鮨舳


瓦町の寿司ランキングをみる

口コミ
高松で正統的江戸前寿司
良い夫(207) [携帯電話番号認証済]
2019/03最終訪問
★★★★★5.0
★★★★★5.0
(詳しい評価)

★★★★★5.0
2019/03訪問
山もとさん訪問の翌日に鮨舳さんへ。
食材・仕事・強力な武器…両店ともそれぞれのスタイルを確立しています。
こうした店ばかりであれば、鮨が5日続いても私は楽しめます。
今回の鮨舳さん、あまり食べる機会ないマカジキ・牡蠣の握りが超弩級。食後の満足度は5点超。

●アテ
3月は初訪問。2月訪問時とは異なる食材が出て楽しいです。
*鮃刺身 …朝〆たばかりだそうですがとても良い味。城助さんの鮃に近い感覚。凄い。
*ニシガイ …地元の貝。サザエを太く大きくしたような身。
*煮イカ …子持ちではなかったですが、甘く柔らかく煮て美味しい。
*なごやふぐ …湯引き、ポン酢出汁に浸す。河豚はやま岸・木山さんに1日の長があるか。
"なごや"と名称ですが瀬戸内産。地元で云われがあるそう。
*北寄貝 …甘い汁たっぷり、香ばしい炙り加減もバッチリ。
*小皿
・アン肝奈良漬け和え …最近これを出す店が増えているような。
・カキミソ …オリジナル?絶品。牡蠣を擂り潰したもの。カニミソのよう。

●握り
十兵衛さんとはまた異なる食材の連発で私を感動させます。
①鰆漬け …前日の山もとさん同様、素晴らしい鰆。強力。漬けで旨味プラス。
地元の鰆は産卵前で脂が抜け始めてるので、仕入れたのは愛媛産。
②イカナゴ …初体験の握り。桜の葉の香りが春らしさを演出。
古い江戸前の技法、桜の葉で包み蒸した白魚を握る寿司から着想した寿司。
白魚でこの握りを食べてみたいです。
③ミル貝 …ほんのり上品な貝の甘味。今回は貝で攻めます。
④煮蛤 …山もとさん並に大きく、もう少しだけ煮詰めた感じ。
蛤の柔らかさとツメの濃さのバランスが良いと思います。
⑤コハダ …大きく脂のる。鮨舳さんのコハダは口に合う。
「お待たせしました」とここで鮪!
⑥赤身…山もとさんと同レベルの旨さ。タネはもう少し大きいかも。
⑦中トロ …大事なのは鮪の肩書より食べて幸せかどうか。私は幸せでした。
⑧マカジキ(腹)漬け …12月訪問時の猪股さんを大きく上回る。凄い脂ののりですが軽やか。
今回は鮪トロがなかったのですが、鮪トロより旨いくらい。
2~3月の鮨舳さんではこのマカジキが楽しみ。
しかし今年は始まりが早く、訪問時はもう終盤。危うく食べ損ねるところでした。
しかも今年は良い個体がなかなか入らなかったそうですが、今回のは大将自慢の品質。
幸運でした。
⑨〆鯖 …前日同様、鯖の風味と脂が最高。そろそろ終盤とのこと。
⑩煮牡蠣 …煮詰めて水分を抜く猪股・はっこくさんと似た仕事ですが、
煮詰める加減が絶妙かつカキミソを和えるので鮨舳さんの旨さは飛び抜けています。
牡蠣の粒が大きくなる2~3月限定の品。
⑪バフンウニ …甘いですが少し苦味も気になりました。
この価格帯でこれだけの魚が出ているのですから、ピンのウニを求めたりしません。
⑫鯛昆布〆 …皮焼き霜だったか。ほんのり昆布の味が乗り美味。
産卵期に入る前、あと1ヶ月くらい美味しいとのこと。
⑬鰆皮ぎし炙り …ノドグロのように脂が溢れる。今回は漬けの方がより美味しく感じました。
⑭焼き穴子 …今の時期にしては脂が乗って風味ある穴子。
穴子は良い時期にまとめて冷凍しておくそう。「穴子がないとやはり寂しいので」と。
このレベルが出せるなら、今の時期は冷凍でも許容範囲と思います。
⑮ヒヨコ …古い江戸前の仕事。茹でた黄身とオボロを混ぜ、包丁入れた白身に詰める。
玉の代わりの締め。

●追加
牡蠣を注文忘れましたが、特に気に入った魚を追加。
お任せよりさらにタネが大きかったような。まさに口福。
⑯鮃 …鮃は握りにはイカってるかと思いましたが、包丁入れてくださったので最高の握りに。
⑰鰆漬け
⑱車海老 …1匹丸ごと
⑲中トロ
⑳マカジキ
昇天。鮨舳さんは握りが大きいのでこれでお腹も満たされます。

ノンアルコールビール2本、カキミソお土産(3200円)と合わせて20000円。
お土産代入ってるのでしょうか??

大将は近年の寿司バブルで寿司の値段が跳ね上がっている現状を快く思っていません。
侍のような寿司職人である大将の価格設定なのかもしれません。
男気に感謝しようと思います。

★★★★★5.0
2018/11訪問
高知・高松出張の後、鮨舳さんへ。改装してから初の訪問。
店舗の後側を購入し改築。
入口に屋根が付き、雰囲気ある扉を開けると前室・御手洗いがあり。
店内も広くなり、組子など白木で和の意匠を凝らした内装。さらに上質な空間に。

●アテ
良い魚を惜し気なくぶ厚く切りつける、シンプルな寿司屋のアテが私は好きです。
今回のラインナップは昨年11月訪問時とだいぶ違うので新鮮に感じました。

*アコウ昆布〆3切れ …サクはプリプリに脂ののった鯛のよう。
食べると淡い白身の美味さにほんのり昆布の味が加わり上品ながら印象的。
山葵醤油、塩どちらも合いますが、私は塩がお気に入り。
*茹で蛸4切れ+頭(腹) …良くなり始めでまだ小さめとのことですが、充分蛸の旨味があり。
*ニシガイ …蒸し鮑のような見た目。身は鮑ほど旨味・脂はないですが、煮汁の美味しさは鮑以上!
*ヨコワトロ3切れ …迫力ある塊を炙って豪快に切り分ける。10㎏ですが凄い脂ののり。
葱・生姜の薬味、塩or醤油で。
*穴子肝3個、ツメ …穴子を大量に仕入れて捌いた時だけある品。
酒のアテになるようにあえて胆嚢(苦味)を残す。

アテにも流れがあり。切り身も大きいのでしっかり食べた満足感が大きいです。

●握り
①ケンサキイカ …細かく包丁入れる。最近イカが美味しく感じます。
②しず(エボダイ)酢〆 …スダチも加わり爽やか。
③鯛棒寿司 …昆布で巻いていました。シャリは赤酢でなく砂糖を入れた関西風?新たな趣向。
④徳島の鰆漬け …最高。ネットリしたきずなさんや藁で燻した城助さんとまた異なる。
脂がのってるのにサラッとしています。
⑤煮蛤 …でかい。ジューシー。最高。
⑥イクラミニ丼 …いい味が染みています。皮が柔らかく溶けるよう。
⑦鮪軽く漬け …赤身ではない腰付近の部位。大トロに近い部位で脂が多い。赤身の風味もとても強い。
→大間の生でした。
⑧トロ …カマに近い部位。脂の旨さが素晴らしい。
→お任せを食べ終わった後の話によると、5月塩釜で揚がった最高の鮪の冷凍とのこと。
それでも、冬の猪股・城助水準の上レベルは別として、私の舌では他実力店の生本鮪と差を感じないと思います。
⑨コハダ …鮨舳さんのコハダは毎回口に合います
⑨バフンウニ軍艦 …甘く濃厚。たっぷり。幸せ。
→畜養とのこと。昆布だけ与え、バフンウニの少ない今の時期にピークが来るよう水温を調節。
さすがに8月のさわ田・猪股さんのには敵いませんがレベル高いと思います。
⑩青森の鯖酢〆 …脂のりまくりではないのですが鯖の風味が強く満足。酢は強くなくて私好み。
⑪焼き穴子巻き …脂は多くないですが、穴子の味が濃い。
他店でも海苔巻きの穴子は脂が少なめで風味が強かった。そういうものなのでしょうか。
→韓国産。
⑫地元産の煮穴子 …煮穴子最強と思っている十兵衛さんに近い、ふんわり脂ののった煮穴子。
*玉 …見た目はカステラ型。でもシュワーとムースのよう。福島県のいとうさんと同系統。

●握り追加
⑬鯛、皮湯霜 …大将曰く、熟成が少し足りないかも。それでも皮ぎしが旨い。
もう1日寝かせたら身も究極の旨さになるのではと思いました。
⑭⑮車海老 …茹で立てで甘い。大きく食べごたえあり。ミソの味もプラス。
⑯トロ鉄火 …新橋鶴八さんの鉄火巻きに近いボリューム。

タネもシャリも大きいのでこれで腹も心も満たされました。

●酒
・ビール1杯
・土佐の白菊冷おろしグラス1杯…辛口?
・香川の純米吟醸グラス1杯 …甘すぎず食事に合う

これだけ食べて合計2万円!

店を大改装したにも関わらず一切値上げしない男気と、冷凍・畜養と正直に話す誠実さに感服。
旬でない時期に無理に生に拘らず冷凍・畜養の技術をうまく活用して
満足度の高いお任せをお値打ち価格で提供していると思います。
(アテを少々と握り10貫少々で25000円を超える高価格帯の店で
鮪・ウニで冷凍・畜養、生でも質の高くないのが出てきたら興醒めしますが)

大将・女将さんの作り上げる雰囲気がとても心地良く、
猪股・十兵衛・木場谷さんと同じくらい愛着ある店になりました。


★★★★★5.0
2018/02訪問
岡山・高松ドライブ2日目。
蒜山・奥大山スキー場周辺で雪景色を楽しんだ後、高松へ。
この日の晩は鮨舳さん。

目当てはマカジキでしたが札を見ると大好物の魚が勢揃い!着席した瞬間に期待膨らみました。
実際に食べると魚介類はすべてが大当たり。今回5回目ですが最も感動が大きかったです。
大将は「いい魚が多い時期ですから」と謙虚ですが、良い魚の仕入れに加え新しい技もいくつか炸裂。
大将の力量がアップしたのでしょう。

●アテ
今回もぶ厚く豪快。各品、心が満たされる量。
*鯛 …湯霜、3切れ…山もと・城助さんレベル(すなわち私の中で最高の鯛)。塩と山葵醤油で
*べいか …飯蛸のイカ版。卵がもっちり。漬けてツメで。春の到来を告げる食材だそうです。
*鰆 …3切れ。ねっとり脂のる。鮨舳さんでは漬けで旨味を足し山葵で!
*鰆皮ぎし炙り …塩。私の中で城助さんと鰆1・2を争う。
ノドグロかと思う脂ののりですが、鰆の方が野性味がある気がします。

*三陸の蒸し鮑 …普段は初夏~夏に出すそうですが、1回転目で鮑大好きな客がいたので今が旬の三陸から仕入れたそう。
200gと小ぶりですが強烈に旨い。肝ソースも完璧。余ったソースはシャリにつけて。

*ノドグロ肝のナメロウ(奈良漬入り)…信じられない旨さ
*かきみそ…牡蠣を磨り潰して煮詰めたもの。ズワイガニのカニミソみたい。
この2品、初体験。量は僅かですが凄い衝撃でした。
→→かきみそ瓶詰め3200円、お土産に買ってしまいました。


●握り
元々タネもシャリも大きい握りですが、さらにシャリが大きくなったような。
食べる量が多い私用?タネとのバランスが保てるギリギリの線。
私は魚を追加して腹を満たしたいのでシャリは人並みで良いのですが。

①ハリイカ
②鮃 …ポン酢漬け。スダチ
③マカジキ …最高。今回の目的を果たせました。
④チャリコ …酢は軽めで好み、さらに桜の葉で香り付け、上品な味わい
⑤煮蛤 巨大!煮加減もバッチリ
⑥中トロ …表面湯通しして漬け
⑦中?トロ …さらに脂多い所、漬け

今の季節、良い鮪が入りにくいとのこと。50㎏と小さい鮪だったので味を足したそう。
それでも鮨舳さん&前日の山もとさんの鮪は、1月以降訪問した中で城助さんの究極鮪の次に旨かったです。

⑧コハダ …江戸前で少し臭いがあるのでしっかり酢〆、その分、海老のおぼろで甘味を足したそう。
強く酢〆した魚が好みでない私でもおいしく食べられました。江戸前の技。

⑨和歌山の鰤 …5日醤油漬け、カラシで。山葵では鰤漬けの旨味に負けるそうです。
今シーズン、究極と思う鰤と鰆をたくさん食べました。
30~40代の寿司職人たちがそれぞれ腕を奮い、個性的な握りに仕上げていたのが印象的でした。

⑩牡蠣 …前述のかきみそを塗って。どうやって編み出したのでしょう。衝撃大!
⑪しらさ海老 …茹で立て。岡山では「おうぞう海老」
⑫高知の〆鯖 …築地経由。これも最高
⑫ムラサキウニ軍艦 …これもかなり旨いですが、今回は魚が旨すぎて目立たない
⑬⑭煮穴子 …尻尾の方とプリプリした部位。

お任せにはトロ・マカジキ・鰤・鯖・牡蠣・蛤・ウニ・煮穴子の握り、アテの鯛・鰆・鮑など、
レベル高い大好物の食材が勢揃い。
ガッツリ食べてすでに極楽気分でしたが、お任せには入らなかったノドグロが気になるので追加しました。

追加
⑮島根のノドグロ炙り …5月訪問時の凄いノドグロをも上回る旨さ。過去最高。究極では。
⑯鰤
⑰マカジキ
ノドグロもう一貫追加するか悩みましたが、腹がふくれてるのに無理して食べるのは失礼と思い、
今回は他店で食べられないマカジキ、そろそろ終わりの鰤で締めました。
(数日後、城助さんで究極の旨さのノドグロをいただけたので、この判断は正解でした)

*玉

生ビール
愛媛の一刀両断1合…すっきり。
高知の白菊1合…すっきり、ややフルーティ
高知の白菊1合…新しい米、もっとフルーティ

充分に腹と心が満たされて22800円。(恐らく土産の牡蠣味噌3200円含む)
一時、値段が高くなったと感じましたが、前回・今回と元に戻った気がします。
シャリが大きかったので握りの貫数が少なかったのもありますが。

一度にこれだけの種類の極上な魚を食べられるとは。車を飛ばして来てよかったです!

★★★★☆4.9
2017/11訪問
新居浜へ日帰り出張。帰りに高松に寄り道して鮨舳さんへ。
この日は20:30~団体予約。18:00~は私と千葉から来られた鮨舳ファンご夫婦の3名だけ。
とても良い雰囲気で鮨を楽しめました。

●アテ
*地元の鯛刺身…皮付、湯霜。
*茹で蛸…歯応え固め。蛸の味がすごく濃く栄養ありそう。今後さらに良くなるとのこと
*青森の〆鯖…すごい脂のノリ。最近食べた中で一番かも
*赤足海老…炭で炙り海老の香ばしさと中はレアで甘味がたまりません。
*するめいか塩辛…濃厚なワタの旨味が主。こんな旨い塩辛初めて。
*子持ちワタリガニ
*イクラのミニ丼…醤油漬けでなく出汁に漬けたのも良いです。

どれもが美味しく、切り身も分厚く、ここまででかなり心が満たされました。

●握り
順番は怪しいです
①八幡浜の白甘鯛…塩〆
②鰆…皮付、炙り。
③チャリコ…赤足海老のオボロの甘味が加わる。酸っぱいのより美味しい
④ハリイカ
⑤大間の鮪赤身漬け…良い鮪です
⑥中トロ
⑦鰆昆布〆…藁で燻したものとまた異なる昆布の旨味
⑧コハダ
⑨煮蛤…茹で加減完璧。
⑩ひよこ…黄身とオボロを混ぜて白身に戻して握っていました。
隣のご夫婦がおられなかったら出てこなかったでしょう。初体験できてラッキー。
⑪バフンウニ軍艦
⑫焼き穴子
⑬⑭煮穴子…「穴子お好きでしたね」と2貫出してもらえました(^-^)v

アテと握りでかなりの品数。
鮪はこれからさらに良いのが出てくると思ったので、今回は下記の魚を追加。

●追加
⑮⑯車海老…1匹丸々!茹で立て!
⑰甘鯛
⑱鯛
⑲〆鯖
⑳鰆昆布〆
21.バフンウニ軍艦

前回に比べるとノドグロのような濃厚でパンチあるタネは少なかったですが、すべての魚が旨く気持ちが盛り上がり、全体の満足度は今回の方が高いかもしれません。

ビール1杯、日本酒2杯で計21600円。前回よりたくさん食べましたが安く済んだのもありがたいです。
これで収まるならネギトロ巻きも注文すれば良かったと思いましたが、お腹は満たされていたので、鮪はこの先の楽しみに取っておきます。
次はマカジキが安定して良くなる2月に訪問できたらと思います。


★★★★☆4.9
2017/05訪問
新居浜出張の後、高松に宿泊。
その晩は天婦羅・天銀さん、翌日昼はお好み焼き・ふみやさん、晩に鮨舳さんで食事してから大阪へ帰りました。

鮨舳さんには前回2月に訪問。脂ののった鮨ダネをたっぷり堪能しました。
今回は5月下旬、どのような構成になるのか興味津々の訪問でした。

●アテ
初夏らしいさわやかな構成。
相変わらず切り身は厚めで食べごたえあります。

*カレイ刺身3切れ…塩、山葵醤油
*軽く酢で締めた鯵3切れ…葱と生姜を刻んで混ぜた薬味と醤油で
*小樽の子持ちシャコ2切れ…甘い出汁で味付。
*小豆島の蒸し鮑、肝…香り・甘味というか旨味は私史上最高と思いました!
*瀬戸内のまながつお…炙り。中はレア。塩で。カツオなのに白身?と驚きましたが別の種類の魚だそう。

●握りお任せ
①アオリイカ … 細かく包丁入れて醤油を塗って
②オコゼ … すだちと塩で
③アイナメ
白身の淡い旨味が広がります。
④地元・引田の赤貝 … もう旬が終わりこれが最後とのこと。
個人的に赤貝は関心ないタネですが、今回のは大きく肉厚で貝の香りが強く良いと思いました。

ここから怒濤の攻めが始まりました
⑤浜田のどぐろ炙り … 身は産卵前で脂が落ちてきてるので、すり身にして玉に入れたそう。
今回のタネは脂ののった皮ぎしの部分を切り出したもの。私史上最高かも。

⑥徳島のアカアシエビ … 生。スダチで。

⑦塩釜の鮪、中トロ … ハガシ?と言ってたと思います。筋が一切なし
⑧同じく大トロ
前回は赤身と中トロのセットでしたが、今回はトロで攻めてきました。
4月末に訪問した銀座あらいさんの鮪にそう引けは取らないのでは。実に旨い鮪でした。

⑨コハダ … 脂が落ちてきてるのでオボロで味を足したとのこと。

⑩小樽のムラサキウニ軍艦巻き … いよいよ解禁。色はそんなにきれいでなかったのですが、ミョウバン使用せず雑味ない甘いウニでした。シャリは白。
⑪小豆島のムラサキウニ、ミニ丼風 … 淡路・由良のウニ同様、粒は小さく見た目は貧相なのですが、とろける食感と甘味は見事です。ウニが山盛り!塩で。シャリは赤酢。

⑫千葉の煮蛤 … これも旬が終わりもう最後とのこと。大きい蛤を絶妙の加減で煮ています。

⑬焼き穴子 … 海苔を巻いて。この時期は脂が少ないので煮るとパサパサになるので焼いて香ばしさを足したとのこと。大正解。
*玉 … 1切れ半。半は焦げ目の香ばしさあり。
鮨ともさんの玉は中がムースみたいな食感で私は大好きです

●握り追加
⑭愛知のトリカイ … 築地経由で仕入れ。2貫取れそうな大きさ。お任せに入っていなかったですが注文して大正解!
⑮鮑、肝も … 感動の鮑を握りでもいただきました
⑯ノドグロ … 感動のノドグロをもう1貫
⑰ネギトロ … 1本まるまるでなく半分。鮪・トロがタップリ入った逸品。

全体を通して、白身魚は印象薄かったのですが、パンチある高級食材と貝類は絶品でした。

会計はビール1杯と日本酒2合で合計24500円。
昼にお好み焼きを食べ過ぎたこともあり、前回より食べた握りは4貫少なかったのですが、
値段は3500円高くなりました。
「高松で北新地料金!?」と一瞬焦りましたが、
食べた物を振り返ると大トロ・鮑・ノドグロ・アイナメなど高級食材が多く、かつ高品質でしたので仕方なしでしょう。

地元の良質な食材の料理をほどほどの値段(もちろん高級店料金)で出すお店から、最高峰の食材に拘る店にシフトしつつあるのかもしれません。

4月から四国方面の出張も入るようになりました。
また出張に合わせて訪問します!


★★★★☆4.9
2017/02訪問
2泊3日で岡山→高松→徳島→明石の鮨屋巡りのドライブをしました。
徳島の「やました」さん以外は16年8月に訪問して気に入った店の再訪です。

初日の晩、今回の旅のハイライトとも言える鮨舳さんへ。
私の少ない鮨屋経験の中では最高峰と思える旨さ、それをこれだけ食べて21000円で収まるコストパフォーマンスに驚きました。

●アテ…鮨舳さんの刺身や鮨ダネはお気に入り鮨屋の中で最もボリュームがあり、私の好みです。

*蛤の茹で汁(お吸い物)…蛤を茹でた後のお湯。やさしい味で温まります
*カジキの昆布締め3切れ…トロ並の脂ののりですがサッパリしています。握りでも注文すれば良かったです。
*淡路の赤貝、ヒモも巻いて…磯の香り
*ワタリガニ、内子ソース合え…シャリも入っているのでミニ丼ですね
*和歌山の鰤漬け、辛子のせ3切れ…12月、私の超お気に入り・福井の鮨十兵衛さんで同じ調理法の旨い鰤が出ましたが、鮨舳さんの鰤はそれをも上回っていた気がします。

●握り…メニューの並び順に記載しています
①香川県の鯛…桜葉で締めた鯛なんて初めてです。これが旨く薫りも高く最高
②ハリイカ…煮きり醤油で。私は塩・スダチより醤油の方が好き。
③サヨリ、海老おぼろ…半身丸々!?
④勝浦の〆鯖…昼の魚正の鯖は充分うまかったのですが、それを大きく上回ります
⑤コハダ
⑥まぐろ漬け…今回のツアーの中で別格の旨さ。
⑦中とろ…⑥同様
⑧煮はまぐり…本格的江戸前。うれしくなります
⑨ホンミル貝…塩で
⑩鰆、皮付炙り…⑥同様。ネタ切れのため追加できず残念
⑪徳島の赤足海老…すだちで。牡丹海老みたい
⑫⑬車海老、茹でたて!…大きいので二人で1匹、それでも2貫分あります。尻尾側と頭側。どちらも半熟で見事な茹で加減。特にミソのある頭側は究極では。
⑭バフンウニ…ロシア産。加工業者・仕入先が信頼できる店なら産地に先入観を抱いてはいけないという例。強烈な旨さでした。
⑮煮穴子…私の中では煮穴子で最強と思っている鮨十兵衛と互角。

*玉…カステラ風ですが中はムースみたいに柔らかく、これも絶品。
これでお任せ一通りです。
お任せの値段は聞いていませんが、下記の追加とビール2杯・日本酒1合の合計で21000円です。

●追加
⑯〆鯖
⑰鰤
⑱バフンウニ
⑲トロ鉄火1本…具がたっぷり!!
⑳21.塩とツメで
*玉

ネタはある程度の大きさがあってこそ旨さを感じられると思う
全部地元の食材で出せれば理想だが、一番旨い時期の食材を揃えるため全国から仕入れる
と大将の佐藤さんは語ります。
ますます好きになりました。

大阪からは遠く高速代も福井・金沢以上にかかりますが、定期的に訪問したいものです


★★★★☆4.8
2016/08訪問
高松→岡山→明石の寿司屋を巡るドライブの1日目。
酒野夢蔵様・みつごとうさん様・行列のできる様のレビューを見て行きたいと思っていた高松の鮨舳さんへ。
カウンター7席のお店。白木のカウンターできれいな内装・若い大将と女将さんの温かい接客で居心地良かったです。

鮓きずなは、香を焚いた高級感ある空間・大将の動きなど舞台を見てるような恍惚感がありますが、
鮨舳は安らぐ空間という感じでしょうか。

結論としては、地元の魚に加え、最高のメニューにするため柔軟に他産地の魚も仕入れ、丁寧な仕事をして出される握り。
お任せだけでなく、お好みで気軽に追加できるのも大食いの私にはありがたいです。
まだ見ぬ名店があるはずなので、私の現時点での最大級の評価は4.8としているのですが、鮨舳は4.8を付けます。

●あて
*カレイ(3切れ)…塩、山葵醤油。切身しっかり。塩が合います
*しず(エボダイ)…軽く酢〆…山葵醤油

●握り
①ちゃりこ…真鯛の稚魚。
②ケンサキイカ…包丁うまく入れてます
*アジなめろう…アジの旨味が濃い
③ノドグロ…韓国→京都市場。皮つき。炙ってないのに脂が溶けてすごく美味い。
④コハダ…あまり好きではない寿司ダネですが、おいしいと思いました
*蒸し鰒、肝付…柔らかいだけでなく仄かな磯の味で、今までで一番と感じました
⑤イカ…ケンサキイカを茹でたもの
⑥トロ…近海の味が落ちる時期なので旬のボストン産。今年一番!
⑦鰯酢〆…私は酢〆は好きでないのですが、この店のは口に合うようです。素晴らしい脂ののり。
⑧あこう…シャリが赤酢でなく白い
⑨由良赤ウニご飯(塩)…高松で食べられるとは。菊水鮓で食べるのと同じ感動。
⑩佐田岬アカウニ握り…これも濃厚!
⑪イシガキ?ガイ…岩手の方の甘い肉厚な貝。
⑫車エビ…大きな車エビ1匹丸々。半分に切って2貫分。茹でたて、固くなる前に上げてるので柔らかく香り豊か!

~追加~
⑬マグロ…軽く漬けてます。中トロみたい。これも今年一番
⑭ノドグロ…何度食べても美味い!

庵治で揚がったタネ…あまりに旨かった地元のタネで締めます。
⑮車エビ
⑯煮穴子
*玉…これも美味しいなあ

以上握りは16貫と私にしては少なめに見えますが、
こちらの握りは高級店に多い小さい握りでなく、「ある程度の大きさがないと旨味がわからない」と主義で、
超弩級の味に加え握りの大きさが最も好みに合うお店でした。
(でかさを売りにする店とは別物。女性の場合はやや小さめにするそうです。)

冬はガラッとタネが変わるそうなので再訪しようと思います。
▲ページトップ

鮨舳 - 外観写真: 鮨舳 - 外観写真: 鮨舳 - 外観写真: 鮨舳 - 外観写真: 鮨舳 - 外観写真:秋・冬は紺の暖簾 鮨舳 - その他写真:高松駅 鮨舳 - 外観写真: 鮨舳 - 外観写真:
⇒もっと見る

鮨舳の口コミをもっと見る(65件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★★5.0
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.9
夜:サービス  :〓〓〓〓4.8
夜:雰囲気 :〓〓〓〓〓5.0
夜:CP   :〓〓〓〓4.8
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★★5.0
昼:料理・味 :〓〓〓〓〓5.0
昼:サービス  :〓〓〓〓〓5.0
昼:雰囲気 :〓〓〓〓〓5.0
昼:CP   :〓〓〓〓〓5.0
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥20,000~¥29,999
昼:¥20,000~¥29,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



良い夫さんの他のお店の口コミ
さわ田 (銀座、東銀座、銀座一丁目/寿司)
最高峰。江戸前の真髄と粋を体現するお店
★★★★★5.0
★★★★★5.0
 2019/08

鮨 猪股 (川口元郷、川口/寿司)
怒涛の如く押し寄せる強烈な握り
★★★★★5.0
★★★★★5.0
 2019/08

焼肉銅羅 (弁天町、九条(阪神)/焼肉)
私の愛する焼肉屋、価値を再認識
★★★★☆4.5
 2019/08

良い夫さんの口コミ一覧を見る(150件)


鮨舳のその他の口コミ

bensuk(1567)
★★★★4.0
 2018/12

瀬戸内の素材を中心に江戸前握りを堪能。
魔界紳士(2)
★★★★4.0
 2019/08


QUEEN BUMBLE BEE(18)
★★☆☆☆2.5
 2019/07

⇒もっと見る(65件)
▲ページトップ



瓦町の寿司ランキングをみる


口コミ(65)写真メニュー
評価店舗情報地図


鮨舳トップ
食べログトップ
食べログ > 香川 > 高松 > 高松市 > 鮨舳 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.