善光寺門前 有形文化財とイタリアンの融合
THE FUJIYA GOHONJIN

口コミ
美しい庭を眺めながらのシェフズランチでのんびりと
iidagmt(3762) [携帯電話番号認証済]
2019/05最終訪問
★★★★4.0
★★★★4.0
(詳しい評価)

★★★★4.0
2019/05訪問
今までこのお店を訪れたのは、いずれも夜の時間。
今回は予約して、遅いランチをいただきました。

メニューを拝見するとお手頃価格のパスタなどのランチがありますが、せっかくですからもう少し豪華でお値打ちそうなシェフズランチをお願いしました。

最初は、5種類の盛り合わせからなる前菜です。
料理の説明をいただき、信州サーモンのミキュイ、イタリア玉子料理のフリッタータ、信州野菜のサラダ、鶏のガランティーヌにベリーとチーズのムース、だったと思います。
シャルドネといっしょにいただきます。
特に信州サーモンの脂が酸味と調和した味わいや、玉子の濃厚さがおいしいフリッタータ、それにベリーのジャムがのったリコッタチーズが印象的です。

次は玉葱のスープで、オニオングラタンスープのような甘みとなめらかさがある一方で、ザラっとした玉葱の食感が残り口当たりが面白く、これだけを飲んでいても飽きさせないスープになっています。

次のパスタは、キタッラ サクラエビ クリームソースです。
まずサクラエビの香ばしさと甘さに、カリカリした食感が際立ちます。
少し平たい感じもある生パスタはもちっとしていますし、小麦らしい味わいがあります。
春キャベツがが、サクラエビのおいしさをじゃますることなく、そこそこ入っているのが、またいいです。

メインは、魚と肉をひとつずつ。
魚料理は、鯛のベッカフィーコ風です。
鯛の身とそこから溢れる香ばしい脂分にほどよい塩加減が抜群で、上にのった松の実との食感と味の変化も面白く、小さめのポーションながら今回のランチ一番のおいしさです。

肉料理の方は国産豚のピッツァイオーラで、控えめなトマトソースの味と肉厚さが印象に残る一品です。

最後は席を移してのドルチェです。
庭の見える窓際の席に案内していただき、アイスクリームをはじめとした数種類の中から苺のミルフィーユとチョコレートケーキを選びました。
パリパリの生地の下に苺のアイスクリーム、ナッツがのりアイスクリームが添えられたチョコレートケーキです。

どちらも複雑な味わいと食感があり、特にチョコレートケーキは、カカオ豆からできているチョコレートにさらに豊富なナッツがのり、濃厚な味とナッツの脂分がおいしく、それをアイスクリームによってさわやかさを取り戻すといった感じで、コーヒーと共に最後においしく食べ終えることができました。

今回のランチは、訪れた時には満席でしたし、3世代にわたる10人ほどの家族が誕生日を祝う食事にいらっしゃっていて、特に子供さんがにぎやかでした。
それからオープンキッチンも意外とノイズを出していて、静かに食事をいただきたいという方には、居心地はどうだったのでしょう。

窓の外は緑豊富な庭で、眺めているだけでも心地よい空間ですし、思いきって外に出たくなります。
スタッフの皆さんは、どの方も人当たりよく、所作もよく、丁寧で、このお店の良さをさらに引き立てていて、こちらの面でも心地よいです。

お店の中を一通り歩いて退店しました。
庭の眺めがいいですし、カフェとしても応じていただけそうで、また善光寺界隈にでかけたときには、どんなときでも訪れたくなりそうです。

★★★★4.0
2018/10訪問
お店のホームページによれば、西洋建築の美で人々の憧憬を集め、白壁土蔵造りの街並みの中でひときわモダンなランドマークとして愛され続けた”御本陳”

そこにあるイタリアンレストランで、前回はアラカルトのおいしい料理をいただきました。
2回目の今回は、おいしいイタリアンのコース料理と、信州産を含めたおいしいワインをしっかりいただきました。

今回は、10人ほどで訪れました。
部屋は、2階でシックな内装です。
事前に料理とコースを予約してあって、おのおの集まって食事が始まりました。

料理はアペタイザーが2種、それにパスタと魚料理、肉料理のコースです。
飲み物は、信州産のワインや日本酒、焼酎、ウィスキーが飲み放題です。

まず、最初は桜鯛のマリネです。
鯛と野菜に、からすみが添えられています。
厚めの鯛はプリプリしていて、なめらかな舌触りで、ほのかな甘みを感じます。
これをいただきながら、信州産の白ワインをいただくと、爽やかでキリリとした余韻が残ります。

次は海老です。
プリプリの海老をグアンチャーレで巻いているようで、豚肉やスパイスの味がして、とてもおいしく、白でも赤でも楽しめそうなのワインでいただいた方がおいしかったです。

この料理をいただいているとき、同席の方の中に海老が食べられない方がいらっしゃって、料理をどうしようか話をしていると、スタッフが事情を聞いてくださり、食べられる別の料理を用意したいとすかさず対応してくださいました。
すぐさま、用意できる料理を厨房に確認し、厨房にオーダーしてくださり、とても感心しました。

その次のペンネは、慣れ親しむ味で食べ心地がいいです。
トマトソースの中に肉などの腸詰が入っていて、脂の香ばしさがあります。

さらに、金目鯛とサクラエビのスープ、牛フィレ肉のグリルが続きました。
これらの料理のソースが初めての味であったりして、新鮮な味わいでした。

サフランのスープだそうです。
どこかエキゾチックな感じの味わいは、サフランのなせるものでしょうか。

牛フィレ肉の方は、マルサラワインのソースだそうで、甘みがあって濃厚なソースです。
柔らかくサッとナイフの入る肉質で、ソースと一緒にいただくと、まったりとしていつつ、肉の脂とソースの甘みが口の中に広がります。
また、ここでも赤ワインで追いかけますと、たまりません。

最後に大好きなドルチェ、メロンとベルベーヌのパンナコッタをいただきました。

いろいろな組み合わせの料理とワインをしっかりいただきました。
一皿ごとのポーションはそれほどでもなかったのですし、少々お値段もよろしかったのですが、スタッフの皆様が勧めてくださるワインを思う存分いただき、料理もおいしくワインによくあってとても満足できる食事になりました。

★★★★4.0
2011/06訪問
このお店は、大正14年に建てられた登録文化財の建物。
以前は少人数の6,000円前後の宴会でも個室で引き受けていただける旅館でした。
当然、料理は日本料理。
それが基本的にはイタリアンのお店に変わって早5年。

レストランのほか、カフェ&バーや個室がいくつか揃い、結婚披露宴も執り行われます。

夕方から食事をしたかったのですが、すでに予約でいっぱい。
20時からの遅い時間に予約をして出かけました。

コース料理はちょっと食べきれないため、アラカルトで頼んでシェアすることにしました。

まず、アンティパストは、まず鮮魚のカルパッチョ。
プリプリした魚とオリーブオイルのなめらかさと香りにレモンの酸味が組み合わされて、とても新鮮な味わいに仕上がっている一品です。

続いて季節野菜のバーニャカウダ。
こちらは、アンチョビの効いたソースの塩加減と魚臭さが妙に食欲をさそってくれます。
山国の信州らしく、山菜のコゴミが使われています。

もう一つアンティパストは、大正海老の炭火焼き レモン添え。
レモンの酸味と塩加減が海老の香ばしさを引き立てます。

おいしいですね。
ワインは、イタリアンレストランなのですが、お手頃な価格でスペインのテンプラニーリョがありましたので、これを飲んでいます。
赤ワイン好きですから、最初からテンプラニーリョです。

パスタは、ゴルゴンゾーラも捨てがたかったのですが、季節野菜のトマトソース スパゲティーニと、カルボナーラ スパゲティーニ。

トマトソースがおいしい。
フレッシュなトマトの酸味と甘みが細めのパスタに絡みながら野菜のうまみといっしょに際だちます。

カルボナーラは、卵のソースとベーコンのコクと塩味につきます。
濃厚ですね。こってりです。カロリーありそうです。
でも、このドロッとしたところが、たまりませんね。

メインは、蓼科ポークの香草炭火焼き 粒マスタード添えと豪州産牛リブアイの炭火焼きに、鮮魚のソテー ブッタネスカソース。
蓼科ポークは、豚の脂の香ばしさが引き立ちます。
豪州産リブアイは、牛のうまみがにじみ出ます。

これらをテンプラニーリョでお腹の中に流し込みます。
この組み合わせがたまらないですね。
おいしいお肉と濃厚な赤ワイン。
いい感じのマリアージュです。

これだけ食べればお腹の方も気持ちよくなりますが、浜崎あゆみに似たかわいらしい店員さんが、最初から最後まで気を利かせてくださいました。

細かいところまで気を配っていただいて、とてもよい時間になりました。

一品一品は決してお手頃な価格ではないにしても、歴史を感じる建物の中で、非日常を味わうことのできた価値と比べて決して高いとは思いません。
長野で少々贅沢なディナーを味わうのに最適なお店です。
▲ページトップ

THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - ドリンク写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - ドリンク写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真: THE FUJIYA GOHONJIN - その他写真: THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:季節野菜のトマトソース スパゲティーニ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:カルボナーラ スパゲティーニ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:大正海老の炭火焼き レモン添え THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:豪州産牛リブアイの炭火焼き THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:蓼科ポークの香草炭火焼き 粒マスタード添え THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:バーニャカウダ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:鮮魚のカルパッチョ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:鮮魚のソテー ブッタネスカソース THE FUJIYA GOHONJIN - ドリンク写真:テンプラニーリョ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:ドルチェ THE FUJIYA GOHONJIN - 料理写真:ドルチェ THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 内観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 外観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - 外観写真:THE FUJIYA GOHONJIN THE FUJIYA GOHONJIN - メニュー写真:THE FUJIYA GOHONJIN
⇒もっと見る

THE FUJIYA GOHONJINの口コミをもっと見る(131件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.0
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.0
夜:サービス  :〓〓〓〓4.0
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
夜:CP   :〓〓〓==3.5
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.0
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.0
昼:サービス  :〓〓〓〓4.0
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓〓4.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥10,000~¥14,999
昼:¥3,000~¥3,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



iidagmtさんの他のお店の口コミ
Patisserie Rond-to (小布施、都住/ケーキ、パン、カフェ)
バニラの香りとお酒が効いているカヌレがお気に入り
★★★★4.0
 2019/11

そばの実 (長野市その他/そば、天ぷら)
十割そばと、とろろ、クルミ汁でいただくそば三昧
★★★★4.0
 2019/11

うずら家 (長野市その他/そば、天ぷら、日本酒バー)
蕎麦はもちろん、うっとりする心地よいビヘイビア
★★★★4.0
 2019/11

iidagmtさんの口コミ一覧を見る(1031件)


THE FUJIYA GOHONJINのその他の口コミ
善光寺近くのクラシカルな雰囲気の中で美味しいパフェをいただきました(*^▽^*)
自称独り者グルメ(4952)
★★★☆3.9
 2019/10

とても気持ちの良い空間です
もっちりデンティストン(19)
★★★☆3.5
 2018/05

歴史ある洋館でシックにティータイム♪
aritaku.net(380)
★★★☆3.9
 2017/10

⇒もっと見る(131件)
▲ページトップ



口コミ(131)写真メニュー
評価店舗情報地図


THE FUJIYA GOHONJINトップ
食べログトップ
食べログ > 長野 > 長野・志賀高原・北信濃 > 長野・中条 > THE FUJIYA GOHONJIN > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.