鮨 さかい

口コミ
7月のさかいさん
rtake57(215) [携帯電話番号認証済]
2019/07最終訪問
★★★★☆4.5
(詳しい評価)

★★★★☆4.5
2019/07訪問
博多に現れました。1か月ぶりのさかいさん。
今夜も2部、満席ですね。

さてドリンクは冷酒をおまかせでお願いした。
最初の冷酒は田中六五のアルコール13%の
原酒バージョン。
解説では地元糸島産の山田錦で醸す軽やかで
するりとのめる純米酒、香味穏やかですが、
口に含むと薄さや物足りなさとは無縁の充実した
旨味が広がるとのこと。
残念ながらもの足りなく感じました。

先付けは福岡県姫島の糸もずく酢。
葉室麟の小説では流刑の島として描かれている。

煮蛸は志賀島の蛸とのこと。
次の冷酒は三重県の而今特別純米、
これは美味しいですね。

お造りは対馬のヒラメ、舞鶴の鳥貝を
スダチと塩でいただいた。

次のおつまみはさかいさんの定番となった
毛ガニとウニ。
毛ガニは噴火湾、ウニは利尻島のバフンウニで、
土佐酢ジュレを敷いているので混ぜながら
いただきました。美味しい。

3番目の冷酒は宮城県の伯楽星純米吟醸
おつまみは蒸し鮑。香りと旨味が強くて
めちゃくちゃ美味しい。
鮑を蒸した汁は、鮑のエキスが満載ですね。

4番目の冷酒は青森県の田酒、
山田錦の父の短稈渡船(たんかんわたりぶね)、
母の山田穂(やまだぼ)の飲み比べだった。
違いは酔っぱらいにはわかりませんが。

おつまみは増毛のボタン海老と唐津の赤ウニ。
海老はヅケにしてあり旨味が強くウニはとろける
ようです。

次も酒肴で余市のあん肝に刻んだ奈良漬
御酒が進みすぎます。

5番目の冷酒は山形県の山形正宗
次も酒肴で鳥貝の肝たたきと何かだったかな。
さらに酒肴が出された。琵琶湖の鮎と鮑の肝
小ぶりの鮎の腸と鮑の肝のほろ苦さが絶好の
酒の肴ですね。

6番目の冷酒は鰻にあう愛媛県の石鎚純米槽搾り
土用酒です。
今日の鰻は熊本県の青鰻(海鰻)です。

口直しに泉州の水ナスが出されお寿司に。
まずアオリイカだ。ねっとりとして美味しい。
どちらかといえばパリパリした歯ごたえが
好みですが。
鱚の昆布〆

7番目の冷酒は富山県の勝駒純米
黒ムツは脂が乗って美味しい。
新子は11枚づけだ。
3回転なら、、、お疲れさまです。

8番目の冷酒は和歌山県の紀土純米吟醸
赤身のヅケ、トロ、じゃばらと鮪3連発
やま幸の札によると今日の鮪は境港、117kg
施網(まきあみ)とのこと。

9番目の冷酒は山形県のくどき上手純米吟醸
酒米は酒未来
寿司は鯵、車海老

10番目の冷酒は福岡県の三井の寿純米大吟醸
寿司はウニ、口直しのべったら漬

最後の冷酒は栃木県の鳳凰美田
煮蛤、味噌汁、手巻き寿司は鉄火巻きかな。
最後に干瓢巻と玉子焼きで満腹です。

この後、久しぶりにバーに寄ったので
酔ってしまい、記憶にございません。

ごちそうさまでした。

★★★★☆4.5
2019/06訪問
博多に現れました。
さかいさんで夕食をいただきました。
土曜日の夜で、19時半からの遅い部です。

さてご主人の口上で宴は始まりました。
ドリンクは冷酒をおまかせでお願いした。
まず福岡県の白糸45だった。

先付けは福岡県姫島の糸もずくです。
煮蛸は志賀島の蛸、あっさり、歯ごたえ。

お造りは福岡のヒラメと舞鶴の鳥貝。
肉厚の鳥貝はスダチと塩、ヒラメはわさびと醤油
でいただいた。

冷酒は奈良県のみむろ杉の
Dio Abita(ディオアビータ)無濾過原酒。
初夏の時期に相応しい低アルコールのお酒で、
酒米は全量山田錦とか。

おつまみは、さかいさんの定番、
噴火湾の毛ガニと余市のウニです。
余市のウニは良くなってきたとのことで、
甘くて美味しい。

煮鮑も素晴らしい。肉厚で香りと歯ごたえが
素晴らしい鮑ですね。
鮑の煮汁が別皿で出された。
鮑のエキスが詰まっていますね。

冷酒は三重県の而今純米吟醸。
さすが而今は美味しいです。

おつまみはボタン海老と唐津の赤ウニです。
塩とわさびでいただいた。

あん肝は余市です。とろけるようで、
素晴らしい。御酒にぴったりで進みます。

冷酒は福島県の飛露喜。
堺さんが酒肴にと、唐墨、ホタルイカ沖漬け、
鮑の肝の醤油漬けして干した物かな、
を出してくださった。
ますます御酒が進みます。

福岡県の青鰻白焼きをわさびでいただいた。
脂が乗り素晴らしい。

口直しに泉州の水茄子です。
さっぱりと脂を落としてくれました。

寿司ネタの準備も整ったようで、ここから
お寿司です。

冷酒は福井県の黒龍。
まずアオリイカ、歯ごたえが良いですね。

冷酒は宮城県の純米吟醸弥助です。
ダイセンの生ウニを披露していた。
見事なウニだ。
次は壱岐の縞鯵、素晴らしい大物です。
脂の乗りが凄い。
千葉県富津の黒ムツは、シャリの温度を高めに
しているので早く食べるよう注意されました。
すみません⤵️

冷酒は和歌山県の紀土純米吟醸。
コハダをいただくと、カウンターにやま幸の
黄色い札が置かれた。
今日の鮪は静岡県(70kg)と宮城県気仙沼(118kg)とのこと。

まずヅケは静岡県の鮪だ。
鮪とトロは気仙沼だったかな。
串に刺して笊に並べられた見事な車海老を披露
していた。

冷酒は福井県黒龍の九頭龍純米夏しぼりだった。
鯵は島根県浜田のどんちっち鯵だ。 富小路やま岸
さんでいただいた鰺ですね。
車海老は茹でたてが出されました。

冷酒は青森県の田酒。
生ウニは手渡しです。とろける。
口直しにべったら漬けをいただいた。
煮蛤も美味しい。
冷酒は広島県の寳剣。

ネギトロ巻きを手巻き寿司で。
干瓢巻きと玉子焼きでひととおり。
皆さん、お好みを追加されていましたが、
自分は満腹でむりでした。

ごちそうさまでした。

★★★★☆4.5
2019/02訪問
福岡にいます。
第2日目の夜はさかいさんにお伺いしました。
土曜日の夜の2部、19時半からです。

満席ですがヒコーキが遅れているようです。
さて冷酒は福岡県糸島の白糸酒造、シライト35
冷酒はグラスでいただきました。

おつまみは高知県ののれそれを甘酢のジュレ、
柚子と穂紫蘇で。酢が強いとのれそれが白くなる
から甘酢とのことです。

煮蛸は福岡の蛸です。
対馬のヒラメはスダチ、塩、わさびで。

冷酒は愛媛県の石鎚純米吟醸緑ラベル
噴火湾の毛ガニはスダチと柚子、穂紫蘇で。
定番ですね。

根室の鱈の白子はポン酢ではなく出汁漬けで。
ポン酢はえぐみが出るとか。
福岡県鐘崎の虎ふぐのお造りに島根県のあん肝、
福岡の鴨頭葱を乗せて。
残ったあん肝はワカメできれいにいただいた。
御酒が進みます。

冷酒は山口県の東洋美人純米一歩西都の雫。
蒸し鮑は唐津の鮑とのこと。煮鮑だったかも。

北海道余市のあん肝に刻んだ奈良漬は柚子の香り
もあり御酒が進みます。これも定番ですね。

冷酒は福島県の冩楽純米吟醸
フグの白子は蒸し煮かな。
対馬のノドグロ、紅瞳の西京焼きでおつまみは
終わりました。これからお寿司です。

冷酒は青森県の田酒純米
お寿司は烏賊、鰆かな。お隣と寿司屋の話に
夢中になりメモするのを忘れていました。
函館羽立水産のバフンウニを箱ごと見せてくれた
ので1枚撮りました。皆さん写真を撮っていた。

冷酒は香川県の悦凱陣赤磐雄町
寿司はコハダ、鮪の赤身、鮪のヅケ、鮪は築地の
石司から仕入れており今日の鮪は宮崎県油津で
144㎏とのこと。

丸々と太ったボタン海老を見せてくれた。
物によっては1尾5000円することもあるとか。

冷酒は滋賀県の松の司純米大吟醸Azolla50
Azollaとは水田や湖に浮かぶ浮き草の学名とか。
この浮き草が水面を覆うことで雑草への光を遮断
するため農薬に頼らず雑草の成長を抑える働きも
あるとか。

寿司は鮪のじゃばら、ボタン海老、煮蛤でした。

冷酒は宮城県の墨廼江純米
函館のバフンウニは手渡しと軍艦巻きで。
味噌汁、穴子、鉄火巻き、玉子焼きで満腹に
なりました。大満足です。
飲み過ぎましたが、熱燗を飲んでいなかった。

ごちそうさまでした。
次は新年度の予定がたたず、6月です。
近くのネッスンドルマに寄ってみましょう。

★★★★☆4.5
2018/10訪問
福岡に現れました。
10月の鮨さかいさんです。

先付けの黒豆の塩茹では福岡の八女産とのこと。
あっさり煮たタコは大分です。
おつまみは噴火湾の毛ガニ、
お造りは呼子の鯛です。薬味は塩とスダチ、
わさびと醤油ですが、やはり塩とスダチが
美味しいですね。
岩手県の筋子は新物で皮が感じられないほど
柔らかだった。

鱈の白子はポン酢ではなく出汁に漬けてあった。
出汁のほうが美味しいと。出汁も美味しい。
糸島の虎ふぐを鳥取のあん肝で和えて。
おつまみは蒸し鮑、余市のあん肝で御酒が進む。
対馬のブランドノドグロ紅瞳の味噌漬けは脂の
乗りがすごかった。
山口県産松茸の土瓶蒸しは出汁で御酒が進む。
寿司の準備が整ったようです。

寿司はヒラメから、白甘鯛は愛媛県、
コハダ、鮪は戸井、ヅケ、車海老、中トロ、
大トロ、鯵、べったら漬け、ウニ、穴子、
トロ鉄火巻き、〆は玉子焼き

冷酒は
①福岡県糸島の田中6513。
田中六五のアルコール分13度。
②三重県の而今純米。
③山口県の東洋美人ippo愛山。
④愛媛県の石鎚無濾過純米槽搾り。
⑤福島県の飛露喜特別純米。
⑥宮城県の日高見純米吟醸弥助。
⑦宮城県の綿屋純米吟醸阿波山田錦。
⑧福井県の黒龍純米吟醸三十八号。
⑨広島県の寳剣純米。
熱燗は
①奈良県生駒の菊司醸造のくらがり越え純米。
②奈良県生駒の菊司純米吟醸。

ごちそうさまでした。次回は2月です。




★★★★☆4.5
2018/07訪問
博多に現れました。

3か月ぶりです。楽しみにしていました。
土曜日の2回転目です。当然、満席ですね。

ご主人の堺さんから口上がありました。
食べて頂きたい魚をしっかりご用意しています。
約2時間おつきあい頂きたいと、堺劇場の開幕
です。いつもワクワクしますね。

ドリンクは冷酒をお任せでお願いしました。
熱燗用に悦凱陣や神龜もありますとのこと。
最初の冷酒は福岡県の白糸35だった。

おつまみは胡麻鯖の生寿司です。
博多湾志賀島の煮蛸は柔らかくて美味しい。

冷酒は三重県の而今ですね。
赤ウニと蒸し鮑はどちらも唐津産で同じ海藻を
食べているので相性が良いとか。
根室のエゾバフンウニと噴火湾の毛ガニにポン酢
のジュレ。豪華なコラボはもう定番ですね。

冷酒福島県の大七純米吟醸皆伝です。
対馬のイサキのヅケは香りと味が強いです。
五島のながす鯨のさえずり、鯨は久しぶりです。
増毛のボタン海老。

冷酒は山口県の東洋美人。
あん肝に刻んだ奈良漬けは御酒が進み過ぎます。
濃いので少しずつ召し上がってくださいとのこと。

冷酒は宮城県の伯楽星純米吟醸です。
鰻の白焼きは博多湾の青鰻で堺さん絶賛です。

今日の寿司ネタを準備する堺さんを肴に飲んで
おりました。
冷酒は滋賀県の松の司純米吟醸AZOLLAです。
さてお寿司の準備が出来たようです。

寿司はまずメイチ鯛、アオリイカのヅケ、
浜名湖の新子と続きました。

お寿司になったので御酒は熱燗にしましょう。
香川県の悦凱陣純米吟醸を熱燗でいただきました。
美味しい。神龜もあると言うので楽しみですね。

お寿司は中トロのヅケ、大トロです。
次の熱燗は埼玉県の神亀をお願いしが・・
残念です。どうしたのだろうか。

お寿司は鮪、車海老です。

熱燗は再度悦凱陣にしました。
お寿司は鰯、煮蛤、口直しのべったら漬け、
赤出汁でホッと一息です。

焼尻島のウニ、羽立水産の見事なウニです。
穴子でお寿司は終わりました。
最後は玉子焼きだった。満腹になりました。
とても美味しかったです。ご主人やスタッフ
の気づかいも申し分ありません。
同席したお客様からお聞きするお寿司屋さん
のお話も楽しかったです。

次回が楽しみです。
冷酒をグラス6杯、熱燗を3合いただいて
38500円。

★★★★☆4.5
2018/04訪問
博多の西中洲に現れました。
鮨さかいさんにお伺いしました。

最初の冷酒は三重県の而今、
富山湾の蛍烏賊に木の芽味噌、
煮蛸は志賀島の蛸、

冷酒②は福岡県糸島の田中三十五
唐津の赤ウニ、蒸し鮑、

冷酒③は秋田県の一拍水成、
お造りは、福岡県宗像市鐘崎の真子鰈、三河湾
の鳥貝、鰈は肝ポン酢でいただいた、
噴火湾の毛ガニ、ウニは国後島のばふんウニ、
ポン酢ジュレでいただきました。

冷酒④は宮城県の綿屋佐藤農場、
余市のあん肝をペーストにして奈良漬けを
刻み入れた絶品、御酒が進みすぎます。

冷酒⑤は福島県の飛露喜、
焼き物は福岡の甘鯛塩焼き、
肴はここまででした。

冷酒⑥は宮城県の墨廼江、
寿司はアオリイカのヅケ、対馬のノドグロ紅瞳、
天草のコハダ、

冷酒⑦は宮城県の日高見、
寿司はヅケと大トロ、鮪は千葉県勝浦だったかな、

冷酒⑧は広島県の寳剣、
寿司は中トロを軽くヅケにして、ボタン海老、
冷酒⑨は栃木県の旭興、
寿司は鯛かな、

冷酒⑩は奈良県の酒屋藤兵衛、
寿司はウニ、穴子、
〆は干瓢巻きと玉子焼き。
今回も美味しいつまみとお寿司をいただきました。
御酒も色々いただきました。グラスですから量は
それほどでもないかな。
でも熱燗を忘れていました。

次の予約は7月です。

ごちそうさまでした。

★★★★☆4.5
2018/01訪問
博多に現れました。

西中洲の鮨さかいさんにお伺いしました。
平日の二部、20時30分からです。

まず小ビールで喉を潤し、クールダウンです。

温かな白子すり流しで胃袋を温めます。
富山の白海老、塩加減が絶妙ですね。

長崎の煮蛸と唐津の蒸し鮑
煮た鱈の白子、出汁も美味しい。

お造りは長崎の鯛、銚子の鯖
噴火湾の毛蟹と厚岸のウニ、ぽん酢ジュレ

別府湾の虎ふぐと山形のあん肝、残ったあん肝
はワカメで絡めとります。美味しい。

余市のあん肝、素晴らしい。御酒が進みます。
焼き物はフグの白子です。熱々でとろりと
美味しいです。

さて、ここからお寿司です。

いつものように飲み過ぎで記憶が曖昧です。
写真をご覧くださいませ。

春子、天草のコハダ、ヅケ、車海老、煮蛤、
etc、ウニ、穴子、玉子焼き、干瓢巻きでした。

次回の予約をして帰りました。
ごちそうさまでした。

どこにも寄らず、何も買わずホテルに
戻りました。

★★★★★5.0
2017/12訪問
博多に現れました。

さかいさんにお伺いしました。
土曜日の二部、19時半からです。

今夜も満席です。

ドリンクのリクエストも終わり、皆様がおそろい
になると堺さんからあいさつがありました。

まず地元の煮蛸、志賀の島だったかな。お腹を温めて悪酔い防止にと、根室の鱈白子すり流し。

お造りはクエ、岡山のたいら貝ちょい炙り.薬味は塩、わさび、スダチです

新イクラの丼は皮を感じさせない柔らかさです。
毛蟹とウニにポン酢のジュレ、内子がたっぷり。

別府湾の虎ふぐと山形のあん肝、残ったあん肝にワカメを入れていただきました。

北海道余市のあん肝、対馬の鰹で御酒が進み過ぎました。唐墨はちょい炙りで。

フグ白子の炙りは寿司飯に乗せて。熱々だ。

ここからお寿司です。ヒラメ、対馬ののどぐろ、
天草のコハダ、大間の鮪、大トロはジャバラ、
とろけます。

八戸の鯖、車海老、鰆かな。味噌汁、煮蛤、
北海道の紫ウニ、対馬の穴子、
口直しに赤蕪、
玉子焼きと干瓢巻きで満腹です。

冷酒は
福岡県の田中六五
山口県の東洋美人
宮城県の綿屋
佐賀県の万齢
宮城県の伯楽星

熱燗は
青森県の田酒
香川県の悦凱陣×2


予約をお願いすると、1月下旬の金曜日の二部
が空いていました。20時半からです。

ごちそうさまでした。


★★★★☆4.5
2017/09訪問
博多に現れました。

鮨さかいさんに夕食をいただきにお伺いしました。

土曜日の遅い組にお伺いしましたが、満席ですね。

まず、飲み物を聞かれます。自重して生ビール小をいただきました。シャンパングラスです。

皆さんがそろわれたところで、召し上がっていただきたいものをたくさん用意してあります。二時間半ほどお付き合いください、と大将のあいさつがあります。

写真はOKとなりましたが、相客の興を削がないよう、控えめに無音で撮りました。

良い秋刀魚が入手できないので、脂が乗った根室の鰯とのこと。煮蛸、やっぱりお酒ください。
冷酒は地元の田中六十五をいただきました。一人なのでグラスです。

お造りは甘鯛です。塩とわさび、煎り酒でいただきました。増毛のボタン海老と根室の蝦夷馬糞ウニは海老を食べてもウニは少し残してくださいと。

噴火湾の毛蟹と唐津の赤ウニは土佐酢ジュレで。
どちらも濃厚で御酒が進みます。
冷酒は愛媛県の石鎚でした。

先ほどのボタン海老とウニ、海老を食べると生イクラと寿司飯を投入、生イクラはとろけるように柔らかく、皮の食感が全くない。まさに卵ですね。今日だけの食感とか。

蒸し鮑は唐津の鮑、お酒だけで蒸したとか。そのままでも美味しいが、肝ソースを付けていただくと濃厚な磯の香りがします。蒸し汁も残さずいただく。旨味が凝縮しています。

鮑の肝の醤油漬けは秀逸な酒の肴ですね。

大将が一番美味しいという、博多湾の海鰻、皮がパリパリですね。
冷酒は宮城県の伯楽星です。

お寿司は金目鯛の昆布〆、銚子の金目鯛です。
のどぐろは対馬のブランド、紅瞳です。

天草のコハダは一日寝かしたとか。
大間の鮪はヅケで。ヅケは大将の寿司飯と一番相性が良いとのこと。どちらも美味しい。思い出しても生唾が出てきます。

違った部位を味わっていただきますと、大間の鮪のトロ、鯖は鮪に負けないよう3日熟成させたと言われていたような。

博多湾の車海老、きれいなお寿司です。鰆のヅケはちょっと、藁かな、燻してあった。

煮蛤のあとは、口直しの泉州水茄子をいただいた。
北海道焼尻のウニ、ウニは一番良い季節なので、3種類を出していただいた。

味噌汁の出汁はボタン海老の頭とアラ。

干瓢巻きは硬めに戻した干瓢ですね。
海老すり身の玉子焼きで満腹になりました。
体調が万全ではなく、お酒が進まなかったのが残念ですが、記憶は残っていました。

寿司飯とネタの調和は完璧だとおもいます。
大将も、シャリに一番あうようにネタを調整していると言われていました。
スタッフの方との連携も素晴らしいです。

相客の方が次回の予約をされていましたので便乗しました。土曜日なら1月以降となるみたいですが、そこはお一人様です。スキマ狙いで年内の予約ができました。

ごちそうさまでした。バーやネッスンドルマに寄ることなく、おとなしくホテルに戻りました。



★★★★☆4.5
2017/03訪問
中隊長様と内容はほぼ同じです。写真がNGとなったので記憶にございません。美味しい酒肴に御酒が進みました。冷酒で田中六五、風の森、伯楽星、東鶴、万齢、熱燗で奈良萬、寳剣、神龜をいただきました。
▲ページトップ

鮨 さかい - 外観写真:この行灯を見るとワクワク 鮨 さかい - ドリンク写真:田中六五のAlc13%原酒バージョン!地元糸島産の山田錦で醸す軽やかでするりとのめる純米酒とのことですがなんだか物足りない 鮨 さかい - 料理写真:姫島の糸もずく酢 鮨 さかい - 料理写真:志賀島の蛸 鮨 さかい - ドリンク写真:三重県の而今特別純米 鮨 さかい - 料理写真:対馬のヒラメ、舞鶴の鳥貝 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛ガニ、利尻島のバフンウニ、土佐酢のジュレ 鮨 さかい - 料理写真:素晴らしい鮑 鮨 さかい - 料理写真:鮑の煮汁、エキス満載 鮨 さかい - ドリンク写真:青森県の田酒、山田錦の父、短稈渡船(たんかんわたりぶね)、母の山田穂(やまだぼ)、飲み比べ 鮨 さかい - 料理写真:増毛のボタン海老ヅケ、唐津の赤ウニ 鮨 さかい - 料理写真:酒肴は余市のあん肝に刻んだ奈良漬 鮨 さかい - 料理写真:酒肴は鳥貝の肝たたき 鮨 さかい - 料理写真:琵琶湖の鮎、鮑の肝 鮨 さかい - 料理写真:熊本の青鰻 鮨 さかい - ドリンク写真:海鰻に冷酒は、愛媛県の石鎚純米槽搾り土用酒 鮨 さかい - 料理写真:水ナス 鮨 さかい - 料理写真:アオリイカ 鮨 さかい - 料理写真:鱚の昆布〆 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は富山県の勝駒純米 鮨 さかい - 料理写真:黒ムツ 鮨 さかい - 料理写真:新子は11枚づけ、3回転でどれだけ捌いたのか、お疲れさま 鮨 さかい - 料理写真:新子は11枚づけ 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は和歌山県の紀土純米吟醸 鮨 さかい - 料理写真:赤身のヅケ 鮨 さかい - 料理写真:今日の鮪は境港 鮨 さかい - 料理写真:トロ 鮨 さかい - ドリンク写真:山形県のくどき上手純米吟醸酒未来 鮨 さかい - 料理写真:鮪のじゃばら 鮨 さかい - 料理写真:鯵 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - ドリンク写真:福岡県の三井の寿純米大吟醸 鮨 さかい - 料理写真:ウニ 鮨 さかい - 料理写真:口直しのべったら漬け 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は栃木県の鳳凰美田 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:味噌汁 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真:干瓢巻き 鮨 さかい - 料理写真:玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真:ビル1階の行灯 鮨 さかい - 内観写真:お店は靴を脱いで上がる 鮨 さかい - 料理写真:福岡県姫島の糸もずく 鮨 さかい - 料理写真:志賀島の蛸 鮨 さかい - 料理写真:福岡県のヒラメ、舞鶴の鳥貝 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛ガニと余市のウニ 鮨 さかい - 料理写真:鮑 鮨 さかい - 料理写真:鮑の煮汁 鮨 さかい - 料理写真:ボタン海老と唐津の赤ウニ 鮨 さかい - 料理写真:余市のあん肝 鮨 さかい - 料理写真:唐墨 鮨 さかい - 料理写真:ホタルイカの沖漬け 鮨 さかい - 料理写真:鮑の肝 鮨 さかい - 料理写真:青鰻の白焼き 鮨 さかい - 料理写真:泉州の水ナス 鮨 さかい - 料理写真:アオリイカ 鮨 さかい - 料理写真:縞鯵 鮨 さかい - 料理写真:富津の黒ムツ、シャリは熱め 鮨 さかい - 料理写真:コハダ 鮨 さかい - その他写真:今日の鮪はやま幸 鮨 さかい - 料理写真:ヅケは静岡県 鮨 さかい - 料理写真:鮪 鮨 さかい - 料理写真:トロ 鮨 さかい - 料理写真:鯵は島根県浜田のどんちっち鯵 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - 料理写真:ダイセンの生ウニ 鮨 さかい - 料理写真:ウニ 鮨 さかい - 料理写真:べったら漬け 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:ネギトロ巻き 鮨 さかい - 料理写真:干瓢巻き 鮨 さかい - 料理写真:玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - ドリンク写真:福岡県糸島のシライト35 鮨 さかい - 料理写真:のれそれ、甘酢ジュレ、柚子と穂紫蘇 鮨 さかい - 料理写真:煮蛸は福岡県のタコ 鮨 さかい - 料理写真:対馬のヒラメ、スダチ、塩、わさび 鮨 さかい - ドリンク写真:愛媛県の石鎚純米吟醸 鮨 さかい - 料理写真:北海道噴火湾の毛ガニ、スダチと柚子、穂紫蘇 鮨 さかい - 料理写真:鱈の白子出汁漬け、柚子とわさび 鮨 さかい - ドリンク写真:山口県の東洋美人純米一歩西都の雫 鮨 さかい - 料理写真:福岡県鐘崎の虎ふぐ、島根県のあん肝、鴨頭葱 鮨 さかい - 料理写真:あん肝にワカメ 鮨 さかい - 料理写真:蒸し鮑は唐津の鮑 鮨 さかい - 料理写真:北海道余市のあん肝には刻んだ奈良漬け 鮨 さかい - ドリンク写真:福島県の冩楽純米吟醸 鮨 さかい - 料理写真:フグ白子 鮨 さかい - 料理写真:対馬のノドグロ紅瞳の西京焼き 鮨 さかい - ドリンク写真:青森県の田酒純米 鮨 さかい - 料理写真:烏賊 鮨 さかい - 料理写真:鰆? 鮨 さかい - ドリンク写真:香川県の悦凱陣純米赤磐雄町 鮨 さかい - 料理写真:コハダ 鮨 さかい - 料理写真:鮪 鮨 さかい - 料理写真:鮪は宮崎県油津、144kg 鮨 さかい - ドリンク写真:滋賀県の松の司純米大吟醸AZOLLA50 鮨 さかい - 料理写真:じゃばら 鮨 さかい - 料理写真:ボタン海老 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - ドリンク写真:宮城県の墨廼江純米 鮨 さかい - 料理写真:北海道のバフンウニ 鮨 さかい - 料理写真:バフンウニ 鮨 さかい - 料理写真:バフンウニ軍艦巻き 鮨 さかい - 料理写真:穴子 鮨 さかい - 料理写真:鉄火巻き 鮨 さかい - 料理写真:玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真:ビル1階の行灯 鮨 さかい - その他写真:19時30分からの2回目、準備が整うまで待ち合いで待機 鮨 さかい - 内観写真:内観 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は田中65/13 鮨 さかい - 料理写真:八女の黒豆塩茹で 鮨 さかい - 料理写真:大分の蛸、あっさり塩茹で 鮨 さかい - ドリンク写真:三重県の而今純米 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛ガニ 鮨 さかい - 料理写真:呼子の鯛 鮨 さかい - 料理写真:筋子 鮨 さかい - ドリンク写真:山口県の東洋美人ippo愛山 鮨 さかい - 料理写真:鱈の白子出汁漬け 鮨 さかい - 料理写真:糸島の虎ふぐと鳥取のあん肝 鮨 さかい - ドリンク写真:愛媛県の石鎚無濾過純米槽搾り 鮨 さかい - 料理写真:蒸し鮑 鮨 さかい - 料理写真:北海道余市のあん肝 鮨 さかい - ドリンク写真:福島県の飛露喜特別純米 鮨 さかい - 料理写真:紅瞳(ノドグロ)の味噌漬け 鮨 さかい - ドリンク写真:宮城県の日高見純米吟醸弥助 鮨 さかい - その他写真:土瓶蒸し 鮨 さかい - 料理写真:松茸は山口産 鮨 さかい - 料理写真:ヒラメ 鮨 さかい - 料理写真:白甘鯛 鮨 さかい - ドリンク写真:宮城県の綿屋純米吟醸阿波山田錦 鮨 さかい - 料理写真:コハダ 鮨 さかい - ドリンク写真:福井県の黒龍純米吟醸三十八号 鮨 さかい - 料理写真:戸井の鮪ヅケ 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - 料理写真:鮪 鮨 さかい - ドリンク写真:広島県の寳剣純米 鮨 さかい - 料理写真:トロ 鮨 さかい - ドリンク写真:奈良県の菊司くらがり越え 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - ドリンク写真:奈良県生駒市の菊司純米吟醸 鮨 さかい - 料理写真:鰆 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真:ウニ 鮨 さかい - 料理写真:穴子 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真:玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真:鮨さかいさん外観 鮨 さかい - ドリンク写真:福岡県糸島の白糸35 鮨 さかい - 料理写真:胡麻鯖の生寿司 鮨 さかい - 料理写真:志賀島の蛸 鮨 さかい - ドリンク写真:三重県の而今 鮨 さかい - 料理写真:赤ウニと蒸し鮑はどちらも唐津 鮨 さかい - 料理写真:エゾバフンウニと毛ガニ、豪華なコラボ 鮨 さかい - ドリンク写真:福島県の大七 鮨 さかい - 料理写真:対馬のイサキ 鮨 さかい - 料理写真:五島のナガス鯨のさえずり 鮨 さかい - 料理写真:増毛のボタンエビ 鮨 さかい - ドリンク写真:山口県の東洋美人 鮨 さかい - 料理写真:あん肝に奈良漬け 鮨 さかい - ドリンク写真:宮城県の伯楽星 鮨 さかい - 料理写真:博多湾の青鰻 鮨 さかい - 料理写真:今日のネタ 鮨 さかい - ドリンク写真:滋賀県の松の司 鮨 さかい - 料理写真:メイチ鯛 鮨 さかい - 料理写真:アオリイカのヅケ 鮨 さかい - 料理写真:浜名湖の新子 鮨 さかい - ドリンク写真:香川県の悦び凱陣 鮨 さかい - 料理写真:中トロのヅケ 鮨 さかい - 料理写真:大トロ 鮨 さかい - ドリンク写真:埼玉県の神龜 鮨 さかい - 料理写真:鮪 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - ドリンク写真:熱燗は悦凱陣 鮨 さかい - 料理写真:鰯 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤、べったら漬け 鮨 さかい - 料理写真:赤出汁 鮨 さかい - 料理写真:羽立水産の焼尻島のウニ 鮨 さかい - 料理写真:焼尻島のバフンウニ 鮨 さかい - 料理写真:穴子 鮨 さかい - 料理写真:玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真:3か月ぶりのさかいさん。土曜日の遅い部です。さかいさんの行灯を見るとワクワクしますね。 鮨 さかい - 料理写真:富山湾の蛍烏賊、木の芽味噌 鮨 さかい - 料理写真:煮蛸、志賀島の蛸とか。 鮨 さかい - 料理写真:唐津の赤ウニ、蒸し鮑 鮨 さかい - 料理写真:お造りは鐘崎のまこ鰈、三河湾の鳥貝、鰈の肝ポン酢 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛ガニ、ウニは国後島のばふんウニ 鮨 さかい - 料理写真:余市のあん肝に奈良漬け、御酒が進む 鮨 さかい - 料理写真:福岡の甘鯛 鮨 さかい - 料理写真:アオリイカのヅケ 鮨 さかい - 料理写真:対馬のノドグロ 鮨 さかい - 料理写真:天草のコハダ 鮨 さかい - 料理写真:ヅケ 鮨 さかい - 料理写真:大トロ 鮨 さかい - 料理写真:中トロヅケ 鮨 さかい - 料理写真:ボタン海老 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:ウニ 鮨 さかい - 料理写真:穴子 鮨 さかい - 料理写真:干瓢巻き、玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真:ごちそうさまでした。次は7月 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - ドリンク写真:小ビールでクールダウン、昼酒の酔いを洗い流しました。 鮨 さかい - 料理写真:温かな白子のすり流し 鮨 さかい - 料理写真:富山の白海老 鮨 さかい - 料理写真:蛸と唐津の蒸し鮑 鮨 さかい - 料理写真:固形の白子です。煮出汁も美味しい。 鮨 さかい - 料理写真:長崎の鯛と銚子の鯖 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛蟹と厚岸のウニ 鮨 さかい - 料理写真:別府湾のフグと山形のあん肝 鮨 さかい - 料理写真:残ったあん肝にワカメ 鮨 さかい - 料理写真:余市のあん肝 鮨 さかい - 料理写真:フグ白子 鮨 さかい - 料理写真:生姜 鮨 さかい - ドリンク写真:熱燗は青森県の田酒 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 料理写真: 鮨 さかい - 外観写真:1階の行灯、お店は2階です。 鮨 さかい - 外観写真:鮨さかいさん 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は福岡県の田中六五 鮨 さかい - 料理写真:煮蛸、志賀の島だったかな。 鮨 さかい - 料理写真:白子のすり流し。 鮨 さかい - 料理写真:クエ、岡山のたいら貝ちょい炙り。 鮨 さかい - 料理写真:新イクラ 鮨 さかい - 料理写真:カニとウニ 鮨 さかい - 内観写真:冷酒は宮城県の綿屋 鮨 さかい - 料理写真:別府湾の虎ふぐの身皮にあん肝のソース 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は佐賀県の万齢 鮨 さかい - 料理写真:北海道余市のあん肝 鮨 さかい - 料理写真:対馬の鰹 鮨 さかい - 料理写真:唐墨の炙り 鮨 さかい - ドリンク写真:冷酒は宮城県の伯楽星 鮨 さかい - 料理写真:フグ白子の炙り 鮨 さかい - 料理写真:ヒラメ 鮨 さかい - ドリンク写真:熱燗は青森県の田酒 鮨 さかい - 料理写真:対馬ののどぐろ 鮨 さかい - 料理写真:天草のコハダ 鮨 さかい - 料理写真:大間の鮪 鮨 さかい - ドリンク写真:熱燗は香川県の悦凱陣 鮨 さかい - 料理写真:大間の鮪大トロジャバラ 鮨 さかい - 料理写真:八戸の鯖 鮨 さかい - 料理写真:車海老 鮨 さかい - 料理写真:何だったかな。 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:北海道の紫ウニ 鮨 さかい - 料理写真:対馬の穴子 鮨 さかい - 料理写真:赤蕪 鮨 さかい - 料理写真:干瓢巻きと玉子焼き 鮨 さかい - その他写真: 鮨 さかい - ドリンク写真:生ビール小はシャンパングラス 鮨 さかい - 料理写真:秋刀魚が入手できないので脂が乗った根室の鰯、煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:甘鯛はわさびと塩、煎り酒 鮨 さかい - 料理写真:増毛のボタン海老と根室の蝦夷馬糞ウニ 鮨 さかい - 料理写真:噴火湾の毛蟹と唐津の赤ウニ 鮨 さかい - ドリンク写真:愛媛県の石鎚 鮨 さかい - 料理写真:蝦夷馬糞ウニに新イクラ、皮が全くないような食感 鮨 さかい - 料理写真:酒だけで蒸した唐津の鮑 鮨 さかい - 料理写真:鮑の肝醤油漬け 鮨 さかい - 料理写真:博多湾の海鰻 鮨 さかい - ドリンク写真:宮城県の伯楽星 鮨 さかい - 料理写真:銚子の金目鯛 鮨 さかい - 料理写真:のどぐろ、対馬の紅瞳 鮨 さかい - 料理写真:天草のコハダ 鮨 さかい - 料理写真:ヅケ、大間 鮨 さかい - 料理写真:トロ、大間 鮨 さかい - 料理写真:鯖 鮨 さかい - 料理写真:博多湾の車海老 鮨 さかい - 料理写真:鰆 鮨 さかい - 料理写真:煮蛤 鮨 さかい - 料理写真:水茄子 鮨 さかい - 料理写真:焼尻のウニ 鮨 さかい - 料理写真:穴子 鮨 さかい - 料理写真:干瓢巻き、玉子焼き 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - 外観写真: 鮨 さかい - その他写真:
⇒もっと見る

鮨 さかいの口コミをもっと見る(104件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★☆4.5
夜:料理・味 :
夜:サービス  :
夜:雰囲気 :
夜:CP   :
夜:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:
昼:料理・味 :
昼:サービス  :
昼:雰囲気 :
昼:CP   :
昼:ドリンク  :
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥40,000~¥49,999
昼:-
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



rtake57さんの他のお店の口コミ
喫茶・軽食 ヨシダ (山陽明石、明石、人丸前/喫茶店、洋食、明石焼き)
銀座のカフェでモーニング
★★★☆☆3.2
 2019/09

匠 進吾 (青山一丁目、外苑前、乃木坂/寿司)
いつも美味しい進吾さん
★★★★☆4.5
 2019/09

シルクロード・タリムウイグルレストラン (初台、参宮橋、都庁前/アジア・エスニック料理(その他)、西アジア料理(その他))
シルクロードの料理をいただきました
★★★☆☆3.0
 2019/09

rtake57さんの口コミ一覧を見る(873件)


鮨 さかいのその他の口コミ
完成度は秀逸!
cdmaryu(905)
★★★★☆4.7
★★★★☆4.7
 2018/08

チームさかい。
ingridb(1151)
★★★★☆4.9
★★★★☆4.9
 2019/08

納得のいいお店です。
wkpar719(11)
★★★★★5.0
 2019/08

⇒もっと見る(104件)
▲ページトップ



口コミ(104)写真メニュー
評価店舗情報地図


鮨 さかいトップ
食べログトップ
食べログ > 福岡 > 福岡市 > 天神周辺 > 鮨 さかい > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.