中華そば 先崎


水戸のラーメンランキングをみる

口コミ
感動をくれるラーメン屋さん
てつ925(2458) [携帯電話番号認証済]
2019/11最終訪問
★★★★4.2
(詳しい評価)

★★★★4.2
2019/11訪問
日曜のお昼に来店しました。

11時30分に到着し、待ちは10人ほどでした。
お店の裏と道路挟んで向かいに駐車場があります。

一度移転して食べログの点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店です。じわじわと点数が上昇し、水戸市でラーメンで4位に入ってます。

外に4人分の席がありますが、外で待つ必要がありますので、寒さや暑さ対策は必要かと思います。

【総評】

何度かよっても新しいラーメンがあり、想像しなかった組み合わせの創作ラーメンがいただける感動をくれるラーメン屋さんです。

全ての創作ラーメンが洗練されていてハイレベルでそのクオリティには脱帽します。

これまで通ったラーメン屋さんの中で間違いなく一番通っている大好きなお店です。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。
厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席と二人がけのテーブルが2つあり、席が10席に拡張されてました。

【ラーメン】

本日のラーメンは、牡蠣と紀奥山椒そば、牡蠣と鯛そば、ホタテ白湯、シーフォアグラそばなどがありました。

お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

■シーフォアグラそば(900円)
■鴨肉3枚(250円)

着席してから数分でラーメンが到着。
食券を早めに回収して提供の時間を早めており、非常に効率的です。

シーフォアグラはいわよるあん肝のことです。
煮干しだしと合わさり芳醇な香りが食欲をそそります。

■スープ

まず、スープを一口頂くと、煮干しのふくよかな旨味の中にあん肝のほのかな味わいを感じます。煮干しだしにコクをプラスしてくれてるような印象です。旨味は強いのに雑味がないスープはさすがの一言です。

■麺
麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめる仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

■トッピング
トッピングは、豚焼豚、鶏焼豚、葉物、追加の鴨肉と豪華ですね。焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで噛みしめるほどに旨味を感じる仕上がりでした。

また、レモンが添えられており、最後にレモンを絞っていただくと、これまでのコクの強いスープがすっきりとクリアな味わいになり、後味が最高でした。

入店から最後まで感動の味と、幾度となく演出された味の変化を堪能できる素晴らしいラーメンに脱帽しました。

この日も大満足なラーメンを堪能できました。
来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。

★★★★4.2
2019/09訪問
土曜のお昼に来店しました。

時間11時に到着し、待ちは7人ほどでした。開店時間が1時間早くなったようです。
お店の裏と道路挟んで向かいに駐車場があります。

一度移転して食べログの点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店です。

4人分の席がありますが、外で待つ必要がありますので、寒さや暑さ対策は必要かと思います。

【総評】

何度かよっても新しいラーメンがあり、想像しなかった組み合わせの創作ラーメンがいただける感動をくれるラーメン屋さんです。

全ての創作ラーメンが洗練されていてハイレベルでそのクオリティには脱帽します。
これまで通ったラーメン屋さんの中で間違いなく一番通っている大好きなお店です。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。
厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席と二人がけのテーブルが2つあり、席が10席に拡張されてました。

【ラーメン】

本日のラーメンは、牡蠣と紀奥山椒そば、シーフォアグラ、純鶏白湯と雲丹、煮干しのなどがありました。

お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

■牡蠣ホタテ白湯そば(860円円)
■鴨肉ステーキ(1000円)

着席してから数分でラーメンが到着。
食券を早めに回収して提供の時間を早めており、非常に効率的です。

牡蠣とホタテの組み合わせに白湯は珍しいですね。黄色がかった白色の泡がなんとも食欲をそそります

■スープ

まず、スープを一口頂くと、牡蠣の旨みの中にホタテの甘さがあり、濃厚なのに後味がすっきりしています。和風というよりもまるでフレンチのような錯覚をおこしてしまうような美味しさです。
スープは少し熱めにしてくれてるので、最後まで熱々で頂けました。

■麺
麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめる仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

■トッピング
トッピングは、豚焼豚、鶏焼豚、葉物でシンプルです。焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで噛みしめるほどに旨味を感じる仕上がりでした。

鴨肉のステーキは迫力があるボリュームで、熱々の鉄板で提供されます。鴨肉は赤身の旨みと脂の甘さがあいまってお酒が飲みたくなる最高のステーキでした。また、鴨肉の下にはネギがたっぷり敷かれていて、鴨肉の脂をすったネギのうまさは悶絶する美味しさです。

2/3ほど食べ進めたところで締めの和えそばを注文します。牡蠣と秋刀魚節を現金で注文します。

牡蠣と秋刀魚節は、牡蠣を肝ごとすりつぶした牡蠣のソース、秋刀魚節、刻み焼豚、玉ねぎなどがトッピングされており、下のタレをよく混ぜていただきます。

秋刀魚節の香りがふわっと香り、牡蠣の濃厚な旨味を醤油が優しく包み込んでまとめてくれており、麺は力強い歯応えが楽しめました。
まさにこれだけでもラーメンとして成立するレベルので、和えそばの領域をはるかに超えたクオリティですね。

和えそばにはお酢を出してくれるのですが、燻製イカのお酢を途中で回しかけると、燻製イカの香りとマイルドな酸味が加わり、さっぱりとした味に変化します。

入店から最後まで感動の味と、幾度となく演出された味の変化を堪能できる素晴らしいラーメンに脱帽しました。

この日も大満足なラーメンを堪能できました。
来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。

★★★★4.2
2019/03訪問
日曜のお昼に来店しました。

12時過ぎに来店し、12人ほどの列ができており、座るまで50分ほど待ちました。
お店の裏と道路挟んで向かいに駐車場があります。

一度移転して食べログの点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店です。

4人分の席がありますが、外で待つ必要がありますので、寒さや暑さ対策は必要かと思います。

【総評】

何度かよっても新しいラーメンがあり、想像しなかった組み合わせの創作ラーメンがいただける感動をくれるラーメン屋さんです。

全ての創作ラーメンが洗練されていてハイレベルでそのクオリティには脱帽します。
これまで通ったラーメン屋さんの中で間違いなく一番通っている大好きなお店です。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。
厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席と二人がけのテーブルが2つあり、席が10席に拡張されてました。

【ラーメン】

本日のラーメンは、牡蠣と紀奥山椒そば、シーフォアグラ、純鶏白湯と雲丹、煮干しの4種類がありました。
お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

■純鶏白湯と雲丹(880円)
■鴨肉鴨3枚(250円)

着席してから3分ほどでラーメンが到着。
食券を早めに回収して提供の時間を早めており、非常に効率的です。

鶏で作った白湯スープは白さが際立った黄金色で、上にはロース肉と思われる低温調理されたピンク色の大きなお肉があり、その上に雲丹のソースがトッピングされてました。

■スープ

まず、スープを一口頂くと、鶏の雑味がない繊細な味と、濃厚でクリーミーな旨味と甘味が口いっぱいに広がっていくような感動レベルの味わいです。鶏の純粋な旨味を感じた後、ロース肉の上の雲丹のソースを溶かすと、雲丹の繊細で気品のある味わいがプラスされ、さらには塩気が増すことで甘かったスープの味が引き締まって味の変化が楽しめます。

スープは少し熱めにしてくれてるので、最後まで熱々で頂けました。

■麺
麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめる仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

■トッピング
トッピングは、豚焼豚、鶏焼、玉ねぎ、みつば、
雲丹ソースで、追加の鴨肉がお皿の淵に3枚添えてありました。焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで噛みしめるほどに旨味を感じる仕上がりでした。鴨肉は大胆で野性味あふれる味わいで、これだけでもお酒のアテになりますね。
玉ねぎが細切り、短冊と2種類あり、短冊切りの方はスープと一緒に頂くと生玉ねぎのシャキシャキ感と後味の良さが増してました。

2/3ほど食べ進めたところで締めの和えそばを注文します。本日の和えそばは下記でした。

■生姜醤油(350円)
■牡蠣と秋刀魚節(450円)

牡蠣と秋刀魚節を現金で注文します。

牡蠣と秋刀魚節は、牡蠣を肝ごとすりつぶした牡蠣のソース、秋刀魚節、刻み焼豚、玉ねぎなどがトッピングされており、下のタレをよく混ぜていただきます。

秋刀魚節の香りがふわっと香り、牡蠣の濃厚な旨味を醤油が優しく包み込んでまとめてくれており、麺は力強い歯応えが楽しめました。
まさにこれだけでもラーメンとして成立するレベルので、和えそばの領域をはるかに超えたクオリティですね。

和えそばにはお酢を出してくれるのですが、燻製イカのお酢を途中で回しかけると、燻製イカの香りとマイルドな酸味が加わり、さっぱりとした味に変化します。

入店から最後まで感動の味と、幾度となく演出された味の変化を堪能できる素晴らしいラーメンに脱帽しました。

この日も大満足なラーメンを堪能できました。
来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。

★★★★4.2
2019/03訪問
土曜のお昼に来店しました。

開店時間11時30分に到着し、待ちは6人と珍しくいつもより空いてました。20分ほどで着席できました。

お店の裏と道路挟んで向かいに駐車場があります。

一度移転して食べログの点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店ですね。

待つように外に4人分の席がありますが、外で待つ必要がありますので、寒さや暑さ対策は必要かと思います。

【総評】

何度かよっても新しいラーメンがあり、想像しなかった組み合わせの創作ラーメンがいただける感動をくれるラーメン屋さんです。
全ての創作ラーメンが洗練されていてハイレベルでそのクオリティには脱帽します。
これまで通ったラーメン屋さんの中で間違いなく一番通っている大好きなお店です。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。
厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席と二人がけのテーブルが2つあり、席が10席に拡張されてました。

【ラーメン】

本日のラーメンは、牡蠣と煮干し、シーフォアグラ、純鶏白湯と雲丹、煮干しの4種類がありました。
お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

地鶏頭と貝そば(830円)
熟成肩ロース飯(400円)
鴨肉3枚(250円)

着席してから3分ほどでラーメンと丼が到着。
食券を早めに回収して提供の時間を早めています。

綺麗な根治黄色のスープは見た目からも美しく、貝の香りが心地よいです。

■スープ

まず、スープを一口頂くと、鶏の雑味がない繊細な旨味と、貝の奥深い旨味が重なり合い、シンプルでいて奥行きがある素晴らしいクオリティです。あっさりしてますが、飲み進めるほどにじわじわと旨味が広がっていくような抜群の美味しさです。

■麺
麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめるバランスが良い仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

■トッピング
トッピングは、豚焼豚、鶏焼豚、メンマ、葉物、追加の鴨肉と豪華な内容です。玉ねぎ、みつば、
豚焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで噛みしめるほどに旨味を感じる仕上がりでした。鴨肉は大胆で野性味あふれる味わいで、これだけでもお酒のアテになります。

熟成肩ロース飯の方は、レア感溢れるピンク色断面が美しい牛の肩ロース肉が薄めにカットされ、その上には醤油ベースのタレがかかってました。

肉は柔らかく、旨味が凝縮されており、まさに熟成肉の良いところが満載ですが、熟成肉特有の独特な香りはなく非常に食べやすいです。醤油ベースのたれと肉の相性は抜群で、一度食べ始めるとご飯がとまりません。

2/3ほど食べ進めたところで締めの和えそばを注文します。本日の和えそばは下記でした。

フランス産4種のキノコ
牡蠣とさんま節(450円)

後者の牡蠣と秋刀魚節とを現金で注文します。

牡蠣と秋刀魚節は、牡蠣を肝ごとすりつぶした牡蠣のソース、秋刀魚節、刻み焼豚、玉ねぎなどがトッピングされており、下のタレをよく混ぜていただきます。

秋刀魚節の香りがふわっと香り、牡蠣の濃厚な旨味を醤油が優しく包み込んでまとめてくれており、麺は力強い歯応えが楽しめました。
まさにこれだけでもラーメンとして成立するレベルので、和えそばの領域をはるかに超えたクオリティですね。

和えそばにはお酢を出してくれるのですが、燻製イカのお酢を途中で回しかけると、燻製イカの香りとマイルドな酸味が加わり、さっぱりとした味に変化します。

入店から最後まで感動の味と、幾度となく演出された味の変化を堪能できる素晴らしいラーメンに脱帽しました。

この日も大満足なラーメンを堪能できました。
来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。


★★★★4.2
2019/02訪問
日曜のお昼に来店しました。

開店時間11時の45分前に到着し、すでに15人ほどの長蛇の列ができてました。開店時間に20人ほどでしたので、混んでいるのがわかっていてかなり早く並んでいる方が多い印象ですね。
お店の裏と道路挟んで向かいに駐車場があります。

一度移転して食べログの点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店ですね。

この日は待ち時間1時間15分ほどで席につけました。
4人分の席がありますが、外で待つ必要がありますので、寒さや暑さ対策は必要かと思います。

【総評】

何度かよっても新しいラーメンがあり、想像しなかった組み合わせの創作ラーメンがいただける感動をくれるラーメン屋さんです。
全ての創作ラーメンが洗練されていてハイレベルでそのクオリティには脱帽します。
これまで通ったラーメン屋さんの中で間違いなく一番通っている大好きなお店です。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。
厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席と二人がけのテーブルが2つあり、席が10席に拡張されてました。

【ラーメン】

本日のラーメンは、牡蠣と煮干し、シーフォアグラ、純鶏白湯と雲丹、煮干しの4種類がありました。
お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

■純鶏白湯と雲丹(880円)
■鴨肉鴨3枚(250円)

着席してから3分ほどでラーメンが到着。食券を早めに回収して提供の時間を早めています。

鶏で作った白湯スープは白さが際立った黄金色で、上にはロース肉と思われる低温調理されたピンク色の大きなお肉があり、その上に雲丹のソースがトッピングされてました。

■スープ

まず、スープを一口頂くと、鶏の雑味がない繊細な味と、濃厚でクリーミーな旨味と甘味が口いっぱいに広がっていくような感動レベルの味わいです。鶏の純粋な旨味を感じた後、ロース肉の上の雲丹のソースを溶かすと、雲丹の繊細で気品のある味わいがプラスされ、さらには塩気が増すことで甘かったスープの味が引き締まって味の変化が楽しめます。

スープは少し熱めにしてくれてるので、最後まで熱々で頂けました。

■麺
麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめる仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

■トッピング
トッピングは、豚焼豚、鶏焼、玉ねぎ、みつば、
雲丹ソースで、追加の鴨肉がお皿の淵に3枚添えてありました。焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで噛みしめるほどに旨味を感じる仕上がりでした。鴨肉は大胆で野性味あふれる味わいで、これだけでもお酒のアテになりますね。
玉ねぎが細切り、短冊と2種類あり、短冊切りの方はスープと一緒に頂くと生玉ねぎのシャキシャキ感と後味の良さが増してました。

2/3ほど食べ進めたところで締めの和えそばを注文します。本日の和えそばは下記でした。

■生姜醤油(350円)
■牡蠣と秋刀魚節(450円)

牡蠣と秋刀魚節と生卵(50円)を現金で注文します。

牡蠣と秋刀魚節は、牡蠣を肝ごとすりつぶした牡蠣のソース、秋刀魚節、刻み焼豚、玉ねぎなどがトッピングされており、下のタレをよく混ぜていただきます。
秋刀魚節の香りがふわっと香り、牡蠣の濃厚な旨味を醤油が優しく包み込んでまとめてくれており、麺は力強い歯応えが楽しめました。
まさにこれだけでもラーメンとして成立するレベルので、和えそばの領域をはるかに超えたクオリティですね。
和えそばにはお酢を出してくれるのですが、燻製イカのお酢を途中で回しかけると、燻製イカの香りとマイルドな酸味が加わり、さっぱりとした味に変化します。
最後には生卵をといて、つけ麺風に和えそばをいただきます。生卵のコクがさらにプラスされめちゃくちゃうまいです。

入店から最後まで感動の味と、幾度となく演出された味の変化を堪能できる素晴らしいラーメンに脱帽しました。

この日も大満足なラーメンを堪能できました。
来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。

★★★★4.0
2018/07訪問
日曜のお昼に来店しました。開店時間11時の10分前に到着し、すでに20人ほどの長蛇の列ができてました。

去年に移転して点数は下がりましたが、待ち時間と人気っぷりは水戸で一二を争う人気店ですね。

何組か諦めたのもあって、待ち時間1時間ほどで店内へ、それから15分ほどで席につけました。
数人分の席とパラソルがありますが、それ以外は炎天下で待つ必要があるので、暑さ対策は必要かと思います。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席のみで、中に5人ほど座れる待合席がありました。

【ラーメン】

本日は煮干し蕎麦はなく、鯛SOBA、いかの肝、鶏と牡蠣と唐墨などのラーメンがありました。
お店に入ると、まず食券機で食券を購入します。

本日は下記を注文しました。

■鶏と牡蠣と唐墨(830円)
■A5ランクの熟成牛肩ロース飯(400円)
■ジビエ羊と鴨(400円)

着席してから5分ほどでラーメンが到着。

鶏と牡蠣で作ったスープは透明度が高い黄金色で、上にはロース肉と思われる低温調理されたピンク色の大きなお肉があり、その上に唐墨が乗ってました。

まず、スープを一口頂くと、鶏の雑味がない繊細な味と、牡蠣の旨味が完璧に融合された透き通るクリアな味わいが口の中いっぱいに広がります。
繊細なのに飲むほどに旨味とコクが広がっていくような奥行きある味わいで、笑っちゃうぐらい抜群に美味しいです。少し熱めにしてくれてるので、最後まで熱々で頂けました。

麺は細めのストレート麺で、もっちりした食感とばツンとした軽快感のある歯応えと、つるっとした喉越しを楽しめる仕上がりで、スープとの相性も抜群です。

トッピングは、焼豚、メンマ、そして唐墨で、焼豚は低温調理のため柔らかくジューシーで旨味がありました。メンマもサクサクした食感で美味しいですね。
メイン食材の唐墨は、焼豚の上にあるため、水分を吸っておらず、香りを楽しめます。途中で、スープに溶かせて頂くと、香りとスープの味わいにさらに深みがでて、味の変化を楽しめました。

熟成牛肩ロース丼は、熟成した牛の肩ロースをレアに仕上げ、厚切りにしたお肉がたっぷりと乗っています。肩ロースは、熟成しているためか、筋がほとんど気にならず、とろけるような味わいで柔らかく、肉の旨味がたまりません。
たまねぎ、ニンニクのソースはさっぱりしていて、お肉とよくマッチしてました。

ジビエ皿は、鴨肉と羊肉が2枚ずつついてきます。肉はレアに仕上げらていてわ柔らかく、野性味あふれる赤身の味わいを堪能できました。
バルサミコ酢のソースがついており、まるでオシャレなイタリアンのお店ででてくるようなハイクオリティのおつまみです。

来店するたびに新たな感動を発見できるそんな素敵なラーメン店だと思います。
ご馳走さまでした。また、必ず来店します。

★★★☆3.8
2018/02訪問
幾度となく通っている先崎さんですが、移転後に初訪問です。13時過ぎに到着し、13人ほど並んでいました。オープンして初めての土曜ですし、かなりの混み具合です。1時間ほど待って席につけました。

お店の場所は千波町に移転し、駐車場が広くなりました。

ツイッターを見るかぎり、営業開始してから日が浅く、営業日が安定していないようです。訪問の際にはツイッター確認を推奨します。

【雰囲気】

ライトアップされた店内は、ジャズが流れ、まるでバーのような雰囲気を醸し出しています。厨房、店内ともに以前と比べ、かなり拡張されており広いです。

お席はカウンター6席のみで、中に5人ほど座れる待合席がありました。

【ラーメン】

本日のお品書きは以下の通りです。しばらくは煮干しソバと日替わりの3種類のそばで営業されるとのことでした。

・煮干しソバ(750円)
・うつぼと貝の唐墨ソバ(750円)
・仏鷄白ソバ(850円)
・鴨肉3枚(250円)
・和えそば煮干油(200円)
・味付けうずらの卵(100円)

この日は、うつぼと貝の唐墨ソバと、鴨肉、うずらの卵を注文しました。うつぼをラーメンに使うというのは珍しいですね。

席に着いてから10分ほどでラーメン、鴨肉、うずらが到着。

ラーメンは、やや黄金色の透き通ったスープの上には焼豚、ねぎ、メンマがトッピングされていました。

スープは、最初に貝の旨味を感じた後、まるで動物系のようなうつぼの見た目からは想像できない上品な旨味を感じます。醤油は使っておらず、基本は塩味で、決して濃い味ではないのですが、じわじわと旨味が広がり、奥行きがある美味しさです。

麺は、細めのストレート麺で、パツンとした食感で歯切れがよく、小麦の優しい味わいを感じるような仕上がりです。麺が主張しすぎないため、旨味があるあっさりした塩系のスープによくマッチしていました。

トッピングの焼豚は、薄切りで低温調理のレアな仕上がりで、ねっとりとした食感と肉の旨味を堪能できました。メンマはサクサクした食感が楽しめ、ネギはシャキシャキで甘みがあり美味しかったです。

別皿の鴨肉は、赤身が美しいレアな仕上がりで、一口食べると、肉汁がジュワッと出てきて肉の旨味が口いっぱいに広がります。また、バルサミコ酢のソースの酸味が肉の旨味とあいまって、ふくよかな味わいでした。専門店にも劣らない味を250円で堪能できるのは破格のコスパだと思います。
うずらの卵は、出汁と醤油がよく染み込んでおり、お酒が飲みたくなるおつまみでした。

追加で、和えそばを注文。注文してから2分ほどで到着しました。
煮干し油の香りが心地よく、ラーメンの麺とは打って変わって、まるでパスタのようなアルデンテな茹で上がりで、コシがあって食べ応えがあります。煮干しの旨味を口いっぱいに味わえるため、煮干し好きには必食ですね。

唯一残念だったのは、先崎さんでは珍しく、なぜかスープが温かった点ですね。まだ、オープンしたてなので、次に期待です。

ご馳走さまでした。また、来店します。
▲ページトップ

中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 外観写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - メニュー写真: 中華そば 先崎 - 外観写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - 料理写真: 中華そば 先崎 - ドリンク写真: 中華そば 先崎 - メニュー写真: 中華そば 先崎 - 外観写真:
⇒もっと見る

中華そば 先崎の口コミをもっと見る(25件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.2
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.5
昼:サービス  :〓〓〓==3.5
昼:雰囲気 :〓〓〓==3.7
昼:CP   :〓〓〓〓4.2
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



てつ925さんの他のお店の口コミ
Ghar (肥後橋、本町、淀屋橋/カレーライス、インド料理、インドカレー)
想像を超えたベジラムキーマの魅力
★★★☆3.9
 2019/12

refill (本町、肥後橋、淀屋橋/コーヒー専門店、カフェ、喫茶店)
肥後橋にてこだわりの珈琲
★★★☆3.7
 2019/12

Gion Duck Noodles (祇園四条、三条京阪、東山/ラーメン、つけ麺)
こだわりの鴨が織りなす洗練されたラーメン
★★★☆3.8
 2019/12

てつ925さんの口コミ一覧を見る(933件)


中華そば 先崎のその他の口コミ
地鶏と貝と唐墨そば
かつての山いも(137)
★★★★☆4.5
 2019/12

茨城プチ遠征vol.3 既成概念に捉われない創作意欲に満ち溢れた一杯に感動❤️
我武者羅ダディ(1537)
★★★★4.4
 2019/10

新しい出会いを求めて…
take-食い道楽(166)
★★★★☆4.8
★★★★☆4.8
 2019/11

⇒もっと見る(25件)
▲ページトップ



水戸のラーメンランキングをみる


口コミ(25)写真メニュー
評価店舗情報地図


中華そば 先崎トップ
食べログトップ
食べログ > 茨城 > 水戸・笠間 > 水戸 > 中華そば 先崎 > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.