サルタヒコ


平和通のラーメンランキングをみる

口コミ
【更新】A Momentary Lapse of Reason
Ribot(912) [携帯電話番号認証済]
2020/07最終訪問
★★★★4.3
(詳しい評価)

★★★★4.3
2020/07訪問
緊急事態宣言解除後、好きな店を優先的に巡っているが、「北九州でラーメン」と考えたときに不思議と真っ先に頭に浮かんだのがこの店だった。ちなみに緊急事態宣言中にも1度食べに行ったのだが、テイクアウトがやっていた変わりに「鶏そば」がなかったので、今回はコイツを。

この「鶏そば」、行くたびに若干仕様が変更されている。ということは、数カ月も食わないと前回とガラっと違ったものになるわけで、しかも東京や大阪のラオタ慣れした店と違って「ちょっと変えました」なんてアナウンスもない(超・常連にはされているのかもしれないが)ので、「その一瞬」を食い逃すと、あとでどれだけ好評を聞いてももう二度と食えない、ということにもなりかねない。「進化し続けるラーメン」ならいつ食べても「いま」が最高なのだろうが、「変化し続けるラーメン」となると追うのが大変。

今回は1年ぶりくらいに食べたのだが、まず泡立ちがこれまでと比べ物にならないくらい強烈になっていた。気づかなかったがハンドブレンダーでも使っていただろうか。軽さが出たのはよいが、さすがに「やりすぎ」感もあり、ちょっと理性を失いそうになった(苦笑)。さすがメニューに「カプチーノ仕立て」と謳うだけはある。香味油も前回と違っていた気がしたが、これはハマったし麺もおそらく前回と違っており、これも好みだった。鶏節も相変わらずコクが出て良い。

「サルタヒコマニア」同士なら「スープは2019年春が、麺は2020年夏のものが最高だったね」なんて会話も成り立つんだろうか。1杯食べて終わり、ではなく780円で後々まで語れるラーメン、そうそうないね。

★★★★4.3
2018/09訪問
トンコツ王国北九州ではまだまだ珍しい、鶏ラーメン屋。自家製麺さらには無化調と、東京の一流どころのような意識の高さ。名古屋出身という店主が、名古屋の新名物台湾まぜそばにインスピレーションを受け(?)作った「鶏まぜそば」や、優しい味わいの「鶏そば」、味変アイテムのおかげで何度食べても飽きない「鶏つけそば」などを出す店。個人的には夏季(?)限定の「冷たいきらきら節」が最高!無化調ゆえの特徴的な味が僕の心を掴んで離さない。2018年11/11現在で、北九州市ラーメン店297軒中45位だがもっと上に行っていい。

◇◇

北九州市の小倉駅近く、北九州文学サロンの2Fに2017/4/11にオープンした店。オープンからほどない時期に初訪問。その後順調に訪問回数を伸ばしている。店は新しいこともあるが、とにかくオシャレな造り。座席はカウンターに加えテーブル席も2つあるのだが、店が細長い造りのため、2人掛けテーブルしかないのはちょっと惜しい(仕方ないんだけど)。

若干前後するがおおむね個人的に好きな順に紹介。

◆冷たいきらきら節(★4.3)※限定メニュー
「昆布、煮干、鰹節、ウルメ節、鯖節、宗田節。香味油はごま油と煮干油」とのこと(メニューの記載をコピー)。北九州に来て、好きなトンコツラーメンが毎日食えるのは嬉しいが、唯一不満なのが「冷やしラーメン」の旨い店がないこと。だったのだが、ここにあった!

冷やしにすると、香りが立たない分どうしてもダシ感が弱まるうえ、動物系の脂分は固まりネッチャリしてしまうため除去せねばならず、コクやパンチに欠けてしまうといった弱点があるが、ここは魚介のダシで風味を補なった脂分の少ないスープで、さらに香りとコクを香味油で補完している(ゴマ油をこう使うとは目から鱗だった)という匠の技。

パツパツ麺もスープと良く合い、これは旨い。スープはぬるくならないよう氷を浮かべているが、これは普通の氷のよう。スープや、あるいはもっと濃いコンブダシなどを凍らせて使ってくれれば、なおよかったのだが。

◆きらきら節(★4.1)※限定メニュー
「昆布、煮干、鰹節、ウルメ節、鯖節、宗田節。香味油は背脂」とのこと(メニューの記載をコピー)。透き通った清湯は気品あふれる味。豊富な魚介成分が味の旨味の層を増す。無化調ならではの味だが、アッサリしすぎないよう背脂を香味油に使うとは。目から鱗。

それでも若干の物足りなさを覚えるかもしれないが、何度か繰り返し食べるとジワジワ良さがわかってくる人もいるかもしれない。限定メニューではあるが、このきらきら節2種こそが当店の真価という気がする。

◆冷たい鶏そば(★4.0)※限定メニュー
具にトマトがあったりオリーヴオイルが絡ませてあったり、まるで冷製パスタなのだが食べてみると何となく、ラーメン寄りに感じる。ジャブのように妙にパンチの効いた塩ダレが心地よい。冷たくてスルスルと入ってしまうのと、スープがないのでちょっと満腹感に欠けるかもしれないのは弱点。

◆担担まぜそば(★4.0)
担担麺系は3種あるがどれも共通で、ゴマの香りが芳しい。あと、なぜかナッツのような風味も感じるが何だろう。植物由来の油のコクもあり、上品ながら意外と重厚感あり。ただデフォルトの味だとちょっと担担麺らしさがない。ミルに入った花椒が付いてくるのでこれを振ればよくなるが。

◆冷たい担担麺(★3.95)
「細麺が切れてしまったので、平打ち麺でいいですか?」と聞かれOKしたのだが、想像するに平打ち麺のほうがむしろ合うんじゃないか。コクあり上品さありで、冷たくて食べやすいのであっという間になくなることが唯一の欠点か。

◆鶏そば(★3.9)
オープン当初と最近と、2度食べたが今のほうが旨い。盛り付けなどの見た目も進化している。鶏のコクは、圧力寸胴で炊いたかのようにちょっとヌケ気味(ちゃんと寸胴で炊いている、という話を聞いたことがあるので、あくまで味の仕上がりがそのようだ、という話)だが、無化調ゆえの味の不安定さかもしれない。

ただ、それをうんぬん言っても旨いものは旨い。チャーシュはこの店の鶏ではなく、豚のほうが合うとおもうけれど(笑)。それよりも2回目からかな?具に追加された鶏節、これが旨い。削り節タイプの鶏節を使う店は大阪などではよくあったが、食感がモソモソするので、髙いのに何でこんなもん使うんだろうと不思議に思っていたが、ここは粉末タイプの鶏節で、これなら大歓迎だ!ただ、削り節タイプのものよりさらに高価なんじゃ…よくぞ、と言いたい。

◆フロマージュ鶏そば(★3.95)
「お豆腐とチーズで作ったフロマージュが浮かんでいる」とのこと。味は鶏そばよりも若干こちらのほうが上。豆腐とチーズ、さすがタンパク質のかたまりというべきか、コッテリ感も増えるし謎の満腹感も出る。あとは100円高くなる値段をどう見るかと、「シンプルなほうが好き」な人は「鶏そば」に軍配かも。

◆鶏まぜそば(★3.9)
具の1つが、初回は豚肉だったが2回目は鶏ミンチに変わっていた。豚のほうがパンチがあった気がする。無化調ゆえか、油そばにしては上品で、頼めば入れてくれるニンニクはぜひ入れたいところ。

これまた魚粉だけでなく鶏節が入っていたり、具がバラエティに富んでいるので並盛だと全容を味わう前に完食してしまいそう。大盛りにするといいのでは。

あ、卓上調味料の中では、名古屋の「台湾まぜそば」でおなじみ「昆布酢」、これを後半に追加すると抜群の旨さ。ライスダイブにも合うんだよね。

◆鶏つけそば(★3.7)
ジャガイモあたり?がキーになったと思われるベジポタスープは旨い。濃度も高くつけ麺ならではの味が楽しめる。麺も太目だがヘタな店のように生煮えのように芯が残った麺を出すなんてこともなく、旨い。

ただ、お店から旨い食べ方として、「まずは麺を塩で」「次にスープにつけて」「青海苔と粉チーズを加えて」「卓上のカレー粉を投入するのもオススメ」と言われるのだが…こんなチマチマ味を変えていたら、ひとつひとつがきちんと味わえない(苦笑)。

ベジポタだけですでに充分北九州では新しいのだから、味変アイテムは1つだけでいいような気が。

◆鶏白担担麺(★3.6)
担担麺シリーズの、もっともノーマルなメニュー。担担麺のテイストは汁なし、冷やしと同じ。それが鶏白湯ベースになったもの。以上(笑)。

◆その他
メニューを見ると「坦々麺」とあるが、正しくは「坦」ではなく「担(かつぐ)」の字なんだよね。壁の黒板メニューは「担々麺」とあるので間違いには気づいたが直すお金がもったいないのかもしれないが(笑)。本当の本当の表記は「担担麺」なのだろうが、それを言い出すと中国語だと「麺」じゃなくて「面」だとか言われそうなので、まぁ「坦々麺」でもいいか(笑)。

担担麺系を注文すると、薬味として花椒を渡されるのだが、その際「花山椒です」と渡されるのも、ちょっと気になるところ。「花山椒」は山椒の花で、中国原産の、四川料理に欠かせない山椒の品種は「花椒」。言おうかと思ったけど嫌われたら困るので言わずにここで書く(笑)。

長々書いてきたけど、無化調で旨いラーメンを出すという点も含め、諸々気に入っている店。通えば通うほどファンになっていく。店の清潔感や日本酒まで数々取り揃えていることなども含めると、いま北九州で五指に入るほど好きなお店。オープン当初より旨くなった鶏そばのように、他のメニューも今食べるともっと気に入るかもしれないし、次また魅力的な限定を出してくれるかもしれない。

最後に、これは個人的な好みかもしれないと前置きしておくが、具の水菜…これラーメンの具として合わない気がするんだよね。大阪の鶏白湯の店でも水菜使う店あるけど、やはり味わいが葉っぱぽいことと、麺に絡みついて、せっかくの麺の味わいを損ねる気がして…まぁ変えてくれるとは思ってないけど。

ともあれ、オールメニュー・コンプリートしたのでしばらく訪問していないが、近いうちにまた行くだろうし、そのときにどんな顔を見せてくれるか、今から楽しみ。
▲ページトップ

サルタヒコ - 外観写真:看板 サルタヒコ - 料理写真:鶏そば(2回目) サルタヒコ - 料理写真:つけそば サルタヒコ - 料理写真:鶏まぜそば(初回) サルタヒコ - 料理写真:冷たいきらきら節 サルタヒコ - その他写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - 料理写真: サルタヒコ - その他写真: サルタヒコ - メニュー写真: サルタヒコ - メニュー写真: サルタヒコ - メニュー写真: サルタヒコ - 料理写真:つけそば(アップ) サルタヒコ - 料理写真:冷たい鶏そば サルタヒコ - 料理写真:冷やし担担麺 サルタヒコ - メニュー写真:冷たいきらきら節メニュー サルタヒコ - 料理写真:冷たいきらきら節(2回目) サルタヒコ - 料理写真:鶏ねぎ飯 サルタヒコ - 料理写真:ハートランドとうにイカ(だったっけ?) サルタヒコ - ドリンク写真:ハートランドビール サルタヒコ - ドリンク写真:また別の日のハートランド サルタヒコ - 料理写真:サルタヒコ風よだれ鶏 サルタヒコ - 料理写真:鶏白湯担担麺 サルタヒコ - 料理写真:鶏そば(初回) サルタヒコ - 料理写真:スパムむすび サルタヒコ - 料理写真:鶏まぜそば(2回目) サルタヒコ - 料理写真:鶏まぜそば&ニンニクおろし サルタヒコ - 料理写真:担担まぜそば サルタヒコ - メニュー写真: サルタヒコ - 料理写真:きらきら節 サルタヒコ - メニュー写真:
⇒もっと見る

サルタヒコの口コミをもっと見る(32件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★4.3
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.3
夜:サービス  :〓〓〓〓4.2
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
夜:CP   :〓〓〓〓4.1
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:~¥999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



Ribotさんの他のお店の口コミ
鳴門鯛焼本舗 小倉魚町店 (平和通、小倉、旦過/たい焼き・大判焼き、和菓子)
鳴門の牙
★★★☆☆3.2
 2020/09

かすうどん 大福 葛原店 (安部山公園/うどん)
タッチの差で初投稿ロスト
★★★☆☆3.1
 2020/09

オルオル (平和通、旦過、小倉/スイーツ(その他))
こんな奴おるおる
★★★☆3.7
 2020/09

Ribotさんの口コミ一覧を見る(2724件)


サルタヒコのその他の口コミ
インスタ映えしそうなまぜそば
住めば都食えば虜(168)
★★★☆3.5
 2020/08

凄い鶏白湯が現れた
浜のゴジラ(396)
★★★★☆4.5
 2020/07

向かうところ敵なし
zincjp(31)
★★★★4.2
 2020/07

⇒もっと見る(32件)
▲ページトップ



平和通のラーメンランキングをみる


口コミ(32)写真メニュー
評価店舗情報地図


サルタヒコトップ
食べログトップ
食べログ > 福岡 > 北九州市 > 北九州市小倉北区 > サルタヒコ > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.