東家


上盛岡のそばランキングをみる

口コミ
創業1907年(明治40年)老舗の郷土料理店でわんこそばに挑戦した結果は除夜の鐘=煩悩の数!(岩手県盛岡市中ノ橋通)
さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ(4237) [携帯電話番号認証済]
2020/06最終訪問
★★★★4.1
(詳しい評価)

★★★★4.1
2020/06訪問
1896

東家 本店(あずまや)
(岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3)

お店があるのは盛岡城跡公園(岩手公園)の東側で 中津川に架かる中の橋を渡り 2つ目の信号を左折して少し進んだ右手にある 1907年(明治40年)創業の老舗の郷土料理店「東家 本店」

郷土料理のカテゴリーには入っているが 実質的にはお蕎麦屋さんで お店を代表する看板メニューが「わんこそば=郷土料理」

盛岡三大麺と言えば わんこそば・じゃじゃ麺・盛岡冷麺だが その中で一番歴史が古いのが「わんこそば」

わんこそばとは…

温かい蕎麦つゆをくぐらせた一口大の蕎麦を 客のお椀に入れ それを食べ終わると給仕がそのお椀に次々とそばを入れ続け 客が満腹になりフタを閉じるまで続けるというスタイルが基本

つまり「わんこそばの」定義は

・わんこ(お椀)で食べる
・給仕がつく
・温かい蕎麦

わんこそば店では 本来の「おもてなしの心」を重視して客の食べるペースに合わせてゆっくりと最後までおいしく食べられるように工夫している店

また 観光客向けのパフォーマンスを重視し お椀を客の前に重ねたり 給仕がそばを入れる際に掛け声を発したりと工夫する店の2つのタイプに分かれる

料金は 基本的には食べ放題の定額制だが 店によっては何杯かがセットになったものや 杯数制限のある場合もある

以上が「わんこそば」の特徴


東家 本店は「おもてなし」と「パフォーマンス」そして食べ放題の定額制と 全ての条件を満たしているのでオススメ

お店に確認すると 特にこの日は予約の必要はないとのことだったので 19時前にお店に到着

店舗横にある 広々とした駐車場に車を停めて店内に入ると 1階が普通の蕎麦屋さんのスペースで 2階が「わんこそば」のエリアになっている

わんこそばを希望すると 2階のお座敷席に案内され メニューを眺める…


わんこそば 3,520円

わんこそばは全て食べ放題で

・食べた杯数を算木でカウントする→2,970円のコース

・杯数をお椀でカウントする→3,520円のコース

・杯数をお椀でカウントするタイプに天ぷら・お刺身などが付き トッピングも豪華になった→5,720円のコース

以上3種類があるので 一番人気で食べたお椀を積み上げ 撮影可能な3,520円のコースにした

最初にマグロのお刺身をセンターに 大根おろし・なめこ・そぼろ・海苔・山芋・ゴマ・ネギ・ワサビ・紅葉おろしなど 蕎麦の薬味が配置され 和服の給仕がお盆で大量の蕎麦を持って来たら戦いが始まる!

スタート時は挨拶代わりに何も付けず そのままで10杯連続で食べると 40年近くこの道に捧げてきた料理長が 時間を掛けて仕込んだ出汁はとても優しく 熱々ではないのでスルっと入っていく

ちなみに こちらのお店では わんこそば15杯で普通の蕎麦の一杯分

今度は マグロと山芋で「山かけ蕎麦」にしたり なめこ&大根おろしで「なめこおろし蕎麦」などにしてゆっくり味わいながら 30杯を達成

再びノーマル(そのまま)に戻り50杯をクリアしたが まだまだ余裕がある(笑)

しかし いつものことだが モタモタと食べていると 胃袋から脳に「満腹」の信号を送りだすので 70杯を超えた辺りからガクっとペースが落ちてくる(苦笑)

ここから先は とりあえず100杯を目標に着地点を定めているのが「わんこそば」の楽しみでもある

「さあどんどん!」「はいじゃんじゃん!」の給仕の女の子の掛け声が励みとなり 80〜90杯は薬味を絡めながら何とか通過したので 最後はノーマルでラストスタートして100杯に到達した

前回 給仕の女の子に教えてもらったが 100杯の次は150杯が目標かと思いきや「108杯」を目指す人も多いと聞いた

つまり 除夜の鐘=煩悩の数での打ち止めだ

少し残っていた薬味を総動員して8杯流し込み 無事に煩悩の数だけ「わんこそば」を食べ終えた


あとがき…

東家 本店では「わんこそば」100杯を達成すると 証明書の他に木製で五角形の手形がもらえるのが嬉しいサービス

これを手にすると 一番末端ではあるが「わんこそばファイター」の称号が認定される

前回と同じ108杯だったので 今回は手形は辞退して 記録を更新した時の楽しみにすることとした

「わんこそば」の起源は2説があり…

・花巻起源説

約400年前の慶長時代に 当時の南部家27代目当主・南部利直が江戸に向かう際に花巻城に立ち寄り食事をした時「お殿様に民と同じ丼で差し上げのは失礼」との発想から 山海の幸と共に漆器のお椀に 一口だけの蕎麦を試しに恐る恐る出した

すると南部利直はこれを「旨い!」と何度もお代わりをしたという説

その後 一般の蕎麦屋でも「わんこそば」を振る舞うようになり「お殿様の召上がったわんこそば」は 花巻市民の人気になった

大正から昭和初期にかけて花巻の一般家庭にはわんこそばの道具があり「わんこそば」が楽しまれていたそうだ

・盛岡起源説

盛岡出身の政治家・原敬が帰省して大好物の蕎麦を食べた時に「蕎麦は椀コに限る」と言ったことにより広まった

いずれにしても 昔は偉い人を迎える時の御馳走として また晴れの日のお祝いの食事として食べられていたようだ

本編でもご説明したが わんこそば15杯で普通の蕎麦1杯分

今宵は108杯食べたので 108÷15=7.2杯

普通では考えられない7杯以上の蕎麦を平らげ 大満足でお店を後にした

ご馳走さまでした!


動画・わんこそば1
https://twitter.com/ractom9990/status/1279752596438171650?s=21

動画・わんこそば2
https://twitter.com/ractom9990/status/1279752767104413706?s=21

動画・わんこそば3
https://twitter.com/ractom9990/status/1279752412631166976?s=21

動画・わんこそば4
https://twitter.com/ractom9990/status/1279753294429081603?s=21

メディア掲載記事
http://ohitorisama.life/special/?special_id=17

食べログ・ユーザーページ
https://s.tabelog.com/smartphone/reviewer/003252708/?msu=003252708

Twitter
https://twitter.com/ractom9990

Instagram
http://instagram.com/sasuraino_tabibito

facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%90%84%E5%9C%B0%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-528531493999882/
▲ページトップ

東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 3.520円 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば ※前回訪問 東家  - 外観写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)外観 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 外観写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)外観 東家  - 外観写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)外観 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)店内 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)店内 東家  - 内観写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)店内 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 3,520円 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば・デザート 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - 料理写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)わんこそば 東家  - メニュー写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)メニュー ※前回訪問 東家  - メニュー写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)メニュー ※前回訪問 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)証明書とお札 ※前回訪問 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)証明書とお札 ※前回訪問 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)お札 ※前回訪問 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)証明書 ※前回訪問 東家  - その他写真:東家 本店(あずまや)(岩手県盛岡市中ノ橋通)伝票 ※前回訪問
⇒もっと見る

東家 の口コミをもっと見る(252件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.1
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.0
夜:サービス  :〓〓〓〓4.0
夜:雰囲気 :〓〓〓==3.9
夜:CP   :〓〓〓==3.7
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥3,000~¥3,999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの他のお店の口コミ
ふみや お好み焼き 本店 (瓦町、片原町(高松)、今橋/お好み焼き)
大量の牛脂でカリっと揚げ焼きして色々な食感が楽しめる鶏もつ入りお好み焼き発祥のお店!(香川県高松市瓦町)
★★★★4.1
 2020/09

武内食堂 (高松、高松築港、片原町(高松)/親子丼、鳥料理)
ご飯300g鶏肉300gバターと醤油と胡椒のパンチの効いた甘辛ダレがクセになる名物かしわバター丼!(...
★★★★4.1
 2020/09

ジンギスカン どぅー (武蔵小杉、新丸子、向河原/ジンギスカン)
孤独のグルメSeason8第十一話「神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン」登場店舗!
★★★★4.0
 2020/09

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ一覧を見る(1481件)


東家 のその他の口コミ
夫はわんこそば、私は鶏とろろそば
pijiu511(949)
★★★☆3.8
★★★☆3.8
 2020/09

カツ丼を筆頭に丼モノの種類も豊富な…『東家 本店』
©Loro(5084)
★★★☆☆3.3
★★★☆☆3.4
 2020/07

はい、じゃんじゃん はい、どんどん
teru 71(1)
★★★☆3.5
 2019/09

⇒もっと見る(252件)
▲ページトップ



上盛岡のそばランキングをみる


口コミ(252)写真メニュー
評価店舗情報地図


東家 本店トップ
食べログトップ
食べログ > 岩手 > 盛岡・雫石 > 盛岡市 > 東家 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.