三三七


八丁畷のつけ麺ランキングをみる

口コミ
つけめん玉系列のお店では一番丁寧な作りだと思う
sanokuni(645) [携帯電話番号認証済]
2019/04最終訪問
★★★★4.0
(詳しい評価)

★★★★4.0
2019/04訪問
つけめん三三㐂@川崎にて「つけめん煮番搾り」(850円)。

川崎市内に本店があり京浜エリアで複数店舗を展開している「つけめん玉(ぎょく)」グループのセカンドブランド。川崎駅から京急線の隣駅の八丁畷駅との間ぐらいの場所で、市電通りと旧東海道の交差点沿いにある。

駅前からはやや離れているが、昼どきは行列ができる人気店。店内はカウンター9席のみのこじんまりしたお店。「玉」の系列店の中では個人的に一押しでスープ作り、麺上げ、盛り付けも丁寧。

鶏白湯と煮干しを組み合わせた鶏魚介スープのつけ麺。魚粉たっぷりドロドロの濃厚なスープではなく、鶏のコラーゲン由来のとろりとした粘度のある中濃度のスープで、野菜の甘みも感じる。麺量は並盛り(200g)、中盛り(300g)同一料金。しっかり冷水で締めていてつけ麺らしいコシが味わえる。水切りもちゃんとしていてスープも薄まらない。

川崎駅前のアーケード商店街沿いにも「玉」系列のつけ麺屋(玉 赤備)があって、同じメニューではないけど、あちらはスープも麺もクオリティが全く違って麺の水切りや盛り付けも雑だし、スープの味も出汁感が不足して塩気が目立ってた。やはり料理はレシピや食材以前に作り手の誠実さが一番重要なんだなあ。

★★★★4.0
2017/12訪問
つけめん三三㐂@川崎にて「つけめん特製煮番搾り」(1150円)。つけめんは並盛り200g中盛り300g同料金。神奈川県内を中心に数店舗展開しているつけめん玉(ぎょく)グループのブランド。

鶏白湯+煮干しスープの濃厚な味わいで全粒粉入りの太麺も弾力のある歯応え。スープは一人前ごと小鍋に移して火にかけたり、器での魚粉の溶かし方、麺上げや水切りの様子など玉系列の中では丁寧な作り。ただし、今回初めて特製トッピングにしたけど、内容的に+300円はちょっと割高感があるかな。

★★★★4.0
2017/05訪問
川崎駅と八丁畷駅の間にある「つけめん三三㐂(さんさんなな)」へ。前回来たときは定番のつけめんの「煮番搾り」食べているので、今回は汁そばで。「煮干し中華そば」(750円)をチョイス。平日12時過ぎで外待ち3人だったが、ちょうど入れ替わりだったので5分ほどで入店できた。

スープは清湯系中華そばのギリギリのラインまで煮干しを濃くしたような味わい。煮干しの粉もたっぷり浮いている。最近流行りの"伊藤インスパイア"(濃縮煮干しスープ)のような苦味やえぐみは抑えめで、甘みもあって醤油も強い。どことなく蕎麦ツユっぽさもあるけど、スープの表面にたっぷり浮いた鶏油のおかげで中華そばらしさを取り戻してる。

麺は太麺でもっちりした食感。ここのつけ麺はさらに極太麺で全粒粉入りなので麺の種類は違うようだ。「つけめん玉(ぎょく)」グループのセカンドブランドだけど、他の「玉」系列のお店と比べてつけ麺もラーメンも作りが丁寧だと思う。

「替玉」(100円)はデフォルトと違うストレートの極細麺で、もう一つの汁そばの「とろりそば」に使われている麺のようだ。プツンとした歯切れの良さが特徴。清湯系の醤油スープとはあんまり組み合わせないタイプの麺だけど、麺自体の食感も味わいも凄くいいし、細麺な分スープがたくさん絡み、喉越しもいいので、煮干しの風味が広がるように感じられる。

★★★★4.0
2016/11訪問
川崎駅近くのつけ麺屋「三三㐂(さんさんなな)」。川崎市内に本店がある「つけめん玉(ぎょく)」の二号店で2009年にオープン。

つけめんは「一番搾り」(800円)と「煮番搾り」(850円)があり、一番搾りは醤油煮干しの清湯系、煮番搾りは鶏魚介の白湯系とのことで、煮番搾りチョイス。麺量は並盛り200gと中盛り300g同一料金。

つけだれは鶏の旨味がふんだんで魚粉どろどろ系ほどの粘度はないけど、とろりとしたまろやかなスープ。全粒粉入りの極太麺ももっちりとした弾力。スープの濃度も麺の太さも今となっては目新しさはないけど、バランスのとれた優等生的な濃厚つけ麺。少なくともフードコートに入ってる六厘舎系列やTETSU系列よりはずっと真面目な造り。

カウンターから調理場を眺めていたけど、麺上げ、つけだれの混ぜ方、具材の切り方と手抜きのない丁寧な仕事ぶりだった。唯一難点なのは仕事が丁寧な分、提供時間が少し長めで回転率が悪そうなところかな。この日は平日12時台で店内満席の外待ちナシだったけど、週末で並んでたりするとかなり待つかもしれない。
▲ページトップ

三三七 - 料理写真:つけめん煮番搾り(850円) 三三七 - 料理写真:つけめん煮番搾り(850円) 三三七 - 料理写真:つけめん煮番搾り(850円) 三三七 - メニュー写真: 三三七 - メニュー写真: 三三七 - メニュー写真: 三三七 - その他写真: 三三七 - メニュー写真: 三三七 - 料理写真:「つけめん特製煮番搾り」(1150円) 三三七 - 料理写真:「つけめん特製煮番搾り」(1150円) 三三七 - 料理写真:「つけめん特製煮番搾り」(1150円) 三三七 - メニュー写真: 三三七 - 料理写真:「煮干し中華そば」(750円) 三三七 - 料理写真:「煮干し中華そば」(750円) 三三七 - 料理写真:「煮干し中華そば」(750円) 三三七 - 料理写真:「替玉(細麺)」(100円) 三三七 - 料理写真:「替玉(細麺)」(100円) 三三七 - メニュー写真: 三三七 - メニュー写真: 三三七 - その他写真: 三三七 - メニュー写真: 三三七 - その他写真: 三三七 - 外観写真: 三三七 - 料理写真:201611 「煮番搾り」(850円) 三三七 - 料理写真:201611 「煮番搾り」(850円) 三三七 - 料理写真:201611 「煮番搾り」(850円) 三三七 - 料理写真:201611 「煮番搾り」(850円) 三三七 - メニュー写真:201611 三三七 - メニュー写真:201611 三三七 - その他写真:201611 三三七 - メニュー写真:201611 三三七 - 外観写真:201611
⇒もっと見る

三三七の口コミをもっと見る(203件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.0
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.0
昼:サービス  :〓〓〓〓4.0
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.5
昼:CP   :〓〓〓==3.5
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



sanokuniさんの他のお店の口コミ
三忠食堂 本店 (弘前/定食・食堂、そば、ラーメン)
自家製麺の中華そばも津軽そばと並ぶ看板メニュー
★★★★4.0
 2019/07

高砂 (中央弘前/そば、天ぷら、うどん)
弘前城の城下町で創業100年を越える老舗蕎麦屋
★★★★☆4.5
 2019/07

郷土料理 しまや (中央弘前、弘高下/郷土料理(その他)、居酒屋)
その土地の家庭でその時期に食べられている本物の郷土料理
★★★★4.0
 2019/07

sanokuniさんの口コミ一覧を見る(1326件)


三三七のその他の口コミ
甘みのあるスープで美味しい
こ4331(1)
★★★☆3.7
 2019/07

つけ麺ほどの衝撃なし
大石貴幸(26)
★★★☆☆3.3
 2019/04


lv4teleporter(0)
★★★☆☆3.0
 2019/07

⇒もっと見る(203件)
▲ページトップ



八丁畷のつけ麺ランキングをみる


口コミ(203)写真メニュー
評価店舗情報地図


三三七トップ
食べログトップ
食べログ > 神奈川 > 川崎市 > 川崎駅周辺 > 三三七 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.