トラットリアビコローレヨコハマ


平沼橋のイタリアンランキングをみる

口コミ
ランチからレア食材も登場!幻のきのこオーヴォリを使った絶品カチョエペペー
sakura007(2233) [携帯電話番号認証済]
2018/07最終訪問
★★★★4.1
★★★★4.0
(詳しい評価)

★★★★4.0
2018/07訪問
ランチが美味しかったからディナーに行ってみよう。
そういうランチのパターンが最高の流れだと思うのですが
先日伺った『トラットリア ビコローレ ヨコハマ』は、その美味しさを知っているだに
あ~~~、もっといろいろなものを食べたかった~。
やっぱりディナーに来ないといけない!!と改めて思ったわけです。

実はオープンの11:30に前を通ったりすでに数名のお客さんが待っていて。
私は13時すぎにうかがったのですが、まだたくさんお客さんがいらっしゃいました。
ランチは1890円、3240円、6480円とリッチな価格ですが
それでもしっかりお客さんがいるはさすが人気店ですね。
店内はイタリアにいるような雰囲気です。

 
前菜の盛り合わせ。
昼からこんなに丁寧な料理が食べられるって幸せです。 

『トラットリア ビコローレ ヨコハマ』は、まずは18か月熟成のパルマの生ハム。
ランチタイムですら、オーダーしてからカットしていました。
無花果と生ハムと共に。
琵琶湖の鮎のフリットですが、きれいに揚がっています。
サルサベルデとコリンキーの付け合わせ。
フリッタータも美味しかったなぁ~。
鱈のお料理マンテカートです。
この上に鱈のマヨネーズが添えてありました~。
酢漬けのお野菜とか添えられていてこのお皿の箸休め的な存在に。
カボチャのスープにはアマレッティが添えてあって。
ナチュラルな甘みにコクが出ていました。
 
パンは、自家製フォカッチャとチャパタ。

パスタは「カチョエペペ」。
ローマの代表的なパスタですが、ペコリーノチーズと胡椒を使い
もちろん家庭でもよく食べられるパスタ料理。
胡椒もいいものをお使いだと思うのですが、その使い方とか刺激的で
うわぁ、やられたと思うわけです。
しかも、チーズの辛味具合やパンチェッタの出汁っていうかね、
味わいがまた旨味を引き出していて~。
まあ、これが美味しいったらありゃしません!!
マダムが古くからの友人だから言うわけではありませんが、お皿を下げてきた時に
「うまいシェフが作ると、本当に美味しいね~」と変なコメントでお皿を返しました。
もう、胡椒の香り方、チーズがしっかり麺にからまっているところ、
パンチェッタの風味とか、あ~、友人が惚れるシェフはまじ料理が上手いと思ったわけです。
 
この日は、ここに幻のたまご茸「オーヴォリ」を使っていたたわけですが、
卵みたいな茸なんです。
味はパンチェッタやオリーブオイル、胡椒の味が加わってしまい、
正確なところ分からないのですが、香りがいい~。
しっかりカチョエペペに抜群の茸の味が溶け込んでおりました。
佐藤シェフは結構素材にも挑戦的な印象がありますが
ここでもこんな珍しいキノコを使ってくれて嬉しいです。

デザートは別料金ですが、せっかく来たので食べて帰りました~。
ヨーグルトのムースとパイナップルのソースというドルチェ。

 
上にはミントのソルベが爽やか。
ソースはパイナップルとバジルシードの入ったリッチん感じ。
パチパチが乗っていて、爽やかに楽しく口の中で弾けます。 
最後はかわいいウサギのカプチーノで。
 
佐藤シェフ、どれもみんな美味しかったです。
清美マダム、次回はディナーでゆっくり来ますね~。
ごちそうさまでした。



★★★★4.1
2015/09訪問
美味しいイタリアンがあると言うので
はるばる横浜まで足を伸ばして横浜まで食べに行ってきました!!!

生ハムはここで切るんだ~。
お店の隅々にこだわりが感じられます。

この日は食いしん坊の仲間との食事会。
大騒ぎしたいし、騒いでも迷惑にならないように
友人ばかりで貸し切りにしちゃいました!!
だから私たちのためだけのオリジナルメニューを作ってもらいました。

この日は夏の終わりと秋の足音が
そこまで聞こえてきている季節ということで、
夏の食材と秋の食材が両方使われています。
ちょうど切り替わりの季節。
どっちも楽しるお料理をいただくことができました。

あれ!!Quiovaだって!!!
と、これは内輪ネタ。
これは私たちのチーム名。
実はこちらに参加した方たちは食のスペシャリストの方ばかり。
食いしん坊なので、まるで食いしん坊のお化けみたい
ってことで略してクイオバになったというわけ。
もともと食の仕事をしていた友人がパートナーとして選んだのが
こちらのシェフなんだから、お料理も超素敵なものが出てくるからお楽しみに。


◆食前にカントゥッチ鶏白レバーペーストヴィンサントのソース
◆ナツメグのピール長崎県産栗マロンカボチャのスープ添え
のっけから珍し食材が登場しました!
かぼちゃに栗が付いたと思ったら、マロンってついているし~。
お察しの通り、超甘いパンプキンスープです!!
しかも濃厚~。かぼちゃと牛乳などのクリームで作った~ってくらい濃厚でした。

私は大好きな鶏白レバーペースト。
人によっては少し癖を感じるかもしれません。
ペーストの下には、カントゥッチ。
ドライフルーツに少し甘めの生地で作ってあって
レバーの癖をうまく回避してくれました。
サクッとした触感と滑らかな触感もメリハリがあってよろしい。

◆尾鷲産アワビとサザエ
横浜産ズッキーニとグリーンオリーブのタプナード
◆佐島産活けダコとサラミ
◆黒オリーブとドライトマトのペースト

蛸のソプレッサータですね~。
このタコのぺったんこ。大好きなんですよ~。
見た目も触感も大好き。

お皿の脇に添えてあっのが、初めてお目にかかった
シトロンキャビア!!別名フィンガーライム。
絞るとキャビアみたいなつぶつぶが出てくる珍しい果物。
ライムみたいにお料理に絞っていただきました。
味はライムよりマイルドです。
珍しい食材は食いしん坊のテーブルをさらに盛り上げてくれますね。

◆ゴールドラッシュのピュレブッラータチーズトリュフ
16ヶ月熟成パルマ産生ハム添え
私は前菜を食べている時に厨房でスライスしていたのを見逃しませんでしたよ~。
あのスライサーでカットした切たての生ハムがのっています。

ペロンと生ハムをはがしてみると、
神々しい香り~。
トリュフさん、こんにちは。
そして下には大好きブッラータチーズ!!
ピュレとチーズのとろんとろんがたまらないのです。
トウモロコシはピュレだけじゃなくて粒も入っていて、
噛むとみずみずしく口の中ではじけます。


ソムリエさんも登場していただきましょうか~。
BIOワインとかも出していただきました。
美味しいワインをありがとうございました。

◆蓼と本葛を練りこんだ冷製タリオリーニ鮎の燻製と
鮎のコンソメゼリークレソンと紅蓼のサラダ添え
高知の鮎を使って燻製にしていました~。
内臓などでとったちょっと苦味のあるスープで作った
ジュレが載っています。苦味のあるジュレを添えることで
全体がより深みを増します。やっぱり鮎の醍醐味は
他の魚は持っていないもこの独特の香りにありますよね。

ソースは鮎と最強の相性の蓼。
麺には本葛を練りこんであるせいか、しなやか~。
蓼のソースをたっぷりまとわせ、
蓼や鮎と同様に苦味を放つクレソンとともにいただきました。

◆メヒカリと発芽ニンニクのフリットドラゴンフルーツの蕾
ハラェットロッソとバーニャカウダーのソース沖縄産レモン添え
お魚は少し甘味のある赤パプリカのソース、
発芽ニンニクはバーニャカウダーのソースで
そしてドラゴンフルーツの蕾はとてもシンプルな味付けでいただきました。
先日和食店で食べたんですが、醤油で似てあったのでお醤油のような感じ。
今回はさらに、そのものに近い味でいただきました。

◆千葉県産花愁子豚のロースト
沖縄産パイナップルと飯尾産万願寺唐辛子添え
周りに少しアーモンドを散りばめた衣をつけて焼いてあって
カシューナッツ入りの飼料を食べて育った豚との相性もぴったり。
このカシュー豚はお肉がしっかり味もあり
しかも脂もおいしく、ギトギト感は残らない豚なんです。

そのカシュー豚の旨みを味わえるのが、
このポルケッタのような脂身を多めに使ったお料理。
脂身はいまいち好きではないけれど、この豚はとっても美味しいし
マスタードと黒コショウの少し甘めのソースと交わると
一気に極上のお料理になりますね。

飯尾産万願寺唐辛子って・・・。
私たちにとっては最高級ブランドの万願寺唐辛子です。
というのも宮津のおいしいお酢『飯尾醸造』の老舗の5代目が
クイオバのメンバーの一人でそのおばあちゃんが作っている万願寺なんです。
私たちの飲み会には必ず紅芋酢が置いてあって、水で割ったりして
飲んでいるんです。不思議とお酒が残らないんですって!!
お店にもさりげなく飯尾醸造のお酢が並んでいました。

◆フレッシュポルチーニのリゾットシャラン産鴨のラグー添え
ポルチーニがたっぷり。ぷんぷん香ってきました。
このリゾットだけでも美味しかったのですが
鴨のラグーでさらにゴージャスに!!

◆ラグーパンホールソースのスパゲッティー二
これは友人特典ですね。
メニューにはなかったのですが、もっとパスタ食べる?
という嬉しい一言があり特別に作ってくれました。

ドライフルーツが入ったラグーは華やかな甘味と
軽い酸味が加わったふくらみのある味になっていました。
アーモンドの触感も楽しかったです。

◆ヘーゼルナッツとレーズン入りマスカルポーネのクレープ包み
ミックスベリーとブネッのジェラート添え

コーヒーもいただきました。


厳選した素材と卓越したテクニックによって作られた
お料理に堪能しまくり。
きよみちゃんが、惚れたわかるぅ~。
しっくりした夫婦の姿にほっとしながら横浜の夜は更けていきました。



▲ページトップ

トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - ドリンク写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - ドリンク写真: トラットリアビコローレヨコハマ - その他写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 内観写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - その他写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 外観写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - その他写真: トラットリアビコローレヨコハマ - ドリンク写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - その他写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - その他写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - ドリンク写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - 料理写真: トラットリアビコローレヨコハマ - ドリンク写真:
⇒もっと見る

トラットリアビコローレヨコハマの口コミをもっと見る(157件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.1
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.0
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



sakura007さんの他のお店の口コミ
車力門 ちゃわんぶ (四谷三丁目、曙橋、四ツ谷/とんかつ)
食通達が通う昼営業のみの話題のとんかつ屋はとんかつの美学が詰まっていた『車力門 ちゃわんぶ』
★★★★4.0
 2019/06

ビストロ マルニ (九段下、神保町、竹橋/ビストロ、ワインバー、フレンチ)
神田の立ち飲み屋がビストロに進化!ninichiのパンも登場♪『ビストロ マルニ』
★★★☆3.7
 2019/06

しお貫 (恵比寿、広尾/ラーメン、つけ麺)
冷やし中華始めました!黄金スープが旨い!函館冷やしそば『しお貫』
★★★☆3.5
 2019/06

sakura007さんの口コミ一覧を見る(1811件)


トラットリアビコローレヨコハマのその他の口コミ
ホフスタッター・メーカーズディナー。(1905再訪)──「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」
森のコロちゃん(1490)
★★★★☆4.5
★★★★☆4.7
 2019/05

ど直球イタリアン
山岸久朗(7332)
★★★★4.0
 2019/05

久々の横浜
しがない会社員(88)
★★★★4.0
 2019/04

⇒もっと見る(157件)
▲ページトップ



平沼橋のイタリアンランキングをみる


口コミ(157)写真メニュー
評価店舗情報地図


トラットリアビコローレヨコハマトップ
食べログトップ
食べログ > 神奈川 > 横浜市 > 横浜駅周辺 > トラットリアビコローレヨコハマ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.