せい華


讃岐塩屋の中華料理ランキングをみる

口コミ
やっぱり
Lidduld(68) [携帯電話番号認証済]
2020/12最終訪問
★★★☆3.5
★★★☆3.5
(詳しい評価)

★★★☆3.5
2020/12訪問
本日は、指定休で色々と用事を済ませてちょうどお昼時。
連れ立った娘に「なに食べる?」と聞くと「うどん以外で」との返答。
出来ればうどんが食べたかったけれど仕方ないので近場で「天一」かこちら「せい華」のどっちが良い?と聞くと「せい華」に軍配。
まあ、久々にこちらのチャーハンが食べたいなと私的にも思っていたので快諾。

店に着くと思いのほか大盛況。
名前を書いて待つこと数分、「カウンターでもいいですか?」との事で快諾。

オーダーは二人とも「台湾ラーメン」に「炒飯」と「天津飯」

オーダーを通しましたがこの盛況ぶりに相当待つんだろうと思いましたが思いのほか数分で料理が到着。

互いの「台湾ラーメン」はいつもと変わらずニラとミンチに軽めの辛さのスープで美味し。
また、娘の「天津飯」は以前食べた時と同じ粘りの強い餡をまとったもので「今日もドロ系や」と言わんばかりに餡がスルリと落ちないほどのドロ系の餡でした。
私のオーダーの炒飯は以前食べた鉄板炒飯とは違い油分を感じさせずパラフワで日本人好みの炒飯でホッとする♪
やはりここの炒飯は私は一番好き!!
味は濃くなく、パラフワで口当たりも良く具材もゴロゴロしすぎず口当たりも円やか。
最近では、冷食の炒飯に負けているなと思える店舗もありますがこちらの炒飯は冷食ではまねできない口当たり。
ただ、何で鉄板炒飯になるとあんなに正反対な口当たりになるのか頭を悩ます。

私的には、こちらの炒飯を超える店舗はなかなかお目にかかることはないだろうと、自負しています。
私見ですけどねw

★★★☆3.5
2019/07訪問
『せい華行きた~い!!!』との上の娘からさんざん言われていた一週間・・・まるで洗脳されたかのようにこちらに赴きました。

いつものように店に入り「二人です」と告げると『お好きな席へ~』とのことで座ったのが6人用のテーブル席。奥に4人用の席があるのに何でそこ座るか、娘よ!!
でもまあ、そんなに混雑していないのでまあ良いかと鎮座。
メニューを広げて何にするかと悩んでいたら以前はランチメニューだった丼物+ラーメンのセットがオールタイムOKとなっていた。
これに飛びついたのは娘。
醤油ラーメン+マーボー飯に決めたよう。
私は以前気になっていた鉄板炒飯に台湾ラーメンをチョイス。
オーダーを通して待つこと数分でまずラーメンと娘のマーボー飯が届く。
ま、いつもと遜色ないもの。
後に数分後私の鉄板炒飯が・・・。
げげげ、炒飯の量が想像以上に多い。恐らくは御茶碗二杯分はあろうかと言う量。それに生卵が別器で登場。熱々の鉄板にかけると『ジュワ――――』と良い音を出して焼けていきます。混ぜようと添えられたスプーンを手に取ると熱々の鉄板に熱を受けて火傷しそうなくらい熱々となってた。せめてスプーンは鉄板に乗せないで提供してほしい><
なんとか熱いスプーンを手に持ち炒飯部分を混ぜ混ぜして鉄板炒飯の完成。
台湾ラーメンと合わせて食べていきましょう。

まずは台湾ラーメン。ん、いつものようにピリ辛で美味しい~♪
次に鉄板炒飯。
口に運ぶ・・・ん・・・脂っこい・・・><
こちらのラーメンのセットの炒飯とは雲泥の差ともいうべき油べっとりな炒飯。まあ、鉄板の焦げ付きなんかも考慮しての油なんでしょうけど・・・私は無理です。
結局私のミスチョイスともいえるものではありますが味に関しては減点させていただいたのと、加えて娘が頼んだ醤油ラーメンに添えられたメンマが娘曰く『なんかすっごく変な味がした』とのことでさらに減点とさせていただきました。
今回のチョイスは私娘ともにミスチョイスだったようで、娘は帰り際『もうそうそうせい華行きたいって言わんかも』とのこと。
昔に比べて客入りが多くなったのは実感してましたが客が多くなるほど味が落ちるってよくあるスパイラルに陥ってる気がしてならない。

もし次寄る事があって今回よりも味の評価がダメだとたぶん足が遠のくのは必須ですね。
これまで進化していただけに今回は残念評価です><

★★★☆3.5
2019/02訪問
本来は昼ごはんにうどん屋さんの新規開拓すべくある店に向っていたけれど、曲がるところを間違えて断念。
じゃ、どうしようと考えつつ帰路につきただ何となくこちらに。
最近昼時となると思いのほか盛況で、本日も駐車場はほぼ80%位の満車率。ま、それほどこちらの料理がCP、ボリューム等がいいからだと推測。
空いてるとこへ車を停め店内へ。
二人だと告げると「座敷席へどうぞ~」と。
8人座れる座敷席に2人で鎮座。広すぎます・・・w

まずは娘に「何にする?」と聞くと毎度ながらの「天津飯+台湾ラーメンのセット」と。予想はしてましたけど、毎度ぶれない上の娘w
私は「炒飯+醤油ラーメンのセット」としました。
オーダーを通したら娘が「ちょっとトイレいてくる」って。
その間、運ばれてくる娘の料理。帰って来るなり「早ない???」
そう、こちらのお店調理時間が素早いのです。
わりと盛況なのでちょっと時間かかるのでは?と思いますがほぼオーダーを通して数分で料理が運ばれてきます。
これで味が悪ければ再訪は無いのですが、毎度ながら味は常に進化系。
以前に比べれば何処かしら「美味い!」ってところが発見される。
ただ今回はもうてっぺんに到達したのか進化は感じられなかった・・・けどすでに頂点に達したんであろうと。
炒飯は前回食べたフワパラな物でこれは日本人好み・・・いや私好みの炒飯で。具材も前回同様の進化系。
醤油ラーメンはどちらかといえば甘みを感じる鶏ベースの醤油味なのかな?ベースのしっかりしたスープに麺もスープに絡んですこぶる美味し~となってます。ちょっと叉焼の方は人によっては「これは・・・」ってなるかもしれませんがそれはお店の特徴ってことでw
総じてここいら近辺の中華系では私の中ではNO.1といえる店舗です。

味よし、サービスよし、値段よし

また近くで迷ったらたぶんまたこちらに寄る事になるでしょう♪

★★★☆3.5
2018/08訪問
今日はお休みだけど、肩の調子がすこぶる悪いので病院へ赴き治療。後に前々からはいっていた用事を済ませ家に戻ったのが12時すぎ。
今日のお昼はうどんだな~と何処にしようかと色々と画策しここだ!と決め娘に「飯行くか~」との問いかけに「行く」とのことで出かけます。

私「今日はうどんでええやろ?」との問いかけに
娘「いや!今日はせい華に行きたい!」
どうやら前回、下の娘と行ったのがばれてたみたいで・・・w

ちょっと頭の中がうどん脳だったけど仕方ないのでこちらへ。

先も言ったように頭が「うどん」だったためちょっとこちらだとがっつり系になるから何頼もうかと色々と思案しつつ店内へ。
ちょうど昼も過ぎてうどん屋であればそれなりに客が引いて行く時間だけれども何やら意外と混雑してる。こりゃ頼んでも時間かかるかな?と思いつつもテーブル席に着座。

いつものように昼ランチのAセットかBセットにしようとは決めていたけれどご飯物とラーメンではきっと食べきれないだろうと思い初挑戦の中華ワンタンに天津飯のセットとしました。娘は毎度のように天津飯に台湾ラーメンのセット。
昼のランチにはドリンクバーが付いてくるので各々好きな飲み物を注いで待つこと数分。いやいや、この客入りだけど毎度ながら調理時間早いっすね~♪

最初に台湾ラーメンが運ばれてきてそののち1分経たない間に残りの料理が運ばれてきました。
今回ちょっとビックリしたのが私は初となる天津飯。
何がビックリしたかと言うとかかっている餡が他の店含めて過去最高の堅さ。スプーンで掬うもなかなか落ちてきません。で、後に以前娘たちが食べていた写真と見比べても明らかに違いが・・・。
でも決して不味いわけではないので。ただちょっと片栗粉入れすぎたんちゃうんかな?とは思っちゃいましたw
また他の店との違いは卵に少量のネギのみの具。でも卵のふわトロ感はなかなかでなかなかおいしいです。
中華ワンタンと一緒にがっつきましたがそれでもなかなかのボリュームでした。
娘なんか「な、とーさん天津飯もうちょっといらん?」ってくらいwもちろん丁重にお断りしましたw
やはりこちらのセット(特に定食は)ボリューミーですので相当胃に空きが無ければ厳しいですw
もし次来ることがあれば、単品で頼むことになるかもw

★★★☆3.5
2018/03訪問
今日はお休み。
ですが、朝から来年度より高校進学の娘の諸手続きやら準備物購入でバタバタ><
なんとか半分くらい終わった時点で付き合ってもらっていた妹から『お腹空いたぞ~!』との催促。
何が食べたいか下の娘に聞くも無反応だったため、妹から『せい華行こう♪』ってことでこちらに決定。

昼も少し回った時間でしたが駐車場は7割がたの盛況ぶり。
店に入ると思っていたよりガランとしているwほとんどのお客さんが単身乗り込んでいたようでカウンター席に数人、テーブル席に数組といった具合でした。
私たちも人数を告げると『空いてる席へどうぞ~♪』と。
まだキャパは充分にあるようだったので一番でっかいテーブル席に鎮座。

メニューを見つつも頭の中ではすでにこれっ!って決まっていたので妹と娘のオーダーを待つことに。
妹:Bセットの醤油ラーメン+中華飯
娘:Bセットの台湾ラーメン+中華飯
私:Aセットの台湾ラーメン+炒飯
以上をオーダー。
オーダーを通してほんの数分でまずはご飯物が運ばれてきました。
二人の中華飯と私の炒飯。炒飯の方ですが以前食べたものに比べて中華ハムかな?が増量されていてなかなかいい感じに進化していました。パラパラ感はほどほどといえますが油ギッシュなパラパラ炒飯よりは私は好きなタイプです。
すぐさま其々のラーメンが運ばれてきて実食です♪
やはり炒飯は見た目通り、いやそれ以上に私の舌を魅了するいい感じの食感で味の方もどれもが主張しすぎないいい感じに仕上がってると思いました。
以前別の店で食べた炒飯はパラパラ感はよかったけど食べ終わった後の皿の下に油がたまるほどの物だったため後に胃もたれしちゃったけど、こちらの物はそんなことはなく(ただ量は普通サイズだったため後に腹パンでしたがw)美味しく頂く事が出来ました。
ラーメンの方は進化は無いけれど安定した味といえるものとなっていてこちらも美味しく頂きました。
ちょっと予定外だったのが下の娘。
意外と中華飯が多すぎたのか「ラーメン食べれん」ということで私がヘルプして半分くらい麺をいただくことに。結局私はラーメンが1.5玉分食べたようになり夕方過ぎても腹パン状態でした。
でもこのセットAセットが750円、Bセットが780円となってますがこれにランチに限りドリンクバーがつくようになったのでお得感が増しています。
昼時にまずまずの盛況ぶりにも納得の進化といえるものでした。

早い、安い、美味いの三拍子を兼ね備えたいい店だと思います。

★★★☆3.7
★★★☆3.5
2016/03訪問
再訪 2016.03
本日は夕方に親父殿用事に連れ出されその後銀行など巡っていたため晩御飯をまたまた手抜きで済ませることに。
昼に臨時休業だったラーメン屋さんがどっかに引っ掛かっていたためか無性にラーメンが食べたくて娘にそれとなく「前行ったせい華行くか?」って聞くと二つ返事でOKをもらったので車を走らせます。
でも親父殿もつれているためもし車いすがダメだったら諦めるってことでお店に到着して確認。
おぉ、以前お寿司屋さんだった時にあったスロープがそのまんまですやん。ってことで入店します。

今日は娘二人に、私と親父殿の四人なのでまだ店内が空いていたので6人掛けのテーブルに。
以前はランチでお邪魔したので夜は初訪ですがメニューを見てみると激安定食と書かれているメニューと通常であろう定食メニューがありました。
まあこの他にも一品料理や宴会メニューなんかもありましたがここは定食で攻めてみることにしました。

私と上の娘は昼に食べれなかったラーメンってのが頭から離れなかったためラーメンの付いている定食を物色。
私は台湾らーめん定食、娘は炒飯定食に。下の娘は中華丼定食に、親父殿は上の娘と同じく炒飯定食にしました。
ここで上の娘が『じーちゃんラーメンは豚骨でええんやろ?あとご飯物は炒飯やな?』と。どうやら自分が食べたい物と逆のものを親父殿に押しつけてました。ま、それというのも私が食べログやってるのを知ってるからなるべく被らないように配慮してくれてるんですよねww
さて、ここで炒飯定食の方ですがラーメンの方は豚骨と台湾、たまご飯ものの方は炒飯定食と言いつつメニューには中華飯または麻婆飯となっています。つまりは上の娘、麻婆飯と台湾ラーメンをチョイスしていたようで逆パターンの組み合わせを親父殿に押しつけていた次第ですw

さて、メニューも決まったので呼び鈴のボタンを押してオーダー。
毎度ながらの厨房奥で飛び交う中国語。メニューに書かれた「本格中華料理」の文字に期待で涎が・・・www

数分するとまず私の台湾ラーメン定食が運ばれてきました。メインの台湾ラーメンに小ライス、油淋鶏、漬物、サラダ、杏仁豆腐と超豪華w炒飯定食の方はそれぞれのラーメンとそれぞれのご飯ものに唐揚げ二個、漬物とサラダに杏仁豆腐という組み合わせ。中華丼定食は中華丼にサラダ、漬物、スープ、油淋鶏、杏仁豆腐といった組み合わせ。
台湾ラーメンの方は以前ランチで食べているので美味しいのはわかってますw四人がただ、ただ無言でズルズルはぐはぐと食べる音だけがテーブル内で響き渡りますww
まず早飯食いの私がフィニッシュしたのですがしばらくすると親父殿が「ちょっと多いからご飯食うてくれ」って・・・。確かにラーメンも炒飯も通常サイズなのでガッツリ系の人じゃないとちょっと苦戦しそうな量となってます。でも私もお腹は満足してもう食べれません状態なれど残すのはもっといやってたちなので親父殿の炒飯の1/3を頂くことに。おぉ、さすがパラパラで味もしっかりしていて卵がいい感じで絡んだ炒飯です。美味しい・・・美味しいんだけど・・・そろそろ限界的・・・そんなところに娘から「とーさん、唐揚げ一つ食べて・・・もうお腹いっぱい」・・・って、おい!!!
でも前述のように残すってことが大嫌いな私、ほぼ限界を超えつつある胃袋の隙間を作って唐揚げを頂くことに。む、むむむ、むむむむむむ、めっちゃ外パリパリで中ジューシーなめちゃめちゃ美味しい唐揚げですやん!しかも大人のゲンコツほどではないにしろ大ぶりな鶏肉でこれは確かにボリューミーw最初メニューで悩んだ「唐揚げ定食」にしとけばよかったかな?と思えるほどめちゃめちゃ美味しいですwただ、満腹じゃなければ・・・感動ももっとひとしおだったに違いない・・・。
最初なんて親父殿は「焼き餃子も頼もうか・・・」って言ってましたがこのボリュームでそれは止めて正解でしたw
また最後にデザートとして杏仁豆腐がありますが、他の店で出てくる物と違い甘すぎず美味しく頂ける物でした。(大概はうちのみんな、食べませんww)
これだけのボリュームでお会計を済ませてみると四人で3000円ちょっと。安ーーーーい!!!!また来ますね~♪
次は出来れば宴会コースで攻めてみたいものですw

初訪 2016.01
最近なにかと台湾ラーメンに目が行って以前から気になっていたこちらのお店に。
県道33号線を善通寺から丸亀へと向かうとトヨタの先にあります。道路沿いにはデカデカと「台湾ラーメン」と書かれた看板がありすぐわかりました。以前は回転寿司店だった所ですね。
駐車場に車を停めるとすでに先客が二台ほど。
店内に入るとカウンター席にボックスのテーブル席、また小上がりの座敷席があり中は大変広く装飾の方も中国らしくなっています。しばらくすると店員さんが「何人様ですか?」と。「二人です」と答えるとテーブル席に案内してくれました。
席につくとお冷とお絞りが運ばれてきて「決まったら行ってください」とのことでまずテーブルに置かれていたランチメニューを見てみる。ラーメン(醤油・とんこつ・台湾)+天津飯または炒飯とのセット(750円)とラーメン(醤油・とんこつ・台湾・とんこつ台湾)+中華飯・麻婆飯・回鍋飯・四川飯とのセット(780円)、また日替わり定食がありました。が、今日は無性にラーメンが食べたかったのでラーメンとチャーハンのセットに。娘はラーメンに大好きな天津飯のセットにしました。で、ラーメンの味は何にする?ときくと「醤油」と(まあこれは聞くまでもなく毎回同じなんですが一応w)で私は三度目の挑戦(?)となる台湾らーめんに。
店員さんを呼び注文をお願いすると何も書かずに「はい」と。すぐ奥に引っ込み中国語で注文品を言ってました。そうそうこちらの店員さん中国の方なんです。それも流暢な日本語で話されるので、厨房と店内との境に国境があるようでw厨房では中国語が飛び交い、店内では日本語でキッチリ対応。なんか聞いてて面白くなりましたw

まあまだ混みあっていない店内でしたが12時を回ろうとすると次々とお客さんが入ってきます。で、注文してから瞬く間にセットのラーメンが運ばれてきました。わりと大きめの丼にこれまで食べたのと同じひき肉とニラが乗った台湾らーめんとネギ・もやし・チャーシューの乗った醤油ラーメンです。まずは一口スープをいただいてみます。「おや?」これまで頂いた台湾らーめんと比べれば辛さはほとんど感じられないほどのマイルドな辛さにやや驚き。だからと言って美味くないわけでなくとっても美味しいスープとなっています。これならと娘の醤油ラーメンのスープもいただいてみました。地盤のしっかりとした美味しいスープとなっていますね♪
麺の方は細ストレート麺ですがサイズ的にも他店と比べればやや多めの量になるかもしれません。麺をすするとスープとの絡みがまた格別で美味~!なかなかの旨さにガツガツいっていると炒飯と天津飯が運ばれてきました。チャーハンの方はおたまでデンと盛られたよくあるスタイルのものですがスプーンで一すくいしてみるとパラパラに仕上がっているのか程よく崩れていきます。口に運べばその食感は私好みの炒飯となっていてこれまた美味~♪これで750円なら安い!って思えるお味になってます。これまた娘の天津飯のお味見をw餡を一すくいして口に運ぶと色の割に全然しつこくないお味でこれもいい♪娘も「ちょっと量が多いけどこれやったらむつごくないから食べれるわ」だってw
まさか近くにこんな美味しい店があるとは思いもよらず、また次回寄る時は定食や一品の類も食べてみたいなと思いました。
▲ページトップ

せい華 - 内観写真:店内 せい華 - メニュー写真:メランチニュー① せい華 - メニュー写真:ランチメニュー② せい華 - メニュー写真:ランチメニュー③ せい華 - その他写真:ランチサービス せい華 - 料理写真:台湾ラーメン せい華 - 料理写真:天津飯 せい華 - 料理写真:炒飯(絶品!) せい華 - メニュー写真:オールタイムセット① せい華 - メニュー写真:オールタイムセット② せい華 - 料理写真:台湾ラーメン せい華 - 料理写真:麻婆飯 せい華 - 料理写真:鉄板炒飯 せい華 - 料理写真:鉄板炒飯用卵 せい華 - 料理写真:オプションのスープ せい華 - 料理写真:混ぜて完成 せい華 - 料理写真:油でテカッてます せい華 - 料理写真:炒飯 せい華 - 料理写真:醤油ラーメン せい華 - メニュー写真:単品メニュー① せい華 - メニュー写真:単品メニュー② せい華 - メニュー写真:単品メニュー③ せい華 - メニュー写真:単品メニュー④ せい華 - メニュー写真:コースメニューと飲み&食べ放題 せい華 - メニュー写真:宴会セットメニュー せい華 - メニュー写真:お昼のランチメニュー せい華 - その他写真:ランチはドリンクバー付き せい華 - 料理写真:Aセット(天津飯+中華ワンタン) せい華 - 料理写真:天津飯アップ せい華 - 料理写真:中華ワンタンアップ せい華 - 料理写真:ワンタンアップ せい華 - 料理写真:Aセット(台湾ラーメン+炒飯) せい華 - 料理写真:台湾ラーメン せい華 - 料理写真:炒飯 せい華 - メニュー写真:宴会広告 裏面(お持ち帰りメニュー) せい華 - メニュー写真:宴会広告② せい華 - メニュー写真:宴会広告① せい華 - 料理写真:中華丼定食 せい華 - 料理写真:台湾拉麺定食 せい華 - 料理写真:チャーハン定食(麻婆丼+台湾拉麺) せい華 - 料理写真:チャーハン定食(豚骨拉麺+炒飯) せい華 - 内観写真:店内 せい華 - メニュー写真:ランチメニュー せい華 - メニュー写真:お勧めメニュー せい華 - 料理写真:台湾らーめん せい華 - 料理写真:醤油ラーメン せい華 - 料理写真:炒飯 せい華 - 料理写真:天津飯
⇒もっと見る

せい華の口コミをもっと見る(13件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★☆3.5
夜:料理・味 :〓〓〓==3.0
夜:サービス  :〓〓〓==3.2
夜:雰囲気 :〓〓〓==3.4
夜:CP   :〓〓〓〓4.5
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★☆3.5
昼:料理・味 :〓〓〓==3.8
昼:サービス  :〓〓〓==3.3
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.6
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓==3.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:~¥999
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



Lidduldさんの他のお店の口コミ
えび豚骨拉麺 春樹 イオンモール綾川店 (綾川、滝宮/ラーメン、つけ麺)
前回時間のかかった炒飯を避けて
★★★☆☆3.0
 2021/02

台湾料理 味源 丸亀土器店 (丸亀、宇多津/台湾料理、中華料理)
土器川沿いの
★★★☆☆3.4
 2021/02

まごころ (丸亀/うどん)
まあ・・・
★★★☆☆3.0
 2021/01

Lidduldさんの口コミ一覧を見る(291件)


せい華のその他の口コミ
満腹丸になりました。
食道者(5761)
★★★☆☆3.0
 2020/12

陳麻婆飯!
炭水化物の唄(267)
★★★☆☆3.3
 2021/01

香川県にある小さな中国。安くてボリューム◎
shica1007(2495)
★★★☆☆3.3
 2020/09

⇒もっと見る(13件)
▲ページトップ



讃岐塩屋の中華料理ランキングをみる


口コミ(13)写真メニュー
評価店舗情報地図


せい華 丸亀店トップ
食べログトップ
食べログ > 香川 > 坂出・丸亀・塩飽諸島 > 丸亀・多度津 > せい華 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.