悟がおゴチソウ。

ラー油がおいしいのでも有名で、赤唐辛子の辛味を容赦なく押し出している辛口と、山椒のしびれがアクセントになる本格ラー油の2種類がある。それをたっぷり、半分づつ、麺の上にのっけるようにして味わうと、スープの旨味に奥行きとくっきりとした輪郭がつく。
お腹も汗をかいてきて、食べれば食べるほどお腹が空いてくるような感じがうれしい。
器の底にもたっぷりのひき肉が沈んでそこに干しエビや砕けたナッツも混じってる。食べるスープって感じがたのしく、チャーハンと一緒に味わいあっという間に器は空っぽ。
おいしかったよ…、本当に今日もおいしかった。お腹も満ちた、オキニイリ。

★★★☆3.7
2016/04訪問
昼を新宿三丁目。ひさしぶりにおいしい担々麺を食べてやろうと「花彫酒家」にやってくる。
新宿御苑で花を見た朝。
昼に「花彫」とはまた乙じゃない…、って思ってテクリ。

小さな店です。
パッとしないビルの2階にあって、小さな空間にテーブル、椅子がぎっしり並んだ食堂仕様の店構え。中国系の元気なおかぁさんが、いらっしゃいませとにこやかに迎える気持ちのいい店でもある。
ランチどきです。
そこにこれまたぎっしりオサレスーツをまとったおじさんたちがズラリと並ぶ。
ISETANメンズのスタイリストさんたちがかなりの割合混ざってて、ちょっと独特。
まるで伊勢丹の社食のような雰囲気がある。
つまりお馴染みさんがついてる店ということだから、安心できるというコトでもある。

しかもここの自家製ラー油は、ISETANの食品フロアでの取り扱いもあり、それだけ買いに来る人もいたりするほど。
テーブルの横にもラー油。
旨みが強いのと激辛のが2種類用意されて、お店に入ると大きなタンブラーに氷ギッシリ、お水たっぷりやってくる。
辛いものを食べてって!ってわかりやすいメッセージ。

料理は四川料理がメイン。
担々麺が売り物で、そのハーフポーションとハーフチャーハンがセットが一番人気で、今日も半分以上の人が担々麺を食べている。ボクもいつもセットを食べる。
友人は日替わり定食の海老と卵のチリソースをえらんでたのむ。

まず担々麺。ぽってり系とサラサラ系のちょうど中間。
程よい濃度のスープの中に、ストレートの細めの麺で、ザクザク歯切れて細いくせして口の中で散らかる感じがたのしい麺。
上にはたっぷりひき肉そぼろ。甘めで山椒の痺れがビリリ。スープの底には干しエビや砕いたナッツがしずんでて、それが旨みや風味に奥行きくれる。
ナッツと胡麻の旨みのバランス見事なもので、苦味、渋みがほとんどなくてゴクゴクスープを飲めるシアワセ。

セットのチャーハンは塩味、若干、薄味で玉子に刻んだ野菜にチャーシュー。パラパラとしたお米の食感にぎやかで、辛いスープのよき箸休め。
日替わり定食のメインはふっくら。
玉子の食感なめらかで、油通ししたエビもムチュンと歯ごたえ確か。甘くて酸っぱく、けれど最後にしっかり辛味を残して消える。
ご飯がすすむオゴチソウ。

ココでうれしいのが五目焼きそばのスモールポーションっていうのがあって、それがなんと300円。
それをたのんで2人で分ける。
パリッと油で揚げ焼きをした麺がパリパリ。クシュッと潰れて油がにじむ。そこにトロリと醤油あんかけ。
甘くて風味温で軽い酸味混じりの食べやすさ。
それをご飯の上にのっけて食べると、あんかけご飯がたのしめて、麺を担々麺のスープに浸すと、担々スープがコクを増す。お腹をたのしく満たして午後から本格的に仕事する。


▲ページトップ

花彫酒家 - 外観写真: 花彫酒家 - その他写真: 花彫酒家 - メニュー写真: 花彫酒家 - 内観写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - その他写真: 花彫酒家 - 外観写真: 花彫酒家 - メニュー写真: 花彫酒家 - 内観写真: 花彫酒家 - メニュー写真: 花彫酒家 - メニュー写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - その他写真: 花彫酒家 - 外観写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真: 花彫酒家 - 料理写真:
⇒もっと見る

花彫酒家の口コミをもっと見る(74件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆3.9
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.0
昼:サービス  :〓〓〓==3.5
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.5
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓==3.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



サカキシンイチロウさんの他のお店の口コミ
the 3rd Burger 新宿大ガード店 (新宿西口、西武新宿、新宿/ハンバーガー、カフェ、スイーツ(その他))
朝のバナナスムージーはしみる
★★★☆☆3.0
 2021/02

京紫灯花繚乱 (四谷三丁目、新宿御苑前、曙橋/ラーメン、担々麺)
おいしいのだけど記憶に残らぬ担々麺
★★★☆3.5
★★★☆☆3.0
 2021/02

coffee&tea BBB (西新宿、都庁前、新宿西口/カフェ、喫茶店)
カチッとしていてでもやわらかい。よき喫茶店。オキニイリ
★★★★4.0
 2021/02

サカキシンイチロウさんの口コミ一覧を見る(1537件)


花彫酒家のその他の口コミ
アシカのお気楽ランチ!やっぱり花彫担々麺!濃厚な胡麻スープに特製辣油が合いますな!ミニ中華丼もナイスクオリティ!
アシカの親分。(1406)
★★★☆3.6
 2021/01

担々麺ランチ
馬場四丁目(209)
★★★☆3.6
 2020/11

伊勢丹ご用達中華
Min^2(282)
★★★☆3.5
 2021/01

⇒もっと見る(74件)
▲ページトップ



新宿三丁目の中華料理ランキングをみる


口コミ(74)写真メニュー
評価店舗情報地図


花彫酒家トップ
食べログトップ
食べログ > 東京 > 新宿・代々木・大久保 > 新宿 > 花彫酒家 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.