ぴょんぴょん舎


青山の冷麺ランキングをみる

口コミ
盛岡冷麺のネーミングを最初に使用して東京へも進出を果たした琥珀色の絶品冷麺は別辛がオススメ!(岩手県盛岡市稲荷町)
さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ(4084) [携帯電話番号認証済]
2020/06最終訪問
★★★★4.1
(詳しい評価)

★★★★4.1
2020/06訪問
188

ぴょんぴょん舎 稲荷町本店
(岩手県盛岡市稲荷町12-5)

JR盛岡駅の西側の郊外 国道46号線沿いの東北自動車道・盛岡インターチェンジから盛岡市内方面に約1.5キロ進んだ 雫石川の北側の県道1号線沿いにある 1955年(昭和30年)創業の「ぴょんぴょん舎 稲荷町本店」

盛岡三大麺と言えば わんこそば・じゃじゃ麺・盛岡冷麺

今回はその中で 盛岡冷麺の私のお気に入りのお店をご紹介

盛岡冷麺とは…

盛岡市内では約60店舗で提供されていて それぞれの店舗の看板に「焼肉・冷麺」と併記されているのが常識

東京など他のエリアでは 焼肉の最後に食べる〆の料理として定着しているが 盛岡では焼肉と冷麺を同時に食べるのが定番で 焼肉店に冷麺のみを食べに行く人も多数いる

盛岡冷麺は 1954年(昭和29年)に「食堂園」の創業者・青木輝人さんが 故郷の朝鮮半島に伝わる 咸興(ハムン)冷麺と平壌冷麺の2種類の冷麺を融合させ 現在の形に作り上げた

本来 朝鮮半島の本場の冷麺は 蕎麦粉を使用した黒っぽい麺が多く 食堂園では最初はその麺を提供していたが 盛岡の人の口に合うよう 試行錯誤を重ねて 現在の小麦粉などを使った半透明の麺に改良

そのコシの強い麺は最初は酷評されたようだが 次第に食感や味が忘れられず 一度食べたらクセになると人気になった

スープは牛骨をメインに 鶏ガラなどを加えるのが主流で キムチの量で辛さを調節する

麺・スープ・キムチのバランスの良さを楽しむのが魅力

以上が盛岡冷麺の特徴


ぴょんぴょん舎は盛岡駅前などにもお店があるが 今回は車が停めやすい「稲荷町本店」に久々の訪問となった

オープンと同時に店内に入り 4人掛けのテーブルに案内されメニューを眺める…


盛岡冷麺 別辛 850円

ランチメニューは 盛岡冷麺が主役となった焼肉・ビビンパ・チヂミ・プルコギ丼などのセットメニューが数多く並ぶ中 前後の食べ歩きの予定もあるので 基本に忠実に「盛岡冷麺」を単品で注文した

中辛・特辛・激辛などキムチの量に応じた辛さを選べるが キムチが別皿で提供され 辛さを自分で調節できる「別辛」が私のオススメ

最初は冷麺そのものを味わい 徐々に辛さを加え それでも辛さが足りなければキムチを追加することも可能

待つこと暫し ぴょんぴょん舎の冷麺と久々の再会を果たした!

トロみのある琥珀色のスープと 半透明のみずみずしい麺が主体となり ゆで卵半分・スイカ・キュウリ・ネギ・白ゴマがトッピングされている

作り方は…

麺は 馬鈴薯デンプンと小麦粉(強力粉)をミックスして 丹念に手で練り合わせ 熟成などは一切せず 生地を専用マシンにセットして 圧力を掛けて押し出し しぼりたての麺を直接お湯に投入して 茹で上がると冷水で素早く締める

スープは 大量の牛骨をメインに すね肉・カルビ・フランケン・牛脂など 牛の様々な部位と 丸鶏・鶏ガラ・香味野菜・梨などを 余計な脂分を取り除きながら 10時間以上丁寧に煮込んだら完成

コラーゲンたっぷりの深いスープと 超コシの強い麺こそが ぴょんぴょん舎の真骨頂で 今更ながら麺とスープだけで満足させてくれる

3分の1位を食べたところで辛み(キムチ)を加える

こちらのキムチは爽やか酸味とキレのある辛さ特徴で 優しい冷麺を一気に刺激的な冷麺に変えてくれる

別辛のキムチを全て投入して食べていると スタッフが「辛さは大丈夫ですか?」と声を掛けてくれたので「全然大丈夫です!」

すると「追加でキムチをお持ちしましょうか?」と聞かれたので「はい!」

結局 激辛に当たるくらいの辛さにして食べたが 私の中では全然許容範囲だった(笑)

出来立て茹で立ての麺と 女子が喜びそうなコラーゲンたっぷりのスープと 爽やか酸味とキレのある辛さのキムチが三位一体になった極上の盛岡冷麺を あっという間に完食した


あとがき…

私の中では 元祖の「食道園」と 駅前の「盛楼閣」と こちらの「ぴょんぴょん舎」がお気に入りで「盛岡冷麺御三家」に勝手に認定している(笑)

盛楼閣・ぴょんぴょん舎は盛岡駅前にも支店があるので 県外の人も訪れやすい

盛岡冷麺がここまで地元に定着した理由は 盛岡には在日韓国人などの朝鮮人が多く住んでいたことと 発案者の成功を見て 昭和40年代以降に冷麺を提供するお店が次々とオープン

岩手県は元々「わんこそば」「じゃじゃ麺」など 麺が好きな県民性もあり人気となり「盛岡三大麺」にまで成長した

「盛岡冷麺」の名称を市内の店で初めて使用したのがぴょんぴょん舎の創業者で 1986年(昭和61年)に盛岡で開かれた「日本めんサミット」に出店した時に 運営を担当していた盛岡市職員にススメられたのがキッカケ

それまで地元では普通に「冷麺」と呼ばれていたが 特徴のあるコシの強い半透明の麺を「盛岡冷麺」と呼ぶことにより 各地の冷麺との差別化に成功して 全国的に有名にした功績は大きい

その後 東京の銀座や東京スカイツリー・神奈川県の川崎・埼玉県の三郷・仙台などにも出店して「ぴょんぴょん舎」の名も全国に広がった

味もさることながら キャッチコピーやネーミングなど 地方のグルメを有名にするには そんなプロモーション的な部分も大切なんだな…などと考えながらお店を後にした

ご馳走さまでした!


動画
https://twitter.com/ractom9990/status/1279728181553987585?s=21

メディア掲載記事
http://ohitorisama.life/special/?special_id=17

食べログ・ユーザーページ
https://s.tabelog.com/smartphone/reviewer/003252708/?msu=003252708

Twitter
https://twitter.com/ractom9990

Instagram
http://instagram.com/sasuraino_tabibito

facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%90%84%E5%9C%B0%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-528531493999882/
▲ページトップ

ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 850円 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 ぴょんぴょん舎 - 外観写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)外観 ぴょんぴょん舎 - 内観写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)店内 ぴょんぴょん舎 - 外観写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)外観 ぴょんぴょん舎 - 外観写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)外観 ぴょんぴょん舎 - その他写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)メニュー ぴょんぴょん舎 - メニュー写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)メニュー ぴょんぴょん舎 - メニュー写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)メニュー ぴょんぴょん舎 - メニュー写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)メニュー ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 850円 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛 ぴょんぴょん舎 - 料理写真:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店(岩手県盛岡市稲荷町)盛岡冷麺 別辛
⇒もっと見る

ぴょんぴょん舎の口コミをもっと見る(203件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.1
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.1
昼:サービス  :〓〓〓〓4.0
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.9
昼:CP   :〓〓〓==3.8
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの他のお店の口コミ
ファイヤーハウス (本郷三丁目、春日、水道橋/ハンバーガー、レストラン(その他)、カフェ)
ふっくらした大きなバンズにジューシーなパティとたっぷりの野菜をサンドしたグルメバーガー発祥店!(東京...
★★★★4.3
 2020/07

中華蕎麦にし乃 (本郷三丁目、水道橋、湯島/ラーメン)
ラーメンの天才と呼ばれる水原店主が表現する素材の持ち味を存分に引き出した最高峰の中華蕎麦!(東京都文...
★★★★☆4.5
 2020/07

八雲 (池尻大橋、駒場東大前、神泉/ラーメン、つけ麺)
浜田山たんたん系の支那そばの中でトップの評価を受け進化を続ける肉と海老のワンタン麺!(東京都目黒区東山)
★★★★4.3
 2020/07

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ一覧を見る(1451件)


ぴょんぴょん舎のその他の口コミ
やっぱり盛岡で冷麺……偶然のワンコインCPで安かった‼️【ぴょんぴょん舎 稲荷町本店】岩手県盛岡市稲荷町
讃岐そば(1642)
★★★☆3.7
 2020/06

冷麺と焼肉の王道セット
たいたけ さやこ(84)
★★★☆☆3.3
 2020/07

冷麺の有名店
taku303(549)
★★☆☆☆2.5
 2020/07

⇒もっと見る(203件)
▲ページトップ



青山の冷麺ランキングをみる


口コミ(203)写真メニュー
評価店舗情報地図


ぴょんぴょん舎 稲荷町本店トップ
食べログトップ
食べログ > 岩手 > 盛岡・雫石 > 盛岡市 > ぴょんぴょん舎 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.