日本料理 TOBIUME

口コミ
予想通り!北九州にミシュランの星増!◆日本料理 TOBIUME
akii(2349) [携帯電話番号認証済]
2019/11最終訪問
★★★★☆4.9
★★★★☆4.9
(詳しい評価)

★★★★☆4.9
2019/11訪問
福岡県北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14-11、日本料理 TOBIUME
北九州を料理で表現することに全てを捧げる田代シェフ。
若松・遠賀地区の農家が育てる野菜、響灘・豊前海で水揚げされる魚介、福岡・九州産の肉でのおもてなし。
JR折尾駅から車で10分(JR鹿児島本線)。JR本城駅から車で5分(JR若松線)。
北九州市営バス・千代が崎停留所すぐ。
ホール12席対応(10歳以上)、個室1(8名まで、子供可)。禁煙(喫煙ルームあり)。駐車場あり。カード可。
料理はコース15000円。
お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円、フル(80cc)8000円。
サービス料ホール10%・個室15%、消費税別途。
営業時間12:00~15:00(12:00スタートのみ)。18:00~23:00(18:00~20:00の好きな時間でスタート)。
定休、月曜(祝日営業、その場合は火曜が休日)。
予約は電話での受付 080-4696-1369
THE TABELOG AWARD2019 Bronze受賞。

ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版にて一つ星獲得。
心よりの祝福を。友とも情報共有。
さすがの友が一言。
「何で、TOBIUMEが三つ星じゃないとー?!」
こちらのペアリングマリアージュを堪能していますと、こうなります(^^

通い過ぎると、料理長からメニュー変更のタイミングの月一でと言われてしまいます。
月二行った神無月、一度目は友がレビューしてますので、私は初の一人カウンター利用レビューを。
上げきれていない月のレビューと合わせて2回分の写真を貼りました。
いつも、お酒のペアリングコースのハーフ(40cc)5000円(税・サ別)を一緒に。
今回のレビュー、お酒は写真のみで確認下さい。
凄いですよ、毎回。この価格では絶対に頂けない内容。

◆紅梅 15000円(税・サ別)

神無月 ~小さい秋見つけた~

蘇生 野菜達の"しずく"

始まり  "破れた恋" 

地産地消 "蟹玉"

吹寄せ2019 "秋の景色を一皿に"

滋味 "しみじみと、、、"

ゴチ網 "寝かせ" 

潮 "座布団"

海味 "煮"と"焼"の狭間で

旬 "お熱いのがお好き"

瑞穂 "焼肉定食"

異文化 "なしくずし"

初の一人利用で、カウンターを希望。
BGMを聞きながら、女将も料理長も立ち寄りやすい位置でいただくのも良いものですね。
松茸のシーズン。鉢いっぱいの香りをいただいてのスタート。
いつものようにTOBIUMEのベジブロスから。
その日の野菜素材の香りと甘みが凝縮された一杯。温かくホッとする。
始まりは、若松産の里芋を含め煮にして揚げたもの、菊の餡かけで。メニュー名は花言葉。
蟹真薯(ボール形)の茶碗蒸しにて、蟹玉。
毎年この時期の吹寄せは、秋の景色を思わせ美しい。プレートの上は全て食べられる食材。
滋味は、贅沢な松茸の椀。鱧の頭の出汁で。今回は椀だと思われた料理長、土瓶蒸しでなく。
ゴチ網は、若松のクエを一日寝かせたものと、芦屋の車海老、揚げた海老の頭。
潮は、芦屋の柏原で揚げた7kgほどある座布団平目。
海味は、喉黒の下に飯蒸し。上には走りの白菜。
旬は、松茸と白子のフライ。香りの松茸と蕩ける食感の白子、二つの贅沢。
反則の焼肉定食は、炊きたてご飯に炭火で焼いた肉と松茸!
肉を黄身に浸し、錦胡麻たっぷりのタレに浸し… 嗚呼、幸せ♡
明太子もあるし、若松産の韮と豆腐の味噌汁でいただいてると、止めに鰻の地焼きで悶絶。
新高梨づくしのデザート、ソルベ、スライス果肉、梨パウダーにメレンゲ。
食後の飲物は、この日お抹茶を。
大満足です。

◆紅梅 15000円(税・サ別)

葉月 ~盛夏~

蘇生 野菜達の"しずく"

始まり  "潮風にもまれて"

旬 "藍より出でて"

天然 "う"

人脈 "鮎の塩焼き??"

潮 "筑前海の恵み" 

船上 "〆る"

海味 "磯の片思い"

大地 "夏肉"

瑞穂 "骨切り"

異文化 "マスクメロン"

この日も、熱々の野菜達のしずくからスタート。
始まりは、関門海峡の蛸。若松の叩きオクラと。写真はありません。先に食べちゃって(^^;
旬は、解禁直後の藍島の赤海胆を冷製茶碗蒸しで。
天然は、TOBIUMEオリジナルうざく。相変わらず鰻の地焼きがお上手。
天龍鮎の塩焼きをすり流しに。スープ形状の椀。飲む鮎の塩焼きを、鮎と合うシャルドネと。
潮は、芦屋の天然鯛、二種の海胆は天草の奴寿司から届いた海胆と安岡の海胆。
船上は、宗像のブランド鯵、玄ちゃんアジを棒寿司にして。プレートの梅肉醤油を好みで。
海味は、柏原漁港の素潜り鮑を蒸して肝ソースで。滋味深く美味しいですよねぇ。
若松の無花果とよみつひめを添えて。とよみつひめはフリットでも。甘美味しい。
大地は、鹿児島黒毛和牛のサーロインを自家製ローストビーフで。
間にはゴーヤと焼き茄子が挟んであります。夏味ですねー。
瑞穂は、自家製ごまダレと焼き鱧・クエを、炊きたてご飯にのせ、鱧出汁をかけてお茶漬けに。
異文化は、マスクメロンアイス。銘柄はシールにてご確認を(^^
食後に薄茶をいただいて、この日も口福でした。

トレ・ボン!北九州テロワール、田代料理長!
如何すればより美味しいか。料理長の研究は続きます。
そして、TOBIUMEのペアリングは、やはり日本一だと思います。
高級銘柄のお酒をリンスしての提供。驚きの品揃え。
月替わりのコースと合わせての、楽しみのマリアージュ。

こちらのお店への訪問をご検討の皆さま。
この人気ですが、立地から平日は予約がまだ可能です。

(オーナー料理長と利き酒師の女将は、同じ田代姓ですがご夫婦ではありません。勘違いされている方が多いので、念の為)

★★★★☆4.9
2019/05訪問
福岡県北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14-11、日本料理 TOBIUME
北九州を料理で表現することに全てを捧げる田代シェフ。
若松・遠賀地区の農家が育てる野菜、響灘・豊前海で水揚げされる魚介、福岡・九州産の肉でのおもてなし。
JR折尾駅から車で10分(JR鹿児島本線)。JR本城駅から車で5分(JR若松線)。
北九州市営バス・千代が崎停留所すぐ。
ホール12席対応(10歳以上)、個室1(8名まで、子供可)。禁煙(喫煙ルームあり)。駐車場あり。カード可。
料理はコース15000円。
お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円、フル(80cc)8000円。
サービス料ホール10%・個室15%、消費税別途。
営業時間12:00~15:00(12:00スタートのみ)。18:00~23:00(18:00~20:00の好きな時間でスタート)。
定休、月曜(祝日営業、その場合は火曜が休日)。
予約は電話での受付 080-4696-1369
THE TABELOG AWARD2019 Bronze受賞。

各地の店のペアリングをいただいて来ましたが、TOBIUMEのペアリングが日本一だと思えます。
高級銘柄であれ、清潔なグラスなのにリンスしての提供。そして品揃え。
月替わりのコースと合わせてのマリアージュ。
訪問するのを本当に楽しみにしています。
謎かけか、駄洒落か、捻ってある献立。
席に置いてある今月の献立を読みながら、今日の"これ"は何?と心待ちにする料理。
オーナー料理長 田代シェフが確立した地場の食材で挑む北九州料理。
これだけはという全国からの厳選食材はシーズン一度くらい。
ベースに地元の一番美味しいものを味わってほしいという"地元愛"が溢れています。
ペアリングのお酒の説明は、利き酒師・焼酎アドバイザーの資格を持つ女将。
(料理長と女将は、ご夫婦ではありません。勘違いされている方が多いので念の為)
今回は、幸せに酔った卯月のレビューです。
定番のコースとこの日も、お酒のペアリングコースのハーフ(40cc)5000円(税・サ別)を一緒に。
写真は、コースの流れとペアリングを時系列に。
最後に今年の他の月のものを数枚足してます。
(以下内容のリンク先は、食べログ登録があれば優先してリンク、酒蔵などはHP、なければ情報ページに飛ばしてます)

◆紅梅 15000円(税・サ別)

卯月 ~春~

蘇生 野菜達の"しずく"

開演  "苦味" 

旬 "春芽"

滋味 "マスオさんの親友は??"

口福 "磯の片思い"

里山 "春"を詰め込んで!!

出会い "海味"に浮かぶ"豆"

潮 "筑前海の恵み"と"漁師の想い"

地産地消 "山の白子"

海味 "甘味2"

大地 "赤い情熱"

瑞穂 "弘子の紫"

異文化 "苺大福"

熱々の猪口一杯のベジブロス、野菜達のしずくから本日もスタート。
苦味は、長野 天龍鮎の稚鮎の天麩羅、八女抹茶塩添えで。発泡日本酒の庭のうぐいすCO2(山口酒造場)が合います。
春芽は若松の天野さんのアスパラガスと遠賀の柏原漁港で揚がった甲烏賊を木の芽味噌で田楽焼きに。プロフェッショナルでも紹介されたワイン醸造家 中田晃司さんのピュリニー・モンラッシェ2013 ルー・デュモン 白と。
2014BY酒造年度仕込み純米大吟醸袋吊斗瓶取り仕込29号 限定本数150本と2017舟しぼり無濾過原酒 H29BY 純米大吟 意宇(おう)生原酒の王禄酒造の飲み比べと、マスオさんの親友のイラストの下は、遠賀の柏原漁港で揚がった穴子の飯蒸しでした。廣久の本葛餡が掛かってます。シェフが一枚づつ手書きしたイラストがクオリティ高い(o^-')b nice‼
磯自慢(磯自慢酒造)の純米吟醸50%と特別純米と、山田錦の青春バージョン飲み比べ。おまけに特別本醸造も。料理は磯の片思い。蒸鮑。その出汁の煮凝り。山口の紫海胆と。
小布施ワイナリーのドメイヌ ソガ2016と小布施ワイナリーのヌメロシス サケ エロティック生酛。同じワイナリーの白ワインと日本酒を飲み比べ。料理は春を詰め込んだ器、合馬の筍と地野菜たち。
次は料理長の現在のヒット、若波(若波酒造)の純米吟醸 山田錦 生酒が料理長とネームバリューのある黒龍(黒龍酒造)火いらず純米大吟醸の限定品の生酒。そして、料理は浮かぶ豆。柏原漁港の鱸、出汁も鱸のアラで。彩は、若松のスナップエンドウとそのスプラウト。
お造りに合わせて、十四代(高木酒造)と而今(木星正酒造)を二種類づつ。潮1皿目は、柏原漁港のおこぜとアコウ硝子の器に梅肉醤油、肝ポン酢が美味しい!潮2皿めはガラスの立体的な器で。萩の赤海胆とクエと栄螺と葉山葵と。
山の白子は、100本の内1本程度し採れないと言われる白子筍。
炭火焼き筍は1回醤油をハケ塗りしたもの、上はシンプルに塩焼き、間に藍の島の若布。合わせるお酒は飛露喜の愛山。
甘味2は、門司の宝生丸の甘鯛の煮付、若松の新玉葱と。越前漆器の器が素敵。合わせるお酒は、ピンクユニコーン。新政酒造の若い杜氏チームが造った希少酒。
赤い情熱は、飯塚 筑穂牛のシャトーブリアンの炭火焼き、若松の水きりトマトとそのチップス。若松の無農薬レモンや糸島またいちの焼塩や、甘めのタレなど好みで。2タイプの赤ワインと。ピノノワール(ドメーヌ アツシスズキ)とカベルネソーヴィニヨン(酒井ワイナリー)。
食事には、海女の名前の海胆飯。海胆の分量はご覧の通り!ここでは有無を言わさない鍋島(富久千代酒造)2種飲み比べ。
デザートにあたる、異文化には口の中で完成する苺大福。最後のペアリングはシャンパーニュのドゥラモット。
食後の飲み物は、珈琲、薄茶、オーガニックハーブティー、星の紅茶から選択出来ます。
今回は珈琲を。POP COFFEESの焙煎人、矢澤太輝さんと共同開発したTOBIUMEオリジナルブレンド。ブラックで愉しみたい一杯。

ペアリングでなくても愉しめますが、お酒が飲める身としてはペアリングだと3倍愉しい。
そしてペアリングのコスパは半端ないです。幸せ♡
ペアリングだと3時間ほどの田代劇場を愉しみ、最後にカーテンコールのように料理長が出て来られます。
演出家兼劇場支配人の田代オーナー。
ずっと観客で居たい私。
只今、食べログ福岡5位の4.37。
食べログ、ヒトサラ、ミシュラン。どこも注目している店です。
末永く、北九州を美味しく愉しくして下さいね。
今後も楽しみにしてます。

★★★★☆4.9
2018/02訪問
福岡県北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14-11、日本料理 TOBIUME
北九州を料理で表現することに全てを捧げる田代シェフ。
若松・遠賀地区の農家が育てる野菜、響灘・豊前海で水揚げされる魚介、福岡・九州産の肉でのおもてなし。
JR折尾駅から車で10分(JR鹿児島本線)。JR本城駅から車で5分(JR若松線)。
北九州市営バス・千代が崎停留所すぐ。
ホール12席対応(10歳以上)、個室1(8名まで、子供可)。禁煙(喫煙ルームあり)。駐車場あり。カード可。
料理はコース15000円。
お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円、フル(80cc)8000円
サービス料ホール10%・個室15%、消費税別途。
営業時間12:00~15:00(12:00スタートのみ)。18:00~23:00(18:00~20:00の好きな時間でスタート)。
定休、月曜(祝日営業、その場合は火曜が休日)。
予約は電話での受付 080-4696-1369

コース内容が月毎に変更となるTOBIUME。
流れ通りに、ほぼ月一で楽しませていただいてます(^^
お店の情報が少し変っているので↑変更しました。
ランチメニューは無くなり、昼も夜も同じおまかせコースで。

今回のレビューは今年2月の日の内容なのですが、同じ内容のレビューはなかったのでご参考までに。
こんな日もあります。
季節感が違うタイミングで申し訳ないですが。

◆紅梅 15000円(税・サ別)

如月 ~立春~

蘇生 野菜達の"しずく"

始まり "神宿る深海より" 鐘崎産鮟鱇 若松白菜

燻 "融解温度"

口福 "紅"と"白"

旬 春の足音、、、山口産赤貝 若松産菜の花 博多蕾菜

地産地消 "竹の子の里"

潮 海からの恵み、日本の文化

海味 金沢より直送"タグ付き加能蟹"

大地 "熱々をお好みで" 宮崎牛サーロイン 安高農園水菜

瑞穂 "カニ"リターンズ!!

異文化 "温かいチョコレート" カカオバリー社 ピストールエクセランス55%

終焉 "大根おろし"

北九州の地産地消がテーマのTOBIUMEですが、この日の主役は、金沢直送タグ付き加能蟹。
私の画像ファイルに眠らせてしまうのは勿体なくて。
この日も、お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円(税・サ別)を一緒に。
そのペアリングの中に、蟹の甲羅酒が用意されたものですから、この日も至福の一言。
蟹づくしの日の終焉の大根おろしは、大根の淡雪のような一品。遊び心を忘れない田代シェフ(^^
最高でした。

★★★★☆4.9
2018/02訪問
福岡県北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14-11、日本料理 TOBIUME
北九州を料理で表現することに全てを捧げる田代シェフ。
若松・遠賀地区の農家が育てる野菜、響灘・豊前海で水揚げされる魚介、福岡・九州産の肉でのおもてなし。
JR折尾駅から車で10分(JR鹿児島本線)。JR本城駅から車で5分(JR若松線)。
北九州市営バス・千代が崎停留所すぐ。
ホール12席対応(10歳以上)、個室1(8名まで、子供可)。禁煙(喫煙ルームあり)。駐車場あり。カード可。
昼の懐石・水~日曜12:00~15:00(12:00スタートのみ)。
[昼 ショート懐石(8皿)5500円、紅梅(小量多皿)13000円]
夜の懐石・火~日曜18:00~23:00(18:00~20:00の好きな時間でスタート)
[夜 白梅(10皿)8000円、紅梅(小量多皿)13000円]
お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円、フル(80cc)8000円
サービス料ホール7%・個室15%、消費税別途。
定休、月曜(祝日営業、その場合は火曜が休日)。
予約は電話での受付 080-4696-1369

タイトルは料理長の田代晃司さんの言葉で、来店客全ての方に伝えたいコンセプト。
自分を育ててくれた地元の食材・文化に立ち戻り、北九州を料理で表現することに全てを捧げる決心の表現。
料理長はお酒のコレクションにも力を入れており、利き酒師・焼酎アドバイザーの資格を持つ女将がフロアで楽しませてくれます(女将と呼ばれていますが、料理長とご夫婦ではありません)。
料理はおまかせの懐石のみ。
飲物はメニューあり。
そちらから垂涎のお酒を選んでもいいのですが、ペアリングがお得過ぎて毎回そちらを楽しんでいます。
最近は、夜の「紅梅」にして、ペアリングと合わせて最高の時を。

この日は家族の誕生日。予約時に聞かれて、そう返事していました。
同じ月に、二度利用の日。TOBIUMEは月一のメニュー変更。
同じ内容で良いですよと申しましたが、料理長はそんなわけにはいかないようで。
前のレビューと比較下さい(^^

◆紅梅 13000円(税・サ7%別)

睦月 ~新年~

蘇生 野菜達の"しずく"

開演 苅田漁港より "豊前の一粒カキ"

旬  "赤い瞳"

滋味 "海"と"山"

地産地消 "竹の子の里"

伝承 "白"×"白"雑煮

潮  "港町ブルース" 柏原漁港より

海味  "藍"の"愛"の鰆

遊泳 "絡める"

大地 石田農園の"北あかり"ロブション風

瑞穂  "弘子の紫"

異文化 色とりどりな世界

コース紅梅のスタートは、一杯の野菜エキスの温かいスープ、ベジブロスから。
次に、献立には書かれていなかったですが前菜の前菜で、鰤のない鰤大根。若松の大根に味が滲みてます。
開演は、牡蠣の田楽仕立て。
旬の赤い瞳は、高級のどぐろ紅瞳の炭火焼きを寿司にした、焼きたて喉黒寿司!
滋味には、海の鮑と山の鮑(どんこ椎茸)。どちらも地物。下にリゾット風の肝ご飯!
地産地消には、若松の朝掘り筍を。
伝承の白×白は、白子の白と白味噌の白での雑煮。
潮は、柏原漁港から。左はタカバ(ハタ科)、右は近目金時。若松の潮風キャベツと。
近目金時の肝を別皿で。ポン酢でいただきます。
海味は、藍島の鰆。塩焼きでふっくらした身、パリッとした皮目。合馬春菊と。
遊泳は、穴子と白子。皿の窪みに卵黄をソース。
大地は、鹿児島黒毛和牛のサーロインの炭火焼き。石田農園のじゃが芋をマッシュポテトに。若松トマトと。
瑞穂は、鐘崎の海女、弘子さんの海胆ご飯。中は炊き込み、上に生がたっぷり!
河豚アラと白菜の椀ものと。
異文化にデザート。誕生日ケーキでした。可愛い花束もいただいて。
ケーキは持ち帰りますか?とのことでしたが、その場でいただきました(^^
選べる飲物は、この日は珈琲に。
家族は感激の夜でした。

ペアリングは、おまかせの日本酒とワイン混合。
日本酒だけのペアリングもあります。

◆お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円(税・サ7%別)
料理長セレクトのベストマリアージュのお酒。
最後まで味を楽しみたいので、飲み過ぎないようにハーフで。家族はフルで。
好みのミネラルウォーター1本サービス。
写真は、食事とお酒の組み合わせが分かるように時系列に並べています。
印象的だったのは、バレンタイン仕様のたかちよ。
2018年の試験醸造の為、全国25酒販店のみの販売。赤のドット柄に見えますが小さな♡柄。
そして、寫樂の純米大吟醸 極上 二割二分は痺れましたね~
気品漂う極上の華やかさ。
原料米、特A地区「兵庫県六甲山山田錦」精製歩合22%。仕込水、磐梯山系伏流水。
酵母 F7-01(うつくしま夢酵母)K-1801(きょうかい酵母)。詰日平成28年5月7日。
ケーキに合わせるのに、シャンパーニュを最後に。

食後は、料理長と女将が揃って表まで送ってくれます。
北九州がお題となる日本料理。
かつ日本料理でのイノベーティブ。
そして最高のペアリング。
高級寿司の後の訪問だと、この食材量と料理で何と良心的な価格…と思ってしまいます。
間を空けず訪問したい気持ちを押さえて月一利用。
平日利用をしていますが、週末予約はかなり厳しくなってきています。


★★★★☆4.8
2018/01訪問
福岡県北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14、日本料理 TOBIUME
北九州を料理で表現することに全てを捧げる田代シェフ。
若松・遠賀地区の農家が育てる野菜、響灘・豊前海で水揚げされる魚介、福岡・九州産の肉でのおもてなし。
ホール12席対応(10歳以上)、個室1(8名まで)。禁煙(喫煙ルームあり)。駐車場あり。カード可。JR折尾駅から車で10分。
定休、月曜(祝日営業、その場合は火曜が休日)。予約は電話での受付 080-4696-1369
昼の懐石・水~日曜12:00~15:00(12:00スタートのみ)、ショート懐石(8皿)5500円、紅梅(小量多皿)13000円。
夜の懐石・火~日曜18:00~23:00(18:00~20:00の好きな時間でスタート)、
・白梅(10皿)8000円、紅梅(小量多皿)13000円。
・お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円、フル(80cc)8000円。
サービス料ホール7%・個室15%、消費税別途。

定期的に伺っているTOBIUME。
レビューは久しぶりです。前回から情報が変っているので↑記しました。
北九州だからいただける日本料理、かつイノベーティブ。
料理はコースのみ、その料理に合せられる最高のペアリングコース。
地元でこれだけ満たしてくれるレストランは希少なので、大事に思っている店の一軒です。
年明けの1月、予約利用。
週末は予約がほぼ取れなくなりました。私の利用は平日の夜です。
店前の駐車場に車を停め、店内へ。
女将に迎えられ、席へと案内。穏やかなBGM。仄かに良い香りのおしぼり。
予約は紅梅、ペアリングを楽しみます。

ペアリングコースは、料理ごとに日本酒とワインを中心にグラス売りでは出来ない特別な銘柄も楽しめます。
好みのミネラルウォーター1本サービス。
高級な銘柄がいただけることもあり、日本酒メニューも充実してますが、ずっとペアリングにしてます。
飲み過ぎないようにハーフで(^^

◆お酒のペアリングコース…ハーフ(40cc)5000円(税・サ7%別)
この日もレアな日本酒をいただきました。
料理長自らセレクトしたベストマリアージュのお酒。
毎回、幸せです。お酒の数だけ文字にしますとかなりの量になってしまいますので写真でご覧ください。

以下、料理のコースです。

◆紅梅 13000円(税・サ7%別)

睦月 ~新年~

蘇生 野菜達の"しずく"

始まり 始まりは"温もり"から、、、

口福 TOBIUME謹製"豊前産唐墨餅"

旬 "一粒カキを一粒だけ"

地産地消 "若松海岸物語"

伝承 新年を祝って

潮 "関門海峡冬景色"

海味 "地獄網"

大地 "大葉春菊の温かいお浸し" 

瑞穂 "カンパーニャ"からの香り

異文化 "あまい・まあるい・おおきい・うまい"

終焉 "レアな金時"

コース紅梅のスタートは一杯の野菜エキスの温かいスープから。
いわゆるベジブロスですが、TOBIUME食材のベジブロス、その日の野菜により味が違います。
始まりは、下関の天然とらふぐを茶碗蒸し仕立てで。滑らか。中には蒸し白子。上には焼き白子。んー美味しい!
口福は、豊前のボラの卵巣をカラスミにして唐墨餅に。唐墨多めで柔らかめ。餅との相性が最高。嗚呼、正に口福!!
旬は、シェフが漁港まで求めに行った立派な一粒牡蠣を山口菊川の海老芋のすり流しと合わせて。シャブリが合う。
地産地消は、若松の食材のみで。若松トマトにスイートスプリング、岩屋の赤海鼠など。
伝承は、雑煮。若松の鶏の澄んだお出汁がとても美味しい。
潮はフグ刺し。炙ってない唐墨も添えられてて嬉しい。
もう一皿、芦屋・柏原漁港の天才釣り師が揚げた、神経締め近目金時の刺身。
海味は、地獄網で獲った対馬のブランド喉黒、紅瞳と若松の白菜の煮付。
大地は、小倉南区の大葉春菊がメイン、肉はこの日は鹿児島黒毛和牛のイチボ。鐘崎の雲丹を一口。
瑞穂は、おじや。特別な南イタリアのトリュフ、フグの焼き白子を、河豚骨を焼いてとった出汁のおじやと混ぜて。
幸せに決まってるでしょう!しかもこのトリュフは黒トリュフよりも香る!
異文化は、福岡の誇る苺、あまおうのデザート。
最後に、金時とレアチーズ。
珈琲、薄茶、オーガニックハーブティー、和紅茶から、薄茶をいただきました。八女茶・星の製茶園の御薄。

この日はシェフと話せる時間も多くあり、料理以上の満足がありました。
料理とペアリングの日本酒・ワインのマリアージュも最高。
10シーン13種。相乗効果で評価が上ります。
フロアは女将ともう一人女性スタッフさん。
食後は、シェフと女将が揃って表まで送ってくれます。
ご夫婦ではないです、従前のお仕事仲間。
すでにもうこの後に1回利用済み、予約も入れてます。
大好きな店で、本年も何度もお伺いしたいと思っています(^^

★★★★☆4.9
2016/10訪問
北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14、日本料理 TOBIUME
日本料理の発展、進化に貢献出来るレストランを創るというテーマをもとに生まれたレストラン。
北九州の地にて、田代シェフが食べられる芸術に挑戦。
35席、個室1。禁煙。駐車場あり。カード可。JR折尾駅からタクシーで10分。
定休、月曜(祝日の場合は営業)。
ホール席は10歳以上の利用、個室(ファミリールーム・12名まで)であれば10歳未満の利用可。
昼の懐石12:00~15:00(L.O.12:30)、水~日、月曜祝日の場合は営業。
・ショート懐石(8皿)5000円(税サ別)、飛梅(10皿)10000円(税サ別)
夜の懐石18:00~23:00(L.O.20:30)、火~日。
・白梅(10皿)6200円(税サ別)、紅梅(10皿)12000円(税サ別)
・お酒のペアリングコースあり全9種…ハーフ(40cc)4200円、フル(80cc)7000円
サービス料5%別途、個室使用時10%別途。消費税別途。

昨年10月にランチ利用。
ショート懐石をお願いしました。
三名で利用。
お昼でしたが、お祝いの席でした。
私はこの後のドライブのハンドルキーパー。
あとのお二人には、幸せなお酒との時間を楽しんでいただきました。

◆神無月 ~小さい秋見ぃつけた~

凌ぎ "SABA"押す

前 TOBIUME 秋のスペシャリテ"吹き寄せ"

椀 "蓮根"の粘り 山口産甘鯛 柚子

鮮 海からの恵み、日本の文化

揚 "海老芋"愚直に含めて、揚げる… 銀杏 鰹の土 マイクロハーブ

肉 木ノ子の山 大黒しめじ ジャンボ椎茸 舞茸

食 石田農園さんの"新米"

洋 "洋"と"和" その爽やかな表現

お茶 オーガニック珈琲 又は オーガニック紅茶

秋を感じられる内容のショート懐石。
肉厚絶品の鯖鮨に始まって、前菜の吹き寄せの美しいこと。
毬栗に見立てているのは、黄身素麺の揚物。散らしてあるのは、おから。
お造りには、地元の漁港、鐘崎のアラ。青森の本鮪。山葵は幻の山葵と言われる匹見。口直しに奈良の柿。
海老芋の含みを揚げたものも美味しかった。下に温度玉子。絡めて。散りばめてあるのは鰹の土。
宮崎牛のローストビーフには、秋のキノコを盛りだくさん。散りばめているのは栗、サラダホウレン草。
お待ちかねの新米タイム。炊きたて米の美味しいこと!
ご飯に合わせて、福岡の姫島の赤雲丹・海塩添えと、北海道のイクラ。具が茗荷の赤出汁。幸せ!
最後の水菓子は、和梨と洋梨のシャーベット。
これがメニューの和と洋だったのですね。カットフルーツは洋梨。
お茶は紅茶をいただきました。

食事中は、一番の楽しみ利き酒師の女将のペアリングを運転の為、封印したのですが…
改めて、お店が用意されているソフトドリンクの質の高さを認識しました。

◆Neoプレミアムジンジャーエール 500円
博多のバーテンダーが監修したカクテル専用の理想のジンジャーエール。

◆ワイナリーで造った信州ぶどうジュース 500円
ナイアガラ(白)とコンコード(赤)。イヅツグレープです。

シェフがこの地で挑戦してくれるのはとても嬉しいことです。
最近は予約が取りづらくなってしまいましたが、定期的に訪れたい芸術懐石です(^^
この日ご一緒だったマダムは、ご自分で陶芸もなさる方。
器一つにも興味深く質問されていました。
もうお一人は無類のお酒好き。女将セレクトに舌鼓。珍しいお酒に始終ニコニコ。
事前に告げていたので、お祝いの花もいただいて。
気配りしてくださる良いお店です。
初めてご利用のお二人が満足してくださって良かった(^^
後2回分の利用を溜めているのですが、その分は追ってレビューします。

さぁ、お二人を連れてドライブへ行ってきます。

★★★★☆4.8
2016/10訪問
北九州市八幡西区千代ケ崎3丁目14、日本料理 TOBIUME
日本料理の発展、進化に貢献出来るレストランを創るというテーマをもとに生まれたレストラン。
田代シェフが北九州にて、食べられる芸術に挑戦。
35席、個室1。禁煙。駐車場あり。カード可。JR折尾駅からタクシーで10分。
定休、月曜(祝日の場合は営業)。ホール席は10歳以上の利用、個室(ファミリールーム・12名まで)であれば10歳未満の利用可。
昼の懐石12:00~15:00(L.O.12:30)、水~日・月曜祝日の場合は営業
・ショート懐石(8皿)5000円(税サ別)、飛梅(10皿)10000円(税サ別)
夜の懐石18:00~23:00(L.O.20:30)、火~日。
・白梅(10皿)6200円(税サ別)、紅梅(10皿)12000円(税サ別)
・お酒のペアリングコースあり全9種…ハーフ(40cc)4200円、フル(80cc)7000円
サービス料5%別途、個室使用時10%別途。消費税別途。

価格改定がありましたので、上記の修正をしています。
この度は、誕生日が近い同志のマイレビュアーさんを誘って3人で利用。
白梅コースに、大のお気に入りのペアリングコースのハーフを。

◆白梅 6200円(税別、サ5%別)
晩秋 ~霜月~

先付け 濃い味の“鮟肝”淡い味の“蕪” -濃と淡のコントラスト-
    蕪の葉 蕪のすり流し 芽葱

前菜  “蟹のカリフォルニアロール”お米??ちょっと違います。。。
    長崎産渡り蟹 アボガド 菊花 とんぶり 蟹出汁醤油 二十日大根

椀   “蓮蒸し”蕎麦の実の薄葛仕立て
    蓮蓮根 花蓮根 銀杏大根 紅葉人参 松葉柚子

鮮   海からの恵み 日本の文化

煮   海老を含ませた 菊川の“海老芋”
    下関産菊川の海老芋 温度玉子 鰹の土 

魚   “鰤”焼茄子射込み “下仁田ネギ”の葱味噌を纏って
    栗 赤玉葱 銀杏 醤油バルサミコ

肉   香りを閉じ込めて!! 黒毛和牛と木の子のスープ煮
    平茸 アワビ茸 タイニーシュシュ 黒キャベツ

食   “秋鮭”と“いくら”の親子飯

洋菓子 ふぞろいの林檎たち
    生姜のカスタード 塩キャラメルのソース

和菓子 モンブラン大福

お茶  POPCOFFEE or マイティーリーフ or 薄茶

本日もお酒とのペアリングが楽しい!
お店には伝えてなかったのですが、二人が誕生日での食事会だと気づかれて、特別な而今を開けてくれました。
そして、デザートのモンブラン大福がパーティープレートに!シフォンケーキとキャンドルがついて。
それだけでも嬉しいのに、お花もいただきました。何時の間に!
シャイなシェフと女将らしい演出。ピアノ型オルゴールから流れる、Happy Birthday to You。
誕生月の二人はサプライズに驚き大変喜んでましたが、コース通りだと大福1個のシーン。
一人だけ差がつき過ぎて、三人で大爆笑。
これが甘いものは特に反応しない家族なので良かった。
甘味好きの方だったら気を使ってしまうところです。
それにしても有難うございました*_ _)ペコリ
とっても嬉しかったです。
益々ハマって行く予感。
最初訪問した時からするとお客さんが増えました。
お店にとっては良いことですが、利用者としては、どうか予約が取れなくなりませんように!(-人-

(2015/08/09)
7月メニューの時にお邪魔してきました。
前回利用と料理の価格も同じで、お酒も前回同様のペアリング。
夜の懐石白梅(10皿)5800円と、ペアリング全9種…ハーフ(40cc)4200円。
9種と言っても料理によっては、ハーフを半々で2種出されたりして、毎回11杯いただいてます。
食前酒から始まって、食後のデザート酒まで、至福の時間です。

◆白梅 5800円(税別、サ5%別)
七夕 ~文月~

先付け 甘~い“玉蜀黍”

前菜  星に願いを・・・

椀   “鱧”と“丸茄子”

鮮   本日の市場より 天然鮮魚の盛り合せ

煮   糸瓜“う”巻き  

魚   長野より 泳がし “天龍鮎”

肉   鹿児島 “黒毛和牛” の冷しゃぶ

食   石田農園産 叩き “オクラ” 御飯

甘味  真空減圧の “桃”

小菓子 “水羊羹” と “蕨餅”

お茶  POPCOFFEE or マイティーリーフ or 薄茶

先付けは玉蜀黍の揚物とすり流し。目の前で冷たいスープが注がれ、揚物との熱冷温度差と自然の甘さが良い。
前菜は七夕を見て感じられる一皿。長芋素麺が天の川。山葵の泡を混ぜて食べる。星は豆乳豆腐。
椀の鱧は肉厚で、出汁は上品。
お造りは天然本鮪が主役。トマトに生南瓜。おきゅうとや錦胡麻。
煮物の鰻は鹿児島産。
魚は見ての通りの躍動感があり旬でもあり、天然鮎は大人の楽しみ。
肉は今回さっぱりと冷しゃぶ。
食は炊き立ての麦飯と叩きオクラ。蟹の味噌汁も嬉しいですね。
甘味の真空減圧調理の桃に、機械オタクのシェフを感じ、和菓子と薄茶で満足のラスト。
今回、お酒の話は割愛です。ボトルは全て写真で並べました。
ご一緒した方と同じく、毎月通いたいお店です。
但し、レビュアーとしては毎回情報量が多く、すぐに書き切れなくなってしまいそうではありますが。

(201/07/09)
5月に続けて二度利用しました。
ミシュラン発売のタイミングにお店の移転が重ならなければ★付きのお店が北九州に増えたのではないかと思いました。
世界に誇れる日本料理の発展、進化に貢献出来るレストランを創るという田代シェフの挑戦。
30代後半のシェフの果敢な挑戦は、地方のレストラン活性になると思えます。
東京・大阪では見ますが、地方都市では見ない拘りとサービスがされており、今後が楽しみです。

提供されているのは日本料理ですが、フロアの女性の雰囲気や店内の設えは西洋料理の雰囲気です。
テーブル席を中心に天窓のあるフロアと個室が1室、カウンター席もあります。BGMはジャズなど。
屋号に入る梅のデザインが店内の各所に見られます。
食器は、福岡県田川郡福智町の上野焼・城之釜を中心に、硝子食器は梶原・森山硝子。
グラスはリーデル又はシュピゲラウ。
食材への拘りは、仕込み水は犬鳴山系地下120mから汲み上げた天然水。
米は県下の農家から減農薬こしひかり・無農薬野菜を、卵は石田農園を走る平飼いされた鶏のもの。
魚は北九州中央市場を中心とした出来得る限りの天然玄海産、山陰の境港から直送の海の幸。
肉はビュルゴーシャラン鴨、鹿児島六白豚、牛肉は3週間のドライエージングをかけた最高のものなど。
出汁は、昆布は天然羅臼黒走り、節は4種のオリジナルブレンド。

メニューは席に用意してあります。

◆白梅 5800円(税別、サ5%別)
端午の節句 ~皐月~

先付け “豌豆豆” “順才” “雲丹” 出しの「ジュレ」と「泡」

前菜  長野より直送“天竜地鮎” 新じゃが芋の南蛮ソース

椀   あめ色 “新玉ねぎ” の和スープ

鮮   本日の市場より 天然鮮魚の盛り合せ

煮   山菜 “飛龍頭” の揚げ出し    

魚   40℃の “初ガツオ” のタタキ

肉   様々な変化を魅せる “新ごぼう”

食   深川茶漬け

甘美  “新しょうが” のアイス ザックリと、、、

小菓子 “柏餅”

お茶  POPCOFFEE or マイティーリーフ or 薄茶

店内のフロアに居るのは利き酒師・焼酎アドバイザー。
料理に合わせたワイン・日本酒を提案したい意向から、出来るだけグラスで提供。
コースの皿数だけ料理が変わるので、1、2本のボトルで合わせるのは不可能との考えからのようです。
でも、熟成させた素晴らしいワイン、これらは是非ボトルでと。
利用のたび、ペアリングコースのハーフ(40cc)4200円をいただいてみました。
日本酒とワインが料理に合わせて出てきて、楽しいことこの上なかったです。
ちなみにペアリングには、ミネラルウォーター1本がサービスでつきます。このサービスも嬉しい。

初回の利用。皐月のメニュー通り。ペアリングのお酒がお皿の先に都度。
一杯目はシャンパン。シャンパーニュ・ヴーヴ・エリザベス。
きめ細かいリングが踊るような躍動感のある泡立ち。リンゴやナシを思わせる非常にフルーティな果実味。
この段階ではハーフでなくてフルにすれば良かったと思うのですが、後半酔っぱらってしまうのでこれで我慢。
出汁のジュレと泡が和食です。じゅんさいと雲丹の喉越しも良いですね。
縁には砂に見立てた、おから。

二杯目は生酒。純米吟醸の鍋島。好きな日本酒だけにヤラレた感じです。テンションアップ。
天竜地鮎の皿は見た目にも美しい。

三杯目は白ワインが。リースリング。
硝子の椀が出てきました。綺麗な椀です。中身はヘルシーなオニオンスープ。野菜の甘味は旨みです。

四・五杯目は日本酒。お造りには1種類のお酒では合わせきれないと一杯分を二種で二杯。
わぁ 十四代と飛露喜じゃないですか。
刺身は石鯛、玄ちゃん鯵、黒鮪、水烏賊、鰆。丸い葉はナスタチウム。食べられます。

六杯目も日本酒。雄町無濾過生の而今。初めて飲みます。
甘味と酸味のコンビネーション。食事にも合いますね。
飛龍頭の揚げ出しは、表面がパリッ、中はふんわり。

七杯目は赤ワイン。井筒ワインのメルロー。
40℃で料理された初ガツオのタタキ。黄身とバルサミコ醤油に野菜とニンニクチップ。
肉料理のようで強いワインが合いました。

八杯目も赤ワイン。ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール'13。
佐賀牛熟成ローストと、チップスや金平など三種の食べ方でいただく牛蒡。
パラパラと振られているのは、土に見立ててあるのは鰹。

九杯目は日本酒、純米吟醸。これも飲んだことのないお酒。
四国は讃岐の国のこんぴらさんの東にある蔵の悦凱陣五百万石むろか生。
深川茶漬けは目の前で出汁をかけて仕上げます。
嗚呼、満腹。

十杯目。これは箸休め的に硝子猪口でいただきました。
兵庫県東条特A地区産山田錦100%使用の、義侠慶。

デザートと十一杯目は日本酒。純米吟醸しらぎく。最後のお酒は常温に置いて香りを立たせます。
黒糖のメレンゲを崩して、新しょうがのアイスと。葡萄のトンプソンも入ってました。
ここで、ほうじ茶が出されます。これも美味しいです。

小菓子は柏餅とシフォンケーキ。
お茶は3種から選びます。お薄にしました。

ペアリングの半分は日本酒。
ワイングラスを使い、香りの量や温度を調整しながら供されました。
日本料理ですから勿論合いますし、逆にワインの時がが新鮮。
フロアには利き酒師の女将ともう一人若い女性が、黒のスーツでサービスされています。
勉強しながら頑張っている若い女性スタッフさんから、シェフや女将と家族のような絆があると聞くと店が伸びることを感じます。
料理とお酒の説明は彼女たちが丁寧にしてくれます。
見送りにはシェフも出てきてくれて、感激を直接伝えました。
その二日後。
また訪問することに。家が遠くないのでございます(^^
5800円(税別、サ5%別)のお料理と、同じくペアリングのハーフで。
二度目も一昨日利用した内容と同じで良いと思って居ましたら、女将から「コースとは違いますが出来るだけ配慮します」と声がかかりました。

一杯目は日本酒。生酒です。発泡を感じる東洋美人CO2。
先付けに、温かい鮑。80℃で長時間かけたもの。添えられてるのは鮑の肝の醤油煮。
色の綺麗な真っ赤なプレートは金箔が下地に入ってるそうですが、見事な色。

二杯目は白ワイン。シャブリです。ドメーヌ・アラン・ジョフロワ。シャブリの優秀な生産者。
程よく力強くて繊細。良いですね。
前菜には、萩の甘鯛。鱗をサクサクに揚げて。複数の玉蜀黍。土に見立てた鰹。

三杯目は日本酒。純米吟醸、華鷹。
グラスは椀が負けないようにとグラスの口が小さいものを。
椀はSTAUBの鍋が出てきて、中身は地元、宗像(むなかた)鐘崎漁港からの18kgのアラ。これを使ったお出汁。
具の無いお出汁が今日の椀。勿体なくないですか?いえ贅沢とも言いますけど。
嗚呼、繊細で美味しい!

四・五杯目は日本酒。お造りには前回と同じく、1種類のお酒では合わせきれないと一杯分を二種で二杯。
説明の必要はないと思いますがと言われながら、獺祭と、純米吟醸たむぎの。
たむぎのは初めて。ドメーヌ化を進める水戸部酒造のこだわりのお酒で、フルーティーな旨み・甘味を感じます。
刺身は鱸、鮪の漬け、オコゼ、水烏賊など。

六杯目も日本酒。福岡の地酒です。田中六五(たなかろくじゅうご)。
山田錦の田んぼの中から生まれた酒、精米歩合65%。それがそのままお酒の名前に。
煮メニューは、のどぐろの煮つけ。生麩も合います。日本料理店らしい正当な煮つけです。旨い!

七杯目・八杯目は日本酒。同じものに見えますが違います。
長野の小布施。ワイナリーの日本酒です。どこかワインのよう。サケ・エロティック「トロワ」と「ドゥー」。
魚メニューは意表をついて。桜の燻製チップでスモークされた叺(かます)のオクラ射込み。下にはおろし。
トッピングは万願寺。

九杯目は赤ワイン。ルッカレッリ・プリミーティヴォ。後味スパイシー。
肉メニューは、鹿児島和牛。間にフォアグラが挟んであります。

十杯目は日本酒。白麹仕込純米酒、亜麻猫。焼酎の麹を用いて醸したお酒です。
食メニューは鹿児島の三郎うにの雲丹ご飯。ジュンサイとアイスプランツの味噌汁。

十一杯目はデザートワイン。井筒ワインのナイヤガラ。
甘美と小菓子は一昨日とあまり変わらずですが、これで普通ですものね。
フロアの女子にシェフから伝言。デザートはあまり得意ではないのでと。素敵なメッセージでした(笑
お茶にはコーヒーをいただいて。

これだけ変化を富ませて貰って、別の月に来たようでした。
しっかり胃袋掴まれて、またシェフも表まで出て送って頂いて。
シャイそうなシェフを支えるフロアスタッフの二人の眼鏡女子も気さくでとても良いです。
これから伸びると分かるお店。
またお邪魔します。
常連と言うよりファンも支えるこのお店。
ペアリングが好きな私にとっては灯台下暗しでした。
家族を満足されられるお店が地元に増えたのが嬉しいです。
▲ページトップ

日本料理 TOBIUME - 料理写真:磯の片思い 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - 料理写真:吹寄せ2019 日本料理 TOBIUME - その他写真:祝・ミシュラン一つ星! 日本料理 TOBIUME - 外観写真:入口 日本料理 TOBIUME - 料理写真:地産地消 日本料理 TOBIUME - 料理写真:皐月、天龍鮎 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:皐月のペアリング、若波 純米大吟醸 冷和酒!めちゃ旨っ! 日本料理 TOBIUME - 外観写真:入口 日本料理 TOBIUME - 外観写真:外観 日本料理 TOBIUME - その他写真:始まり 日本料理 TOBIUME - 料理写真:この日の主役!タグ付き加能蟹 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング9杯目 日本料理 TOBIUME - 外観写真:入口 日本料理 TOBIUME - その他写真:この日の献立 日本料理 TOBIUME - 料理写真:滋味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑦十四代⑧而今 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - 外観写真:外観 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑨わ!極上二割二分! 日本料理 TOBIUME - 料理写真:始まり 日本料理 TOBIUME - 料理写真:地産地消 日本料理 TOBIUME - 料理写真:大地 日本料理 TOBIUME - 内観写真:店内 日本料理 TOBIUME - 外観写真:外観 日本料理 TOBIUME - 料理写真:凌ぎ SABA押す 日本料理 TOBIUME - 料理写真:前 TOBIUME 秋のスペシャリテ吹き寄せ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:ご飯の前に出てきました 日本料理 TOBIUME - その他写真:入口ドア、内側から 日本料理 TOBIUME - その他写真:出入口からの表の通り 日本料理 TOBIUME - 料理写真:先日とは違ってます 日本料理 TOBIUME - 料理写真:七・八杯目は二種の白ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:雲丹ご飯 日本料理 TOBIUME - 外観写真:外観 日本料理 TOBIUME - 料理写真:神無月 豪華な旬食材 kg14万円! 日本料理 TOBIUME - その他写真:セッティング 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蘇生 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:①亜麻猫オーク(復興支援酒、売り上げの一部が義援金に) 日本料理 TOBIUME - その他写真:始まり 日本料理 TOBIUME - 料理写真:破れた恋 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:②異端教祖のBrain Damege Incorporated 2016 日本料理 TOBIUME - 料理写真:地産地消 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蟹玉 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:③日本人醸造家、仲田晃司さんのルー・デュモン2016 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:④田酒 純米大吟醸 四割五分 日本料理 TOBIUME - その他写真:滋味 日本料理 TOBIUME - 料理写真:しみじみと… 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑤⑥十四代の中取りと極上 日本料理 TOBIUME - 料理写真:ゴチ網 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑦若波 純米吟醸 山田錦 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑧⑨而今の千本錦火入と愛山火入 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煮と焼きの狭間で 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑩新潟ワイン アッサンブラージュブラン2018 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑪愛知ワイン レディオ・ザザ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑫熊本ワイン 菊鹿 日本料理 TOBIUME - 料理写真:焼肉定食の準備 日本料理 TOBIUME - その他写真:STAUBで炊き立てのご飯 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - 料理写真:一番大きい松茸? 日本料理 TOBIUME - 料理写真:嗚呼、幸せ♡ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:嗚呼、幸せの極致♡ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:えーっ♡鰻の蒲焼も? 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑬シャンパーニュ・マリー・ワイス・ブリュット 日本料理 TOBIUME - 料理写真:異文化 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:八女茶の薄茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蘇生 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:①シャンパーニュから 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:②而今 純米吟醸 千本錦火入れ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:③而今 純米大吟醸 日本料理 TOBIUME - 料理写真:天然 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:④DATE SEVEN 純米大吟醸 日本料理 TOBIUME - 料理写真:人脈 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮎の塩焼き? 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑤谷風 限定酒 純米大吟醸 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑥愛知ワイン フロール ビアンコ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:船上 日本料理 TOBIUME - 料理写真:〆る 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑦十四代 播州愛山 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑧飛露喜 純米吟醸 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑨長野ワイン 小布施のノン ボワゼ シャルドネ2018 日本料理 TOBIUME - 料理写真:とよみつひめのフリット 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑩長野ワイン Sangiovese2017 日本料理 TOBIUME - 料理写真:大地 日本料理 TOBIUME - 料理写真:夏肉 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:全てのお酒にグラスのリンス 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑪鍋島 特別純米酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑫丹波ワイン デラウェア スパークリング 日本料理 TOBIUME - その他写真:異文化 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:この日も抹茶にしました 日本料理 TOBIUME - 外観写真:外観 日本料理 TOBIUME - その他写真:席 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蘇生 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング1 日本料理 TOBIUME - 料理写真:開演 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング2 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - 料理写真:春芽 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング3・4 日本料理 TOBIUME - その他写真:ますおさんの親友は?? 日本料理 TOBIUME - 料理写真:温味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング5・6・7 日本料理 TOBIUME - 料理写真:口福 日本料理 TOBIUME - 料理写真:磯の片思い 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング8 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング9 日本料理 TOBIUME - 料理写真:里山 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング10・11 日本料理 TOBIUME - その他写真:出会い 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味に浮かぶ豆 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング12・13 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮① 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮② 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング14・15 日本料理 TOBIUME - 料理写真:立派な白子! 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング16 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング17 日本料理 TOBIUME - 料理写真:大地 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング18・19 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング20・21 日本料理 TOBIUME - 料理写真:弘子の紫 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング22 日本料理 TOBIUME - 料理写真:異文化 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:珈琲 日本料理 TOBIUME - その他写真:海胆握りのお土産 日本料理 TOBIUME - その他写真:卯月の活花 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:皐月のペアリング、日高見 弥助の瓢箪ボトル! 日本料理 TOBIUME - その他写真:皐月の旬、宝生丸の船上放血神経締めの甘鯛料理 日本料理 TOBIUME - 料理写真:皐月の大地、飯塚の筑穂牛のシャトーブリアン炭火焼、地元芦屋の出汁塩など 日本料理 TOBIUME - 料理写真:皐月の瑞穂「キタキュウテロワール」こと穴子飯と自家製糠漬け 日本料理 TOBIUME - 料理写真:皐月の異文化、抹茶ティラミス 日本料理 TOBIUME - その他写真:食べログとヒトサラの表彰 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:如月のペアリングに、食べログレビュアーが来られたらと用意されていたもの 日本料理 TOBIUME - 料理写真:如月のhand-rolle、穴子と飯蒸しを海苔で巻いていただく 日本料理 TOBIUME - 料理写真:如月の名残り、河豚白子の玉締め 日本料理 TOBIUME - 料理写真:如月の福寿、伊勢海老に岩屋の海胆 日本料理 TOBIUME - 料理写真:如月の岩屋の紫、海胆たっぷり!のご飯、お土産にお握りも! 日本料理 TOBIUME - 料理写真:如月の異文化、ホットチョコレートに自家製バニラアイス 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリングは而今のにごりから 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング2杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煙 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング3杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:口福 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング4杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング5杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:地産地消 日本料理 TOBIUME - 料理写真:合馬の筍と岩屋の若芽 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング6・7杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング8杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蟹の足1本は湯通しで 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蟹爪の炭火焼(熊本の炭) 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:甲羅酒は垂水 日本料理 TOBIUME - その他写真:幸せ過ぎる♡ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング10杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:大地 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング11杯目 日本料理 TOBIUME - その他写真:加能蟹殻でとった味噌汁 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - 料理写真:嗚呼、加能蟹ご飯… 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリング12杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:異文化 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:薄茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:終焉 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:蘇生 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蘇生の後に、鰤なし鰤味大根 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:①小布施(泡) 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:②小布施(白) 日本料理 TOBIUME - 料理写真:開演 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:③くどき上手 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:④勝沼(白) 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海と山 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑤たかちよ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:地産地消 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑥ちえびじん 日本料理 TOBIUME - その他写真:伝承 日本料理 TOBIUME - 料理写真:白×白 雑煮 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮 日本料理 TOBIUME - 料理写真:醤油と山葵で 日本料理 TOBIUME - 料理写真:近目金時の肝ポン酢 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑨寫樂 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑩赤武 日本料理 TOBIUME - 料理写真:遊泳 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑪ファンキー・シャトー(赤) 日本料理 TOBIUME - 料理写真:大地 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑫ゆきの美人 日本料理 TOBIUME - 料理写真:弘子の紫 日本料理 TOBIUME - その他写真:椀 日本料理 TOBIUME - 料理写真:白菜と河豚あらの椀もの 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:焙じ茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:異文化 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:珈琲 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑬シャンパーニュ・マリー・ワイス・ブリュット 日本料理 TOBIUME - 料理写真:ケーキも美味しかったです 日本料理 TOBIUME - その他写真:テーブルセッティング 日本料理 TOBIUME - その他写真:本日のメニュー 日本料理 TOBIUME - その他写真:蘇生 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:①新政 新年純米しぼりたて 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:②独楽蔵 直汲み特別純米しぼりたて生原酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:口福 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:③Bourgogne シャブリ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:旬 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:而今三種④特別純米⑤東条山田錦⑥吉川山田錦 日本料理 TOBIUME - 料理写真:若松海岸物語 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑦庭のうぐいす 純米大吟醸 日本料理 TOBIUME - その他写真:伝承 日本料理 TOBIUME - 料理写真:新年を祝って 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑧飛露喜 特別純米かすみざけ⑨十四代 中取り純米吟醸 播州 愛山 日本料理 TOBIUME - 料理写真:潮 日本料理 TOBIUME - 料理写真:神経締め近目金時の刺身 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑩福禄寿 HARVEST 日本料理 TOBIUME - 料理写真:海味 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑪菊鹿カベルネ樽熟成 日本料理 TOBIUME - 料理写真:一口雲丹 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑫小布施ワイナリー ソーヴィニヨンブラン2015 日本料理 TOBIUME - その他写真:ほうじ茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:瑞穂 日本料理 TOBIUME - 料理写真:トリュフの下に大きな白子 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:⑬DELAMOTTE Brut シャンパーニュ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:異文化 日本料理 TOBIUME - 料理写真:終肴 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:Neoプレミアムジンジャーエール 500円 日本料理 TOBIUME - その他写真:椀 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蓮根の粘り 山口産甘鯛 柚子 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮮 海からの恵み、日本の文化。 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:信州ぶどうジュース ナイアガラ(白) 500円 日本料理 TOBIUME - 料理写真:揚 海老芋愚直に含めて、揚げる… 銀杏 鰹の土 マイクロハーブ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:信州ぶどうジュース コンコード(赤) 500円 日本料理 TOBIUME - 料理写真:肉 木ノ子の山 大黒しめじ ジャンボ椎茸 舞茸 日本料理 TOBIUME - その他写真:器も素敵です。横から 日本料理 TOBIUME - その他写真:ここで、ほうじ茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:炊き立て新米の良い香り… 日本料理 TOBIUME - 料理写真:食 石田農園さんの新米 日本料理 TOBIUME - 料理写真:嗚呼、美味しい! 日本料理 TOBIUME - 料理写真:和梨と洋梨のシャーベット、カットフルーツは洋梨 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:オーガニック紅茶 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:一杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:先付 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:二杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:前菜 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:三杯目 日本料理 TOBIUME - その他写真:椀 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蓮蒸し 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:四、五杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:六杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:七杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:魚 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:八杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:肉 日本料理 TOBIUME - 料理写真:シェフの手で香りを放つ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:黒毛和牛と木の子のスープ煮 日本料理 TOBIUME - 料理写真:牛(^^ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:九杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:食 日本料理 TOBIUME - 料理写真:秋鮭といくらの親子飯 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:洋菓子 日本料理 TOBIUME - 料理写真:ふぞろいの林檎たち 日本料理 TOBIUME - 料理写真:え( ゚Д゚)*。♡ シェフが点火! 日本料理 TOBIUME - 料理写真:お店からのサプライズ 日本料理 TOBIUME - その他写真:ピアノ型オルゴールで、Happy Birthday to You 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:薄茶 日本料理 TOBIUME - 内観写真:店内 日本料理 TOBIUME - 料理写真:先付け 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:一杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:前菜 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:二杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:椀 日本料理 TOBIUME - 料理写真:三杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ペアリングにはミネラルウォーターが1本付きます(三人分) 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:四・五杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:六杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:魚 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:七杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:八杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:肉 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鹿児島黒毛和牛の冷しゃぶ、横から 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:九杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十杯目 日本料理 TOBIUME - その他写真:STAUBで来たのは炊き立てご飯 日本料理 TOBIUME - その他写真:食 日本料理 TOBIUME - 料理写真:蟹の味噌汁 日本料理 TOBIUME - 料理写真:叩きオクラ 日本料理 TOBIUME - 料理写真:麦飯です 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ほうじ茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:叩きオクラをオン 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十一杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:甘味 日本料理 TOBIUME - 料理写真:真空減圧の桃 日本料理 TOBIUME - その他写真:小菓子 日本料理 TOBIUME - 料理写真:水羊羹と蕨餅 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:薄茶 日本料理 TOBIUME - 料理写真:店内 日本料理 TOBIUME - その他写真:テーブルセッティング 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:一杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:発泡ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:先付け 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:二杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:前菜 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:三杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:白ワイン 日本料理 TOBIUME - その他写真:椀 日本料理 TOBIUME - 料理写真:あめ色新玉ねぎの和スープ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:四・五杯目は同時に 日本料理 TOBIUME - 料理写真:二種類の日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮮 日本料理 TOBIUME - 料理写真:天然鮮魚たち 日本料理 TOBIUME - 料理写真:錦胡麻つけて 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:六杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:七杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:赤ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:魚 日本料理 TOBIUME - 料理写真:40℃の初カツオのタタキ 日本料理 TOBIUME - その他写真:ペアリングコースにはミネラルウォーターが1本付きます 日本料理 TOBIUME - 料理写真:ミネラルウォーターのグラス 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:八杯目 日本料理 TOBIUME - 料理写真:赤ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:肉 日本料理 TOBIUME - 料理写真:変化を魅せる新ごぼう 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:九杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:食 日本料理 TOBIUME - 料理写真:目の前で仕上げます 日本料理 TOBIUME - 料理写真:お出汁を注いで貰って 日本料理 TOBIUME - 料理写真:完成 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:ほうじ茶 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十杯目は箸休め的に 日本料理 TOBIUME - 料理写真:日本酒を猪口で 日本料理 TOBIUME - 料理写真:甘美 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十一杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:小菓子 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:薄茶 日本料理 TOBIUME - 内観写真:店内 日本料理 TOBIUME - その他写真:カトラリー&おしぼり 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:一杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:発泡日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:先付け 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮑 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:二杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:白ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:前菜 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:三杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - その他写真:椀のために 日本料理 TOBIUME - 料理写真:お出汁だけとはもったいない気もする贅沢 日本料理 TOBIUME - 料理写真:椀 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:四・五杯目は同時に 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:二種を一緒に楽しむのも良いですよ 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:こんな雰囲気です 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鮮 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:六杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:煮 日本料理 TOBIUME - その他写真:魚 日本料理 TOBIUME - 料理写真:スモークオープン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:叺のオクラ射込み 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:九杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:赤ワイン 日本料理 TOBIUME - 料理写真:肉 日本料理 TOBIUME - 料理写真:鹿児島牛 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:日本酒 日本料理 TOBIUME - 料理写真:食 日本料理 TOBIUME - 料理写真:じゅんさいの味噌汁 日本料理 TOBIUME - 料理写真:甘美 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:十一杯目 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:デザートワイン 日本料理 TOBIUME - ドリンク写真:POP COFFEE 日本料理 TOBIUME - 料理写真:コーヒーに 日本料理 TOBIUME - 料理写真:小菓子 日本料理 TOBIUME - 内観写真:天窓 日本料理 TOBIUME - 外観写真:入口 日本料理 TOBIUME - 内観写真:店内に入って
⇒もっと見る

日本料理 TOBIUMEの口コミをもっと見る(56件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★☆4.9
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.9
夜:サービス  :〓〓〓〓〓5.0
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.3
夜:CP   :〓〓〓〓〓5.0
夜:ドリンク  :〓〓〓〓〓5.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★☆4.9
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.9
昼:サービス  :〓〓〓〓〓5.0
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.3
昼:CP   :〓〓〓〓〓5.0
昼:ドリンク  :〓〓〓〓〓5.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥20,000~¥29,999
昼:¥6,000~¥7,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



akiiさんの他のお店の口コミ
空港食堂 (那覇空港/沖縄料理、定食・食堂、沖縄そば)
那覇空港の沖縄家庭料理食堂◆空港食堂
★★★☆3.6
 2019/12

なかま食堂 (恩納村/定食・食堂、沖縄料理、居酒屋)
おんなの特大スペアリブ沖縄ソーキそば◆なかま食堂
★★★☆3.5
 2019/12

ザ・バー (名護市/バー)
泡盛エクスペリエンス◆The Bar
★★★★4.3
 2019/12

akiiさんの口コミ一覧を見る(1665件)


日本料理 TOBIUMEのその他の口コミ
北九州の地で トビウメ
③オバタ(389)
★★★★★5.0
 2020/01

どのお料理も完璧に美味しく秋を堪能♪♪
ルチルちゃん(136)
★★★★★5.0
★★★★★5.0
 2019/11

芸術的な料理と素晴らしいペアリング
Tk1S10(274)
★★★★☆4.7
 2019/11

⇒もっと見る(56件)
▲ページトップ



口コミ(56)写真メニュー
評価店舗情報地図


日本料理 TOBIUMEトップ
食べログトップ
食べログ > 福岡 > 北九州市 > 北九州市八幡西区 > 日本料理 TOBIUME > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.