TTOAHISU

口コミ
ここでしか頂けない和フレンチ・・
misspepper(8248) [携帯電話番号認証済]
2019/07最終訪問
★★★★☆4.5
★★★★☆4.5
(詳しい評価)

★★★★☆4.5
2019/07訪問
訪問回数:14回。

2019年福岡ミシュランガイドで「一つ星」を獲得されました、おめでとうございます。,゚.:。+゚
オープン当初から通わせていたいていますので、嬉しいですね。^^

この日は台風の影響で大雨の中、親しくさせて頂いてる広島レビュアー様お二人と伺いました。
過日広島に行った折、Fさまに最高級ワインをご馳走になりました。
あのような高い品は無理ですので、心ばかりですが用意させて頂きました。
シャンパーニュはわかりませんので、ソムリエ君にお任せです。
◆NVブリュット マグナム ドゥラモット
*すっきりした飲み口で私は好みでしたけれど、お二人のお口に合いましたかしら。(^^;)

ディナーは12000円(税別)
こちらも詳細なメニューをF様がご連絡して下さいましたので、そのままコピペさせて頂きました。m(__)m
◆スペシャリテ「Wコンソメ」・・鴨や豚足、焼きアゴなどのスープ、熱々です。

◆ボタン海老に北海道産トウモロコシ 甲殻類のジュレ
*下には「ぼたん海老」、上には「甘海老にオマール海老、ボタン海老のお出汁から作ったジュレ」という海老尽くし。
海老好きには嬉しい海老の旨みを堪能できる品。軽く焦がしたトウモロシの香ばしさ甘さが合います。

◆真鯛のタルタル・・鯛茶をイメージされたそうな。シェフのこういう発想は面白い。
*真鯛の他、賽の目に切った胡瓜、切り干し大根、さらにはお茶漬け用のあられ、中央にはうずらの玉子。
全て混ぜ合わせて頂きますが、意外と思える組み合わせの食材がそれぞれの旨みを引き立てていてビックリ。

◆千葉県産太刀魚のフリット・・フリットにした太刀魚の上には、玉葱のコンフィチュール、羊のチーズ、そしてパセリのフリット。
玉葱の甘さ、チーズのコクが淡泊な太刀魚とよく合い、美味しい。

◆のどぐろのトムヤムクン・・私も気に入りましたが、主人が絶賛。
香ばしく焼いた「喉黒」が美味しいのは勿論、適度な辛味のスープがとてもいい味わい。

◆黒毛和牛と黒豚のパテを赤ワインソースで。上にはタップリの黒トリュフ。
*肉汁が逃げないように、下には自家製パンが敷かれています。
高級な粗挽きハンバーグという印象ですけれど、
お肉の旨みポテトとチーズの旨み、赤ワインソースの旨みが見事なハーモニーに。

◆自家製パン、なんとかチーズのせ・・いつも主人がパンを食べたいと言っているとレビューに書いていましたら
用意して下さったようです。(^^;)
これ美味しいので、毎回頂けるといいですね。

◆長州和牛のシャトーブリアンに広東パクチーのソテー
*断面が美しい・・
お肉が柔らかく美味しいのは勿論のこと、いつもながらシェフの火入れが完璧で絶品。
ビーツとエシャロット、フォンドボーをベースにしたソースもいい味わい。

◆胡麻のアイスにフランボワーズと桃のコンポートのピュレ
胡麻だけでなくきなこ風味も感じ、食後に頂くとさっぱりして良いですね。
◆マスカルポーネにクリームチーズのムース、パルミジャーノレッジャーノ
主人が大好きな品で、今回お二人にも召し上がって頂きたいと、シェフにご無理を申しました。m(__)m
作られたのは2年ぶりだそうですが、これも定番にして頂きたいくらい美味しい。
◆ガトーショコラバローラ

この後コーヒーを頂きましたが、お写真撮り忘れました。m(__)m

これまでのフレンチとは異なるシェフ独特の感性で作られるお料理ですので、
フレンチに造詣の深いGさまのお口に合うか心配でしたけれど、満足して頂けたようでホッとしました。

今回は色々とシェフやソムリエ君にご無理をお願いしたのですが、
期待以上の内容でとても美味しく感謝しております。m(__)m
主人のあんなに嬉しそう+愉しそうな姿は、久しぶりです。
ご一緒して下さいましたお二人のお陰で、こちらでもとても愉しいお時間を過ごさせて頂きありがとうございました。
再会を愉しみにしております。(*^_^*)

★★★★☆4.5
2019/05訪問
訪問回数:13回。
お気に入りのお店です。
洒落た外観、内観は落ち着いた雰囲気。

◆ビールとシャンパンを。

ディナーは10800円(税込)サービス料なし。
◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・定番の「豚骨」「焼きあご」「鶏ミンチ」などに「鴨ガラ」を加えられたそう。
以前より色や味わいが若干濃くなったような気がします。

◆金目鯛やグリーンピースのお料理。
*金目鯛は6日間寝かせた品で、円やかな旨みを感じます。
シグレットオイルやトマトとレモンジュレとともに頂くと爽やかテイスト。

◆伊佐木、新玉葱
伊佐木は皮目を炙ってあり香ばしさが加味されていて美味しい。
新玉葱は刻むだけでなく、ピューレ状にしてソースにも使用されています。
かぼすなども加えてあり酸味を感じるソース。

◆鍋島・・和食に近い味わいのお料理ですので、日本酒が合います。

◆甘鯛のベニエ
*甘鯛はセモリナ粉を付けて揚げられ、上から粉末状にした「アオサ」がかけられています。
食感もよく甘鯛の旨みを感じ美味しい。
*添えられた「長茄子」「なんとかミカン」「松の実」などで作られたソースが美味しいこと。

◆マナ鰹、下にはリゾット・・トムヤンクンをイメージして作られたとか。
下には刻んだ筍など使用した少しピリ辛のソースが敷かれています。
ここまでの優しい味わいの和テイストと異なりお味変わりにもなり美味しい。

◆角煮風に煮込んだ豚バラ肉サンド
*「ジャガイモ」と「玉葱」を練り込んだパンの間に
「角煮風に煮込んだ豚バラ肉」がサンドされ、上にはキャベツのマリネ。
バラ肉は柔らかく、パンの食感もいいですね。

◆信州和牛と花山椒
*お肉はとても柔らかく、シェフの火入れは毎回完璧ですのでとても美味しい。
5月初めの利用ですが、
名残の花山椒を頂けたのも嬉しいですし、お肉とともに頂くと秀逸。
今年の「花山椒」はかなり高価だと耳にしていますが、ソレをタップリ盛られるキップのよさ。
*お肉の断面。100g程度ありますが、美味しいので完食しました。

◆パイナップルとパッションフルーツのアイス・・程良い甘味・酸味を感じ食後に最適。

◆チーズケーキ、ゴルゴンゾーラのドルチェのせ
こちらのチーズケーキは何度が頂いていますが、チーズの旨みが濃厚で好み。
ゴルゴンゾーラドルチェもいい味わい。

◆スペシャリテの「ガトーショコラ」
◆珈琲

シェフ独自の「和フレンチ」、堪能させて頂きました。
この日もお肉が素晴らしかったですね。
パンまではほぼ「和」の味わいですが、それがこちらの個性かと。

フランス料理という概念で頂くと「??」と感じられる方もいらっしゃるでしょう。
評価が分かれるかも知れませんが、私には美味しく思えます。
いつもながら接客もよく愉しいお時間を過ごさせて頂きました。
また伺います。

★★★★☆4.5
2019/02訪問
訪問回数:12回。
愉しみに伺いました。
予約の取りずらい人気店ですので、この日も満席。

価格は外税。
◆主人は「ビール(800円)」から・・

◆私は「シャンパン(1500円)」を。
*すっきりした味わいの好みの品。

コースは1万円。
◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・いつもながらに美味しい、そして器が熱い。笑

◆パルミジャーノチーズと黒胡椒を練り込んだパンの上に、飴色になるまで炒めた玉ねぎ、
フォアグラのテリーヌ、カリカリ食感のジャガイモの千切り。
*パンは見た目と違いソフトな食感。
玉ねぎの甘みとフォアグラがよく合いますが、ポテトの食感がいいアクセントになり
全て一緒に頂くと美味しい。

◆二人とも「鍋島」を追加。この日は「生酒」でしたが、まろやかな風味と奥深い味わいで好み。
こちらはフレンチと言っても和テイストですので、日本酒が合います。

◆真子鰈(二日寝かせた品)
*柚子や八朔、新玉ねぎのすりおろし、シグレットオイルなどを合わせたソースが良い味わいですこと。

◆鰆(8日寝かせた品)、揚げ茄子、生姜、上には花山葵
*鰆も厚みがあり美味しいですが、生姜の効いた揚げ茄子がいい味わい。

◆のどぐろ、海老と魚介のソースで。聖護院蕪、花ウド。
のどぐろは皮目をカリッと焼かれていて、脂がのり美味しい。
ソースは薄めのアメリケーヌのような印象で、魚介の旨みを感じます。

◆甘鯛のポアレ、豚肉と玉ねぎ、キノコ(マッ主ルームや原木椎茸など)で作ったスープで。
黒トリュフ、原木椎茸添え。
*甘鯛は皮目をカリッと焼かれ美味しいですが、鱗揚げならより嬉しいかも。(^^;)
スープは豚肉が入っているようですが、キノコなどの旨みが強く癖のない味わい。

◆赤を。

◆熊本の赤牛(阿蘇王)。菊芋・蕗の薹・黒トリュフのソースで。
これまで他店で頂いた「赤牛」は少し噛みごたえのあるイメージだったのですが
ナイフを入れた瞬間スーと切れ、とても柔らかいのに驚きました。
お尋ねすると「シャトーブリアン」に近い部位だそう。
噛むと旨みを感じてとても美味しい。
シェフのお肉料理はいつも美味しいのですが、この日も火入れ・調理共に完璧でした。

◆あまおうのアイス・・食後に頂くアイスはさっぱりしていいですね。

◆下にはお米を牛乳で煮詰めた「ドゥルセ・デ・レチェ」、上につぶ餡と黒糖と桜のアイス。
ドゥルセ・デ・レチェは洋ですが、上は「和」ですね。
美味しいですが「つぶ餡」は苦手ですので、主人へ。(^^;)

◆スペシャリテの「ガトーショコラ」
◆珈琲
◆ドリンクメニュー

いつもながらにサービスも心地よく、美味しく愉しいお時間でした。
お料理内容としてはフレンチというより創作和食に近い品もありましたけれど、
私たちの年代にはお味が合いました。
次回も愉しみ。(´▽`)

★★★★☆4.5
2018/12訪問
訪問回数:11回。
マイレビ様のご希望で先月に続き伺いましたが、ランチ利用は久しぶり・・
ランチは通常4000円でメインが「豚肉」ですが、+2000円(追加料金は変動あり)で「牛肉」に変更していただきました。
価格は税・サ込。

◆マイレビ様は「ビール」、私は「スパークリングワイン」を。

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・豚足やあご出汁など数種類の食材を使用され、それぞれの旨みを感じる品。

◆ヴィシソワーズ・・こちらのヴィシソワーズ美味しいのです。前回頂けなかったので嬉しい。
下に「珈琲ムース」「カラスミ」「ナッツ」などが入り、食感お味ともに秀逸。

◆鰆、柿のフレーク、菊芋のピューレ
鰆自体の味わいもいいですけれど、柿のフレークの食感が良いこと。
菊芋のねっとりしたソースがよく合い、美味しい。

◆マイレビ様は「白」を。
◆私は「鍋島」を。

◆銀鱈、春菊、パクチ、七味・・お出汁でお味付されていますので、パクチ以外はほぼ和のお料理。
フレンチで「銀鱈」を頂くのは初めてかも。
脂ののった銀鱈の味わいがよく、優しいお味付の出汁が銀鱈の味わいを邪魔せず七味の軽い刺激がアクセントになり、
好みのテイスト。

◆パン・・桜の葉入り。夜はパンを出されないので、
こちらのパンを頂くのは久しぶりですが、食感もよく美味しいですね。

◆マイレビ様は「赤」を。

◆豚肉のお料理、オレンジカリフラワー、パルメジャーノ、卵黄
ハンバーグ風のお料理と、目玉焼き風のお料理でビジュアルが面白い。
目玉焼きは「オレンジカリフラワーのムース」と「卵黄」で作られています。
ハンバーグと共に頂くと美味しいこと。

◆和牛ステーキ(要追加料金)、九条ネギのリゾット添え・・キレイなお肉、100g以上ありそう。
シェフのお肉料理の火入れはいつも完璧ですが、これも火入れがいいこと。
噛むとジューシーさと旨みを感じ、とても美味しい。

◆バニラアイスとブラマンジェ、ピンクグレープフルーツ、オレンジジュレ、ザクロ
バニラアイスだけでもいい味わいですけれど、すべてを混ぜていただくと味わいが変わり楽しめます。
◆定番の「ガトーショコラ」、いつもながらに美味しい。
◆珈琲

メインを変更しなければこの内容で4000円ですから、予約が取れない人気なのもわかりますね。
ディーナとは違うお料理も出され、美味しく愉しいお時間でした。
次回は夜に・・

★★★★☆4.5
2018/11訪問
訪問回数:10回。
10月に伺いたかったのですが、かなりの人気店になられましたので予約が取れず・・
11月の訪問になりました。

この日は個室へ案内され・・
これだけ通っていますのに、こちらに個室があるのを初めて知りました。(^^;)

4名程度利用できそうな空間を二人で・・

◆主人は「ビール」、私は「スパークリング」を。

ディナーコースは1万円(税・サ込)
◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・いろんな食材の旨みが重なり、いつもながらに美味しい。

◆フォアグラのテリーヌ・・ブータンノワールが挟まれてるのですがいいい味わいで
フォアグラと共に頂くととてもいい味わい。

◆天然しま鯵
*しま鯵が美味しいこと。糠漬け大根のピクルスやトマト、アーモンドなどを
柚子胡椒、葱オイルなどで調味されていますので「しま鯵」の旨みがより引き立ち秀逸。

◆鍋島を。こちらのお料理には日本酒も合います。
◆白ワイン

◆やいと鰹・・上にはビーツ、
*やいと鰹は皮目を香ばしくやかれ、とても美味しい。
焼きナスや玉ねぎのマリネ、カラマンシービネガーなどの味わいが重なり美味。

◆穴子のベニエ・・グリビッシュソース添え。
*塩も添えられていますが、グリビッシュソースが美味しいこと。
ソースはマヨーズ、香草、ケッパー、ゆで卵、自家製胡瓜のピクルスなどで作られているそう。

◆石垣鯛・・鯛は皮目をカリッと焼かれています。
ソースというより、オマール、ココナッツ、海老芋、シークワーサーなどで作られたスープと共に頂くといい味わい。
むかごもタップリ。

◆熊本:和王 シャトーブリアン・・見るからに美味しそう。ソースはフォンドボーと赤ワイン。
九条ネギ、赤カブなどで作られたリゾットも美味しいですね。
*お肉は肉質がいいので柔らかく口に入れるとトロケ、、とても美味しい!

デザートは3種類。
◆洋梨のコンポートと烏龍茶アイス・・洋梨の甘みとサッパリした烏龍茶アイスが合います。

◆ビスタチオのチーズケーキ、国産ライム添え
*ライムの香りがいいこと。
チーズケーキの味わいも濃厚で美味しい。主人は3倍量でも頂けると言ってました。

◆スペシャリテのガトーショコラ・・数種類のチョコを合わせ丁寧に作られていて、いつもながらに美味しい。
◆珈琲

どのお料理も様々な食材や調味料と合わされ、繊細な味わいで美味しい。
試行錯誤された時期もありましたけれど、この日のお料理はシェフの技を感じる素晴らしい品々でした。
いつもながらサービスも丁寧で居心地がいいですね。
以前より美味しくなられ、今後ますます予約困難になりそう。
次回はランチですので愉しみです。♪

★★★★4.3
2018/06訪問
訪問回数:9回。
1月以来の訪問です。
すっかり人気店になられ、この日も満席。^^

◆まずは「ビール」と「シャンパン」を。

お任せは、10000円(税・サ込)、少し値上げされたようです。

◆こちらの定番「Wコンソメ」・・いつもながらにいろんな食材の旨みを感じ美味しい。

◆フォアグラバーガー
上質なフォアグラを挟んだ贅沢バーガー。
*中にはとろろ昆布なども入り、よく炒めた玉ねぎと共に頂くと美味。
でもパンがこれ以外提供されなくなったのは残念ですね。
出来れば、お魚料理辺りで以前のパンを出して頂けると嬉しいのですが。

*ヴィシソワーズ
これは毎回美味しい。
*中には「コーヒーのパンナコッタ」「カラスミ」「ローストナッツ」などが入っています。
ヴィシソワーズ自体も濃厚ですので、すべて混ぜていただくとより美味しい。

◆金目鯛のお料理・・金目鯛は昆布〆にされています。
葱オイル、ジュンサイ、山葵などと。
長芋と大根ピクルスを刻んだソースで頂きます。
これはフレンチではなく「和」の味わい。(^^;)

◆白ワイン(800円)

◆蛤の出汁のフラン・・「フラン(洋風茶碗蒸し)」の上に「渡り蟹」「赤雲丹」「三つ葉」などが盛られ
海老のコンソメ風味の餡がかけられています。
渡り蟹の甘みが加味され美味しい。

◆鍋島(800円)を。

◆太刀魚・・太刀魚の上に胡麻のピューレ、マリネした蕪のピューレ、バジルのピューレなどがかけられています。
ソースは蕪のマリネの酸味を感じます。

◆赤ワイン(800円)

◆大和牛(奈良)のsteak
*いつもながらお肉の火入れが完璧ですね。柔らかく美味しいお肉。
下には九条ネギのリゾットが敷かれています。

◆トンカ豆のアイス、マンゴソースかけ。
杏仁のような味わいのするアイスと、マンゴソースがよく合います。

◆ラム酒のチーズケーキ
使用するチーズは周期的に変えられるようですが、これも毎回美味しい。

◆チョコレートケーキ・・小麦粉を使用せず数種類のチョコとバター・卵黄で作られています。

◆珈琲

フレンチというより和食に近い味わいのお料理ですが、食材の組み合わせやソース等も面白く
美味しく頂きました。
スタッフさんも増えられましたので、
スーシェフ兼ソムリエの馴染みのスタッフさんとも色々お話しできるようになり楽しいお時間でした。
また伺います。

★★★★4.3
2018/01訪問
訪問回数:8回。
少し間が空きましたが、こちらのお料理を頂きたくなりまして。

◆ビールとスパークリングワイン。・・泡好きの私用に用意して下さったそう。嬉しいですね。

ディナーは9000円(税・サ込)
◆Wコンソメ・・スペシャリテですね。旨みを感じて美味しい。

◆ハンバーガー・・これは初めて頂きます。
米粉のパンズの中には「フォアグラソテー」「渡り蟹」「焼き海苔のコンフィチュール」「とろろこんぶ」などがサンドされた贅沢な品。全部一緒に頂くと美味しい。

◆寒ブリ・・9日寝かせたそう。鮎の魚醤とごま油で調味され、マリネした紅芯大根とスモークチーズが盛られています。
*鰤の味わいもいいですし、
マリネした紅芯大根とスモークチーズと共に頂くとほんのりした酸味やチーズの旨みが加味され美味しい。

◆ヴィシソワーズ・・復活したのですね。^^
中には「珈琲のパンナコッタ」「ローストアーモンド」「カラスミ」「パセリオイル」などが入り、とても美味しい。
スペシャリテとしてずっと頂きたい品です。

◆鍋島を。

◆アラのポワレ・・スープドポワゾンと金目で取った出汁がソースとして使用されていますが、良い味わいですこと。
アラらしい身のプリプリ感もよく美味しい。

◆五島うどんを使用したお料理・・ラグーと青梗菜、九条ネギと共に。
「五島うどん」をこちらで頂かなくてもいいのでは、、とは思いますが、
コレも定番になったようですね。お味としては、カレー風味ですので麺と合います。

◆鹿児島産・黒毛和牛のランプ、筍のパエリア添え。
*お肉の火入れはいつもながら完璧ですね。ランプですがかなり柔らかく旨みを感じて美味しい。
*リゾットもシェフのお得意料理ですのでいい味わい。
リゾットが付きますので「パン」は添えられなかったようですけれど、
できれば「お魚料理」辺りで出していただきたいかと。

◆黒トリュフのアイス・・アイスの中にも刻んだトリュフが入る贅沢な品。
食後にアイスを頂くと口の中がサッパリしますね。

◆バニラのブラマンジェ、カカオのクッキー、あまおう、ホワイトチョコ。
これ美味しい。あまおうも甘いのですが、クッキーやブラマンジェと共に頂くと美味しいこと。

◆シェフの故郷愛媛のお菓子「タルト」をイメージして作られた品。
ロールケーキの中には「餡」「生クリーム」「柚子のコンフィチュール」が入りいい味わい。

◆珈琲。

ハンバーガーなど遊び心もあるお料理で愉しめましたし、
サービスも心地よく、いいお時間を過ごさせていただきました。
また伺います。♪

★★★★☆4.5
2017/08訪問
訪問回数:7回。

今回は親しい方をお招きしての会食利用です。

◆まずは「ビール」や「白ワイン」を。

◆スペシャリテの「Wコンソメ」
鶏をベースにあご出汁などを加えてあり、食材の旨みを感じる品。

◆本鮪とアボカド、山葵ソースで。
*大トロですので上品な脂と甘みを感じて美味しい。フォンドボーや蜂蜜などを合わせた山葵ソースもいい味わい。

◆別の「白」を。

◆イサキのお料理、焼きナス添え。
*「イサキ」は反対側の皮は軽く炙ってあり、レア感が残る仕上がり。
紅芯大根のピューレや青柚子などのソースもサッパリして合いますね。

◆上:牛乳パン、中には塩漬けにした「桜」入り。
◆下:米粉のパン。おにぎりをイメージし、中には「梅」、上に「とろろ昆布」が盛られています。
   以前に比べ少し小さくなりました。

◆太刀魚のムニエル。
*太刀魚はセモリナ粉をまぶしムニエルに。スモークチーズとごま油がかけられています。
チーズと太刀魚がよく合い、美味しいこと。

◆次に「鍋島」を。こちらは「和」の要素感じるお料理ですので「日本酒」が合うのですヨ。

◆数種類のお肉のミンチを使用した麺料理。
*フレンチとは思えない「エスニック」な品。
下には「五島うどん」が敷かれ、上に「鹿肉」「豚肉」「鴨」などの挽肉を数種類のスパイスでお味付したものや
青梗菜、温玉などが盛られています。
カレーの風味を感じたのですが、カレー粉は使用されずスパイスの味わいだそう。

◆アマダイうろこ揚げ。
*アマダイの鱗はカリッと揚がり美味しいですね。
スープは「アサリ」「蛤」の出汁で取られ、葱油がかけられています。
これも「和食」を頂いている感覚でした。

◆次に「赤」を。

メインはご無理を言って「牛」にして頂きました。
◆岩手の短角牛・ランプ部分、空芯菜添え。
ソースは「ビーツ」「ほうれん草」「ルッコラ」「オレンジ」のピューレ。
*お肉がキレイですし、いつもながら火入れも完璧。
ランプらしい噛みごたえと旨みを感じ秀逸。

デザートは3種類。
◆ジャージー牛乳のアイス、パイナップルのピューレ添え。
とても美味しかったのですが、お写真撮り忘れました。m(__)m

◆チーズケーキ・・前回頂いて主人が感激した品です。また少し改良されたそう。
マスカルポーネチーズを使用されラムレーズンが中に入り、上には「パルミジャーノ」がタップリ。
食感も滑らかで美味しいですね。

◆チョコレートケーキ・・小麦粉を使用せず数種類のチョコとバター・卵黄で作られています。
程よい甘みでこれもいいお味。
◆ドリンクは「珈琲」「紅茶」「緑茶」から選べますので、「珈琲」を。

どの品もいい味わいですが、以前にも増して「和」の要素が強くなったように感じました。
お招きした方も満足されたようでよかったですよ。

★★★★☆4.5
2017/06訪問
訪問回数:6回。

5月にトアヒスさんを訪問した折、大野城の人気鮨店「菊鮨」さんと、
今注目の中華「巴蜀」さんとのコラボ企画があると教えていただき・・
こちらも含め若手実力派シェフの夢のような競演ですので、愉しみに伺いました。
鮨×中華×フレンチのコラボ、とても魅力的。

お料理は15000円(外税)、ドリンクは別料金(同じく外税)。ゲストは21名。
いつも3組しか予約を入れられないので、こんなに人が多いこちらは初めて。(^^;)

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・焼きアゴや色々な食材を使用されています。
いつもながら食材の旨みが凝縮され美味しい。

◆前菜盛り合わせ。
*「よだれ鶏」「ピータン・焼き茄子のせ」「おからの何とか」etc.

*よだれ鶏はお店でも頂きましたが、鶏も柔らかく美味しいと。

*鶏をあまり好まない私にはお気遣いくださり「胡桃」のお料理を。蜜揚げのような印象で、これ美味しい。
他のお料理もそれぞれ味わいが違い美味しいこと。

◆お料理名は失念しました。m(__)m
フォアグラのムース、ジャガイモのピューレ、下には刻んだソーセージが入り、
上には千切りにしたタップリの「黒トリュフ」や「揚げたジャガイモ」が盛られています。
フォアグラの風味が濃厚ですし、トリュフの香りもよくとても美味しい。

◆点心3種。
*左:中華のパイ・・中には豚肉の餡
*右:皮の感じは揚げパイ風かしら、中には豚肉の餡。
どちらも皮の食感、餡の味わい共にいいですね。

*トリュフ入り「小籠包」・・贅沢な小籠包ですよ。小籠包らしい味わいで、ほんのりトリュフの香りがします。

◆熊本産馬肉のロースト
以前からいい馬肉が入れば食べていただきたいとシェフが話されていたのですが、
訪問時にシェフが満足されるいい馬肉が入らなく中々頂けなかったのです。
ようやくこちらで美味しい馬肉を頂けました。
キレイな赤身で柔らかく美味しいですね。
クセも全くありませんし、淡白な味わいのの中にも旨みを感じ秀逸。

シャリの用意をされています。こういう光景は普段中々見れないですね。
この日のネタ、、どれも美味しそう~

◆アオリイカと甘鯛お昆布〆・・アオリイカは丁寧に包丁が入り、ねっとり感を感じて美味しい。
甘鯛の昆布〆は軽い〆ですので、甘鯛本来の旨みを感じます。これも美味。
◆下は「ガリ」

◆地物の車海老・・これも海老の旨み・甘さを感じて美味しい。赤酢のシャリとよく合います。

◆境港の鮪・・口に入れるとトロケマス。美味しい。

◆煮蛤・・立派な蛤ですこと。フックラ煮こまれていますし、ツメの味わいもいい品。

◆唐津の赤雲丹・・赤雲丹としては粒も揃いかなり上質な品。特有の甘みを感じて美味しい。

◆対馬・のどぐろ・・皮目は軽く炙ってあります。
これ美味しい。口に入れた瞬間ノドグロの上品な脂と旨みを感じ、これもトロケマシタ。

◆対馬・穴子・・ゴールデン穴子ですね。フワフワです。

◆玉子焼き・・これもフワフワ。

◆デザート・・写真がぶれていてスミマセンm(__)m
桃のコンポートやブラマンジェなど桃づくし、どれもいいお味。
◆珈琲

この日いただいたお酒。価格は外税。
こうして並べてみると、いつもよりよく飲みました。(^^;)
◆グラスワイン(1500円×2)・・スッキリした味わいで飲みやすい。
◆紹興酒(500円)

◆鍋島・雄町(1000円×2)
◆白ワイン・ブルゴーニュジョセフ ドルーアン(800円)

◆鍋島(1000円)・・こちらは生酒。どちらも美味しいですが、雄町の方が好きかも。
◆若波(800円)

◆主役のシェフの方々。掲載了解済。
左から「菊鮨のご主人」「巴蜀のオーナーシェフ」「トアヒスのオーナーシェフ」

フレンチ・鮨・中華と好きなもの尽くしで、それぞれ工夫を凝らしたお料理を美味しく頂きました。
同じテーブルでご一緒させていただいた方々が皆様素敵な方で、とても楽しいお時間でした。
4時間の楽しい宴でしたよ。

★★★★☆4.5
2017/05訪問
訪問回数:5回。
毎回美味しくワクワク感があるフレンチ、今回も愉しみに伺いました。
5月で1周年だとか、おめでとうございます。☆彡
オープン1年でかなりの人気店になられ嬉しいですね。^^

ディナーは、9000円(税・サ込)のみと潔い・・
以前ディナーは18:00~でしたが、現在は、18:30~に変更されています。

◆最初に「ビール(700円:税込)と安心院の白(価格不明)」を。
安心院は前回頂いた品よりもサッパリした味わいですね。WINEとしては前回の方が好きかも。

◆そのあとは「赤」や「鍋島」を・・
「鍋島」、開栓直後ということもありとても美味しい。

◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・少しずつお味を変えられているようで、
鶏や香味野菜等に「あご出汁」も加えられたそう。
お味に深みがありいろんな旨みを感じて美味しい。

◆初鰹のカルパッチョ・・盛り付けが美しいこと。
今年の初鰹は高値で取引されていると他店で耳にしましたが、タップリ盛られています。

*鰹自体も旨みを感じて美味しいですけれど、
茗荷・葱油・熊本トマトのピューレ・ピ^ナッツ etc等で調味されいいお味ですよ。

◆ヴィシソワーズ・・これ絶品。
*下にはコーヒーゼリー、カラスミ、パセリオイル、アーモンドソースなどが入っています。
ヴィシソワーズも濃厚で美味しいのですが、すべて混ぜると「絶品」以外の言葉がないですね。

◆パンは2種類・・上は牛乳パン。
下のパンは梅干し入りの米粉パン。何度か頂いていますが今回は上に「とろろこんぶ」がのせられていました。
イメージとしては「梅」+「米粉」+「とろろ昆布」で「おにぎり」だそうな。

◆桜えび(静岡産)と車海老のフラン。フランは「洋風茶碗蒸し」です。
桜えびは旬ですね、彩が鮮やかで美味しそう~

*下には、車海老、ホワイトアスパラ、フランが入りいいお味。
車海老もタップリ入っていますので「海老」の競演ですよ。海老好きですのでこれは嬉しい。

◆筍のベニエ・・筍も旬ですね。揚げたてを食べてほしいとのこと。
*セモリナ粉を使用して揚げられているので衣は薄くてもサクサク。
筍もエグミが全くなく美味しい。下には「新玉ねぎのピューレ」と「ワカメ」を混ぜるという斬新なソースが・・
新玉ねぎの軽い酸味が筍とよく合います。

◆金目鯛のグリル・・皮目はパリッと焼かれていますし、脂がのり美味しい。
「ネギ」「三つ葉」などが添えられ「サフランソース」がかけられていますが、このソースの味わいもいいこと。

この日は「黒豚の仔豚」を用意して下さっていました。
何でも希少な品で福岡ではこちらだけでしかいただけないとか。
でも私は豚を好まない旨お伝えしましたら、
急遽別のお料理を用意して下さり申し訳ないことを。m(__)m

◆黒豚の仔豚のロースト
皮が付いたロース部分とその後ろにフィレ部分が盛合されています。

*主人は牛より豚を好みますので、他の豚に比べてとても美味しいと。
皮目はキャラメリゼ風ですので、甘みとカリカリ感を感じ美味しいそうですよ。

◆急遽用意してくださった「馬肉」、カルパッチョ用なので少し噛みごたえがあるとの説明でしたが、
そうでもなく・・
クセがなく食べやすかったですし、豚よりこちらの方がよかったですね。

*キレイな馬肉ですし、赤ワインに色々加えられたソースが美味しい。

◆アイスにメロンピューレをかけた品。
食後にアイスを頂くと、口の中がサッパリします。

◆チーズケーキ・・これ絶品。ここまで美味しいチーズケーキは初めてですね。
クリームチーズやパルミジャーノを使用されているのですが、なんともいい味わいでした。
主人はもっと頂きたいと言っていましたけれど・・

◆ガトーショコラ・・私はお腹が一杯ですので、主人の分を多くしていただきました。
又改良されてお砂糖を使用されていないそうですが、
チョコの風味を生かしながらもくどくない味わいでコレも美味しい。
◆珈琲。

以前よりも和の要素を感じるお料理で、今宵も愉しく美味しく頂きました。
シェフともゆっくりお話しできたのがよかったですし・・
また、伺いますね。^^

★★★★☆4.5
2017/01訪問
訪問回数:4回。
去年オープンされた福岡市内のフレンチでは一番のお気に入り・・
この日はマイレビ様方と4名での「オフ会」でございます。
私以外は初訪問&グルメな方々ですので、お気に召すかドキドキですよ。(^^;)

ランチは以前2種類でしたが、1月から4000円(税込:サービス料&チャージなし)に統一されました。
因みにディナーは9000円。

◆最初に「赤」やら「白」やら「日本酒」やら・・

◆次に別の「白」やら「赤」やら「日本酒」やら・・

◆ダブルコンソメ
こちらのスペシャリテ。何時もながらに美味しい。軽いテイストですが、旨みが凝縮されています・

◆車海老のお料理。
*立派な大きさですこと。車海老は甘みを感じ美味しい。
「根セロリのピューレ」と「みかんのソース」が添えられ、どちらもいいお味。

◆マナ鰹とクスクスのお料理。
ビジュアルも美しい。鰹は下に入り上に「クスクス」や「小さくカットしたお野菜」などが盛られています。
クスクス、普段はあまり好みませんが、調理により美味しくなるのですね。

◆キノコのペーストポタージュ風。
これ美味しい。キノコを丁寧にポタージュにされていますので、コンソメ同様旨みが凝縮されています。
添えられた「胡桃」や「パンチェッタ」と共に頂くとお味に変化が付き、また楽しめますね。

◆太刀魚のお料理。
セモリナ粉を使用して軽くフリットされた「太刀魚」に、以前も頂いた「カリフラワー」を薄切りにして盛り美しいこと。
太刀魚自体も甘みを感じ美味しい。

◆自家製米粉パン・・中に梅干しが入っています。

◆長州和牛のイチボ・・これ素晴らしいお肉でした。
ゴボウのペーストと賽の目に切った安納芋が添えられていて、ソースは赤ワインソース。
このお値段でこの質の品を出されるのには感謝ですね。
*柔らかく、噛むごとにお肉の旨みや甘みを感じます。
シェフの火入れも完璧で絶品。

デザートは2種類出されます。
◆ブルーチーズを使用したチーズケーキ&キャラメルアイス。
チーズケーキは「ブルーチーズ」があお苦手な方でも好まれるような滑らかな仕上がり。
キャラメルアイスも甘さ控えめで美味しい。

◆これもスペシャリテの粉ものを使用していない「チョコケーキ」
◆チョコ苦手な友人には「ティラミス」
◆珈琲。

この日もすべて美味しく頂きました。食材と調理の妙も素晴らしい。
4000円でこれだけの食材を出され、丁寧に調理されていると値上げされても採算が心配になりますが・・

おなご4名ですのでオシャベリにも花が咲き、美味しく楽しいお時間でしたよ。
ご一緒してくださいました皆様、有難うございました。^^
また伺いますね。(´▽`)

★★★★☆4.5
★★★★4.0
2016/12訪問
2016年12月
年内最後の投稿になります。
今年も多くの方にご訪問頂き、ありがとうございました。
またコメントやオフ会などで交流させていただきましたフォロワー様方に、重ねてお礼申し上げます。
拙いレビューですが、来年もよろしくお願いいたします。m(__)m

皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいね。+゜*。+゜.゜+。:.
・・・・・・・・・・・・・・・
今年のクリスマスイヴはこちらに伺いました。
これまでは夜も3組Maxでしたけれど、スタッフさんも増えこの日は5組と満席。
5月にオープンされてから、あっという間に人気店になられましたね。^^

◆まずは「シャンパン」から。ロゼとは珍しい。
少し辛口ですけれど、美味しい品。

◆次に白を。甘口でとお願いしましたら「安心院の白ワイン」が出されました。
これ美味しい、まさに二人の好みのテイストで、主人も気に入ったよう。次回からこれにしょう・・
◆その次に「赤」を。これは主人だけが頂きまして、感想聞くのを忘れました。m(__)m

クリスマスコース(10000円:税込)、チャージ&サービス料なし。
◆最初に、こちらのスペシャリテ「Wコンソメ」・・毎回頂きますが、今回は「黒トリュフ」が入る豪華版。
丁寧に作られたコンソメは優しい味わいで美味しい。

◆車海老とオマールのムース・・お写真の色合いがキレイに出なくてスミマセン。
お海老好きには堪りませんね。
車海老もタップリ入り甘く美味しいですし、ムースもいいお味。
オマールの出汁で取ったジュレや、胡桃、山椒、ソテーしたブロッコリーなど盛り沢山。

◆カリフラワーのお料理・・これも美味しい。カリフラワーでこんなに美味しいものだったのね。
コーヒーのパンナコッタ、カラスミ、焦がしレモンなどのお味わいが重なり美味しいこと。

◆スペイン産フォアグラのお料理。上にはココアクッキーが飾られています。
*低温調理されたフォアグラは上質な旨みを感じて美味しい。
フォアグラには甘めのソースが合いますけれど、「ミカンソース」というのは初めて。
軽い酸味もよく、これも秀逸。

◆鰆のポアレ。ソースは「上州葱」の青い部分を使用したもの。
*鰆は皮目をパリッと焼かれ、程よい塩加減。
鰆の下には「かきのき茸(と言われたような)」「上州葱」「大根」などが入ったリゾット。
シェフのリゾットは以前勤務されていたお店せでも2回ほど頂きましたが、美味しいのですよ。

◆パンは2種類。「牛乳を使用し桜の葉の塩漬けが入った柔らかいパン」と「米粉試使用した梅干し入りのパン」

◆こちらもスペシャリテの「パイ包み」、、今回は「団扇海老」が入っています。
海老の下には「鶏のムース」、、団扇海老もタップリで甘みが強いので美味しいこと。ムースは滑らかな食感。
パイ生地もサクサクですし、これも秀逸。

◆メインは愛知県産「本州鹿」、、大きな切り身ですこと。赤色はビーツのソース
*肉質は柔らかく癖がないですね。
鹿肉はこれまで2度しか頂いたことがないのですが、美味しいと思えました。
*セロリが添えられています。

デザートは3種類。
◆ティラミス風・・・下にはアーモンドクッキーが敷かれ、マスカルポーネをタップリ使用した美味しい品。

◆洋梨とキャラメルのデザート。
これ美味しい。洋梨を赤ワインでコンポートされ、ヘーゼルナッツをキャラメリゼした品と共に頂きますが
いいお味です;

◆最後はクリスマスらしく「ブッシュドノエル」をイメージしたロールケーキ。
生クリームもタップリ。

今宵もすべてがハズレ(なく美味しかったですね。
クリスマスと言うと価格を上げるお店が多い中、10000円でこれだけの食材や品数を出されるのは素晴らしい・・
客に美味しいものを食べさせたいという思いと、シェフのキップの良さが伝わります。
接客も心地いいですし、素敵なイヴを過ごさせて頂きました。

来年も愉しみに伺いますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年8月

ランチの印象もよかったですし、シェフのお味が以前のお店にいらしたときから好みでしたので、
ディナーで再訪しました。

店内は落ち着いた印象のお洒落空間。

メニューは、
ランチ:2800円、4500円
ディナー:6000円、9000円
(いずれも税込。サービス料なし,チャージなし。)

今回は9000円のディナーを予約時にお願いしています。

◆暑い日ですのでまずは「ビール(700円)」を。
可愛いグラスですので、最初に頂くには丁度いい量かと。

◆次に「白ワイン」や「赤ワイン」を頂きながら・・

◆こちらの定番「スペシャリテのダブルコンソメ」、前回お写真撮り忘れましたが、今回はしっかり撮りました。^^
前回は「鶏ミンチのお団子」が入っていましたけれど、今回は入らず・・
お味はより進化させられたようで、ベースのコンソメだけでなく「椎茸」等の旨みも感じます。

◆天草の岩牡蠣・・お写真の黄味が強くてスミマセン。下のお写真が本来の「牡蠣」の色合いです。m(__)m
80度で5分加熱した品。巨峰のコンポートがのせられ、下には「レモンのグラニタ」が敷かれています。
岩牡蠣はクリーミーという言葉がビッタリで、とても美味しい。

◆トウモロコシのブランマンジェ・・トウモロコシは「肉醤」をかけながら焼いた「焼きトウモロコシ」と
滑らかな味わいのブラマンジェ、2種類のお味を楽しめますが、どちらもいいお味。
「緑のお野菜」は「シーアスパラ」と言う品で、海辺に生息するせいかほんのり塩味がしますね。

◆パンは2種類。
上:前菜用「桜のパン オ レ」・・牛乳を使用したパンで「桜の葉の塩漬け」が練り込まれています。
ソフトな食感で美味しい。
下:お肉用「梅のパン オ リ」・・米粉を使用したパンで「梅」が練り込まれています。

◆西米良サーモンのマリネ、黒ゴマソースで。
宮崎産の「西米良サーモン」は「カワマスとエゾイワナのかけ合わせ」で作られた品。
以前他店で頂いたことがありますけれど、上品な脂と甘みを感じ美味しい。

のせられた「ピクルス」も酸味が強くなく、胡麻ソースと共に頂くとより美味しいですね。

◆金目鯛のポアレ、冬瓜添え。
*金目鯛は丁寧にポアレした後、皮目をパリッと焼き上げられ食感もよく本来の旨みも感じ美味しい。
バジルソースと七味で頂くのですが、よく合います。

◆カマス・ジャガイモ・トマトのパイ
パイ生地、サクサクですね。カマス自体は淡白な味わいですので、
「ネギソース」「バター風味のアンチョビソース」がよく合い、美味しい。

◆メインは「宮崎産・ホルスタインフィレ」
ピーマンの炒め物が添えられ、ソースは「茄子・茗荷」を入れた赤ワインソース。
シェフは以前からお肉料理もお上手ですが、この日の火入れも絶妙ですよ。

*柔らかくお肉の旨みを感じる品で、とても美味しい。
ソースも赤ワインベースですけれど、茗荷が入ることで和のテイストを感じ、いい味わい。

デザートは3種類出されました。
◆キャラメルアイスとキャラメリゼしたナッツ
食後に冷たいアイスを頂くとホッとしますね。どちらのキャメル風味も好みです。

◆チーズケーキ・マンゴ添え
レアチーズケーキが滑らかでとても美味しい。マンゴも甘いですよ。

◆ガトーショコラ・・小麦粉を使用せず2種類のチョコなどで作られていますので、重くないですね。
チョコ好きさんが気に入ったようです。
◆珈琲・・珈琲にも拘られ、六本松の「サレドコーヒー」さんの品で、「ブラジル」「コロムビア」「ガティマロ」MIX。
甘味とよく合う珈琲です。

食材にも拘られ、どの品も外れなく美味しく頂きました。
創作性がありますので、ワクワク感もありますし、この内容で9000円は大満足です。

雰囲気もステキですので、記念日使いにもいいかと。
こちらのシェフのお味は好みですので、また伺いますね。^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年6月
大濠公園駅からほど近い場所に、フレンチ店がオープンされたと耳にし伺いました。
店内はお洒落な雰囲気。

全く情報もない状態で伺いましたが、オーナーシェフがご挨拶に来られた際
「お久しぶりです」と言われビックリ。
何と薬院の人気店にいらしたシェフでした。
オーナーシェフは来福される前、東京の人気フレンチ「アムール (amour)」で修業されましたので、
フロアスタッフさんも「アムール (amour)」時代ご一緒だった方だそう。
以前のお店でもお料理が美味しかったので、これは期待できますね。

ランチは2800円と4500円、それぞれ税込。
何も知りませんでしたので、予約時に2800円でお願いしたのですが、
彼のお料理でしたら4500円でよかったような・・(^^;)

◆ワインなどの種類も豊富ですけれど、
シェフのご出身が愛媛だそうで「愛媛のオレンジジュース(700円)」などもあります。
カトラリーはテーブルの引き出しに入っていて楽しい・・

◆最初に「ダブルコンソメ」スープが出されたのですが、話していてお写真撮り忘れたようです。m(__)m
丁寧に2回取られたコンソメスープの中に
「鶏ミンチ」「生姜」「豆腐」などで作ったお団子が入る美味しい品。

◆天草の岩牡蠣と柑橘を使用したお料理。
牡蠣は80度で蒸してあり、旨みが凝縮していますね。
甘夏もサッパリ風味でよく合います。

◆大島トマトを使用したお料理
*トマトはコンフィされていますので、より甘く感じますね。
ジュレもトマトから作られ、アクセント的に「鮎の魚醤」が加えられています。
下には「ヒオウギカイ」のグリル、焼きナス・枝豆・オクラ・新玉ねぎなどもお野菜も美味しい。

◆ゴボウのスープ、小松菜、マスタードソース添え。
*スープと言ってもピューレ状で濃厚なお味わいですので、ごぼうの旨みをより感じますね。
火を通した小松菜、ごぼうのピクルスなども入っています。
マスタードソースには一味も足されていて、混ぜていただくといいお味。

◆お料理に合わせた自家製パン。
中には梅が入っていて、美味しいパンです。

◆おいも豚のグリエ
*肉質・焼き加減もいいですね。厚目にカットされているので「豚」の旨みを味わえます。
お野菜のほかに「生キクラゲ」の「黒」と「白」も盛り合わせていますが、食感がいいですね。
ソースは「新玉ねぎ」「シェリー酒」を使用したものと、「かぼちゃペースト」、「自家製マスタード」が添えられていました。

◆デザートは「メロン」「ジャージー牛乳のアイス」「梅のジュレ」など。
お食事の最後に頂くには、冷たい食感とメロンの甘さが丁度いい。
◆珈琲も美味しいこと。

◆メニュー
最後のデザートは変更されています。

どれも丁寧に調理され、美味しいお料理でした。
以前も一品を丁寧に作られましたが、今回もとても丁寧に作られます。
ですので、お料理の提供には少しお時間がかかり、今回のランチで1時間40分程。
お時間は余裕をもって利用されたほうがいいですね。

こちらなら以前いらしたお店より近いので、、、次回はディナーで伺いたいですね。
今後通いたいと思えるお店が、また増えました。^^
▲ページトップ

TTOAHISU - 料理写真:長州和牛のシャトーブリアンに広東パクチーのソテー TTOAHISU - 料理写真:◆黒毛和牛と黒豚のパテを赤ワインソースで。上にはタップリの黒トリュフ。 TTOAHISU - 料理写真:のどぐろのトムヤムクン・・私も気に入りましたが、主人が絶賛しました。 香ばしく焼いた「喉黒」が美味しいのは勿論、適度な辛味のスープがとてもいい味わい。 TTOAHISU - 料理写真:◆千葉県産太刀魚のフリット・・フリットにした太刀魚の上には、玉葱のコンフィチュール、羊のチーズ、そしてパセリのフリット。 玉葱の甘さ、チーズのコクが淡泊な太刀魚とよく合い、美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆マスカルポーネにクリームチーズのムース、パルミジャーノレッジャーノ 主人が大好きな品で、今回お二人にも召し上がって頂きたいと、シェフにご無理を申しました。m(__)m 作られたのは2年ぶりだそうですが、これも定番にして頂きたいくらい美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:*お肉はとても柔らかく、シェフの火入れは毎回完璧ですのでとても美味しい。 名残の花山椒を頂けたのも嬉しいですし、お肉とともに頂くと秀逸。 今年の「花山椒」はかなり高価だと耳にしていますが、ソレをタップリ盛られるキップのよさ。 TTOAHISU - 料理写真:甘鯛のベニエ。*甘鯛はセモリナ粉を付けて揚げられ、上から粉末状にした「アオサ」がかけられています。 食感もよく甘鯛の旨みを感じ美味しい。 *添えられた「長茄子」「なんとかミカン」「松の実」などで作られたソースが美味しいこと。 TTOAHISU - 料理写真:◆マナ鰹、下にはリゾット・・トムヤンクンをイメージして作られたとか。 下には刻んだ筍など使用した少しピリ辛のソースが敷かれています。 ここまでの優しい味わいの和テイストと異なりお味変わりにもなり美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:角煮風に煮込んだ豚バラ肉サンド TTOAHISU - 料理写真:◆チーズケーキ、ゴルゴンゾーラのドルチェのせ こちらのチーズケーキは何度が頂いていますが、チーズの旨みが濃厚で好み。 ゴルゴンゾーラドルチェもいい味わい TTOAHISU - 料理写真:◆熊本の赤牛(阿蘇王)。菊芋・蕗の薹・黒トリュフのソースで。 これまで赤牛は少し噛みごたえのあるイメージだったのですが ナイフを入れた瞬間スーと切れ、とても柔らかいのに驚きました。 お尋ねすると「シャトーブリアン」にちかい部位だそうで納得ですね。 噛むと旨みを感じてとても美味しい。 シェフのお肉料理はいつも美味しいのですが、この日も火入れ・調理共に完璧でした。 TTOAHISU - 料理写真:鰆(8日寝かせた品)、揚げ茄子、生姜、上には花山葵 TTOAHISU - 料理写真:◆パルミジャーノチーズと黒胡椒を練り込んだパンの上に、あめ色になるまで炒めた玉ねぎ、 フォアグラのテリーヌ、カリカリ食感のジャガイモの千切り。 TTOAHISU - 料理写真:◆甘鯛のポアレ、豚肉と玉ねぎ、キノコ(マッ主ルームや原木椎茸など)で作ったスープで。 黒トリュフ、原木椎茸添え。 TTOAHISU - 料理写真:◆のどぐろ、海老と魚介のソースで。聖護院蕪、花ウド。 のどぐろは皮目をカリッと焼かれていて、脂がのり美味しい。 ソースは薄めのアメリケーヌのような印象で、魚介の旨みを感じます。 TTOAHISU - 料理写真:*シェフのお肉料理の火入れはいつも完璧ですが、これも火入れがいいこと。 噛むとジューシーさと旨みを感じ、とても美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:*鰆自体の味わいもいいですけれど、柿のフレークの食感が良いこと。 菊芋のねっとりしたソースがよく合い、美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:下に「珈琲ムース」「カラスミ」「ナッツ」などが入り、食感お味ともに秀逸。 TTOAHISU - 料理写真:豚肉のお料理、オレンジカリフラワー、パルメジャーノ、卵黄 ハンバーグ風のお料理と、目玉焼き風のお料理でビジュアルが面白い。 目玉焼きは「オレンジカリフラワーのムース」と「卵黄」で作られています。 ハンバーグと共に頂くと美味しいこと TTOAHISU - 料理写真:◆銀鱈、春菊、パクチ、七味・・お出汁でお味付されていますので、パクチ以外はほぼ和のお料理。 脂ののった銀鱈の味わいがよく、優しいお味付の出汁が銀鱈の味わいを邪魔せず七味の軽い刺激がアクセントになり、 好みのテイスト。 TTOAHISU - 料理写真:◆熊本:和王 シャトーブリアン・・見るからに美味しそう。ソースはフォンドボーと赤ワイン。 九条ネギ、赤カブなどで作られたリゾットも美味しいですね。 TTOAHISU - 料理写真:*しま鯵が美味しいこと。糠漬け大根のピクルスやトマト、柚子胡椒、葱オイルなどで調味されていますので 「しま鯵」の旨みがより引き立ち秀逸。 TTOAHISU - 料理写真:◆フォアグラのテリーヌ・・ブータンノワールが挟まれてるのですがいいい味わいで フォアグラと共に頂くととてもいい味わい。 TTOAHISU - 料理写真:*やいと鰹は皮目を香ばしくやかれ、とても美味しい。 焼きナスや玉ねぎのマリネ、カラマンシービネガーなどの味わいが重なり美味。 TTOAHISU - 料理写真:*塩もそえられていますが、グリビッシュソースが美味しいこと。 ソースはマヨーズ、香草、ケッパー、ゆで卵、自家製胡瓜のピクルスなどで作られているそう。 TTOAHISU - 料理写真:◆大和牛(奈良)のsteak TTOAHISU - 料理写真:◆金目鯛のお料理・・金目鯛は昆布〆にされています。 葱オイル、ジュンサイ、山葵などと。 長芋と大根ピクルスを刻んだソースで頂きます。 これはフレンチではなく「和」の味わいですね。(^^;) TTOAHISU - 料理写真:◆蛤の出汁のフラン・・「フラン(洋風茶碗蒸し)」の上に「渡り蟹」「赤雲丹」「三つ葉」などが盛られ 海老のコンソメ風味の餡がかけられています。 渡り蟹の甘みが加味され美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆ラム酒のチーズケーキ 使用するチーズは周期的に変えられるようですが、これも毎回美味しい。 TTOAHISU - ドリンク写真:*ヴィシソワーズ これは毎回美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:*鰤の味わいもいいですし、 マリネした紅芯大根とスモークチーズと共に頂くとほんのりした酸味やチーズの旨みが加味され美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆アラのポワレ・・スープドポワゾンと金目で取った出汁がソースとして使用されていますが、良い味わいですこと。 アラらしい身のプリプリ感もよく美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆鹿児島産・黒毛和牛のランプ、筍のパエリア添え。 TTOAHISU - 料理写真:◆ヴィシソワーズ・・復活したのですね。^^ 中には「珈琲のパンナコッタ」「ローストアーモンド」「カラスミ」「パセリオイル」などが入り、とても美味しい。 スペシャリテとしてずっと頂きたい品です。 TTOAHISU - 料理写真:◆バニラのブラマンジェ、カカオのクッキー、あまおう、ホワイトチョコ。 これ美味しい。あまおうも甘いのですが、クッキーやブラマンジェと共に頂くと美味しいこと。 TTOAHISU - 料理写真:*お肉がキレイですし、火入れも完璧。 ランプらしい噛みごたえと旨みを感じ秀逸。 TTOAHISU - 料理写真:*アマダイの鱗はカリッと揚がり美味しいですね。 スープは「アサリ」「蛤」の出汁で取られ、葱油がかけられています。これも「和」のお料理を頂いている感覚でした。 TTOAHISU - 料理写真:*「イサキ」は反対側の皮は軽く炙ってあり、レア感が残る仕上がり。 紅芯大根のピューレや青柚子などのソースもサッパリして合いますね。 TTOAHISU - 料理写真:*太刀魚はセモリナ粉をまぶしムニエルに。スモークチーズとごま油がかけられています。 チーズと太刀魚がよく合い、美味しいこと。 TTOAHISU - 料理写真:◆岩手の短角牛・ランプ部分。空芯菜添え。 ソースは「ビーツ」「ほうれん草」「ルッコラ」「オレンジ」のピューレ。 TTOAHISU - 料理写真:訪問時にシェフが満足されるいい馬肉が入らなく中々頂けなかったのですが、 ようやくこちらで美味しい馬肉を頂けました。 キレイな赤身で柔らかく美味しいですね。クセも全くありません。 TTOAHISU - 料理写真:*よだれ鶏はお店でも頂きましたが、鶏も柔らかくとても美味しいと。 TTOAHISU - 料理写真:◆境港の鮪・・大トロに近い味わいで、口に入れるとトロケマス。美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆お料理名は失念しました。m(__)m フォアグラのムース、ジャガイモのピューレ、下には刻んだソーセージが入り、 上には千切りにしたタップリの「黒トリュフ」や「揚げたジャガイモ」が盛られています。 TTOAHISU - 料理写真:◆対馬・のどぐろ・・皮目は軽く炙ってあります。 これ美味しい。口に入れた瞬間、ノドグロの上品な脂と旨みを感じ、これもトロケマシタ。 TTOAHISU - 料理写真:◆初鰹のカルパッチョ・・盛り付けが美しいこと。 今年の初鰹は高値で取引されていると他で耳にしましたが、タップリ盛られています。 TTOAHISU - 料理写真:◆ヴィシソワーズ・・これ絶品。 TTOAHISU - 料理写真:◆桜えび(静岡産)と車海老のフラン。フランは「洋風茶碗蒸し」です。 桜えびは旬ですね、彩が鮮やかで美味しそう~ TTOAHISU - 料理写真:◆黒豚の仔豚のロースト 皮が付いたロース部分とその後ろにフィレ部分が盛合されています。 TTOAHISU - 料理写真:◆チーズケーキ・・これ絶品。ここまで美味しいチーズケーキは初めてですね。 クリームチーズやパルミジャーノを使用されているのですが、なんともいい味わいでした。 TTOAHISU - 料理写真:◆長州和牛のイチボ・・これ素晴らしいお肉でした。このお値段でこの質の品を出されるのには感謝ですね。。 TTOAHISU - 料理写真:◆車海老のお料理。 TTOAHISU - 料理写真:◆キノコのペーストポタージュ風。 これ美味しい。キノコを丁寧にポタージュにされていますので、コンソメ同様旨みが凝縮されています。 TTOAHISU - 料理写真:◆太刀魚のお料理。 セモリナ粉を使用して軽くフリットされた「太刀魚」に、以前も頂いた「カリフラワー」を薄切りにして盛り美しいこと。 TTOAHISU - 料理写真:◆マナ鰹とクスクスのお料理。 ビジュアルも美しい。鰹は下に入り上に「クスクス」や「小さくカットしたお野菜」などが盛られています。 TTOAHISU - 料理写真:◆メインは愛知県産「本州鹿」、、大きな切り身ですこと。赤色はビーツのソース TTOAHISU - 料理写真:◆カリフラワーのお料理・・これも美味しい。カリフラワーでこんなに美味しいものだったのね。 TTOAHISU - 料理写真:*鰆は皮目をパリッと焼かれ、程よい塩加減。
鰆の下には「かきのき茸(と言われたような)」「上州葱」「大根」などが入ったリゾット。 TTOAHISU - 料理写真:◆こちらもスペシャリテの「パイ包」、、今回は「団扇海老」が入っています。
海老の下には「鶏のムース」 TTOAHISU - 料理写真:◆車海老とオマールのムース・・お写真の色合いがキレイに出なくてスミマセン。 TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテ「Wコンソメ」・・鴨や豚足、焼きアゴなどのスープ、熱々です TTOAHISU - 料理写真:◆ボタン海老に北海道産トウモロコシ 甲殻類のジュレ TTOAHISU - 料理写真:*下には「ぼたん海老」、上には「甘海老にオマール海老、ボタン海老のお出汁から作ったジュレ」という海老尽くし。 海老好きには嬉しい海老の旨みを堪能できる品。軽く焦がしたトウモロシの香ばしさ甘さが合います。 TTOAHISU - 料理写真:真鯛のタルタル・・鯛茶をイメージされたそうな。シェフのこういう発想は面白い。 TTOAHISU - 料理写真:*真鯛の他、賽の目に切った胡瓜、切り干し大根、さらにはお茶漬け用のあられ、中央にはうずらの玉子。 全て混ぜ合わせて頂きますが、意外と思える組み合わせの食材がそれぞれの旨みを引き立てていてビックリ。 TTOAHISU - 料理写真:*肉汁が逃げないように下には自家製パンが敷かれています。 高級な粗挽きハンバーグという印象ですけれど、 お肉の旨みポテトとチーズの旨み、赤ワインソースの旨みが見事なハーモニーに。 TTOAHISU - 料理写真:◆自家製パン、なんとかチーズのせ・・いつも主人がパンを食べたいと言っているとレビューに書いていましたら 用意して下さったようです。(^^;) これ美味しいので、毎回頂きたいような。 TTOAHISU - 料理写真:*断面が美しい・・ お肉が柔らかく美味しいのは勿論のこと、いつもながらシェフの火入れが完璧で絶品。 ビーツとエシャロット、フォンドボーをベースにしたソースもいい味わい。 TTOAHISU - 料理写真:胡麻のアイスにフランボワーズと桃のコンポートのピュレ TTOAHISU - 料理写真:ガトーショコラバローラ TTOAHISU - ドリンク写真:NVブリュット マグナム ドゥラモット TTOAHISU - ドリンク写真:NVブリュット マグナム ドゥラモット TTOAHISU - ドリンク写真:鍋島 TTOAHISU - その他写真:2019年福岡ミシュランガイドで「一つ星」を獲得されました、おめでとうございます。,゚.:。+゚ TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテの「Wコンソメ」・・定番の「豚骨」「焼きあご」「鶏ミンチ」などに「鴨ガラ」を加えられたそう。 以前より色や味わいが若干濃くなったような気がします。 TTOAHISU - ドリンク写真:ビールとシャンパンを。 TTOAHISU - 料理写真:金目鯛やグリーンピースのお料理。 TTOAHISU - 料理写真:*金目鯛は6日間寝かせた品で円やかな旨みを感じます。 シグレットオイルやトマトとレモンジュレとともに頂くと爽やかテイスト。 TTOAHISU - 料理写真:伊佐木、新玉葱 TTOAHISU - 料理写真:*伊佐木は皮目を炙ってあり香ばしさが加味されていて美味しい。 新玉葱は刻むだけでなくピューレ状にしてソースにも使用されています。 かぼすなども加えてあり酸味を感じるソース。 TTOAHISU - ドリンク写真: TTOAHISU - 料理写真:*「ジャガイモ」と「玉葱」を練り込んだパンの間に「角煮風に煮込んだ豚バラ肉」がサンドされ上にはキャベツのマリネ。 バラ肉は柔らかく、パンの食感もいいですね。 TTOAHISU - 料理写真:信州和牛と花山椒 TTOAHISU - 料理写真:*お肉の断面、一部のみ。100g程度ありますが、美味しいので完食しました。 TTOAHISU - 料理写真:パイナップルとパッションフルーツのアイス・・程良い甘味・酸味を感じ食後に最適。 TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテの「ガトーショコラ」 TTOAHISU - ドリンク写真:珈琲 TTOAHISU - その他写真:外観・内観 TTOAHISU - 料理写真:人気店ですので◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・いつもながらに美味しい、そして器が熱い。笑、この日も満席。 TTOAHISU - 料理写真:*パンは見た目と違いソフトな食感。 玉ねぎの甘みとフォアグラがよく合いますが、ポテトの食感がいいアクセントになり 全て一緒に頂くと美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:真子鰈(二日寝かせた品) TTOAHISU - 料理写真:柚子や八朔、新玉ねぎのすりおろし、シグレットオイルなどを合わせたソースが良い味わいですこと。 TTOAHISU - 料理写真:鰆も厚みがあり美味しいですが、生姜の効いた揚げ茄子がいい味わい。 TTOAHISU - 料理写真:*甘鯛は皮目をカリッと焼かれ美味しいですが、鱗揚げならなお嬉しいかも。(^^;) スープは豚肉が入っているようですが、キノコなどの旨みが強く癖のない味わい。 TTOAHISU - 料理写真:あまおうのアイス TTOAHISU - 料理写真:◆下にはお米を牛乳で煮詰めた「ドゥルセ・デ・レチェ」、上につぶ餡と黒糖と桜のアイス。 ドゥルセ・デ・レチェは洋ですが、上は「和」ですね。 美味しいですが「つぶ餡」は苦手ですので、主人に TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテの「ガトーショコラ」 TTOAHISU - ドリンク写真:珈琲 TTOAHISU - ドリンク写真:◆主人は「ビール(800円)」から・・ TTOAHISU - ドリンク写真:私は「シャンパン(1500円)」を。 TTOAHISU - ドリンク写真:すっきりした味わいの好みの品。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆二人とも「鍋島」を追加。この日は「生酒」でしたが、まろやかな風味と奥深い味わいで美味しい。 こちらは和テイストですので、日本酒が合います。 TTOAHISU - ドリンク写真:赤を TTOAHISU - その他写真: TTOAHISU - メニュー写真:ドリンクメニュー TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテの「Wコンソメ」・・豚足やあご出汁など数種類の食材を使用され、それぞれの旨みを感じる品。 TTOAHISU - 料理写真:ヴィシソワーズ・・こちらのヴィシソワーズ美味しいのです。前回頂けなかったので嬉しい。 TTOAHISU - 料理写真:鰆、柿のフレーク、菊芋のピューレ TTOAHISU - 料理写真:パン・・桜の葉入り。夜はパンを出されないので、 こちらのパンを頂くのは久しぶりですが、食感もよく美味しいですね。 TTOAHISU - 料理写真:和牛ステーキ(要追加料金)、九条ネギのリゾット添え・・キレイなお肉、100g以上ありそう。 TTOAHISU - 料理写真:バニラアイスとブラマンジェ、ピンクグレープフルーツ、オレンジジュレ、ザクロ バニラアイスだけでもいい味わいですけれど、すべてを混ぜていただくと味わいが変わり楽しめます。 TTOAHISU - 料理写真:定番の「ガトーショコラ」、いつもながらに美味しい。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆珈琲 TTOAHISU - ドリンク写真:マイレビ様は「ビール」、私は「スパークリングワイン」を。 TTOAHISU - ドリンク写真:マイレビ様は「白」を。 TTOAHISU - ドリンク写真:私は「鍋島」を TTOAHISU - ドリンク写真:マイレビ様は「赤」を。 TTOAHISU - その他写真:外観・内観 TTOAHISU - 料理写真:スペシャリテの「Wコンソメ」・・いろんな食材の旨みが重なり、いつもながらに美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:天然しま鯵 TTOAHISU - 料理写真:やいと鰹・・上にはビーツ TTOAHISU - 料理写真:穴子のベニエ・・グリビッシュソース添え。 TTOAHISU - 料理写真:◆石垣鯛・・鯛は皮目をカリッと焼かれています。 ソースというより、オマール、ココナッツ、海老芋、シークワーサーなどで作られたスープと共に頂くといい味わい。 むかごもタップリ。 TTOAHISU - 料理写真:お肉は柔らかく口に入れるとトロケ、、とても美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:洋梨のコンポートと烏龍茶アイス・・洋梨の甘みとサッパリした烏龍茶アイスが合います。 TTOAHISU - 料理写真:ビスタチオのチーズケーキ、国産ライム添え TTOAHISU - 料理写真:*ライムの香りがいいこと。 チーズケーキの味わいも濃厚で美味しい。主人は3倍量でも頂けると言ってました。 TTOAHISU - 料理写真:ガトーショコラ TTOAHISU - ドリンク写真:コーヒー TTOAHISU - 外観写真:外観 TTOAHISU - ドリンク写真:主人は「ビール」、私は「スパークリング」を。 TTOAHISU - ドリンク写真:白ワイン TTOAHISU - ドリンク写真:鍋島を。こちらのお料理には日本酒も合います。 TTOAHISU - 内観写真:この日は個室へ案内され・・ これだけ通っていますのに、こちらに個室があるのを初めて知りました。(^^;) TTOAHISU - その他写真:プレート TTOAHISU - その他写真:壁の絵 TTOAHISU - 内観写真: TTOAHISU - ドリンク写真:◆まずは「ビール」と「シャンパン」を。 TTOAHISU - 料理写真:◆こちらの定番「Wコンソメ」・・いつもながらにいろんな食材の旨みを感じ美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆フォアグラバーガー 上質なフォアグラを挟んだ贅沢バーガー。 TTOAHISU - 料理写真:*中にはとろろ昆布なども入り、よく炒めた玉ねぎと共に頂くと美味。 でもパンがこれ以外提供されなくなったのは残念ですね。 出来れば、お魚料理辺りで以前のパンを出して頂けると嬉しいのですが。 TTOAHISU - 料理写真:*中には「コーヒーのパンナコッタ」「カラスミ」「ローストナッツ」などが入っています。 ヴィシソワーズ自体も濃厚ですので、すべて併せていただくとより美味しい。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆白ワイン TTOAHISU - ドリンク写真: TTOAHISU - 料理写真:◆太刀魚・・太刀魚の上に胡麻のピューレ、マリネした蕪のピューレ、バジルのピューレ などがかけられています。 ソースは蕪のマリネの酸味を感じます。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆赤ワイン TTOAHISU - 料理写真:*いつもながらお肉の火入れが完璧ですね。柔らかく美味しいお肉。 下には九条ネギのリゾットが敷かれています。 TTOAHISU - 料理写真:◆トンカ豆のアイス、マンゴソースかけ。 杏仁のような味わいのするアイスと、マンゴソースがよく合います。 TTOAHISU - 料理写真:チョコレートケーキ・・小麦粉を使用せず数種類のチョコとバター・卵黄で作られています。 TTOAHISU - ドリンク写真:珈琲 TTOAHISU - ドリンク写真:◆ビールとスパークリングワイン。・・泡好きの私用に用意して下さったそう。嬉しいですね。 TTOAHISU - 料理写真:◆Wコンソメ・・スペシャリテですね。旨みを感じて美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆ハンバーガー・・これは初めて頂きます。 TTOAHISU - 料理写真:米粉のパンズの中には「フォアグラソテー」「渡り蟹」「焼き海苔のコンフィチュール」「とろろこんぶ」などがサンドされた 贅沢な品。全部一緒に頂くと美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆寒ブリ・・9日寝かせたそう。鮎の魚醤とごま油で調味され、マリネした紅芯大根とスモークチーズが盛られています。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆鍋島を。 TTOAHISU - 料理写真:◆五島うどんを使用したお料理・・ラグーと青梗菜、九条ネギと共に。 TTOAHISU - 料理写真:*お肉の火入れはいつもながら完璧ですね。ランプですがかなり柔らかく旨みを感じて美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:*リゾットもシェフのお得意料理ですのでいい味わい。 TTOAHISU - 料理写真:◆黒トリュフのアイス・・アイスの中にも刻んだトリュフが入る贅沢な品。 食後にアイスを頂くと口の中がサッパリしますね。 TTOAHISU - 料理写真:◆シェフの故郷愛媛のお菓子「タルト」をイメージして作られた品。 ロールケーキの中には「餡」「生クリーム」「柚子のコンフィチュール」が入りいい味わい。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆珈琲。 TTOAHISU - その他写真:外観・内観 TTOAHISU - ドリンク写真:◆まずは「ビール」や「白ワイン」を。 TTOAHISU - 料理写真:◆スペシャリテの「Wコンソメ」 鶏をベースにあご出汁などを加えてあり、食材の旨みを感じる品。 TTOAHISU - 料理写真:◆本鮪とアボカド、山葵ソースで。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆別の「白」を。 TTOAHISU - 料理写真:イサキのお料理、焼きナス添え。 TTOAHISU - 料理写真:◆上:牛乳パン、中には塩漬けにした「桜」入り。 ◆下:米粉のパン。おにぎりをイメージし、中には「梅」、上に「とろろ昆布」が盛られています。 TTOAHISU - 料理写真:太刀魚のムニエル TTOAHISU - ドリンク写真:◆次に「鍋島」を。こちらは「和」の要素感じるお料理ですので「日本酒」が合います。 TTOAHISU - 料理写真:◆数種類のお肉のミンチを使用した麺料理。 *フレンチ店とは思えない「エスニック」な品。 TTOAHISU - 料理写真:*フレンチ店とは思えない「エスニック」な品。 下には「五島うどん」が敷かれ、上に「鹿肉」「豚肉」「鴨」などの挽肉を数種類のスパイスでお味付したものや 青梗菜、温玉などが盛られています。 TTOAHISU - 料理写真:アマダイうろこ揚げ TTOAHISU - ドリンク写真:◆次に「赤」を。 TTOAHISU - 料理写真:岩手の短角牛・ランプ部分、空芯菜添え。 TTOAHISU - 料理写真:チーズケーキ TTOAHISU - 料理写真:◆チョコレートケーキ・・小麦粉を使用せず数種類のチョコとバター・卵黄で作られています。◆珈琲 TTOAHISU - その他写真:今回は親しい方をお招きしての会食利用です。 TTOAHISU - その他写真:外観・内観 TTOAHISU - 料理写真:◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・焼きアゴや色々な食材を使用されています。 いつもながら食材の旨みが凝縮され美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆前菜盛り合わせ。 *「よだれ鶏」「ピータン・焼き茄子のせ」「おからの何とか」etc. TTOAHISU - 料理写真:*鶏をあまり好まない私にはお気遣いくださり「胡桃」のお料理を。蜜揚げのような印象ですが、これ美味しい。 他のお料理もそれぞれ味わいが違い美味しいこと。 TTOAHISU - 料理写真:◆点心3種。 *左:中華のパイ・・中には豚肉の餡 *右:皮の感じは揚げパイ風かしら、中には豚肉の餡。 どちらも皮の食感、餡の味わい共にいいですね。 TTOAHISU - 料理写真:*トリュフ入り「小籠包」・・贅沢な小籠包ですよ。小籠包らしい味わいで、ほんのりトリュフの香りがします。 TTOAHISU - 料理写真:◆熊本産馬肉のロースト TTOAHISU - 料理写真:シャリの用意をされています。こういう光景は普段中々見れないですね。 TTOAHISU - 料理写真:この日のネタ、、どれも美味しそう~ TTOAHISU - 料理写真:◆アオリイカと甘鯛お昆布〆・・アオリイカは丁寧に包丁が入り、ねっとり感を感じて美味しい。 甘鯛の昆布〆は軽い〆ですので、甘鯛本来の旨みを感じます。これも美味。 ◆下は「ガリ」 TTOAHISU - 料理写真:◆地物の車海老・・これも海老の旨み・甘さを感じて美味しい。赤酢のシャリとよく合います。 TTOAHISU - 料理写真:◆煮蛤・・立派な蛤ですこと。フックラ煮こまれていますし、ツメの味わいもいい品。 TTOAHISU - 料理写真:◆唐津の赤雲丹・・赤雲丹としては粒も揃いかなり上質な品。特有の甘みを感じて美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆対馬・穴子・・ゴールデン穴子ですね。フワフワです。 TTOAHISU - 料理写真:◆玉子焼き・・これもフワフワ。 TTOAHISU - 料理写真:デザート・・写真がぶれていてスミマセンm(__)m 桃のコンポートやブラマンジェなど桃づくし、どれもいいお味。 ◆珈琲 TTOAHISU - ドリンク写真:この日いただいたお酒。価格は外税。 ◆グラスワイン(1500円×2)・・スッキリした味わいで飲みやすい。 ◆紹興酒(500円) TTOAHISU - ドリンク写真:◆鍋島・雄町(1000円×2) ◆白ワイン・ブルゴーニュジョセフ ドルーアン(800円) TTOAHISU - ドリンク写真:◆鍋島(1000円)・・こちらは生酒。どちらも美味しいですが、雄町の方が好きかも。 ◆若波(800円) TTOAHISU - その他写真:◆主役のシェフの方々。掲載了解済。 左から「菊鮨のご主人」「巴蜀のオーナーシェフ」「トアヒスのオーナーシェフ」 TTOAHISU - その他写真:外観・内観 TTOAHISU - ドリンク写真:◆最初に「ビール(700円:税込)と安心院の白(価格不明)」を。 安心院は前回頂いた品よりもサッパリした味わいですね。前回の方が好きかも。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆そのあとは「赤」や「鍋島」を・・ 「鍋島」、開栓直後ということもありとても美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆スペシャリテの「Wコンソメ」・・少しずつお味を変えられているようで、鶏や香味野菜等に「あご出汁」も加えられたそう。 お味に深みがありいろんな旨みを感じて美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:*鰹自体も旨みを感じて美味しいですけれど、茗荷・葱油・熊本トマトのピューレ・ピ^ナッツ etc等で調味されいいお味ですよ。 TTOAHISU - 料理写真:*下にはコーヒーゼリー、カラスミ、パセリオイル、アーモンドソースなどが入っています。 ヴィシソワーズも濃厚で美味しいのですが、すべて混ぜると「絶品」以外の言葉がないですね。 TTOAHISU - 料理写真:◆パンは2種類・・上は牛乳パン。 下のパンは梅干し入りの米粉パン。何度か頂いていますが今回は上に「とろろこんぶ」がのせられていました。 イメージとしては「梅」+「米粉」+「とろろ昆布」で「おにぎり」だそうな TTOAHISU - 料理写真:*下には、車海老、ホワイトアスパラ、フランが入りいいお味ですね。 車海老もタップリ入っていますので「海老」の競演ですよ。海老好きですのでこれは嬉しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆筍のベニエ・・筍も旬ですね。揚げたてを食べてほしいとのこと。 TTOAHISU - 料理写真:*セモリナ粉を使用して揚げられているので衣は薄くてもサクサク。 筍もエグミが全くなく美味しい。下には「新玉ねぎのピューレ」と「ワカメ」を混ぜるという斬新なソースが・・ 新玉ねぎの軽い酸味が筍とよく合います。 TTOAHISU - 料理写真:◆金目鯛のグリル・・皮目はパリッと焼かれていますし、脂がのり美味しい。 「ネギ」「三つ葉」などが添えられ「サフランソース」がかけられていますが、このソースの味わいもいいこと。 TTOAHISU - 料理写真: TTOAHISU - 料理写真:◆急遽用意してくださった「馬肉」、カルパッチョ用なので少し噛みごたえがあるとの説明でしたが、 そうでもなく・・ クセがなく食べやすかったですし、豚よりこちらの方がよかったですね。 TTOAHISU - 料理写真:*キレイな馬肉ですし、赤ワインに色々加えられたソースが美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆アイスにメロンピューレをかけた品。 食後にアイスを頂くと、口の中がサッパリします。 TTOAHISU - 料理写真:◆ガトーショコラ・・私はお腹が一杯ですので、主人の分を多くしていただきました。 又改良されてお砂糖を使用されていないそうですが、チョコの風味を生かしながらもくどくない味わいでコレも美味しい。 ◆珈琲。 TTOAHISU - 料理写真:◆ダブルコンソメ こちらのスペシャリテ。 TTOAHISU - 料理写真:*立派な大きさですこと。車海老は甘みを感じ美味しい。 「根セロリのピューレ」と「みかんのソース」が添えられ、どちらもいいお味。 TTOAHISU - 料理写真:◆自家製米粉パン・・中に梅干しが入っています。 TTOAHISU - 料理写真:*柔らかく、噛むごとにお肉の旨みや甘みを感じます。 シェフの火入れも完璧で絶品。 TTOAHISU - 料理写真:◆ブルーチーズを使用したチーズケーキ&キャラメルアイス。 TTOAHISU - 料理写真:◆これもスペシャリテの粉ものを使用していない「チョコケーキ」 ◆チョコ苦手な友人には「ティラミス」 ◆珈琲。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆最初に「赤」やら「白」やら「日本酒」やら・・ TTOAHISU - ドリンク写真:◆次に別の「白」やら「赤」やら「日本酒」やら・・ TTOAHISU - その他写真:外・内観 TTOAHISU - その他写真:外・内観。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆まずは「シャンパン」から。ロゼとは珍しい。
少し辛口ですけれど、美味しい品。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆次に白を。甘口でとお願いしましたら「安心院の白ワイン」が出されました。◆その次に「赤」を TTOAHISU - 料理写真:◆最初に、こちらのスペシャリテ「Wコンソメ」 TTOAHISU - 料理写真:◆スペイン産フォアグラのお料理。上にはココアクッキーが飾られています。 TTOAHISU - 料理写真:*低温調理されたフォアグラは上質な旨みを感じて美味しい。 TTOAHISU - 料理写真:◆鰆のポアレ。ソースは「上州葱」の青い部分を使用したもの。 TTOAHISU - 料理写真:◆パンは2種類。「牛乳を使用し桜の葉の塩漬けが入った柔らかいパン」と「米粉試使用した梅干し入りのパン」 TTOAHISU - 料理写真:*肉質は柔らかく癖がないですね。
鹿肉はこれまで2度しか頂いたことがないのですが、美味しいと思えました。
*セロリが添えられています。 TTOAHISU - 料理写真:デザートは3種類。
◆ティラミス風・・・下にはアーモンドクッキーが敷かれ、マスカルポーネをタップリ使用した美味しい品。 TTOAHISU - 料理写真:◆洋梨とキャラメルのデザート。
これ美味しい。洋梨を赤ワインでコンポートされ、ヘーゼルナッツをキャラメリゼした品と共に頂きます TTOAHISU - 料理写真:◆最後はクリスマスらしく「ブッシュドノエル」をイメージしたロールケーキ。
生クリーム、タップリ。 TTOAHISU - その他写真:店内は落ち着いた印象のお洒落空間。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆暑い日ですのでまずは「ビール(700円)」を。
可愛いグラスですので、最初に頂くには丁度いい量かと。 TTOAHISU - ドリンク写真:◆次に「白ワイン」や「赤ワイン」を頂きながら・・ TTOAHISU - 料理写真:◆こちらの定番「スペシャリテのダブルコンソメ」、 TTOAHISU - 料理写真:◆天草の岩牡蠣。80度で5分加熱した品。巨峰のコンポートがのせられ、下には「レモンのグラニタ」が敷かれています。 TTOAHISU - 料理写真:◆トウモロコシのブランマンジェ・・トウモロコシは「肉醤」をかけながら焼いた「焼きトウモロコシ」と
滑らかな味わいのブラマンジェ、2種類のお味を楽しめますが、どちらも美味しい TTOAHISU - 料理写真:◆パンは2種類。
上:前菜用「桜のパン オ レ」下:お肉用「梅のパン オ リ」・ TTOAHISU - 料理写真:◆西米良サーモンのマリネ、黒ゴマソースで。 TTOAHISU - 料理写真:◆金目鯛のポアレ、冬瓜添え。 TTOAHISU - 料理写真:*金目鯛は丁寧にポアレした後、皮目をパリッと焼き上げられ食感もよく本来の旨みも感じ美味しい。
バジルソースと七味で頂くのですが、よく合います。 TTOAHISU - 料理写真:◆カマス・ジャガイモ・トマトのパイ TTOAHISU - 料理写真:◆メインは「宮崎産・ホルスタインフィレ」
ピーマンの炒め物が添えられ、ソースは「茄子・茗荷」を入れた赤ワインソース。 TTOAHISU - 料理写真:*とても柔らかくお肉の旨みを感じる品で、とても美味しい。
ソースも赤ワインベースですけれど、茗荷が入ることで和のテイストを感じ、いい味わいです。 TTOAHISU - 料理写真:◆キャラメルアイスとキャラメリゼしたナッツ
食後に冷たいアイスを頂くとホッとしますね。どちらのキャメル風味も好みです。 TTOAHISU - 料理写真:◆チーズケーキ・マンゴ添え
レアチーズケーキが滑らかでとても美味しい。マンゴも甘いですよ。 TTOAHISU - 料理写真:◆ガトーショコラ
◆珈琲 TTOAHISU - 料理写真:◆天草の岩牡蠣と柑橘を使用したお料理。
牡蠣は80度で蒸してあり、旨みが凝縮していますね。 TTOAHISU - 料理写真:◆大島トマトを使用したお料理 TTOAHISU - 料理写真:*トマトはコンフィされていますので、より甘く感じますね。
ジュレもトマトから作られ、アクセント的に「鮎の魚醤」が加えられています。 TTOAHISU - 料理写真:ゴボウのスープ、小松菜、マスタードソース添え。 TTOAHISU - 料理写真:*スープと言ってもピューレ上で濃厚なお味わいですので、ごぼうの旨みをより感じますね。
火を通した小松菜、ごぼうのピクルスなども入っています。 TTOAHISU - 料理写真:◆お料理に合わせた自家製パン。
中には梅が入っていて、美味しいパンです。
TTOAHISU - 料理写真:◆おいも豚のグリエ TTOAHISU - 料理写真:*肉質・焼き加減もいいですね。厚目にカットされているので「豚」の旨みを味わえます。 TTOAHISU - 料理写真:◆デザートは「メロン」「ジャージー牛乳のアイス」「梅のジュレ」など。
お食事の最後に頂くには、冷たい食感とメロンの甘さが丁度いい。
◆珈琲も美味しいこと。 TTOAHISU - ドリンク写真: TTOAHISU - その他写真:お洒落空間。壁画は福岡城の大手門。 TTOAHISU - その他写真:伺った日のランチメニュー
⇒もっと見る

TTOAHISUの口コミをもっと見る(52件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★☆4.5
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.5
夜:サービス  :〓〓〓〓4.5
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
夜:CP   :〓〓〓〓4.5
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★☆4.5
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.5
昼:サービス  :〓〓〓〓4.2
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
昼:CP   :〓〓〓〓4.5
昼:ドリンク  :〓〓〓〓4.0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥20,000~¥29,999
昼:¥6,000~¥7,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



misspepperさんの他のお店の口コミ
プレヴナンス (外苑前、青山一丁目、乃木坂/フレンチ)
「心づかい」という名前のフレンチで美味しいランチを・・
★★★★4.3
 2019/08

アンティカ・オステリア”トト” (大濠公園、唐人町/イタリアン、パスタ)
パスタが美味しいお洒落イタリアン
★★★☆3.8
 2019/08

ステーキハウス グルメ風月 ジ・オリジン (福岡空港/ステーキ)
メニュー写真とは別物でした・><
★★☆☆☆2.0
 2019/08

misspepperさんの口コミ一覧を見る(2802件)


TTOAHISUのその他の口コミ
トアヒス
ふくろう。(616)
★★★☆3.7
★★★★☆4.5
 2019/08

博多、和風な幅広い創作フレンチ『どこまでも無限の可能性に挑む料理(シェフ)・・・』
7070JAZZ(1515)
★★★★4.0
 2017/10

変更おすすめ♪牛肉の火入れが最&高のランチ
すっちゃら(1542)
★★★★4.4
 2019/06

⇒もっと見る(52件)
▲ページトップ



口コミ(52)写真メニュー
評価店舗情報地図


TTOAHISUトップ
食べログトップ
食べログ > 福岡 > 福岡市 > 大濠公園・ヤフードーム周辺 > TTOAHISU > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.