青竹手打ラーメン 日向屋


富田のラーメンランキングをみる

口コミ
vol.Ⅱ 佐野ラーメン紀行 隣の方の餃子がもの凄く美味しそうでした。
tatu8343(70) [携帯電話番号認証済]
2020/09最終訪問
★★★☆3.5
(詳しい評価)

★★★☆3.5
2020/09訪問
本日、2軒目のラーメン屋さんです。
私は、食べるのも、移動するのも早いので、11:30に到着です。
お店の前の駐車場は、満車でしたが、1台が動き始めましたので、待ち、その後に停めました。

お店の前には、7人並んでいます。
後で知ったのですが、お店の中にも待ち席用の丸形パイプ椅子が6脚置いてありました。
従って、私は7人+6人+私で、14番目になります。
このお店に、“ウェイティングリスト”や“番号札”等は、無く、ただ並ぶようです。
小降りの雨でしたので、大きな木の下で雨宿り風に、順番に並びます。
お店の前の大きな石像の招き猫の横で、15分程待ちました。

スタッフから、カウンター席へと案内されます。
こちらのお店でも“チャーシューメン \920”と“煮たまご \120”のトッピングでお願いします。
メニューを写真撮影している間に、ついでにとお隣さんの“餃子”を撮影しました。
今回、いただくのを断念した“餃子”ですが、フックラとした大ぶりな“餃子”で、焦げ目が綺麗で、とても美味しそうです。
思わず目の前の割り箸立てに、手を出しそうになります。
(我慢!!我慢!!するしか無い・・・)

お店のレイアウトはカウンター席に椅子が4脚、その後ろに4人掛けのテーブルが2卓あります。
そして、道路側の方に小上がりがあり、4~6人が囲める座卓が、4卓ほど、置いてあります。
前のお店の“⻘⽵⼿打ちラーメン ⼤和”さんも、そうなのですが、家族経営的な雰囲気です。

10分程で、”チャーシューメン”が着丼します。
スープの上は、透明な脂が表面を覆い尽くしています。
トッピングの“チャーシュー”は豚バラロールで5枚、“メンマ”に“刻みネギ”が、そして追加の“煮たまご”です。
トッピングが多くて麺が見えません

スープをレンゲで掬い、啜ります。
上に浮いた脂が、先に来るかと思いきや、この脂も含めアッサリとしたスープです。
多めの脂のためかも知れませんが、カエシが控えめで、塩っぱさはそれほど感じません。
控えめなカエシで、鶏、豚などの出汁を感じる美味しいスープです。

麺は不揃いで中太の平打ち縮れ麺です。
加水率を高めにした柔らかめの麺は、透けて見えるようで、喉越しはツルッとした食感です。
こちらも、うどん風ですが、スープとのベストマッチで美味しい麺です。

“チャーシュー”はロール状に巻いた豚バラ肉の煮豚です。
大判ですが、若干薄手にスライスされています。
味付けは薄めですが、脂身にはコクと甘味がギュッと凝縮されている美味しいチャーシューです。

“味玉”は半分にカットされ、片方がスープの中に沈んでいましたが、黄身が蕩け出さないギリギリの茹で加減です。
どちらかと言うと半熟卵ですが、味がキチンと染込んでいる美味しい味玉です。

“メンマ”は細めで、サッパリしていますが、旨みを感じることが出来ます。

このお店では、当然、佐野ラーメンを食べなければいけませんが、餃子も必要なようです。
私以外のお客さんは、全員と言って良いほど、餃子を食べていました。
佐野ラーメンは餃子とセットもの?なのかも知れません。
餃子、餃子、餃子・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ 付随文書
《佐野ラーメン紀行の条件の再確認》
  1) 駐車場が広い。
  2) 折角行くのであるからには2~3軒、まとめて行きたい。
  3) 行った先の2~3ヶ所は、近い方がよろしい。
  4) 当然、美味しいことが絶対条件。
  5) 許されるなら有名店が良い。
以上が当初、考えた条件となる。

~ Plan(計画) ~
1.目的:
栃木県の“食べログラーメンEAST百名店”の3軒を食する。
対象店:
  1) “青竹手打ちラーメン 大和”さん(2017,2018、2019年選出店)
  2) “青竹手打ラーメン 日向屋”さん(2017,2018、2019年選出店)
  3) “麺屋 ようすけ”さん(2018、2019年選出店)
何れも佐野市に在り、佐野ラーメンで名の通ったお店ばかりで、“食べログラーメンEAST百名店”で2020年選出店はこの3軒のみです。
現時点での、食べログ評価点は3.74、または3.73です。
そして、9月の時点ですが、食べログで、“エリア:栃木県“、”ジャンル:ラーメン“で検索すると、Top3の店舗となります。

2.行程:
Google Mapで3軒のお店が表示できるように画面を調整し、NAVITIMEで走行距離と所要時間を割り出します。
お伺いするお店の順番と、それぞれの距離、所要時間は以下のとおり、
  1) 横浜 ⇒ “青竹手打ちラーメン 大和“さん 
    走行距離:135.1㎞、所要時間:2h 6min
  2) “青竹手打ちラーメン 大和“さん ⇒ “青竹手打ラーメン 日向屋”さん 
    走行距離:5.0㎞、所要時間:9min
  3) “青竹手打ラーメン 日向屋“さん ⇒ “麺屋 ようすけ”さん
   走行距離:4.4㎞、所要時間:7min
参考に“麺屋 ようすけ”さんと“青竹手打ちラーメン 大和”さんとの間は、走行距離:3.2㎞、所要時間:6minとなります。
この3軒の位置関係は三角形のようになり、3軒間の距離は5.0㎞以内、所要時間も10分以内と非常に近距離になります。

3.駐車場について
 1) “青竹手打ちラーメン 大和“さん
  食べログでは、店前3台、店南9台との情報だが、口コミには第2駐車場もあるとの投稿もあり、心配はないと考える。
  それでも、1番最初にお伺いするのが無難と言える。
 2) “青竹手打ラーメン 日向屋“さん
  10台、満車時はセイジョー免鳥店(店のすぐ裏)敷地内の北側スペースにも駐車可とあり、問題はなさそう。
 3) “麺屋 ようすけ“さん
  20台と記載があり、かなり広そうである。

4.メニューの選択
3軒のお店とも、佐野ラーメンと共に、餃子も美味しいとの評判である。
しかし、ラーメン類は当然として、3軒のお店で食するとなると、両方は無理かなとも思える。
従って、“チャーシューメン”と“味玉類(煮玉子・煮たまご)”をいただくようにする。

5.計画の評価
以上から、駐車場が広く、各々のお店が近いことから、3軒ともを、訪問することが可能である。
そして、“食べログラーメンEAST百名店の選出店”であることから、美味しさと有名店であることはクリアーしていると言える。
従って、条件を全て満たしています。

~ 実績 ~
実績走行距離:294.6㎞
反省点:
今回、佐野ラーメンとして3軒の同様のメニューをいただいたのですが、申し訳ないのですが、最後には塩っぱさが、口の中に残ってしまったのは事実です。
これは、最後のお店の責任でもなく、当方の攻め方が、拙かったことにあると責任を感じます。
今回のような場合
 1)メニューにバリエーション・変化を持たせる。
 2)異なるジャンルのお店を組み合わせる。
等の、要素も取り入れる必要を感じました。
一本調子の、食べ比べは(少し)控えるようにしたいと思います。

注)本文は他の2軒のお店の口コミにも“※付随文書”として、投稿に加えたいと思います。
▲ページトップ

青竹手打ラーメン 日向屋 - その他写真:佐野ラーメンを食べるためのドライブvpl.2は、”青竹手打ラーメン 日向屋さん”へとお伺いしました。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:いただいたのは”チャーシューメン”に”煮たまご”をトッピングしました。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 外観写真:お店の外観:帰り際での撮影です。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 外観写真:シンプルな暖簾、手打ラーメン ひなたや(日向屋) 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:”チャーシューメン”のトッピングは豚バラロールチャーシューが5枚、メンマに刻みネギが、そして追加の煮たまごです。トッピングが多くて麺が見えません。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:チャーシューメンへのZoomUp、スープの上は、透明な脂が表面を覆い尽くしています。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:豚バラロールチャーシューは薄めですが、大判です。味付けは薄めですが、脂身にはコクと甘味がギュッと凝縮されています。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:味玉は半分にカットされています。スープに沈んでも、黄身が蕩け出さないギリギリの茹で加減です。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:麺LiftUp、柔らかめの麺は、透けて見えるようです。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:不揃いな中太の平打ち縮れ麺は、ツルッとした喉ごしです。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:失礼!!お隣さんの餃子を撮影、フックラとした大ぶりな餃子で、焦げ目が綺麗で、とても美味しそうです。 青竹手打ラーメン 日向屋 - その他写真:大きな石像の招き猫の横で、15分程待ちました。 青竹手打ラーメン 日向屋 - その他写真:招き猫の正面に回ると、足下には小銭が沢山、お賽銭のように供えてありました。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 料理写真:カウンターの調味料など 青竹手打ラーメン 日向屋 - メニュー写真:日向屋メニュー 青竹手打ラーメン 日向屋 - メニュー写真:飲み物メニュー 青竹手打ラーメン 日向屋 - メニュー写真:テイクアウトメニュー、パック代含むとなっていますが、店内メニューとの金額の差異はありません。 青竹手打ラーメン 日向屋 - メニュー写真:お土産用箱入ラーメンも、店内で販売しています。 青竹手打ラーメン 日向屋 - 外観写真:柱上看板、ご馳走様でした。 青竹手打ラーメン 日向屋 - その他写真:持ち帰ったショップカード、日向には向日葵(ヒマワリ)なのですね。
⇒もっと見る

青竹手打ラーメン 日向屋の口コミをもっと見る(434件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆3.5
昼:料理・味 :〓〓〓==3.5
昼:サービス  :〓〓〓==3.5
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.5
昼:CP   :〓〓〓==3.5
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



tatu8343さんの他のお店の口コミ
餃子の王将 ブランチ横浜南部市場店 (南部市場、鳥浜/餃子、中華料理、中華麺(その他))
やはり、“餃子の王将”の餃子は安定した味、美味しい!!もはや日本の定番の一品です。
★★★☆☆3.3
 2020/11

しげ吉 横浜元町店 (石川町、元町・中華街、日本大通り/焼肉、ホルモン)
幻の“ロース”も“カルビ”も、あまりにも微妙で、とても美味しい焼肉でした。
★★★☆3.5
 2020/11

麺処 山一 (関内、伊勢佐木長者町、馬車道/ラーメン)
スープへの思い入れや、こだわりを感じるバランスのとれた美味しいラーメン
★★★☆3.5
 2020/11

tatu8343さんの口コミ一覧を見る(220件)


青竹手打ラーメン 日向屋のその他の口コミ
佐野ラーメンの中でも屈指の人気店(^ω^)
たかまじろ 1220(425)

 2017/10

11月の日向屋さん
モモとチャム(22)
★★★★★5.0
★★★★★5.0
 2020/11

アッサリだけど奥深い
ハッチャ(281)
★★★☆3.8
 2018/04

⇒もっと見る(434件)
▲ページトップ



富田のラーメンランキングをみる


口コミ(434)写真メニュー
評価店舗情報地図


青竹手打ラーメン 日向屋トップ
食べログトップ
食べログ > 栃木 > 小山・佐野・栃木 > 佐野・足利 > 青竹手打ラーメン 日向屋 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.