TOMI


西小泉のパンランキングをみる

口コミ
『TOMI』再び !! 前橋のスピードスター暗躍す♪
kazutans(1220) [携帯電話番号認証済]
2019/09最終訪問
★★★★4.0
(詳しい評価)

★★★★4.0
2019/09訪問
【(275) メガ盛行脚レビュー その84-02】

こちらへは二度目の訪問となる。『メガ盛行脚』の旅路の中、同一のチャレンジメニューにトライする機会は少ない。理由は、完食者の再チャレンジを認めてくれる店舗が数少ないからだ。その点、こちらは嬉しい店舗である。事前に電話確認したところ、「三回までチャレンジ可」とのことであった。
こちらのチャレンジ仕様は「大食い」ではなく「早食い」である。規定タイム 5分 と言う、ある種拷問とも言える内容のチャレンジなのだが、それでもなお、私自身、最も得意とする分野であって、正に面目躍如! 気合いを入れずにはいられない、愉しいチャレンジメニューなのである。


【再訪】

『焼きたてのパン屋さん TOMI』
群馬県邑楽郡大泉町坂田3-7-4
0276-61-1030


R354〔大泉邑楽バイパス〕を、太田市から館林市方向に東進し、群馬県大泉町の「坂田北」交差点を右折(南折)して 900m 余り南進すると、群馬県道142号綿貫篠塚線と交差する「坂田」交差点に出る。この「坂田」交差点を左折(東折)して 220m 余り東進した、信号のない狭い路地との交差点〔交差点南東角に『タカラ 太田店(SUPER MERCADO TAKARA)』がある〕を右折(南折)して、南進すること 60m 余りで、道路右手(道路西側)に『焼きたてのパン屋さん TOMI』はある。


ポルトガル語の店名は『Padaria & Lanches TOMI』、ブラジル風焼き立てのフランスパン「ポン・デ・ケージョ」50円(税別)が自慢のパン屋さんとのことである。焼き立てのチーズパンや、1個で十分にお腹を満たす人気メニュー、ボリューム満点のブラジル風バーガー「Big Tomi(ビッグトミ)」790円(税別)等を売りにしている。
そのほか、軽食ではタラのコロッケをはじめ、キャッサバ芋パンやタルトのような「エンパーダ」もお奨めなのだそうだ。ブラジル風の菓子パンやサラーミ(Salame)・モルタデッラ(Mortadela)など豊富なパンの具材も、各種取り揃えられている。
ブラジルのパン屋は、一般的にどちらの店も早朝から営業しているのだそうだが、その背景には、朝食に焼立てのパンを食すブラジル人の生活習慣があるのだと言う。『焼きたてのパン屋さん TOMI』も、ブラジルさながらの焼立てのパンを朝食でも食べられるようにと、早朝から営業をはじめ、同郷のお馴染みさんを初めとして、地域住民に深く愛されつつ、焼立てのパンを朝一から提供してくれているとのことである。

実際の『焼きたてのパン屋さん TOMI』の営業時間だが、年中無休のそれは、正に驚愕である。

月~金 07:00~19:00
土・日 06:00~19:00

この営業時間でありながら、しかも、休みなしの通し営業と来ている !! それはもう、何とも驚きなのだ。
唯だでさえ、この 6:00 開店と言う営業時間で、もう目を剥く程であるのに、2年前には、この時間から更に前後 1時間、営業時間がまだ長かったと言うのだ。。。結果として、その昔、土・日は 05:00 開店だったなんて、何ともはやビックリの域を超えているのである。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

そんなこんなで、前述の電話確認も、日曜朝 6:30 で入れてみた次第で、チェーン店のコンビニエンスストアでない個人経営店が、この営業時間を実践しているだなんて、ブラジルの方々の働き者振りには、唯々頭が下がるのであった。


前回訪問は、2017.11.11(土)、あれから二年近くが経つのだが、今回もまた、30km 程の道のりを、メガ盛メニューを戴くためにひた走った。当日は 2019.9.29(日)、意外と気温の高い一日であった。この距離の移動が前提としてある以上、いきなりの訪問は流石に踏ん切れない。予め営業確認と「チャレンジメニュー」の可否を併せて確認してから出発をし、空振りに終わることのないよう十全な準備をして臨んだのであった。
現着時間は 9:55、予め電話連絡で告げていた到着時間の5分前行動となった。(^-^)v

店舗外観撮影の後に入店すると、Brazilian の美しい女性たちの 4人 グループと、親子連れ、ご夫婦と思われる方の 3組 が先客として談笑していた。何れも Brazilian であり、話す言葉は皆々ポルトガル語であろうか。従って、正確には、ポルトガル語で Brasileira と言うべきなのだろう。
時間は 10:00 前後と言う端境時間。日曜のブランチかティータイムを Brasileira の方々が、のんびりと過ごしている趣であった。

入店し、朝方電話を入れたものであることを告げ、
「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税別)を、厨房に向かって直接オーダーしてみた。
店内奥には、テーブル席が 30席程あって、イートインにも対応している。「お好きな席へ」と言う案内を受けて、一番奥の席へと陣取った。


今回チャレンジする品に関して、メニュー内に記載されている内容は以下の通り。

…………………………………………
「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円

5分以内に食べ切れたら無料!
1.2kg
パン、ハンバーグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、カラブレーザ、チーズ、玉子、レタス、トマト
…………………………………………


「Mega Tomi(メガトミ)」とは、巨大ハンバーガーのことだ。こちら『焼きたてのパン屋さん TOMI』定番品である一番人気商品、1個 で十分にお腹を満たすとされるボリューム満点のブラジル風バーガー「Big Tomi(ビッグトミ)」790円(税別)の 3個分 だとのことである。
その「Mega Tomi(メガトミ)」のサイズであるが、今回の計量値を先に表示してみたい。

「Mega Tomi(メガトミ)」総重量(実測値)1,181g、直径 21.5cm × 高さ 12cm

どうだろう、このサイズ感。この数字を見るだけでイメージが沸くだろうか。
実際には、この数字だけで「ふむふむ」と即座に納得される方も少なかろう。そこで、比較の対象として『マクドナルド』の「ビックマック」の実測値を挙げてみよう思う。

『マクドナルド 伊勢崎宮子店』〔群馬県伊勢崎市宮子町3450-1〕

「ビッグマック」単品価格 390円(税込)
総重量(実測値)214g
サイズ : 直径 10cm、高さ 8cm
公称値 = 標準製品重量:225g/個、エネルギー 530kcal

この「ビックマック」の計量値は、公称値よりも実際少ないのであるが、この時の総重量は 214g と言うことだから、今回食した「Mega Tomi(メガトミ)」は、「ビックマック」およそ 5個半 分と言うことになるわけだ。「ビックマック」を一遍に 5個 !! まあ、普通の人ならそんな暴挙には出ないことだろう。baku爆baku


この化け物バーガーを戴くと言うチャレンジメニュー、重量公称値 1.2kg とされる中、今回の総重量は 1,181g と言うことで、ほぼ看板に偽りなしだ。
が、この量自体は、さほど驚愕するレベルの量ではない。これを何とか食べ切れてしまう方は、決して少なくはないだろう。ちょっとした大食いの方なら、このくらいは意外とペロリとイケてしまうものだ。まあ、要するに、量的には驚嘆する域にはないと言えよう。
要するに、問題は制限時間なのである。これは既に記しているのだが、何と、たったの 5分! これは、半端な数字ではない。いかな「早食い」で慣らした私であっても、前回初チャレンジの折りは、流石に些か躊躇するものがあったことを覚えている。

何せ、対象が、パン(バンズ)と言うこともあり、口中の水分をどう保っていくかがポイントと、その成否を大いに不安視したわけであるが、実際には、それは杞憂に終わったのであった。
実食した感覚として、バンズが兎に角しっとりとしていて柔らかく、具材もジューシーで、パサつく感じなど微塵もない品であった。
と言うことで、今回のチャレンジは、不安などどこ吹く風♪ 唯々美味しい美味しい「Mega Tomi(メガトミ)」を、存分に堪能しようと言う、ゆとりに満ち溢れた挑戦なのであった。


はてさて、「前橋のスピードスター」を自称するこの私。今回もまた、その面目躍如となるのか否か、こうして私の『メガ盛行脚』が、今回も始まるのであった。


「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税別)→ 5分 以内完食で無料


配膳まで、この日は何故か思いの外に時間が掛かった。
待つこと、およそ 20分。懐かしの巨大バーガーが眼前に現れる。一目見て、その美しきビジュアルに魅了され、待たされた感は吹っ飛んでしまった。いや、これは何度見ても美しい♪

配膳写メ撮影、計量等の時間はお許し戴いて、今回もタイムキーパーの店員さんに少々お待ち戴いた。撮影諸々を済ませ、店員さんに合図を送ると、

「では、行きますよ。ヨーイ、始めっ!」

と、その声掛かりに併せて実食に入る。
が、この魅力的なメニュー「Mega Tomi(メガトミ)」の断面写真を撮影していないことに、今更ながら気づき、そのまま喫食に入らずに、「Mega Tomi(メガトミ)」を左右に押し広げ、iPhonx でその断面写真を撮影した。この間、ロスタイムとなるのだが、丁寧に扱ったものだから、およそ 20秒 近く。。。だが、貴重な断面写真。この美しき映像は、撮影しておかねばならぬ !!!


現物は、直径 21.5cm 大! 弩級のデカさを誇るバンズを 1/4 サイズにカットしてある。更に、ナイフとフォークが付属し、手持ちに程良いラッピングも4枚 付属している。決して、チャレンジャーに不利になるような老獪な演出はしてこない、何とも良心的な仕様で、大変食し易くしてくれているところが有り難い。
しかしながら、この直径 21.5cm、兎に角、そのサイズのデカさが半端でない。そうして、制限時間はたったの 5分。小さく刻んでとか、ラッピングに包んでとか、お体裁に構ってなどはいられない。ここは、見栄えなど完全無視! 手掴みでガバッと行くに限る。

早速、手に持ってがぶり!
相変わらず、バンズがしっとりとしていて柔らかい。もちろん、具材もジューシー♪ 兎にも角にも、この「Mega Tomi(メガトミ)」、文句なし、お追従なしに、心底旨いのだ !!

ハンバーグが実に柔らかく、噛み切るそばから口中で解れていく仕上がりなのだが、それでいて、しっかりとした肉質感があって、それはもう絶妙な味わいだ。ベーコン、ハム、ソーセージの肉質系具材が、程良いタイミングで自己主張してくるように配置されていて、そのバランス感と味わいの複雑さが堪らない。
チーズ、玉子、レタス、トマト、これら全ての具材が、微妙なタイミングで顔を覗かせ、これまたタイミングを少しずつずらして、舌上で撥ね踊るようだ。


以下は、前回の記述なのだが、今回もまた、まさにこの感覚! この巨大バーガー、ある種の協奏曲を聴いているかのような、目眩く味わいなのである。

――――――――――――――――
「おっ、玉子がどーんと来たぞ。柔らかっ!」
「あっ、トマトがバンズからこぼれ出そうだ。このジューシーさを逃してなるものか」
「ううわっ、チーズ濃厚! 口の中で蕩けていく~」
「なんだなんだ~、このレタスのシャキシャキ感は♪ ハンバーグの柔らかさが引き立つー!」
「来た来た、ハムとソーセージのW攻撃! 何?! ここでカラブレーザまで来るか~ !!」
「ベーコン厚いねえー、こりゃあ、何という歯応え♪ バンズと一緒に食すともう最高!」
――――――――――――――――

この感じ、何度戴いても変わらぬ味わいかもしれぬ。
嗚呼、旨い、旨過ぎる !!!


味付け素材として、「ケッチャプ」「マヨネーズ」「オーロラソース」など、数々の調味材が併せて配膳されるが、これらは全く以て不要。味変など勿体なさ過ぎる。そんな素敵な逸品。この素材自体の複雑な味わいだけで、実際に充分なのだ♪

「旨い、旨い、実に美味い」

一口毎に、その旨さに引き込まれ、感動も一入。恐らく、味付けはハンバーグの塩胡椒くらいで、素材そのものの旨味で勝負しているだけであろうに、かくも魅了してくれるとは!この「Mega Tomi(メガトミ)」、一生に一度は食すべき品であると、私は大仰にではなく感じた次第である。

そうこうしているうちに、あっという間の完食である。その時間は 3分40秒0 !!!
喫食前の断面写真撮影のロスタイムを考えると、およそ、3分20秒程か。前回の公式タイムが、3分12秒 であったから、それよりも遅れは取ったが、まあ、今回は愉しみながら、しっかりと味わいつつのチャレンジでもあるし、そこは致し方なしだ。

いや、それにしてもこの「Mega Tomi(メガトミ)」、何度も言うが、是非一度食して戴きたい品である。
が、しかし、この巨大さは、通常の方には矢張り厳しかろう。そこで、この品のミニチュア版と言うか、むしろその本来バージョンの品を、ここで大いにお奨めしておきたい。


「Big Tomi(ビッグトミ)」単価 790円(税別)


このメニュー、「Big Tomi(ビッグトミ)」の 3倍量 が「Mega Tomi(メガトミ)」となるわけなのだが、実際にはどの程度の量となるかと言うと、以下の通りだ。

「Big Tomi(ビッグトミ)」総重量(実測値)342g、直径 13.5cm × 高さ 8cm

と言うことで、ほぼ公称値通りと言ってよかろう。因みに、「ビックマック」との比較なら、重量的には 1個半分 と言うことになる。従って、この品単体であれば、大抵の方が食し切れることであろう。
但し、その具材の質・量ともに、「ビックマック」の比ではない。それはもう具沢山! 大いなる満足感を味わえる代物となっている。

要するに、味わいに関しては、あの絶品「Mega Tomi(メガトミ)」の正にミニチュアバージョンなのである。全く同じ味わいが愉しめるわけだ。ゆえに、そのレビューコメントも不要となろう。

そこを敢えて口にするとすれば、それはもう、「旨い!」の一言で充分と言うことになる。


まあ、何にせよ、「Mega Tomi(メガトミ)」を食し切った後で、更に「Big Tomi(ビッグトミ)」を食すと言う、その暴挙に関しては不問に付しておきたい。
ふと考えると、「ビックマック」7個分 !! これは、我ながら、少々ビックリなのであった。baku爆baku


さて、本日の実測値は、

「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税別)→ 完食(無料)
総重量(実測値)1,181g
直径 21.5cm × 高さ 11.5cm
器サイズ
直径 27.5cm、高さ 3cm、器重量 597g

「X TOMI(ドリンクセット)」890円(税別)961円(8% 税込)50円お得
「Big Tomi(ビッグトミ)」単価 790円(税別)
総重量(実測値)342g
直径 13.5cm × 高さ 8cm
器サイズ
直径 19.5cm、高さ 2cm、器重量 305g
「Guarana(ガラナ)」単価 150円(税別)計量せず

「Mega Tomi(メガトミ)」完食時間 : 3分40秒0
実食総重量 1,523g
支払額総額 961円(8% 税込)

訪問日 : 2019.9.29(日)


このチャレンジ、5分 と言うその制限時間が至難なようだ。私にしたら、さして苦難はないのだが、大抵の方々がこの時間に苛まれると言う。1.2kg !! ちょっとした大食いの方には、容易な重量ではあっても、5分 と言う時間は矢張り厳しいのだと、女性店員が語ってくれた。その分、私に対して「凄いですね」と、お褒めの言葉をかけてもくださった。
この「Mega Tomi(メガトミ)」、瑞々しさと旨味を湛えた巨大バーガーは、心底美味だと思う。5分 以内に完食するのは、よく考えるともったいない代物なのかも知れない。。。

★★★★4.0
2017/11訪問
【(114) メガ盛行脚レビュー その84】

『メガ盛行脚』の「食べログ」投稿を始めたのが、2016.7.30 からなのだが、以来 1年と3ヶ月余り、重量の多さを競うメニューを食し続けてきた。が、今回のそれは今までのものとは少々異なる。「大食い」と並び称されるものに「早食い」と言うものもあるわけだが、今回のメニューは、それに値するものと言えよう。


『焼きたてのパン屋さん TOMI』
群馬県邑楽郡大泉町坂田3-7-4
0276-61-1030


R354〔大泉邑楽バイパス〕を、太田市から館林市方向に東進し、群馬県大泉町の「坂田北」交差点を右折(南折)して 900m 余り南進すると、群馬県道142号綿貫篠塚線と交差する「坂田」交差点に出る。この「坂田」交差点を左折(東折)して 220m 余り東進した、信号のない狭い路地との交差点〔交差点南東角に『タカラ 太田店(SUPER MERCADO TAKARA)』がある〕を右折(南折)して、南進すること 60m 余りで、道路右手(道路西側)に『焼きたてのパン屋さん TOMI』はある。

こちら『焼きたてのパン屋さん TOMI』は、年中無休で開店しているのだが、営業時間が驚愕の、
月~金 06:00~20:00
土・日 05:00~20:00
なのだそうだ。しかも、休みなしの通し営業。ブラジルの方々は半端でなく働き者であるようだ。

ポルトガル語の店名は『Padaria & Lanches TOMI』、ブラジル風焼き立てのフランスパン「ポン・デ・ケージョ」50円 が自慢のパン屋さんである。焼き立てのチーズパンや、1個で十分にお腹を満たす人気メニュー、ボリューム満点のブラジル風バーガー「ビッグトミ」790円 等を売りにしている。
そのほか、軽食ではタラのコロッケをはじめ、キャッサバ芋パンやタルトのような「エンパーダ」もお奨めなのだそうだ。ブラジル風の菓子パンやサラーミ(Salame)・モルタデッラ(Mortadela)など豊富なパンの具材も取り揃えている。
ブラジルのパン屋は、一般的に早朝から営業しており、ブラジル人は朝食に焼立てのパンを食べる習慣がある。『焼きたてのパン屋さん TOMI』も、ブラジルさながらの焼立てのパンを朝食でも食べられるように、早朝から営業をはじめ、焼立てのパンを提供しているとのことである。


今回、2017.11.11(土)、30km 程の道のりを、メガ盛メニューを戴くためにひた走った。ほのちょっととは言え遠隔地への移動でもあり、予め営業確認と予約の要否〔予約不要とのことであった〕を併せて確認してから出発をし、空振りに終わることのないよう十全な準備をして臨んだ。

昨晩、若干の深酒をしてしまい、今朝は朝寝坊をしてしまった。朝食の終了時間が 9:00 少し前と言うことで、お昼まで時間が少ないタイミングとなってしまったわけだ。こんな日は、超弩級の 4kg 近い重量のメガ盛にチャレンジすると苦戦必至なので、よしと思い立って、急遽こちらへのチャレンジと相成った。重量 2kg 未満であれば、全くもって問題なかろうというわけである。


今回チャレンジする品に関して、メニュー内に記載されている内容は以下の通り。

…………………………………………
「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円

5分以内に食べ切れたら無料!
1.2kg
パン、ハンバーグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、カラブレーザ、チーズ、玉子、レタス、トマト
…………………………………………


「Mega Tomi(メガトミ)」とは、巨大ハンバーガーのことだ。定番品の、1個で十分にお腹を満たす人気メニュー、ボリューム満点のブラジル風バーガー「ビッグトミ」790円の 3個分だとのことである。その、直径 20cm超、高さ 12cm 余りの化け物バーガーを戴くと言うチャレンジメニューなのだが、重量公称値 1.2kg、この量自体は驚嘆する程でもないのだが、問題は制限時間である。何と、たったの 5分! いかな「早食い」で慣らした私であっても、これには些か躊躇するものがあった。

対象が、パン(バンズ)と言うこともあり、口中の水分を奪われるようなパサパサの品であったら、苦戦は必至である。水分をどう摂取していこうかと頭の中でシミュレーションもしてみた程だ。5分、この数字は実に重くのしかかってくる数字なのである。

まあ、仮に失敗しても価格は 1,590円。。。美味しく戴いた上での支払いとしては、何の不足もない。むしろ、喜んでお支払い致しましょうと言う価格だ。それ故に、「よし、いっちょ、試してみるか」と、勇んで臨んだ挑戦なのである。
このチャレンジを達成すれば、「早食い」としては相当な域に位置することになろう。全力で頑張ってみる価値のあるチャレンジなのである。

はてさて、「前橋のスピードスター」を自称することが叶うのか否か、私の『メガ盛行脚』の結果は如何に?!


予め電話連絡を入れておいたので、11:05 に現着してその旨を告げると、ニコリと笑顔を一つ頂戴して、席へと案内を受ける。お店の方々は、皆々笑顔で元気一杯、気さくな雰囲気で実に好い感じである。

店内は、大泉町に大勢居住するブラジル人の方々が、日々購入する日用食材等がふんだんに並べられており、雑貨店の様相を呈している。

店内奥には、テーブル席が 30席程あって、イートインにも対応している。席に着くと飲み物の注文を聞かれ、今回は水分補給が必須と考えて、「メロンジュース」を注文した。「水割り」と「牛乳割り」が出来るそうで、「メロンジュース(牛乳割り)」400円 をお願いした。


「Mega Tomi(メガトミ)」配膳前に、

「焼き立てです、良かったら召し上がってください」

と、ブラジル風焼き立てのフランスパン「ポン・デ・ケージョ」50円 をサービスで戴いた。焼き立てで、実にフワフワで美味であった。こう言う積極的サービスも南米気質なのだろうか。実に嬉しいサービスである。


待つこと、10分足らず。いよいよ目の前に巨大バーガーが現れる。


「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円


配膳写メ撮影、計量等の時間は戴けるのとのことなので、タイムキーパーの店員さんに少々お待ち戴く。諸々の準備が出来たところで、店員さんにお声がけすると、

「では、心の準備はよろしいですか? それでは行きますよ。ヨーイ、始めっ!」

緊張感を呼ぶ掛け声とともに実食に入る。途中、30秒毎に残り時間を告げてくれるので、自ら時計を気にする必要が不要となり、実に有り難い。

1/4 大にカットしてあり、さらに手持ちに頃合いなラッピングも4枚ついていて、食し易くしてくれているのだが、兎に角サイズがでかいので、先ずはどう持ったらいいかで悩んだ。が、制限時間が極短なので、見栄えになど構っている余裕もなく、手掴みでガバッと下からいって、ラッピングは使用しないことにした。

手に持ってがぶり!
一口目で、先ず、最初に心配していた水分補給がさして必要でない旨を理解した。バンズが兎に角しっとりとしていて柔らかいのだ。具材もジューシーで、パサつく感じなど微塵もない。

二口目で、「おお~、これは旨い!」そう感じた。ハンバーグが、実に柔らかく肉質感が非常に高い。ベーコン、ハム、ソーセージの肉質系具材のバランスも良く、味わいに複雑さがあって、飽きの来ない味なのだ。
チーズ、玉子、レタス、トマト、これらもまた、味わいの複雑さを生み出す要因として、それぞれが一役買っている。一遍にどかんとこれらが襲ってくるのではなく、

「おっ、玉子がどーんと来たぞ。柔らかっ!」
「あっ、トマトがバンズからこぼれ出そうだ。このジューシーさを逃してなるものか」
「ううわっ、チーズ濃厚! 口の中で蕩けていく~」
「なんだなんだ~、このレタスのシャキシャキ感は♪ ハンバーグの柔らかさが引き立つー!」
「来た来た、ハムとソーセージのW攻撃! 何?! ここでカラブレーザまで来るか~ !!」
「ベーコン厚いねえー、こりゃあ、何という歯応え♪ バンズと一緒に食すともう最高!」

こんな感じであった。1/4 にカッティングされた 1ヶ目でこの味わいを存分に堪能し、「う~わ、うんまっ!」と思わず知らず声に出してしまった程である。カッティング 2ケ目に入る直前で、

「4分30秒」

のお声掛かり、1/4 大 1切れで 30秒程度、なかなかのスタートダッシュだ。ここで初めて「メロンジュース」を一口戴く。

味付け素材として、「ケッチャプ」「マヨネーズ」「オーロラソース」が配膳されたのだが、私にとっては全く不要。味変などしなくても、この素材自体の複雑な味わいだけで充分過ぎる程なのだ。

「旨い、旨い、実に美味い」

調理における味付けは、恐らくハンバーグの塩胡椒くらいではないか。無駄なと言うか大仰な味付けなど不要の、素材そのものの旨味で充分すぎる程の味わいを感じることが出来た。

1/4 大のピースを、大きい順に頬張っていき、最後の最も小さかった一つに手を掛ける瞬間に聞いた、時間のお声掛かりは、

「2分28秒」

これで確実に何とかなるなと感じはしたが、油断大敵、最後まで手を緩めてはならない。ちょうど、私が食し始めるタイミングで来合わせた、サイクリング途中と思われる集団が、「おっいけそうだな」と口にするのを横目に、バンズを食し終え、皿にこぼれた各種の具材をたぐり寄せては口に放り込む。意外にこれに手間取り、完食の瞬間が後ろへとズレ込んだ。
最後のレタスとハムを頬張り、しっかりと飲み込んだところで、店員さんに完食を宣言。
店員さんは、ストップウォッチを止め、

「1分48秒ですって、早ーい♪」

との一言。残り時間で1分48秒であるからして、完食時間は、3分12秒と言うことになる。我ながら、これは頑張った、心底そう思う。
周りのギャラリーも「行っちゃたよ」「ひぇ~」などとの声を出してくださり、私としても嬉しい限り。達成感が深く感じられるチャレンジとなった。

今後は、飽くまでも自称に過ぎないのではあるが、「前橋のスピードスター」と自ら言わせて戴こうと思う。(笑´∀`)


「メロンジュース(牛乳割り)」400円


高さ 15.5cm の広口コップに並々と注がれている「メロンジュース(牛乳割り)」、総重量(実測値)は、371g。量的には先ず先ずなので、水分補給用には程よしと思っていたが、その必要もなくことが運び、ただただほっとしている。

注文を受けてからジューサーで作るのであるが、新鮮食材で相当な美味である。

価格の 400円に関しては、適正ではあると思うのだが、これを 390円やら 380円やらで提供してくれたら、お得感が何倍にも膨らむような気がするのだがどうだろう。。。


さて、本日の実測値は、

「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税込)→ 完食(無料)
総重量(実測値)1,130g
器サイズ
直径 27.5cm、高さ 3cm、器重量 595g

「メロンジュース(牛乳割り)」400円
総重量(実測値)371g
器サイズ
間口 8.5cm、高さ 15.5cm、器重量 421g

「ポン・デ・ケージョ」50円 → サービス品(無料)
総重量(実測値)36g

完食時間 : 3分12秒(公式)

実食総重量 1,537g


チャレンジ前は、轟沈覚悟というか、流石に 5分は切れまいと思っていて、完食は出来るだろうから楽しんで来よう、そんなノリであった。が、この「Mega Tomi(メガトミ)」を一口目を食してみて事前予測は一掃された。「あっ、行ける」、、、パサつき感皆無、複雑な味わい、そんな瑞々しさと旨味を湛えた巨大バーガーであったのだ。実に旨かった。また是非戴きに上がりたいものである。
▲ページトップ

TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税別)→ 完食(無料) TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」真横から。総重量(実測値)1,181g、直径 21.5cm × 高さ 12cm。「ビックマック」およそ 5個半 分と言うことになる。。「ビックマック」を一遍に 5個 !! まあ、普通の人ならそんな暴挙には出ないか? TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」断面。左右に押し広げ、iPhonx で断面写真を撮影した。この間、ロスタイムとなるのだが、およそ 20秒 近く。。。だが、貴重な断面写真。この美しき映像は、撮影しておかねばならぬ !!! TOMI - 料理写真:「Big Tomi(ビッグトミ)」横から。この 3倍量 が「Mega Tomi(メガトミ)」となるわけなのだが、実際にはどの程度の量となるかと言うと、総重量(実測値)342g、直径 13.5cm × 高さ 8cm である。 TOMI - 料理写真:「Big Tomi(ビッグトミ)」単価 790円(税別)断面接写。チーズ、玉子、レタス、トマト、これら全ての具材が、微妙なタイミングで顔を覗かせ、これまたタイミングを少しずつずらして、舌上で撥ね踊るようだ。 TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」上から。現物は、直径 21.5cm 大! 弩級のデカさを誇るバンズを 1/4 サイズにカットしてある。更に、ナイフとフォークが付属し、手持ちに程良いラッピングも4枚 付属している TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」接写。相変わらず、バンズがしっとりとしていて柔らかい。もちろん、具材もジューシー♪ 兎にも角にも、この「Mega Tomi(メガトミ)」、文句なし、お追従なしに、心底旨いのだ !! TOMI - 料理写真:「Big Tomi(ビッグトミ)」単価 790円(税別) TOMI - 料理写真:「Big Tomi(ビッグトミ)」断面。味わいに関しては、絶品「Mega Tomi(メガトミ)」の正にミニチュアバージョン。全く同じ味わいが愉しめるわけだ。ゆえに、そのレビューコメントも不要。それはもう、「旨い!」の一言で充分であろう。 TOMI - ドリンク写真:「Guarana(ガラナ)」単価 150円(税別) TOMI - その他写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表 表紙 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表「ハンバーガーメニュー」 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表「サンドメニュー」 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表「ドリンクメニュー」 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表「セットメニュー」 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』「チチャロンセット」990円のポップ TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗外観「北東から」 TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗外観「北から」 TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗外観「東から」 TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗入口 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「テーブル席」 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「カウンター席」 TOMI - 料理写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』テーブル付属の調味料「シュガー」 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「各種雑貨コーナー」 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「厨房方向」 TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税込)→ 完食(無料)総重量(実測値)1,181g。 TOMI - 料理写真:「Big Tomi(ビッグトミ)」単価 790円(税別)総重量(実測値)342g。 TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税込)→ 完食(無料) TOMI - 料理写真:具材は、パン、ハンバーグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、カラブレーザ、チーズ、玉子、レタス、トマトである。 TOMI - 料理写真:何層にも渡って具材がふんだんに入っているが、このパン(バンズ)自体が、兎に角しっとりとしていて柔らかいのだ。具材もジューシーで、パサつく感じなど微塵もない。 TOMI - ドリンク写真:「メロンジュース(牛乳割り)」400円 TOMI - 料理写真:直径 20cm超、高さ 12cm の化け物バーガーを戴くと言うチャレンジメニューである。 TOMI - 料理写真:1/4 大にカットしてあり、さらに手持ちに頃合いなラッピングも4枚ついていて、食し易くしてくれている。 TOMI - その他写真:ご馳走様でした。 TOMI - ドリンク写真:高さ 15.5cm の広口のコップに並々と注がれている「メロンジュース(牛乳割り)」、総重量(実測値)371g。 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表1 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』メニュー表2 TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』「チチャロンセット」990円のポップ TOMI - メニュー写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』ポルトガル語のメニューポップ。 TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗外観1 TOMI - 外観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗外観2 北側から。 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「イートインコーナー」 TOMI - 内観写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「各種雑貨コーナー」 TOMI - 料理写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「ムース」「プディング」「エンパーダ」 TOMI - 料理写真:『焼きたてのパン屋さん TOMI』店舗内観「ポン・デ・ケージョ」「カルツォーネ」「エスフィーハ」 TOMI - 料理写真:ブラジル風焼き立てのフランスパン「ポン・デ・ケージョ」50円 をサービスで戴いた。焼き立てで、実にフワフワで美味であった。 TOMI - 料理写真:「Mega Tomi(メガトミ)」1,590円(税込)→ 完食(無料)総重量(実測値)1,130g。 TOMI - ドリンク写真:「メロンジュース(牛乳割り)」400円 総重量(実測値)371g。 TOMI - その他写真:「ポン・デ・ケージョ」50円 → サービス品(無料)総重量(実測値)36g。
⇒もっと見る

TOMIの口コミをもっと見る(40件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★4.0
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.5
昼:サービス  :〓〓〓〓4.0
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓==3.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:-
昼:~¥999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



kazutansさんの他のお店の口コミ
ジャンクガレッジ ビバモール本庄店 (本庄/ラーメン)
遂に北限が本庄市内まで!大好き『ジャンクガレッジ』♪
★★★☆3.5
 2020/02

きやんち (本庄早稲田/うどん)
「繊細系」??「武蔵野うどん」を存分に愉しむ昼餉♪
★★★★4.0
 2020/02

カフェ アンジュ (北藤岡/カフェ、パスタ)
パスタがとてもお安く戴ける『角田病院』附属カフェ♪
★★★☆3.5
 2020/01

kazutansさんの口コミ一覧を見る(586件)


TOMIのその他の口コミ
【外国気分!ハンバーガー】
ハロ八口(17)
★★★☆☆3.3
 2019/12

MEGAサイズのバーガーΣ(゚艸゚〃)
カオえもん(275)
★★★☆☆3.2
 2019/10

メガトミ、旨すぎ‼️デカいけど❗
oniちゃん(10)
★★★☆3.9
 2019/04

⇒もっと見る(40件)
▲ページトップ



西小泉のパンランキングをみる


口コミ(40)写真メニュー
評価店舗情報地図


TOMIトップ
食べログトップ
食べログ > 群馬 > 桐生・伊勢崎・太田・館林 > 太田市 > TOMI > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.