がふうあん


伊丹(阪急)のラーメンランキングをみる

口コミ
◎濃厚スタニラ【がふうあん@兵庫県伊丹市・阪急伊丹】
Tamagooo(955) [携帯電話番号認証済]
2021/01最終訪問
★★★★☆4.9
★★★★☆4.8
(詳しい評価)

2021/01訪問
2021-2杯目
◎濃厚スタニラ
@がふうあん
〒兵庫県伊丹市西台2-1-11
最寄り駅:阪急伊丹駅 ~徒歩5分
--------------------------------------------------------------
TP3.74(280件;+7.3件/月)兵庫県5伊丹市1
【2020/8頃TP3.74(258件;+4.3件/月)兵庫県5伊丹市1】
--------------------------------------------------------------
2021/1 平日昼 3ヶ月ぶり36回目訪問 38杯目

スタニラ食いて~
がふうあんのスタニラ食いて~
食いたいけどどうにもスケジュール合わんがな~
と思い続けて1ヶ月経過
この日も麺活デイなのに第一火曜やからがふうあんは休みやな~
ちゅうことで東へ旅立っていたが、
電車内でがふうあんの『今日の限定』tweetが
なぬ~?
回れ右して1130、開店30分前に到着し、待ち2人目に接続
1145、通常より15分早くオープン、素敵
厨房には早川店主もおられ、三人のフルラインナップ
アケオメコっす~(^^)/

発注リスト
・濃厚スタニラ¥950
・まぜ玉(肉無し・ニラ背脂乗せ)¥250
・白ごはん(小)¥100
<合計¥1300>

親交の深い東京・すず喜さんに伝授された清湯スタミナニララーメンが”ニラスタそば”
それの鶏白湯ベースにアレンジしたバージョンが”濃厚ニラスタ”
この日は両方メニューにスタンバイ
どちらにすべきか激しく悩み、食券買う順番が来て
早川店主らに新年あいさつしつつ
「通常か濃厚、どっちにしようかめちゃ悩んでるんすよ~」と相談すると
『濃厚は今後続けるか不明』とのことだったので濃厚をポチリ
ライスダイブ必至品と見込みごはんもポチリ
まぜ玉は当初予定外で後から現金払いで追加

◎濃厚スタニラ

生ニラ&生ニンニク&生卵&背脂でスタミナ満点
少し前に名古屋で台湾ラーメンも研究されてて、
見た目は台湾ラーメンwith台湾まぜそば風卵
我風台湾ラーメンと言いたいが、
「卵入り」「辛さ控えめ」「ミンチでなく背脂」この3点で大きくことなり所謂”台湾ラーメン”とは似て非なる

がふうあんの鶏濃=ちらん鶏白湯はもはや折り紙付き
濃厚クリーミーな鶏の旨味と、ワイルドパンチで旨くないはずがない
背脂は二郎みたいに粒のでかいブヨブヨ油で超ワイルド!
自家製の麵は約1.5x2mm断面の加水低めのストレート細麺
旨すぎ~♡
具材として甘旨な豚バラチャーシューが入ってるのも嬉しい
スープを吸った背脂をごはんに乗せたり♡

麺終わってもスープ量は「ごはん入れるにゃ早すぎる」
も少し麺で楽しみたい
この日は専用肉具が切れてることでまぜ玉はなかったが
『肉無しで良かったら作りますよ』『背脂・ニラ入れときましょっか?』と逆提案があり本品専用まぜ玉発動
これはこれで”スタニラまぜ玉”になっててこのまま完食してしまいたくなる旨さ!
これをつけ麺からのぶっかけラーメンからのライスダイブで中毒性鬼増しフィニッシュ♪
終盤になるとヒジョーに辛くしたい欲が湧くが、そんなカスタマイズは非対応
その一点が惜しい(涙)
これががふうあんパンチメニューの泣き所なんよね~
-------------------------------------------------------------------
まとめ
訪問回数:夜22昼15
食数:夜22昼17

【支出】
夜:850+800+750+1450+1500+1700+1550+850+1200+1000
+1550+1150+1050+1650+1320+900+900+1400+1650+1500
+1600+900=27250, 27250/22=1239
昼:1150+1150+900+850+1900+800+1100+1000+1000+800
+1800+1550+1850+900+1300=18,050, 18,050/15=1203

【TP】
夜:4.5+4.5+4.5+4.5+4.0+5.0+4.0+5.0+5.0+5.0
+5.0+4.5+4.5+4.5+4.5+5.0+4.5+4.5+4.0+4.5
+5.0+4.5=101.0, 101.0/22=4.59
昼:4.5+5.0+4.0+4.0+5.0+5.0+5.0+4.5+5.0+5.0
+4.0+3.5+4.0+4.0+5.0+5.0+4.0=76.5, 76.5/17=4.50

【食ったもん】
☆4.5 鶏と白菜の塩つけ麺(2013/9夜)
☆4.5 海老と鶏の汁なしそば(2013/12夜)
☆4.5 朝じめ鶏のこく塩ラーメン(2013/12夜)
☆4.5 鶏白湯(2014/3夜)
☆4.5 つけ麺THEニボシブラック(2015/2昼)
☆4.0 舞茸とせせりの醤油つけ麺(2015/4夜)
☆5.0 ホタルイカの煮干し醤油つけ麺(2015/4昼)
☆4.0 我風ブラック(2015/5昼)
☆4.0 大葉と梅の冷しラーメン(2015/6昼)
☆5.0 鱧のラーメン(2015/7昼)
☆5.0 鮭のラーメン(2015/7昼)
☆5.0 秋刀魚塩(2015/9昼)
☆5.0 鶏と白菜の塩つけ麺(2015/10夜)
☆4.5 ひいらぎ煮干の塩ラーメン+ペペロンチーノ和え玉(2015/11昼)
☆4.0 淡麗煮干そば+エビ和え玉(2015/12夜)
☆5.0 狂ニボ+和え玉鴨増し(2015/12夜)
☆5.0 鬼鯖+和え玉イベリコ増し(2016/1昼)
☆5.0 あんこうのつけ麺・鶏チャーシュー増し(2016/1夜)
☆5.0 我風ブラック[鶏肉清湯魚介レスVer.]+ポルチーニ和え玉(2016/2夜)
☆5.0 鶏のこく塩ラーメン+まぜ玉・鶏の素Ver.(2016/3昼)
☆4.0 冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5昼)
☆5.0 雲丹とボッタルガの油そば[いちふうろんコラボ限定](2016/8夜)
☆4.5 light煮干白湯泡仕立て(2016/10夜)
☆4.5 烏賊煮干+まぜ玉(2016/12夜)
☆4.5 冷し水戸そば(2017/4夜)
☆4.5 鯖と煮干の冷しラーメン+冷しまぜ玉+冷しまぜ玉(醤油)(2017/6夜)
☆5.0 トリヤムクン(2017/9夜)
☆4.5 ニボシブラック(2017/9夜)
☆4.5 鶏煮込みの中華そば(2017/11夜)
☆4.0 我風ブラック(2018/2夜)
☆3.5 煮干の冷やし細つけ(2018/8昼)
☆4.0 グリーンカレーまぜそば(2018/8昼)
☆4.5 我風流燕三条ラーメン(2018/9夜)
☆4.0 鶏のこく塩らーめん(2018/10昼)
☆5.0 LOVE羅臼(2019/4夜)
☆5.0 蕃茄の雫(2019/7昼)
☆4.5 削りさわらの塩ラーメン(2020/5夜)
☆5.0 さつま知覧どりの冷し白湯(2020/8昼)
☆4.0 濃厚スタニラ(2021/1昼)

【訪問時ランキングチェック】
2013/12 TP3.97全国47兵庫県2伊丹市1
2014/3 TP3.67兵庫県5伊丹市1
2015/2 TP3.74兵庫県6伊丹市1
2015/7 TP3.73兵庫県9伊丹市1
2015/10 TP3.71兵庫県7伊丹市1
2016/10 TP3.71兵庫県6伊丹市1
2016/12 TP3.73(110件)兵庫県5伊丹市1
2017/4 TP3.70(123件;3.3件/月)兵庫県5伊丹市1
2017/6 TP3.74(125件;1.0件/月)全国92兵庫県5伊丹市1
2017/11 TP3.71(143件;3.6件/月)兵庫県5伊丹市1
2018/2 TP3.72(159件;5.3件/月)兵庫県5伊丹市1
2018/8 TP3.71(185件;4.3件/月)兵庫県6伊丹市1
2018/10 TP3.70(190件;4.0件/月)兵庫県5伊丹市1
2019/4 TP3.66(211件;3.5件/月)兵庫県6伊丹市1
2019/7 TP3.82(219件;2.7件/月)全国79兵庫県3伊丹市1
2020/5 TP3.74(245件;+2.5件/月)兵庫県5伊丹市1
2020/8 TP3.74(258件;+4.3件/月)兵庫県5伊丹市1
2021/1 TP3.74(280件;+7.3件/月)兵庫県5伊丹市1

★★★★☆4.8
2020/08訪問
2020-139杯目(8月21杯目)
⭐さつま知覧どりの冷し白湯
@がふうあん
〒兵庫県伊丹市西台2-1-11
阪急伊丹駅 5分
--------------------------------------------------------------
TP3.74(258件;+4.3件/月)兵庫県5伊丹市1
【2020/5頃TP3.74(245件;+2.5件/月)兵庫県5伊丹市1】
--------------------------------------------------------------
2020/8 日曜昼 3ヶ月ぶり35回目訪問 37杯目

1230到着し外待ち約20人目
1310頃ようやく入店

⭐さつま知覧どりの冷し白湯¥900

まっ白な鶏白湯に艶やかなオレンジの鶏油が浮かんだこの姿は、マンゴーソースかかったパンナコッタみたい
衝撃の凝固しない動物白湯!
早川弟ことタカボウ君がやってくれました!
『やってみたらできた』『知覧どりだから』な偶然の産物とのことだが、
常識に捕らわれない試みが常識を覆す瞬間!

乳製品は一切不使用でとろとろまったり♪
味わいは焼き鳥そのもので
まるで"トロトロの焼鳥"!
ゲ・キ・ウ・マ~\(^o^)/
この温度帯ならではの甘味も炸裂してる
と勝手に解釈
自家製の麺は約1.5mm□断面のストレート細麺
冷やしでも小麦感に不足なく、激鶏スープを引き上げ小麦とマリアージュさせる
具材は、鶏胸レアチャーシュー、味玉半個、ナルト、青ネギ、刻み玉ねぎ
刻み玉ねぎとスープの相性たまりまへんわ~

これベースに色んな展開を妄想してしまう~!
つけ麺・・担々・・冷やしトムヤム・・じゅるり・・

★★★★☆4.9
2020/05訪問
2020-66杯目(5月1杯目)
⭐削りさわらの塩ラーメン
@がふうあん
〒兵庫県伊丹市西台2-1-11
最寄り駅:阪急伊丹駅 ~徒歩5分
--------------------------------------------------------------
TP3.74(245件;+2.5件/月)兵庫県5伊丹市1
【2019/7頃TP3.82(219件)全国79兵庫県3伊丹市1】
--------------------------------------------------------------
2020/5 平日夜 10.5ヶ月ぶり34回目訪問 36杯目

緊急事態宣言解除により、
我が家で一切自粛の対象としてた外食を解禁
久しぶりの麺活、一応市を跨がずに再開
再開時はここに決めてました、がふうあんさん!

18時過ぎ到着し、先客4名
スタッフは早川弟さんと、もう一人男性スタッフさん
早川店主はご不在
世間話も不要な会話?
考え出すとなかなか会話切り出せないが、
普通にいつも通りの世間話がそのうち自然に始まった
そこまで神経質にならなくても良いのかな?

⭐削りさわらの塩ラーメン¥900

ほんのり節の香はまさしく鰆!
低温化と共に深まる鶏コクの旨味♪
切り刃を一回り大きくされた自家製麺は約1.5x2.5mm断面の粗に淡い色合いの全粒粉が散りばめられた多加水平打ちストレート細麺
以前より小麦風味が増した感あって啜り時に絶妙な塩梅!
具材は、削り鰆節、鶏胸レアチャーシュー、豚バラチャーシュー、ナルト、刻み玉ねぎ、メンマ
細かくカットされた玉ねぎのアクセントも素敵♪
通常は、『序盤で魚介が香り低温化と共に動物が・・』な変化を遂げるところだが、
動物と同時に魚介の旨味も更に強まり深みすご!

久々の店舗でいただく生ラーメンはやはり最高!
生きてて良かった~

★★★★☆4.8
2019/07訪問
2019-150杯目(7月6杯目)
☆蕃茄の雫
がふうあん
【兵庫県伊丹市西台・阪急伊丹】
-----------------------------------------------
TP3.82(219件;+2.7件/月)全国79兵庫県3伊丹市1
(2019/4 TP3.66(211件)兵庫県6伊丹市1)
-----------------------------------------------
2019/7 土曜昼 3ヶ月ぶり33回目訪問 35杯目

がふうあん初夏の風物詩となった人気限定
“蕃茄の雫”
糖度の高いマルタトマト(伊丹産)を使用
収穫時期もかなり限られ、1~2ヶ月間のみの提供
確か昨年は台風でトマトがやられシーズン終了
出張族のワシは伊丹市民でありながらタイミング合わず食べ損ね、今年こそ!と思いつつ
提供タイミングは仕事やら出張やら・・
今年もダメかと諦めかかってたが、
土曜昼提供キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この日は通常より1時間早い11時開店
0855、2時間5分前に到着し並び8人目
前にいたのはたかやんさん
楽しくお話させていただき待ち時間あっちゅー間(笑)
この日の“蕃茄の雫”は20食限定のアナウンスだったが、実のところ24食までとれた模様
開店40分前ぐらいに並びが24に達し完売

1045、予定より15分早く開店
ワシゃちょうど一巡目に入り損ね二巡目の一人目
11時入店

発注リスト
・COEDO KYARA¥600
・蕃茄の雫¥1000
・まぜ玉¥250(後から現金で追加)
<合計¥1850>

ここ来るとついついCOEDOを頼んでしまう
ほろ苦い大人のビールぐび~♪

☆蕃茄の雫

とうとう念願の一杯が着丼
スライスされたマルタトマトが冷製秋刀魚出汁の表層に敷き詰められ、
中央に4種チーズからなるクリームとネギ
食べるの勿体ないビジュアル✨

糖度の高いマルタトマトに秋刀魚出汁、
それがほんまにそんなに旨いの?と
実は半分疑いを持ってたのだが・・めーっちゃ旨い!ヽ(^◇^*)/
秋刀魚と少量ながら入ったネギが、洋への傾きに釘をさしラーメン感をピン留め
自家製の麺は約1x1.5mm断面の全粒粉入り多加水極細ストレート麺
蕎麦っぼさと透明感ある麺がこれまた和へ軸を傾けつつ、束がスープを抱き込み口への太い流れを作る
チーズが徐々に溶けこみ白湯チックにまったり化していく
後半はトマトをずくずくにつぶし秋刀魚&チーズと完全一体化
麺食べ終えると、稀有な極上スープがたっぷり残存したのでたまらずまぜ玉追加

こちらは鶏胸レアチャーシューのブロックとネギが乗り、ほんのり煮干と鶏油の味付けかな
麺は約1x1.5mm断面で先と同様だが、温だとまた違う味わい
よく混ぜてから・・と言われたが、細い麺は絡まりあって一塊になり、
ほぐそうとすると器が小さ過ぎて具材がこぼれる&下にたまる
ということで混ぜれないのでもうそのままいただくことに
何口かそのまま食べ、あとは殆ど秋刀魚トマトチーズ冷製スープでつけ麺
ヒヤアツでいただくとこれまた新たな顔が現れる
スープと一緒にレンゲに乗せていただくお肉も格別
最後はぶっかけでいただき完食

★★★★☆4.9
2019/04訪問
2019-83杯目(4月13杯目)
☆LOVE羅臼
がふうあん
【兵庫県伊丹市西台・阪急伊丹】
-----------------------------------------------
TP3.66(211件;+3.5件/月)兵庫県6伊丹市1
(2018/10 TP3.70(190件)兵庫県5伊丹市1)
-----------------------------------------------
2019/4 平日夜 半年ぶり32回目訪問、34杯目
★ミッドナイト我風庵

塚口での吞み会が終わり、さて帰るか~
帰りの伊丹線に乗り込んだ瞬間思い出した
「あ、今日ミッドナイトやってるやん!いこーっと」
がふうあんが不定期に開催する深夜限定営業の"ミッドナイト我風庵"
外待ち15人ぐらいに接続
ちょい前にAKS氏がおられた♪
0時半頃ようやく入店

発券リスト
・COEDO Kyara¥600
☆LOVE羅臼¥1000
<合計¥1600>

とりあえずはコエドをいただき一人三次会、ぐび~♪

中央に鶏胸レアチャーシューとネギのみを配したシンプルで
凛とした外観、美しい✨

早川店主が北海道まで出向いて生産者と向き合い選び抜いた羅臼昆布
更に研ぎ澄ました羅臼昆布出汁100%スープ
合わせるは対極の鹿児島からのさつま知覧どりの鶏油と生揚げの主張する醤油ダレ
自家製の細麺は柔らかめ茹で加減で、スープを吸ったかのような一体感
初動はさっぱりし過ぎて味薄めに感じるも、
啜れば啜るほどグイグイ旨味が指数関数的に膨らむ!
旨み相乗効果のブースト!
ななななんじゃこりゃ~!すげー!\(^o^)/
大きい鶏胸レアチャーはさっぱりしつつもブリンブリン弾力備わり食べ応え充分で強烈なアクセント
お代わりしちゃおうか激しく悩んだが、
よくよく考えると、またゼロから(旨味成分どうしの反応前から)のスタートになることに気付き取りやめ
いやしかし、激ウマっした~♪



★★★★☆4.8
2018/10訪問
2018/10 土曜昼 半月ぶり31回目訪問、33杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.70(190件)兵庫県5伊丹市1
 1.5ヶ月前より+2件(増速4.0件/月)

娘のバレー大会応援の合間に伊丹麺活
1350到着し外待ちなく入店
早川店主は東京へ出張中で、弟さん&お弟子さんのお二人オペレーション

発券リスト
・COEDO 伽羅 -Kyara-¥600
・鶏チャーシュー¥200
・鶏のこく塩らーめん¥750
<合計¥1550>

大会会場へはバス移動やし、呑んでま~す♪
コエドぐび~♪
アテにした鶏レアチャーシュー旨し

なんか限定もあったが特に惹かれずスルー
そんなことより、以前いただいてから2年半経つ看板メニューを久しぶりにいただきたい
この間に水も変え、麺も変えられてる

◎鶏のこく塩らーめん

以前より魚介、特に鰹が強く押し出された感あり
より上品に感じられるが、鶏のこくが完全に主役をうばわれてしまった
前の方が断然に好みやったな・・

自家製の麺は約1x1.5mm□断面のストレート麺
香ばしい低加水の風味と透き通る多加水の風味が共存するタイプでこれスバラ♪
少し前に『レギュラーメニューの麺は長め茹での柔らかめにする』と宣言されてた気もするが、
さほど柔らかさは感じなかったが、スープとの一体感はしっかり♪

具材は、豚バラチャーシュー、鶏胸レアチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ
がふうあんで豚バラチャーシューは珍しい気もするが、
ワイルドな豚バラと上品な鶏胸のコントラストがナイス



★★★★☆4.9
2018/09訪問
2018/9 平日夜 1ヶ月ぶり30回目訪問、32杯目
★ミッドナイト我風庵(深夜の限定営業)

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.70(188件)兵庫県5伊丹市1
 1ヶ月前よりTP0.01down兵庫県1up、+3件(増速3件/月)

この日は23時より、深夜限定営業の“ミッドナイト我風庵”開催
1時間前ぐらいに行こうと思ってたのに、
時間つぶしに入ったこまちん家の居心地があまりに良くって少々遅延
2220、開店40分前に到着、開店待ち約20人目
げげげ、どんだけー?!
翌日が娘の運動会なので、ポールでいただき電車あるうちに帰るつもりだったのに
・・こりゃタクシーやな(´д`)
(結局タクシー捕まえられず徒歩で帰った・・)
待ってる間は、麺友さんや、初めてお会いするフォロワーさんとお喋りして楽しく過ごせた
23時に開店し、ワシの入店は2345
ちょうどワシが食券買うタイミングで、
チャーシュー品薄のためDX(チャーシューやら味玉増し)は完売の誤情報が流れたので
通常版の食券を購入
当然アテのチャー盛も無理やろけど、ビールは呑むでー

発券リスト
☆我風流燕三条ラーメン[鬼脂]¥900
・COEDO-伽羅-¥600
<合計¥1500>

---特設コラム・燕三条ラーメンとわたし---
この日のスペシャルメニューは複数ある新潟ご当地ラーメンのうちの一つ、燕三条ラーメン
煮干し清湯スープ、ぶりぶり太麺、大量背脂が定義と認識している
大阪では高槻の八海山が有名
燕三条ラーメンは注文時に背脂量を指定でき、
そのお店の背脂Max仕様は“鬼脂/鬼油(おにあぶら)”と呼ばれる
ワシに関しては、八海山では『忙しいときは無理』と鬼脂を断られノーマルをいただき、
燕三条市に本店を置くラーメン潤の東京・蒲田支店で鬼油をいただいた
その時の背脂チャッチャッチャッチャ動画はなんとインスタ♡7000超!
なんやかんや言うて肝心な新潟ではまだ食べたことがない
---コラム以上---

着席すると、なんと厨房内には麺友のはずのホンボさん!
夜だけの助っ人契約らしい(^o^) 食券渡しつつ早川店主に「鬼脂できます?」と聞くと、『Tamagoooさんのラーメン写真でしか知らんけどやってみます!』と快諾ヽ(^◇^*)/
早川さんとは遠いところおったから残念ながらチャッチャッチャッチャ動画は撮れなかった

とりあえずはCOEDO君復活おめでとう♪
ぐび~♪
大量背脂の鬼脂降臨
まずは背脂を避け気味にスープをすくい啜ると、
動物を下支えに厚みを持たされた煮干の旨味・香ばしさが感じられる絶品スープ
大量に入った背脂が流入すると、コクのある甘味が加わり厚みは更に分厚く、激ワイルド!

ここは正に早川店主の煮干使いの腕に期待した点
こんだけワイルドになっても、凛と立つ鋭い煮干の旨味!
この味こそ正に唯一無二の我風流燕三条!ヽ(^◇^*)/
旨すぎっしょ!!!
細麺か太麺のどちらかで悩んだ末選択された自家製麺は約2x4mm断面の加水低げなぶりぶり平打ち太麺
縮れがなかったのが若干寂しく感じたが、
豊満な小麦感でワイルドスープを上品に迎え撃ちつつも、ぶりぶり食感はワイルド!
煮干の旨味=上品/背脂=ワイルド
小麦感=上品/食感=ワイルド
このワイルドに攻めつつ余韻を上品にもっていくコントラストがたまらない!
そうよなぁ、早川さんのラーメンて、どんなやんちゃな限定でもこのコントラストが存在するんよ!
今頃気付いたか!て話やけど
ほんまこの方が何故か伊丹に舞い降りてくれて良かったよ~

具材は、バラチャーシュー、メンマ、海苔、刻み玉ねぎ
バラチャーシューは肉々しくワイルドを加速
海苔もまた燕三条スープには欠かせぬアイテム
煮干+背脂に海苔風味がめっちゃ合う
玉ねぎは甘辛ニガの三軸で振るアクセントを与えてくれ、最後まで飽きさせない
このアクセントと上記コントラストをランダムゆらぎが最後まで楽しく、
あの大量背脂を完食完飲
めっちゃくっちゃ旨かった~!
しかし、年甲斐もなくあんな濃厚なのを完食してしまうと、体へのダメージも半端なかった
タクシー捕まえられず30分歩いてた際中は「はやくトイレ~」でやばかったー(´д`)
家に爆音が響い・・(以下自粛)

★★★★☆4.8
2018/08訪問
2018/8 日曜昼 半年ぶり29回目訪問、30&31杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.71(185件)兵庫県6伊丹市1
 半年前よりTP0.01兵庫県1down、+26件(増速4.3件/月)
 2年ぶりの兵庫トップ5陥落( ノД`)

1110、開店50分前に到着し、PPゲット
とりあえず早川さんにご挨拶
後ろに並びが来る前に、噂のおくらの花鑑賞会(見る・食す)
花なのに食べてる味風味はおくらそのもので粘り気も
このエディブルフラワーはただ者ではない
同時に味見させてもらった葉っぱ“おかわかめ”は・・にっが~
この苦味が待ってる間口に残り正直キツかった(^_^;)

発券リスト
・煮干の冷やし細つけ¥800
・グリーンカレーまぜそば¥900
・小ライス
<合計¥1800>

まずは先に冷やしをいただき食欲増幅せよ

◎煮干の冷やし細つけ

この夏を通して出された冷やし限定メニュー
麺皿が個性的でおもしろい
ガラスのつけ汁の器もキュート
具材は麺側に鶏胸レアチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、獅子唐、レタス?、酢橘、縁に味変用の柚子胡椒、つけ汁内に、拍子切りの白ネギ
自家製の麺は約1.5x2mm断面のストレート麺

さっぱりしつつもやはりニボニボ♪
滑らかな麺肌でチュルンと吸い込み、喉奥にビシャンとぶち当たり冷やっこい感覚と小麦風味が星のように瞬く感覚、これぞ冷やしつけ麺の醍醐味♪

そのまま➡薬味ネギ投入➡酢橘搾り➡柚子胡椒投入と多段の味変を楽しめる
のだが・・
そもそも白ネギが入ってたとこへの白ネギ投入にやや疑問、最初は汁だけが良かったかな
柚子胡椒味変が個人的にどうにもニボニボと合ってると思えずここから失速
スープ割は、カウンター上のお冷や=逆浸透式純水(笑)
ということで、煮干の水割りだ~♪
これが人気みたいなんだが、柚子胡椒のせいかピンと来なかった

親しくさせていただいてる早川さん、すいません、ハードルあげあげやったので・・
血の涙を飲んでの正直なコメントですm(_ _)m

◎グリーンカレーまぜそば

この数日前の限定グリーンカレーラーメン
おくらの花なんて珍しく且つ美しい食材が使われてて、
あまりにフォトジェニックだったのでめちゃ食べたかったのに都合合わず食べれず(不純な動機だが)
残念がってたらそれのまぜそばVer.が登場
おくらの花もしっかり使われてるとのこと
フォトジェニックいえ~い♪

のはずだったが、置き方がフォトジェニックじゃな~い(>o<)
何故だ~!?というのは口から出さず
まあいいや、フォトジェニックは

具材は、ミンチ、獅子唐、パプリカ、茄子、微塵玉ねぎ、レタス、おくらの花、糸唐辛子
自家製の麺は約2x3mm断面の全粒粉練り込み多加水ストレート麺で、透明感ある小麦風味ともっちり感が素敵♪

混ぜて実食
肉味噌はしっかり麻と辣が主張し、
甘めねっとりグリーンカレーと見事な甘辛痺れバランスで肉々しい旨味を演出
終盤にパンチ増ししたくはなったが、卓上にそういったアイテムは無し
個人的にはコーレグースいれて~

最近は、米摂取減らすために、まぜそばでもタレと麺を同時に完食する極意を身に付けはしたが、
カレーではもうライスダイブ不可避!
辛さ増し出来なかった点以外は大満足(^o^)



★★★★☆4.9
2018/02訪問
2018/2 平日夜 3ヶ月ぶり28回目訪問、29杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.72(159件)兵庫県5伊丹市1
 3ヶ月前より+16件

ガラクタ跡地の新店(居酒屋)のプレオープンに、一人飲みをしに行くも、
なぬー、プレオープンが予約せな入れんの?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
う~ん、馬刺しサービスを逃した~とほほ
こんな時間に食いっぱぐれたらもう行くとこ一択・・
2110頃到着、外待ち無く食券を買って、カウンター席に着席
オペレーションは、早川弟さんと、ぼんち君と入れ替わりで入った男性の方、あと、ガラクタ店長だった?みやも君の3人体制
みやも君、とうとうラーメン作りだしましたか!
と思ったら、この数日後卒業式されとった(^^;

発注リスト
・瓶ビール¥550
・三種盛¥300
・我風ブラック¥800
<合計¥1650>

呑む気マンマンだったので、その流れでぐび~♪
三種盛は、鶏胸レアチャーシュー、味玉、メンマの三種
鶏胸レアチャーシューにバルサミコ酢ソースがかっこよくかけられ、フレンチみたいで美しい!
こんなセンスあったんや?
フレンチ出身の某枚方ラーメン屋思い出すがな♪
これがめっちゃくちゃ旨い!!!
味玉もメンマも秀逸

◎我風ブラック

約2年ぶりにいただく、看板メニュー"鶏のこく塩"を支える一品
鶏で厚みを持たせ奥行きある醤油ダレが魚介の風味を立たせ
トータルで絶妙バランス感!
個人的好みでは、以前の鶏押しの方が好みかな
されど上品さはアップした印象

自家製の麺は約1.5mm□断面の加水引くげなストレート麺
ノスタルジック系の小麦感が強く主張し、これまたスープとのバランスが最高♪
うんめ~!

具材は2種チャーシュー、メンマ、水菜、糸唐辛子、葱
チャーシューは低温調理の鶏胸レアチャーシューと、低温調理の豚肩ロースレアチャーシューの2種
鶏はシットリジューシーでさわやか♪
豚はまったりしつつこちらもさわやか♪
終盤に香り高い糸唐辛子がきいてきて♪
うまかった!

★★★★☆4.9
2017/11訪問
2017/11 土曜夜 2ヶ月ぶり27回目訪問、28杯目
★ミッドナイトがふうあん

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.71(143件)兵庫県5伊丹市1
 2ヶ月前よりTP0.01down、+4件

肉どうし+αの帰り
普通やったら閉店してるがふうあんが、
第二回目の深夜営業屋号“ミッドナイトがふうあん(23~25時)”開催中で、今宵は開いてるデ!!
自宅最寄りの稲野駅を華麗にスルーし伊丹まで♪
0時ジャスト到着
外待ち無し♪
中をのぞき込み、早川店主こんばんわ~
頑張ってまんな~(^_^)/
変態限定しか普段食べにこんからってえらいビックリされた
そんなことありまへんで~、多分
券売機で食券買って、カウンター中央付近に着席

発注リスト
・瓶ビール¥550
☆鶏煮込みの中華そば¥850
<合計¥1400>

肉どうし~α~の流れで、ついついビールも頼んでもうた
ぐび~♪

今宵のミッドナイトメニューは一本
こってり鶏白湯で、濃厚な鶏の旨味がガツンと!
優しく!それでいて強く!
そして後口をほんのり魚介が爽やかに彩る起承転結
ウンマ~い!ヽ(^◇^*)/
魚介のきかせ方エロいと突っ込んだら、スープではなく香味油が魚介だとか
なるほどなるほど~
いや~朝びき鶏ヲタクならではやわ~

自家製の麺は約1.5x2mm断面のストレート麺
低加水チックな香ばし系小麦感と多加水チックなモッチリ感同居のハイブリッド仕様
濃厚ふっくらな鶏の旨味と香ばしさが抜群の相性
めっさウッマ~ヽ(^◇^*)/

具材は豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏胸レアチャーシュー、メンマ、刻み玉葱、刻み水菜、黒胡椒などの粉(多分、もう忘れた)

Wレアチャーシューは安定の高品位
最近はどこでもこういったレアチャーシューが出てくるようになったが、
微妙なチューニングを経た繊細な味付けが、ジューシーな肉の旨味を理想的に彩り
トップクラスをしっかり維持してる
刻み玉葱のアクセントもまた非凡
トップクラスの鶏白湯を深夜にいただけ、し・あ・わ・せ♡

肉食いまくってからのラーメンの背徳感、家までは頑張って歩いて帰った(^_^;)


★★★★☆4.9
2017/09訪問
2017/9 土曜夜 1時間ぶり26回目訪問、27杯目
★ミッドナイトがふうあん9/2~10

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.72(139件)兵庫県5伊丹市1
 1時間前ょり人気不動

トリヤムクンをいただいて一度退店し再び並ぶ
これがだいたい0045頃で外待ち8人目
0020頃再入店
食券は先に購入済みだったので直接カウンター席へ

☆ニボシブラック¥900

エグミなくも香ばしい煮干がガツンと来て、
溜まり醤油のコクと甘味が深みを与えて、
これはまた新たなニボニボラーメン!
うまいわ~♪

麺は約1x1.5mmと先より若干細い断面の加水低げストレート麺
煮干スープとのマッチングは言うまでもなし

具材は、鶏胸と豚肩ロースの2種レアチャーシュー、焼き海苔、細切りメンマ、カイワレ、細切り玉ねぎ
何れも秀逸

煮干の旨味と溜まり醤油の甘味の部分が合わさり、あたかも烏賊も入ってる?
これ考え出すと烏賊に感じてならず、その中毒性にやられる
食後聞いてみたら入ってないとのことだったが(^_^;)
ニボニボ+甘味+コクでそう感じるもんやねんなぁ

一味違うニボニボ!
旨かった~(^o^)


★★★★☆4.9
2017/09訪問
2017/9 土曜夜 3ヶ月ぶり25回目訪問、26杯目
★ミッドナイトがふうあん9/2~10

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.72(139件)兵庫県5伊丹市1
 3ヶ月前よりTP0.02down、+14件

深夜0時オープンのミッドナイトがふうあん開催中(もう終わってます)
伊丹市民とてすぐにでも行きたいもんだが、
翌日に仕事ある日はキツいから行けるのは金土に限定される
ちょうどはぴたろ会がガラクタにて土曜開催された
今がチャンス♪
21時頃宴会を終え、カラオケでうまいこと間を埋め、
2315、開店45分前にymmtさん&NMNLくんと3人で到着
約20人の列に並ぶ
同じ境遇の方も多かろうと踏んでたからそない驚きはなかったが、
まあがふうあんファンの多いことよ♪
深夜0時の開店待ちで行列作ること自体凄い(^_^;)
歩道にあぐらかいて座って待ってたらいつしかzzz…
0時に開店し列が進んだ頃合に起こされ開店を知る

ワシの入店は0020
席は2人と離れ、入口側端席
メニューは、ニボシブラック、淡麗煮干そば、トリヤムクンの3種
ワシはニボシブラックとトリヤムクンの連食コースのつもりで食券2枚購入
ところが、この日は(いつも?)連食は禁止で2杯食べるなら並び直しとのこと
まあ徹夜カラオケも可能なぐらいこの夜はフリーなので了解(`∇´ゞ
ただ、どっちからいただきましょか?
答えはこちら

☆トリヤムクン¥900

そもそもトムヤンクン自体あまり好きちゃうので、
ラーメン屋がタイ料理風に寄せた限定やっても普段は見向きもしないのだが、
がふうあんの鶏白湯でやるなら話は別
鶏スープのマジシャンがいったいどう仕上げてくるのか?

金色に輝くスープに、鶏胸レアチャーシュー、折り畳まれた豚肩ロースレアチャーシュー、コネギを重ね、上に置いたスライスレモンは太陽サンサン
周囲には細切りメンマ(タケノコ?)と刻み玉ねぎが散りばめられる
美しい♪

スープはとろり濃厚な鶏白湯に、トムヤンクンばりの酸味と辛味が重ねられ、
鶏白湯のまったり感とそれを相殺するベクトルのさっぱり酸味の、正に千日戦争!
ナンジャコリャー!!
こってりでもありあっさりでもある!
いやどちらでもない?
自問自答してるうちに辛味の中毒性に侵されレンゲも箸も止まらん!

自家製の麺は約1x2mm断面の加水低げなストレート麺
主役はスープに譲るも小麦感が黒子として見事に働いてる!

2種レアチャーシューはしっとりジューシーな肉の旨味で、
この強烈なスープに対してはアクセント程度だが、これは必須
終盤レモン搾り酸味をブラスすると、鶏も辛味も更に強まり中毒性が加速
気づけば完食

旨かったの?
よく分からんままだが瞬殺・完食したことが物語ってる
これは凄い逸杯でしたヽ(^◇^*)/

連食禁止ゆえ、一度退店し再び並ぶのであった
ではまた後で(^O^)/

★★★★☆4.9
2017/06訪問
2017/6 平日夜 2ヶ月ぶり24回目訪問、25杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.74(125件)全国92兵庫県5伊丹市1
 2ヶ月前よりTP0.04up、+2件

熊本帰りに寄り道
20時過ぎ到着
店内のぞくと、早川弟さんにブンチくんのお二人オペ
こんばんは~(^_^)/
冷しの限定まだ残ってた♪

発注リスト
・鯖と煮干の冷しラーメン¥820
・まぜ玉¥250
・まぜ玉(醤油)¥250
<合計¥1320>

なんかめちゃ迫力ある丼
気難しい陶芸家が何個か叩き割った後に納得いって完成したようなオーラを感じる

ひんやり冷静清湯スープは、どこか蕎麦つゆテイストで煮干の旨味がしっかり
植物油と思われるオイルがたっぷりで、やや油っこいが、線の細い魚の旨味に厚みを与え食べ応えは充分

自家製の麺は2mm弱□のストレート麺
低温のため風味の立ちにくい冷しにおいても小麦感に不足はなく、しっかりしたコシと滑らかな麺肌で喉越しは絶妙♪
これこそ冷しの醍醐味や~(^o^)

具材は、2種チャーシュー、味玉半個、メンマ、カイワレ、白葱
チャーシューは、低温調理の豚肩ロースレアと低温調理鶏胸レアの2種
いつまでも火の入らないレアチャーシューは安心しておいとける(笑)
豚と鶏それぞれのジューシーな肉の旨味、冷しでは格別ですな♪
特に豚が素晴らしい
メンマの濃い味付けはアクセントになってええ感じ

なんとまぜ玉の冷し版があるとのことで発注
塩ダレ、細切りの鶏豚レアチャーシュー、カイワレ、白葱具材の汁なしまぜそば風の替玉
混ぜていただくと、鶏油?由来か、細切りチャーシューが全体に混ざり麺と絡む効果か、
動物のまったりした旨味が乗っかって、めっちゃ(゜д゜)ウマー
先のスープ残りでつけ麺すると、魚介に動物感が加わり、チュルンとヒンヤリ喉越し
口の中で魚介に動物が加わる感覚、これぞ正にアエツケの極意なりけり!
これめっちゃくちゃウメーーー!ヽ(^◇^*)/
最後はスープにドボンして正調替玉として投入しないとスープ余るのに、アエツケ状態で麺フィニッシュしてもた

なので、まぜ玉を更に追加発注、ウ~、食い過ぎ強要する罪な奴
『まぜ玉は同じでいいんすか?』
と聞くので、「はぇ?なんか色々あるの?」
『温もできますけど』
温?冷しスープに温麺・・合うんかそれ?中途半端な液温はちょっと危険な気もするが、
ヒヤアツ的に意外にいけるのかな・・と激しく悩んでると
『あ、さっきのは塩ダレですが、この冷しラーメンと同じ醤油ダレの冷しまぜ玉もできますよ』
お~、✨それいいやん!それいこうそれ!

という訳で、冷しまぜ玉の醤油Ver.着丼
正にタレのみ変わってあとは全く同じなのだが、肉具を固めてカイワレが差し込まれいきり立ちフルボッキ!
こちらのたれはやや蕎麦つゆっぽい味が新鮮
同じくほとんどアエツケで堪能したが、最後はきっちり全投入し完食

冷しラーメンだけの場合は、好みドストライクからはやや外れてたが、まぜ玉との相乗効果が絶品やった!


★★★★☆4.9
2017/04訪問
2017/4 平日夜 4ヶ月ぶり23回目訪問、24杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.70(123件)兵庫県5伊丹市1
 4ヶ月前よりTP0.03down、+13件

先週に続き月曜昼過ぎからの福知山出張
福知山の勇ソミーズは昼営業のみなので時間合わず
他の候補店は定休日
帰路の篠山口の勇粉哲も定休日
なら仕方ない、三田麺活
先週は新三田の未訪問店2軒をせめた
今回は三田駅のじぇにーに久しぶりに行くか!
記録を見返すとなんと2年ぶり♪
メニュー増えてるかな~?とワクワク
久しぶりの縁結び通り~♪なんて思いながら突き進むと、
いきなり『今月の休み』貼り紙あって、この日直撃やん
( ̄0 ̄)ガーンorz
改めて帰路上のリカバリー店を調査した結果、結局自宅のある伊丹市内
福知山行った意味ね~~

まあ近所に安心して行ける店があるのがなんとありがたいことか、シミジミ実感しましたわ
2030到着し、外待ち無し
チラッと中を覗くとこの日は弟氏と男性もう一人の二人オペレーション
早川店主はガラクタだそうな
食券買ってるともう一人のコことブンチ君が話しかけてきて、
『Tamagoooさんこないだはどうもありがとうございました』
はぇ?!話すの初めてちゃう?誰かと間違えてないか?と思いキョドるワシ(瀧汗)
『こないだ、つーだいと二人で壱麺行った時に。だいぶ酔っ払ってはりましたから・・
「カラオケじゃ~!」って去っていきはりました』
ゲゲゲ、あん時退店頃の記憶が全くないんや(汗)
ラーメン食ってたのもスマホの写真見て翌日知った始末
そんな記憶ないラーメンのレビューも書けてしまう自分が怖いというのはトップシークレット(瀧汗)
何気にそういう時は麺の断面形状の描写が無いことは墓場に持っていかねばならない秘密(失禁)

でも確かにそう言われると、この顔としゃべったことあるような・・と本能的感覚(いつでも催眠術かかります)
ほえ~、そんな話してたんや~、と開き直り何喋ってたんか教えてもらう
神を名乗るお友達に言ってあげたいことあるよ~とクドクド・・あ、これ前も語った気がする(^_^;)

発注リスト
・瓶ビール¥550
・鶏チャーシュー別皿¥200
☆冷し水戸そば¥900
<合計¥1650>

少し寒い日だったせいか9食/日限定が残ってたヽ(^◇^*)/
久しく食べてないので、レギュラーのラーメンでも良いと思いながら来たが、
やはり残っててラッキー♪な限定をポチりしてもた
クソ福知山出張め・・三田め・・ってことで腹癒せのぐび~♪(笑)
勢いで鶏チャーも押してしもた
相変わらず旨いわ、がふうあんの鶏胸レアチャー♪
少し残しといて麺のトッピングにしようかとも考えたが、全部ビールのアテとして平らげてしもた

そして冷し水戸そばが着丼
平たく言うと納豆乗った汁なしまぜそば
横に生卵が添えられ、追い飯付

何故に納豆?
Twitterでは『納豆極める』発言まで出てるが、突然どないしたんやろ?
限定メニュー考案会みたいなんでとりあげられてカクカクシカジカ・・それって所謂ネタ切れ?
ではないことを祈ろう!

具材は、中央に納豆どっさり、周囲に2種チャーシュー、ネギ、鰹節(鶏節かも?)、青ネギ、メンマ

自家製の麺は約2.5x4mm断面のプリップリッモチモチな平打ちストレート太麺
小麦感も喉越しももうサイコー♪

タレは魚介醤油系
よ~く混ぜてグチャグチャにして実食

大枠でいうと、納豆ご飯の炭水化物を中華麺に置き換えた、納豆好きならまず間違いない味
しかし、ラーメン屋が命を削って作るタレって一般人からみたら極上醤油
そんなのかけた納豆、あり得んぐらい旨いに決まってるヽ(^◇^*)/
小麦感極上の自家製麺やジューシーな獣の旨味を放つ豚肩ロースレアチャーシュー、鶏胸レアチャーシューも入れば!
そこにはキング・オブ・納豆料理!ヽ(^◇^*)/

途中で生卵を入れまったりさすのは間違いのない味変
個人的にはここに辛みとしてコーレグースでも入れたら面白いのに・・とかマニアックな妄想

最後は追い飯いただきライスダイブ!
ペキカン納豆ご飯のできあがり~♪

さ~て、次はどんな水戸そばが出るんでしょうなぁ
これ以外は何やっても意表つくんちゃう?
何と合わせるんやろ・・食ったことない納豆料理を期待!
かなり楽しみだ!(ハードル上げ&焚き付け狙い(笑))


★★★★☆4.9
★★★★☆4.9
2016/12訪問
2016/12 平日夜 2ヶ月ぶり22回目訪問、23杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.73(110件)兵庫県5伊丹市1
 因みに全国102、惜しい!(笑)
 2ヶ月前よりTP0.02兵庫県1up

以前食べ損ねた限定が発動中
熊本帰りの寄り道麺活、到着は20時半
外待ち無し
店内をのぞくと早川店主は不在で弟さんと女性店員さんが店を切り盛り
外の限定表示はまだバッテンされてなく、恐る恐る聞いてみると、奇跡的にまだ残ってた、ヤッター(^o^)
券売機で食券を買い、裏から周りカウンターの一番奥の席へ
キャリーバッグ置き場に困ってたら、段ボール積み替えてスペース作ってくれた
そのため、女性店員ちゃんが出入りする時めっちゃ窮屈そうになったが、イヤな顔一つせず♪
こんなコがしっかり残ってくれたらいいよねぇ、早川さん(笑)

発注リスト
☆烏賊煮干¥800
・まぜ玉¥250
<合計¥1050>

恐らくしばらく出てなかった?
ワシの一杯の作成に入ると烏賊臭いエッチな臭いがプ~~ん♡

ほんで烏賊クサエロスな一杯が着丼
グレイなスープをいただくと、いかにぼっ!イカニボッ!!烏賊煮母ーーーっ!!!
烏賊と煮干がやんちゃに暴れつつ昆布等で上品に纏えあげる早川マジック♪
めーっちゃウメ~~~♪ヽ(^◇^*)/

自家製の麺は約1.5mm□断面の中細ストレート麺
低加水ぽい香ばしい小麦感とブリッとした食感がめちゃ合う!

具材は豚肩ロースレアチャーシュー、鶏胸レアチャーシュー、材木メンマ、紫玉葱、ネギ
一時やめてた豚レアチャーシューは完全復活?
風味あってジューシーな肉の旨味たまらん♪
鶏胸もしかり
材木メンマはがふうあんでは珍しい?
こちらも上品な風味

麺を終えたらがふうあんでは外せないまぜ玉を

今回のは、短冊カットの豚レアチャーシューがてっぺんに並ぶのが印象的
それと紫玉葱、ネギの具材・・と思ったら中から隠れ味玉登場(^o^)
煮干醤油なタレが既に和えられててそのままおいしくいただける
これをつけ麺して、最後は烏賊煮干スープへダイブ!
ンマカッターーー!ヽ(^◇^*)/

-------------------------------------------------------------------
2016/10 平日夜 2ヶ月ぶり21回目訪問、22杯目

伊丹出社の晩飯は、Twitterで告知された日替わり限定に惹かれてがふうあんへ
20時頃まであるとのことでのんびり移動し19時到着
珍しく待ち無し!ということで久々に店舗写真パシャリ
と思ったらちょうど満席で外で待つこと数分
いっちゃん奥席に着席(隣の人の汗臭さがすご過ぎ(-_-;))
店主ご兄弟に、一人アルバイトニューカマー!
二号店のキーマンとなるか?!

発注リスト
☆light煮干白湯泡仕立て(玉子有り)¥900
・まぜ玉¥250
<合計¥1150>

何を血迷ったか?煮干+ブレンダー泡白湯
この初めて聞く組み合わせは何としてでもいただきたい!
見た目あっぱれ屋な泡々スープをいただくと、高めに設定された塩気と泡のもたらすふんわり感がまるで天然塩!な独特の初動
それが数口続くと、塩気に舌慣れしたところで、煮干エキスを吸収した鶏白湯(煮干+鶏白湯のWスープとは異なる点に注意)の中毒性がゴゴゴ~!
ふんわり塩気からそのまま中毒性に垂直立ち上げ
ウンメ~!ヽ(^◇^*)/
ニボ度は、そりゃ伊吹やら而今限定のようなど変態喜ばすもんと比べたら確かにlightかも知れんが、一般的には充分苦い(笑)
しかし、こんな中毒性あるニボ度なのに、全体としては上品な味わいに落ち着かせるのも、がふうあんならではよなぁ・・シミジミ

麺は約2mm□断面の全粒粉のツブツブの浮かぶストレート麺
低下水のような香ばしい小麦風味と多加水のような透き通る小麦風味を併せ持ち、
低下水のようなパツンとした歯応えと多加水のようなしなやかさを併せ持ち、一体どっちゃねーん、どっちでもええわ
麺旨すぎ!
(この表現どっかで見たな・・(^_^;))

もうレンゲも啜りも止まらない!
啜らざるを得んヽ(^◇^*)/

具材は、チャーシュー、味玉、メンマ、白ネギ、青ネギ
チャーシューは豚肩ロースのレアと、鶏胸レア
だいぶ前に『や~めた』言うてた豚肩ロースレア復活してるや~ん
鶏も豚も、がふうあんレアチャーはほんまレベル高い!
細くきられたメンマ出てきた時は「お前おったんか」ちゅう感じ
甘味ある濃い味付けでジャンキーな味わい
ちっさいが、口に入ると存在感あっておもろい

完麺したら次はまぜ玉
今回はニボニボVer.
麺は同一で、鶏胸レアチャーのブロック、白ネギ、青ネギ、酢橘の装い
煮干醤油ダレは甘味が凡庸さに偏る一歩手前で抑えられ、まぜてそれだけいただいても絶妙な塩梅
つけ麺して、最後は全投入し、3段階を堪能♪

lightだろうが何だろうが、何作っても極上に仕上げる早川店主
伊丹の誇り♪
-------------------------------------------------------------------
2016/8 平日夜 2.5ヶ月ぶり20回目訪問、21杯目
★いちにぃさん×がふうあん×たんろんの3店コラボ“いちふうろん”、50食限定
★らぁ祭2軒目

コラボやるってんで、熊本行き予定を翌日に変更(いいのかそれで?)
17時ダッシュでなんとか1740、開店20分前に到着し、外待ち約20人目
と思ったら先頭にいる麺友さんらがゾロゾロ後ろに
なになに?もう食べ終わった?
なんと1730に開店したらしい
食券を買い入店したのは1810、回転率約1.5分/人
奥から入って一番奥の末席に着席

発注リスト
・雲丹とボッタルガの油そば¥1000
・ビール(中瓶)¥550
<合計¥1550>

ついついぐびー♪
うめーなおい~うぃ~♪

目の前にはなんか怪しい皿が並ぶ
アテにおひとつパクン(ウソ)

☆雲丹とボッタルガの油そば

本体と別皿具材&別皿味変アイテムの3点セット
別皿具材は、豚肩ロースレアチャーシュー、鶏胸レアチャーシュー、アーリーレッドスライス、白葱、水菜、紫蘇の花
味変アイテムはなんとトマトのバルサミコ酢漬け
ぬぉ~!バルサミコ!大好き♪
ラーメン界であまり目にしないのを憂いておったのじゃ

『タマゴーさん、説明しなくても食べ方分かりますよね?』
そんなでかい声でHN呼ぶなよ~、恥ずかしいなぁ(^_^;)
「好きな風に食え、でしょ?」(^o^)

雲丹が鎮座し、粉状のボッタルガ(イタリアのからすみ、Wikipediaによると地中海ボラやマグロ卵巣の塩漬け)がふりかけられた本体

ゆめちから+ライ麦の特製麺は約1.5x4mm断面の多加水平打ちストレート麺
パスタの一種でありそうな食感にノスタルジックに感じる小麦風味がオモロウマ♪これがふうあん製??
こんな麺初めてちゃう?
透明なタレは、オリーブオイル+バター+雲丹+ガーリックとのこと、
雲丹の風味がしっかり効いてて、雲丹が具だけでないのが喜ばしい

天地返しを57回繰り返し実食
全体を雲丹が支配しつつも、主張はし過ぎずオリーブオイルとボッタルガの上品な塩気が見事にマッチして、めちゃくちゃウンマ~い!
これはもはや完全なるイタリアン

途中で具皿から肉以外の薬味成分を移すと、和にも捉えられる爽やかな風味が加わり、お~、この味変は良い!
最後にバルサミコ酢に浸かったトマトを酢ごとダイブ
若干和側に振れてたのが完全たる洋に
バルサミコ+雲丹のコンビネーションは初体験
バルサミコ吸い込んだトマトも激ウマ!
これはヤバい!めっちゃくちゃ旨い♪ヽ(^◇^*)/

普段、洋風仕上げのまぜそばは、『そんなんパスタ食っとけや』と如何に思わせないかがワシのチェックポイント、なので評価キツメになりがち
この逸品は、そんなしょうもないチェックポイントなんてどうでもよくなる旨さ
雲丹を使いつつも雲丹一辺倒にせず彩り変えさせ色んな形で雲丹を味わわせてくれたというのも、イタリアンにはあり得ない(あったらゴメン)
ラーメン屋ではなかなか登場しないバルサミコを使ってくれたのも拍手もの

素晴らしかった♪ヽ(^◇^*)/

-------------------------------------------------------------------
2016/5 土曜昼 2ヶ月ぶり20回目訪問、21杯目

熊本支援出張中、諸用ができ、週に1日の休日に伊丹に帰還
昼だけ麺活許可を取得

1201、開店直後に到着し外待ち10人目
数分して恐らくポールだったと思われる麺友さんが出てきた
ちと早めオープンしたんかな?

行列の中で抱き合うカッポーや、順番を超えて食券を先買いする輩にイライラすること35分
1135入店、早川店主に挨拶しつつメニュー選定
この日の限定は、冷やしの煮干
もう一つ気になるのは、“がふうブラック”に代わり新たにレギュラーに加わった“我風醤油”
先日、縁の瀬口店主と一緒に能登遠征行かれ、購入された能登魚醤を使った品物
こちらも買ってきた能登魚醤が終わるまでの短期的メニューなのかと思いきや、
『定期的に仕入れる契約したから安定提供できるレギュラーメニューですよ』とのこと!
なるほど、慌てて食わなくても良いのね
しかしながら、きっと神楽の一杯を意識し作られた一杯に違いない
てことを言うと、『いや、あんなレベルには全然達してないです(汗)』と、またご謙遜を
結局、「どっち食べて欲しい?」と聞くと、限定とのご回答
そりゃ神楽と比べられてしまう我風醤油をレビュアーに食わせる訳には行かんか(^^;)
て、神楽超える自信つくまで食えんのちゃうん??(汗)
この控えめキャラの早川店主は、例え越えてたとしても『超えた』なんて言う人ではないので、永遠に食えんかも?

てことで限定の食券を買い、早川店主目前の入口側末席に着席
熊本の長期出張終わるまではらぁ祭はやめとこかな、なんて話をしつつ着丼

◎冷製仕立ての煮干ラーメン¥800

淡黄色透明塩清湯
豚チャーシュー復活してる♪
スープをいただくと、あっさりしつつビシッとビターなニボニボはしっかり!
この感覚は、レギュラーメニューの“淡麗煮干そば”と類似!
この日は、広島白口、伊吹いりこ、千葉背黒をご使用とのこと
香味油がしっかり厚みを維持し物足りなさは皆無
しかしながら、油分は多めで食後はオイリーな後味
冷やしで厚みを出すにはこうせざるを得んのかも

自家製の麺は約1.5mm□断面の全粒粉練り込みのストレート細麺
小麦感は低温ゆえ揮発成分少ないが、低温ならではのモッチリカタカタのコシが醍醐味
ニボニボの香ばしさと小麦風味の交錯する余韻に風情まで感じる♪

具材は、豚肩ロース&鶏胸の2種レアチャーシュー、味玉半個、細メンマ、刻み玉葱、青葱
麺友さんの画像には糸唐辛子乗ってたがはて
低温なので、チャーシューはいつまでもレアなまま♪
柔らかくなることもなく、いつまでフレッシュ
刻み玉葱の煮干に対するアクセントは最高やね(^o^)

さすが、ニボニボマジシャン!

-------------------------------------------------------------------
2016/3 平日昼 1ヶ月ぶり19回目訪問、20杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.71兵庫県8伊丹市1
 1ヶ月前より人気不動

伊丹出張寄り道麺活
1145到着し、外待ち2人目
定刻の12時に弟さんの手により暖簾掲げられ開店
ワシの顔見られると、『今日限定ないですよ(汗)』
いやいや、レギュラーもちゃんと食べますよ(笑)
和え玉¥200改めまぜ玉¥250になったとな?
どこが変わったのかな~?

発注リスト
・鶏のこく塩ラーメン¥750
・まぜ玉[鶏の巣Ver.]¥250
<合計¥1000>

煮干オイルもおすすめいただいたが、いやいや、
今回は生まれたままの姿でどちらもいただきますよ
久々の再食♪

☆鶏のこく塩ラーメン

凛としたたたずまい
澄んだスープをいただくと、鶏の旨味風味がガツンと分厚く奥深く♪
ほんま旨いわ~ヽ(^◇^*)/

自家製の麺は約2mm弱□断面の加水低めのストレート麺
低加水チックなパツンとした食感とモチモチ感の同居、
風味も低加水と多加水のええとこ取りしたような秀逸麺
これまたうまい!

具材は、鶏胸レアチャーシュー2枚、鶏モモチャーシュー1枚、味玉半個、海苔、水菜、糸唐辛子、白髪ねぎ
鶏胸レアはしっとりしつつプリッとした弾力もあってジューシーな肉の旨味
この日は上品な風味も感じられ、いつも以上に旨い
皮付きの鶏モモチャーシューは対照的にゴリッとしててワイルドな肉の旨味
このコントラスト相変わらずたまらんね~
糸唐辛子も風味良く上品にピリッと引き締める

もはや兵庫県を代表する塩ラーメンと言っても過言でない!

麺終える頃にまぜ玉をリクエスト
すると、早川店主自らの手で運ばれ『鶏の巣Ver.です』と
ぬぉ?!
水菜とねぎと小片チャーシューが巣となり、その上に味玉
味玉はサービスとのこと、ありがとうございますm(_ _)m
結局過去の和え玉とまぜ玉の違いはよく分からんかった(^^;)
デフォルトで使用されるオイルは秋刀魚オイルとのことだが、
鶏油も使われてるのか動物的な旨味もしっかり、その上にほんのり上品に魚介風味香る♪
鶏のこく塩スープでつけ麺して、両者の融合をじっくり堪能し、
最後はぶっかけで全て交配♪
まぜ玉(和え玉)、やめられまへんな~\(^o^)/

-------------------------------------------------------------------
2016/2 平日夜 1ヶ月ぶり18回目訪問、19杯目

伊丹出張後の麺活
特に限定情報ないので、なかなか行けてない新店めぐりを予定していたが、
この日は雨上がりの北風ピューピューでクソサブ~(+_+)
あっさり萎えて近場に方針変更
Twitter情報のみの裏的に発動されてるポルチーニオイルをいただきに行こう♪

1745、開店15分前に到着しポールゲット
しかしクソサブ~(+_+)
15分も辛い!
珍しく少々遅れ1805開店
ん?限定貼りだしがない、あいや~
へ?我風ブラックなん??

発注リスト
☆我風ブラック[鶏肉清湯魚介レス仕様]¥800
・ポルチーニ和え玉¥200
<合計¥1000>

『我風ブラック・改良版です』
ん?一応我風ブラックなんや、そうなん?
スープはやや黒っぽい
鶏肉清湯とな?
魚介と鶏ガラのWスープ清湯の鶏ガラの部分を鶏肉オンリーにしたっちゅうことなんかな?
なんて「???」状態でいっただきまーす

スープをいただいてみると、
切れのある鋭角な醤油を分厚い鶏がま~るく丸めたとこに
鶏油のコクが効いた感じ
鶏の旨味バッタバタ羽ばたく!
ていうか、69風な味わい、それでいてノスタルジック
最近嶋崎店主に色々と教えてもらってたらしいがそれと関連してるのかな?

自家製の麺は約1.5mm□で全粒粉の粒々が観える加水低げなストレート麺
珍しい全粒粉入りの低加水!
パツンとした食感に全粒粉のもたらす小麦感がスープと合わさり極上塩梅
うんま~

具材は、2種鶏チャーシュー、味玉半個、微塵紫玉ねぎ、カイワレ、海苔、ネギ
チャーシューは、鶏モモと鶏胸レアの2種
モモはまったりワイルドに、胸はしっとりとしたそれぞれの旨味
海苔は風味よろしく、紫玉ねぎ、カイワレのアクセント的薬味も抜群

麺を食べ終えたところでポルチーニ和え玉をリクエスト
お試しで作られたポルチーニオイル、どう製品化するか悩み中とのこと
で、現在は恐らくTwitterのみの告知だが、口頭で言えばお試し投入してくれる

厨房内反対側におられた早川店主が自ら持ってきてくれた
『ポルチーニオイルの(ここまで小声で)和え玉です』
小丼からポルチーニの良い香がふんわ~
具材は細切れチャーシュー、紫玉葱、ネギ
和え麺のように混ぜていただいてみると、
先と同様の全粒粉入り低加水麺の小麦風味にムっとむせるようなポルチーニ茸の風味が乗っかり
ムホー!めっちゃうっま~い!

その後、残留するエセブラックスープを使いつけ麺すると、鶏の旨味が超絶マッチング
和えつけのようにつけ汁にポルチーニ移る
最後は、スープを和え玉の方に加え、鶏とポルチーニ完全合体
これはめちゃくちゃ旨い!!
ここは巣鴨だっけ?(あっちはトリュフか)

ポルチーニ~、レギュラー化は無いの?
と聞いたら、やはり原価あがり過ぎて使えんとのこと
残念やの~
和え玉はうまかったが、やはりアツアツスープでポルチーニを味わいたい気もする
そうなると、やはり途中入れでなく最初っからか
煮干とポルチーニって相性どうなんやろ?
妄想が膨らむ
この日の退店後、『とりあえず今回のポルチーニは和え玉にして残り15食で使いきります』と告知
むむ~、淡麗煮干に最初からぶち込んだのいただきに行こうか・・う~ん

-------------------------------------------------------------------
2016/1 平日夜 9日ぶり17回目訪問、18杯目

最近煮干へ踏み出したはずのがふうあん、
と思ってたら“寄せ鍋風つけ麺”と聞いただけで失禁してしまう魅力的な品物がTwitterにあがってるやん
創作意欲バンザイやね~

18時の開店ちょい前に来たらポールゲッティング
貼り出された限定は寄せ鍋ではなくなんと“あんこうのつけ麺”3食!
新しく導入された券売機が入口に
それと共にメニュー表記も見直されてる
限定つけ麺の肉系具材は鮟鱇だけとのことで、鶏チャーシュー増しボタンもポチり
本品のみ“鶏チャーシュー&味玉増し”になるとのこと
一番奥のポール席に着席
なんか連合会かどっからか色々届いてるのか、いつも上に荷物置かせてもらうダンボールが、さらに高く積み上げられモノ置かれへんなってるし
いったい今後何が飛び出すやらほんま目が離せない(^^;)

発注リスト
☆あんこうのつけ麺¥1000
・鶏チャーシュー¥200
<合計¥1200>

麺上にW鶏チャー、味玉、白髪ネギ、糸唐辛子、クレソン、つけ汁内に鮟鱇の身、鮟肝、白菜、菜の花、ネギの具材
なんかめちゃくちゃ豪華なんすけど♪(^o^)
そそり立つ太いクレソンがめっちゃ凛々しい
鳴龍の担々つけのようなオーラ、ゴゴゴ・・

まずは麺引っ張り出し味見
約2x4mm断面のコシのある平打ちストレート麺
これはこれで秀逸だが、以前の全粒粉入ったヨモギっぽい風味豊かな麺が恋しい気もする

さて、本命のつけ汁
必殺の鶏コクスープに鮟鱇ぶち込みじっくり焚いてたそうだが、全然変化なくておもろないから火力上げて白濁させたらしい(^o^)
分厚い鶏コクの旨味に鮟鱇からはまったりミルキーコラーゲン、白菜から鍋料理的ほっこり滋味も加わり、うんわ~、これは旨い!ヽ(^◇^*)/

麺を落として啜りあげると、豊かな小麦風味がまったりした旨味風味をふんわり押し広げ、口内から鼻に抜ける感覚たまらん!

鮟鱇の身もプリップリ、骨付きで食べにくいのはご愛嬌
鶏コクスープ吸った鮟肝がクソ旨い!
増した鶏チャーシューは、モモローストと胸レア
これも抜群
特にポイント高かったのはクレソンと鮟肝
クレソンは、全体的に"和"の味わいの中に"洋"のアクセント、これが絶妙に旨い!
鮟肝はそのまま食べても旨いが、大部分はずくずくに潰して撹拌
スープが更にマッタリし鮟鱇味がより強力に

〆はなんと雑炊サービス
一度回収されたつけ汁が鍋に戻され、しっかり雑炊として仕上げていただける
アツアツホクホクの鮟鱇雑炊
めちゃめちゃ旨かった♪

食べ終わってから、今年はラーメン屋で米を控える(即ち汁無しを控える)決意をしたことを思い出す。
月に1回ぐらいにしようと思ったが、いきなり米食ってもうた・・(汗)
次は2月中旬まで米&まぜそば我慢・・・(-_-;)

-------------------------------------------------------------------
2016/1 平日昼 12日ぶり16回目訪問、17杯目

がふうあん
 @兵庫県伊丹市西台、阪急伊丹駅
 TP3.71兵庫県7伊丹市1
 12日前より兵庫県1up

帰省から生還し、正月連休最終日は麺活で帰省中ほとんどラーメン食べれなかったストレス晴らし
ほんまは清乃さんに行ったろと考えてたが、
大晦日~元旦にかけての体調悪化の結果、胃袋がかなり小さくなってて連食厳しい状況だったので変更
そしたらがふうあんさんがまた変なこと呟いてるので、清乃とは打って変わって超近場に決定
10時頃、開店2時間前に到着し、待ち2番目
ちょっぱやい変態がもう一人おるわ思ったら麺友S君やん(笑)
W-Bブラザーズも現れ、新年の挨拶しつつガハガハ徒党組み待ち時間もあっちゅう間
開店し入店すると、強烈な酸っぱい鯖の匂い(^^;)

発注リスト
☆鬼鯖¥800
・和え玉¥200
・イベリコ豚チャーシュー¥0(サービス)
<合計¥1000>

POPには、“エグい!くさい!うまい!マニア向け”(^^;)
作成中の深夜tweetによると、豚骨臭~蟹味噌臭と臭いが変わっていったらしい

スープは、ニボく濁った清湯(多分)で粘度自体はシャバいが、
すくうと清湯か疑ってしまうようなとろみ有り
酸っぱい中に顏突っ込み啜ってみると、
初動で来るのは香ばしく苦いニボニボ!
その後強烈な酸味が鯖ーーっと絡みつつ、強烈な余韻を残す!
エグい!くさい!うまい!ヤバい!ヽ(^◇^*)/

自家製の麺は約2mm□断面の低加水ストレート麺
いつもより心なしか太めで、モッチリ感が強調されてる
低加水の香ばしい風味の絡みは相変わらずスバラ

具材は、鶏豚2種チャーシュー、味玉半個、刻み紫玉葱、海苔、ネギ
通常鶏の胸&ももチャーシューががふうあんデフォルトだが、
正月の仕入れの関係で鶏ももが入荷してないとのことで、
特別具材として急遽入ったのは、イベリコ豚の肩ロースのレア!ヽ(^◇^*)/
プリプリジューシーでメサウマ♪
生の紫玉葱は苦味辛味が鬼鯖スープと見事なマリアージュ!

横のラヲタさんらは連食予定のせいか鬼鯖だけで帰って行かれたが、ワシはここで昼飯完遂なので和え玉をオーダー
「イベリコ増しできます?」と聞いてみたら快諾♪
『はよから並んで下さったお礼』とのことでサービスで乗せてくれた(^◇^)
いつもありがとうございますm(_ _)m

この日は和え玉のデフォルト具材の細切れ肉片も、イベリコ&鶏胸のW仕様
鶏×豚の細切れが重なり合いいつもよりワイルド♪
そのまま→つけ麺→最後は鬼鯖スープへ投入
肉小片が大量に加わり、それをスープと一緒に堪能できるのもがふうあん和え玉のポイント♪
未曽有の旨味の渦で大満足(^o^)

-------------------------------------------------------------------
2015/12 平日夜 4日ぶり15回目訪問、16杯目

伊丹出張の昼飯に立ち寄ることを先日告げたら、
『ほな変態煮干にチャレンジしますわ~』と言って下さったので、
喜んでいたのだが、1155、いざ開店5分前に到着すると、外待ち18人目
なぬ~、仕事間に合わんがな!
もう出張寄り道では来れへんやん(>_<)
変態煮干を断念し2号店を昼飯とした

も~、Twitterで濃密な仕込みを公開して変態を煽るからじゃ~(-_-;)
狂ニボの動機となった私めがいただけないなんて、なんて世知辛い世の中(ToT)

悲壮感満載での仕事に臨む
休憩時にTwitterチェックすると、
なんと余ってて夜も提供するとな?!あの列は限定目当てではなかってんな、恐るべし(汗)
でも今日の会議は毎度延長戦へ突入するやつ
まあ無理やろなぁ
と思いながら会議中あくびしてたら、なんと延長どころかはよ終わった!
イヤッホ~いヽ(^◇^*)/
突撃!

1750、開店10分前到着し、外待ち8人目
げ・・一巡目逃した(汗)
まあ夜はノンビリ待てる♪
1825、二巡目は25分後入店
一番奥に着席

発注リスト
☆狂ニボ¥800
・和え玉¥200-¥150(クーポン利用)
・鴨増しサービス
<合計¥850>

鶏白湯に煮干(早川店主のお言葉を拝借すると、平子、油ののった背黒と頭、仕上げに白口投入)ぶち込んで
焚きまくった狂ニボスープは、トロッと粘度に煮干粉片浮きまくるドドメ色スープ
鶏白湯の旨味成分全てに煮干がコーティングし尽くしたような、
分厚い煮干の苦味旨味エグミこれでもか!
中毒性MAX!ヽ(^◇^*)/
“濃厚煮干”に期待する以上のものが爆発してる♪
しかし、少なからず上品な余韻を残すのが、がふうあんらしい

自家製の麺は約1.5mm□の低加水ストレート麺
低加水の香ばしい小麦風味と、弾力はパキポキし過ぎずモッチリ感を残す
煮干の香ばしさと麺の香ばしさの絡み合いが鼻腔を刺激し続ける!

具材は、鴨ロースト?、鶏胸レアチャーシュー、味玉半個、微塵紫玉葱、ネギ、海苔
ここで更なる驚きアイテムの鴨ロースト!
鴨のコクがニボニボスープと絶妙な相性
この組み合わせは而今彷彿で、間違い無い
鶏胸レアチャーシューとのサッパリ系の旨味とのコントラストを楽しめる
紫玉葱の苦味辛味食感もまた煮干スープには鉄板アイテム

麺を完食したら、がふうあんでは必ずやるようになってしまった和え玉をオーダー
この日は“ペペロンチーノ”や“エビ”といった変わり版は無く通常版(=煮干)
しかし、鴨追加したくお願いしてみると、『昼は二号店、夜は本店と一日に二回もがふうあんに来てくれたお礼』とのことで、
サービスで乗せてくれた♪
あざーっすヽ(^◇^*)/
かくして和え玉登場

和え玉鴨増し

ここからは毎度同じ描写になるので割愛
がふうあんの進化が止まらない!ヽ(^◇^*)/
鴨増しありがとうございました~♪

-------------------------------------------------------------------
2015/12 平日夜 1ヶ月ぶり14回目訪問、15杯目

この日は久々に組合に駆り出され『団結ガンバロー』
お決まりのくそ長い演説は爆睡しちゃったけどね~
1945到着、外待ち無し
コンバンワ~

発注リスト
・淡麗煮干そば¥800
・アサヒスーバードライ(中瓶)
・海老和え玉
<合計¥1550>

珍しく限定無し
ま、未食レギュラー残ってますしね
今宵の和え玉は“エビ”と来た!
それはもう確定
この日替わり和え玉はデブ化確信犯

ハナキン(これももう死語?)グビー♪
COEDO恋しいなぁ思ってたら、アテとして凄いの出てきた
炙り鶏レアチャーシューの柚子胡椒添え
うぇ~、アテ(サービス)でこれ?
もしかしてチャージ取られてる?
めっちゃウメ~~~
早川店主、あざっす~m(_ _)m

◎淡麗煮干そば

恐らく鶏こくボディプラス煮干
淡麗と言えども、鶏の分厚い旨味に煮干がしっかり寄り添う
エグミ苦味皆無で旨味と香ばしい風味はしっかり勃起
煮干は舌慣れして消えガチだが、こちらは最後までしっかり
インパクトこそ無いが、紛れもなく旨い

自家製の麺は約1.5mm断面の低加水ストレート細麺
やり過ぎ感のない適度な香ばしさと低加水ながらモッチリ感も残した感じ
スープとの相性も抜群

具材は、二種鶏チャーシュー、味玉半個、紫玉葱、ネギ三種、糸唐辛子
鶏チャーシューは厚めの胸レアとモモロースト
胸肉はしっとり爽やかな繊細な味わい、モモ肉はブリンとワイルドな味わい
肉の扱いはほんま達者や~
紫玉葱は辛味苦味が煮干と見事なマリアージュ♪
煮干には鉄板!

麺を終えたら、エビ和え玉!
受け取った時から香ばしい甲殻類のカホリ♪
麺はラーメンと同種
具材は、微塵鶏チャーシュー、ネギ三種
マゼマゼしてそのままいただくと、めっさエビ!
これまたこれだけで余裕で完食可能
ただ、それすると残ったラーメンスープが勿体ないのでやはり合わせていただく
つけ麺をすると、麺肌に着いたエビオイルの上から鶏ニボスープがしがみつき、口の中で全ての旨味が合体!
お~、このアエツケ感たまらんわ♪
最後はドボンし、ニボエビの完全合体!
そして、細かい鶏チャーの山
やっぱがふうあんの和え玉サイキョーヽ(^◇^*)/
んまかった~

-------------------------------------------------------------------
2015/11 平日昼 1ヶ月ぶり13回目訪問、14杯目

伊丹出張昼飯は、伊吹から煮干しを送りつけられる関係を構築され、
つけ麺廃止後しばらくは『限定に力入れたい』と言われてたがふうあんへ
1157、開店3分前に到着し、開店待ち6人目
お~、少ない、ラッキー♪

開店し、入口側席に着席し早川店主にご挨拶
この日の限定は鴨のつけ麺と2つあったが、ついこないだ2号店で似たのをいただいたので、こちらに

発注リスト
・ヒイラギ煮干の塩ラーメン¥800
・ペペロンチーノ和え玉¥200
・白ごはん小¥100
<合計¥1100>

“和え玉“はメニュー表には乗ってないが、聞いてみると、
『できますよ~、煮干しかペペロンチーノできますがどうします?』
ぺぺぺペペロンチーノぉ?
物珍しいのにはまず飛びつく
ほなそれ!

まずはラーメン

◎ヒイラギ煮干の塩ラーメン

和海が使い出し、仕入先が取り扱ってたとのことでがふうあんでも頻繁に使うようになったひいらぎ煮干
甘い煮干風味とよく表現されるが
ワシは初食

どらどらぁとスープをいただいてみたが、ちと塩分が高過ぎ、
煮干の香ばしさもしょっぱさに隠れてよう分からんかった、無念

自家製麺は約1.5mm□断面のストレート麺
透明感ある小麦感と程良いコシの秀逸麺

具材は、2種鶏チャーシュー、味玉半個、三つ葉、紫玉葱、葱多種、糸唐辛子

鶏胸レアチャーシューはシットリシトシトピッチャンでウマス~
鶏モモチャーシューはローストされててワイルドウマス~~♪
味玉は程良く味がしゅんで程良いトロミ加減で甘味も感じられウマス~~~!!!

食べ進めると、各素材が融合し出し、塩分を超えて旨味が主張し出す
やっぱりウメ~!
個人的には、三つ葉の上品な風味がかなりイイ!

スープを残し、和え玉登場

☆ペペロンチーノ和え玉

細切れ鶏胸レアチャーシュー、紫玉葱、揚げ葱、葱のトッピング
麺は先のと同一っぽい
淡黄色のタレとよく混ぜていただくと、刺激はほとんどないが、
鶏油による絶大な鶏感とにんにくオイルで、めーっちゃくちゃ旨い!
これまでの和え玉の中で紛れもなく上位
味わいはもろイタリアンではあるが、麺の風味が絶妙にラーメン側に寄せる

そのまま食べ尽くしたいのを我慢し、つけ麺してみると、先ほど過剰に感じた塩分も程良くなり、ヒイラギ煮干の良さがここで炸裂!
和え玉の鶏にスープの煮干が見事に口元で融合
この塩梅たまらん!

最後は和え玉全投入
鶏の厚みはもはや鶏白湯クラス
煮干と鶏の旨味がシナジーしまくって、スープ冷め冷めなのにヤバウマ!

で、麺食べ終わると、スープには細かい鶏レアチャーシューがぎょうさん漂う
ここでいても立ってもいられなくなり白ごはん小を追加しライスダイブ!
黒胡椒ふりかけ極上鶏煮干ペペロンチーノ雑炊の完成

元々のラーメンは若干残念な思いがあったが、恐るべしペペロンチーノ和え玉!
最後には大満足ヽ(^0^)ノ


▲ページトップ

がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ がふうあん - 料理写真:背脂めし がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ用まぜ玉 がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ用まぜ玉 がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ用まぜ玉 がふうあん - 料理写真:濃厚スタニラ-ライスダイブ がふうあん - メニュー写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - 料理写真:さつま知覧どりの冷し白湯 がふうあん - その他写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - 料理写真:削りさわらの塩ラーメン がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫~まぜ玉 がふうあん - その他写真: がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫 がふうあん - 料理写真:まぜ玉 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫~まぜ玉 がふうあん - 料理写真:まぜ玉 がふうあん - 料理写真:蕃茄の雫~まぜ玉 がふうあん - ドリンク写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:LOVE羅臼 がふうあん - 料理写真:LOVE羅臼 がふうあん - ドリンク写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - 料理写真:LOVE羅臼 がふうあん - 料理写真:LOVE羅臼 がふうあん - 料理写真:LOVE羅臼 がふうあん - メニュー写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - ドリンク写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - メニュー写真: がふうあん - ドリンク写真:COEDO 伽羅 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - 料理写真:我風流燕三条ラーメン・鬼脂 がふうあん - その他写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - その他写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ がふうあん - その他写真:煮干の冷やし細つけ用スープ割はお冷 がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ-水割 がふうあん - 料理写真:煮干の冷やし細つけ-水割 がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば-混ぜ後 がふうあん - 料理写真:小ライス がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば-ライスダイブ がふうあん - 料理写真:グリーンカレーまぜそば-ライスダイブ がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:オクラの花 がふうあん - 料理写真:おかわかめ がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:我風ブラック がふうあん - 料理写真:三種盛 がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真:三種盛 がふうあん - 料理写真:三種盛 がふうあん - 料理写真:我風ブラック がふうあん - 料理写真:我風ブラック がふうあん - 料理写真:我風ブラック がふうあん - 料理写真:我風ブラック がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:鶏煮込みの中華そば がふうあん - 料理写真:鶏煮込みの中華そば がふうあん - ドリンク写真: がふうあん - その他写真: がふうあん - 料理写真:鶏煮込みの中華そば がふうあん - 料理写真:鶏煮込みの中華そば がふうあん - 外観写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真: がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - その他写真:ミッドナイトがふうあん がふうあん - 外観写真:真夜中の行列 がふうあん - 外観写真:真夜中の行列 がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 料理写真:トリヤムクン がふうあん - 外観写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:鯖と煮干の冷しラーメン がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉-混ぜ後 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油) がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油)-混ぜ後 がふうあん - 料理写真:冷しまぜ玉(醤油)-鯖と煮干の冷しスープへ投入 がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:鶏チャーシュー がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば-追い飯 がふうあん - ドリンク写真: がふうあん - 料理写真:鶏チャーシュー がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば-生卵投入 がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば-ライスダイブ がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば-ライスダイブ がふうあん - 料理写真:冷し水戸そば-ライスダイブ がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - メニュー写真: がふうあん - 外観写真: がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:烏賊煮干(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉&烏賊煮干スープ(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉&烏賊煮干スープ(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉-隠れ味玉(2016/12) がふうあん - 料理写真:まぜ玉-烏賊煮干スープにぶち込み(2016/12) がふうあん - メニュー写真:(2016/12) がふうあん - メニュー写真:(2016/12) がふうあん - その他写真:(2016/12) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:まぜ玉with light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(卵入り)(2016/10) がふうあん - 料理写真:light煮干白湯泡仕立て(2016/10) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/10) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/10) がふうあん - 料理写真:まぜ玉(2016/10) がふうあん - 外観写真:(2016/10) がふうあん - メニュー写真:(2016/10) がふうあん - メニュー写真:(2016/10) がふうあん - メニュー写真:(2016/10) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば-トマトのバルサミコ酢漬け(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば(2016/8) がふうあん - 料理写真:雲丹とボッタルガの油そば-トマト&チャーシュー投下(2016/8) がふうあん - 料理写真:トマトのバルサミコ酢漬け(2016/8) がふうあん - ドリンク写真:唯一の通常メニュー(2016/8) がふうあん - メニュー写真:(2016/8) がふうあん - その他写真:(2016/8) がふうあん - メニュー写真:(2016/8) がふうあん - 内観写真:いちにぃさん×がふうあん×たんろん3店コラボ"いちふうろん"@がふうあん(2016/8) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - メニュー写真:(2016/5) がふうあん - メニュー写真:(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:冷製仕立ての煮干ラーメン(2016/5) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:まぜ玉・鶏の巣Ver.(2016/3) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:鶏のこく塩ラーメン(2016/3) がふうあん - 料理写真:まぜ玉・鶏の巣Ver.(2016/3) がふうあん - 料理写真:まぜ玉・鶏の巣Ver.(2016/3) がふうあん - 料理写真:まぜ玉・鶏の巣Ver.(2016/3) がふうあん - メニュー写真:(2016/3) がふうあん - メニュー写真:(2016/3) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:ポルチーニ和え玉(2016/2) がふうあん - 料理写真:ポルチーニ和え玉(2016/2) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:我風ブラック[鶏肉清湯Ver.](2016/2) がふうあん - 料理写真:ポルチーニ和え玉(2016/2) がふうあん - 料理写真:ポルチーニ和え玉-我風ブラック[鶏肉清湯Ver.]投入(2016/2) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺-鮟肝(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺-雑炊サービス(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺-雑炊サービス(2016/1) がふうあん - 料理写真:あんこうのつけ麺-雑炊サービス(2016/1) がふうあん - メニュー写真:(2016/1) がふうあん - メニュー写真:(2016/1) がふうあん - メニュー写真:(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:和え玉イベリコ増し(2016/1) がふうあん - メニュー写真:(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:和え玉イベリコ増し(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:鬼鯖(2016/1) がふうあん - 料理写真:和え玉イベリコ増し(2016/1) がふうあん - 料理写真:和え玉一味山椒がけ(2016/1) がふうあん - 料理写真:和え玉-鬼鯖スープへ投入(2016/1) がふうあん - その他写真:鬼鯖の底(2016/1) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し(2015/12) がふうあん - メニュー写真:(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:狂ニボ(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し-混ぜ後(2015/12) がふうあん - 料理写真:和え玉鴨増し-狂ニボダイブ(2015/12) がふうあん - その他写真:(2015/12) がふうあん - その他写真:(2015/12) がふうあん - メニュー写真:(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:豪華なアテサービス♪(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば+エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば+エビ和え玉(2015/12) がふうあん - 料理写真:淡麗煮干そば+エビ和え玉(2015/12) がふうあん - ドリンク写真:COEDO無くなった・・(2015/12) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩らーめん(2015/11) がふうあん - 料理写真:ペペロンチーノ和え玉(2015/11) がふうあん - 料理写真:ペペロンチーノ和え玉(2015/11) がふうあん - 料理写真:ペペロンチーノ和え玉(2015/11) がふうあん - 料理写真:ペペロンチーノ和え玉-混ぜ後(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干の塩ラーメンにペペロンチーノ和え玉投入(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干ペペロンチーノ雑炊(2015/11) がふうあん - 料理写真:ひいらぎ煮干ペペロンチーノ雑炊(2015/11) がふうあん - 料理写真:鶏と白菜の塩つけ麺(2015/10) がふうあん - 料理写真:鶏と白菜の塩つけ麺(2015/10) がふうあん - 料理写真:鶏チャーシュー先出(2015/10) がふうあん - 料理写真:秋刀魚塩(2015/9) がふうあん - 料理写真:秋刀魚塩(2015/9) がふうあん - 料理写真:鱧のラーメン・麺小(2015/7) がふうあん - 料理写真:鱧のラーメン・麺小(2015/7) がふうあん - 料理写真:鮭のラーメン・麺小(2015/7) がふうあん - 料理写真:大葉と梅の冷しラーメン(2015/6) がふうあん - 料理写真:大葉と梅の冷しラーメン(2015/6) がふうあん - 料理写真:我風ブラック・チャーシュー増し(2015/5) がふうあん - 料理写真:ホタルイカの煮干し醤油つけ麺・味玉+鶏チャーシューのせ(2015/4) がふうあん - 料理写真:ホタルイカの煮干し醤油つけ麺・味玉+鶏チャーシューのせ(2015/4) がふうあん - 料理写真:舞茸とせせりの醤油つけ麺・鶏チャーシュー増し(2015/4) がふうあん - 料理写真:つけ麺THEニボシブラック豚レアチャーシュートッピング(2015/2) がふうあん - 料理写真:つけ麺THEニボシブラック豚レアチャーシュートッピング(2015/2) がふうあん - 料理写真:鶏白湯(2014/3) がふうあん - 料理写真:朝びき鶏のコク塩ラーメン(2013/12) がふうあん - 料理写真:海老と鶏の汁なしそば(2013/12) がふうあん - 料理写真:鶏と白菜の塩つけ麺(2013/9) がふうあん - 料理写真:鶏と白菜の塩つけ麺(2013/9)
⇒もっと見る

がふうあんの口コミをもっと見る(285件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★☆4.9
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.7
夜:サービス  :〓〓〓〓〓5.0
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.2
夜:CP   :〓〓〓〓4.3
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★☆4.8
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.6
昼:サービス  :〓〓〓〓4.8
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.1
昼:CP   :〓〓〓〓4.4
昼:ドリンク  :〓〓〓〓4.2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥1,000~¥1,999
昼:¥1,000~¥1,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



Tamagoooさんの他のお店の口コミ
百々福 (大石、摩耶、西灘/担々麺、汁なし担々麺、ラーメン)
◎魚介だしらー麺&◎汁なし麻辣麺【百々福@神戸市灘区・大石】
★★★★4.4
 2021/02

極汁美麺 umami (河内小阪、河内永和、JR河内永和/ラーメン)
⭐地鶏塩【極汁美麺umami@大阪府東大阪市・河内小阪】
★★★★☆4.7
★★★★☆4.8
 2021/02

麺や 清流 (長瀬、JR長瀬/ラーメン、つけ麺)
⭐塩つけ麺【麺や 清流@大阪府東大阪市・長瀬】
★★★★4.2
 2021/02

Tamagoooさんの口コミ一覧を見る(2031件)


がふうあんのその他の口コミ
超濃厚鶏ガラスープ。行列のワケがわかる店。
タツミ1551(10)
★★★☆3.7
 2021/02

ポタージュ系鶏白湯
winte694(6)
★★★☆3.5
 2021/02

限定醤油
ふー0325(201)
★★★☆☆3.4
★★★☆3.7
 2021/02

⇒もっと見る(285件)
▲ページトップ



伊丹(阪急)のラーメンランキングをみる


口コミ(285)写真メニュー
評価店舗情報地図


がふうあんトップ
食べログトップ
食べログ > 兵庫 > 宝塚・西宮・尼崎 > 伊丹 > がふうあん > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.