ハイクオリティシーズナルレストラン
グランド ダイア

口コミ
水口シェフの創り出す 素敵なフレンチの世界を 超お値打ちに楽しませて頂きました。幸せ感じます。 ψ(*^O ^*)ψ♪
こうじろちゃん(2536) [携帯電話番号認証済]
2020/11最終訪問
★★★★☆4.8
★★★★☆4.5
(詳しい評価)

★★★★☆4.8
2020/11訪問
11月3日(火・文化の日)のこと・・・、
ささしまライブに在る グローバルゲート 3F の
人気フレンチ店 “グランド ダイア”
家内と伺いました。

今回は、超お値打ちな 5,000円(税別)の
ディナーコースを見つけました。

本日は、家内も一緒にワインを
楽しめるように、名古屋駅まで電車で
そこからは 徒歩でやって参りました。

わたし達は、前回と同じ
入って左側の 通路に面した
スモークのかかった全面ガラス近くの
4人用テーブル席へ案内されました。

少し明かりを落として、白と黒を基調にした
お洒落で 落ち着いた 大人の雰囲気の店内には、
印象的な円(ドーナツ)型の白いカウンター席と、
4人用テーブル席×3、4人用丸テーブル席×2
がソーシャルディスタンスを保って並んでいます。

衛生面もしっかりしてみえますネ!

スタッフさん方の対応も心地よく、
まずは、飲み物をお願いします。

わたし達が グラスワインを お願いすると、
ソムリエが ワインの好みを聞いてくれます。

赤ワインが好きな わたし達は、
赤ワインを お願いしました。

提供して頂いたのは、
家内が・・・、

◎ CHATEAU LYNCH BAGES FAMILLE J・M・CAZES PAUILLAC 2015(シャトー・ランシュ・バージュ):ポイヤックで5級に格付けされる赤ワインで、グラスに注ぐと 素晴らしい香りが辺りに広がります。 KK.アサヒビール アルコール13%。

わたしは・・・、

◎ SANTENAY LUCIEN MUZARD & FILS 2017(リュシアン ミュザール エフィス):バランスの良いブルゴーニュの赤ワインです。美味しく頂きました。

ふたりで乾杯をして・・・、
コースの始まりです。

それでは、本日 頂いたお料理を
紹介させて頂きますネ!

<アミューズ>
● 秋の食材料理を庭園の様に:

 ・愛知県幸田産和栗の焦がしバターポタージュ 秋の薫り。
 ・イタリア産ポルチーニ茸とマッシュルームのキッシュ。
 ・鴨もも肉を低温脂でしっとりと火を入れ、安納芋・北海道産ネギコンフィをクミン風味で巻き上げたフレンチダッグ。
 ・秋の親子丼「北海道産イクラとサーモンと新米のマリネ。
 ・北海道産生ウニ・卵を合わせた卵液に漬け込んだウニ風味のフレンチトーストをキャビアと共に。
 ・甘酸っぱい紅玉りんごのコンフィ:60℃で牛乳・月桂樹・柑橘でマリネした鴨フォアグラのムース最中。
 ・イタリア産黒トリュフ・北海道産発酵バター・愛知産卵・イタリア産パルミジャーノチーズを湯煎でゆっくり火を入れた濃厚ムースビーツコルネ。
 ・ダイア名物のパテ・カン:豚・牛・鶏・レバー・砂肝をゴツゴツニ仕上げた自慢の一品。

● パン:ふんわりとしたパンを美味しく頂きます。

<前菜>
● -198℃のサラダフラワー・北海道釧路産秋刀魚とモッツァレラチーズと生ハムのフリット ビーツとスダチのサラダ仕立て:
色鮮やかな赤いビーツが印象的で茗荷やスナップエンドウも使われたシャキシャキ食感のサラダにエディブルフラワーが綺麗に散りばめられています。液体窒素が注がれて幻想的な一皿です。

家内が羨ましくて・・・、
わたしも、ここで、
◎ CHATEAU LYNCH BAGES FAMILLE J・M・CAZES PAUILLAC 2015
を頂きました。

<魚料理>
● フランスの19世紀後半フランス料理人アドルフ=デュグ、レレが考案したコクのあるソースを使用した、白ワイン・バターで仕上げた真鱈のクラシカルなフランス料理
です。濃厚でとてもクリーミー、白身魚に良く合っていて、とても美味しいですョ!

ここで、わたしは・・・、

◎ Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ! わたしの好みのタイプの赤ワインです。

<肉料理>
● フランス最高峰料理・北海道産牛フィレ肉とフォアグラと黒トリュフのロッシーニ仕立て トリュフのペリグーソース +3,500円:
目の前でこれでもかと言うほど摩り下ろしてもらえる黒トリュフの香りが素晴らしいです! 牛フィレ肉はレア感満載で、とても柔らかですネ! フォアグラと黒トリュフと共に 口のなかで蕩けますョ! 素晴らしいの一言です。

<デザート>
● 和栗のクレーム・ブリュレ:

ラム酒の栗クリーム、バニラアイスに飾られた
紅い花びらは、フランボワーズカシスソルベを
目の前で削って、振りかけて 美味しく、
美しく出来上がりです!

● お菓子のなる木:

 インパクト絶大のデザートの樹ですネ!
 ほうじ茶アイス・カヌレ・無花果マカロン・
 パートドフリュイベルガモットシトロンが
 美味しくなっている楽しい樹ですョ!

● コーヒー or 紅茶 +600円:

 コーヒー・紅茶・エスプレッソから
 美味しいコーヒーを頂きました。
 試験官立ての様な、お洒落な容器
 ミルクとシュガーが提供されます。


本日も、通常では伺うことができない
ビックリする様なサービス料金で
“グランドダイア” の素晴らしい
ディナーを頂くことができました。

また、分かりやすい お料理の説明と、
素敵なワインを提供して頂きました。

わたし達の ワインの好みを確認して、
適切なチョイスと、ソムリエの
活舌の良い、分かりやすい解説、
ジョークを交えたフレンドリーで
とても気持の良い対応をして頂き、
家内と共に、素敵な夜の ひと時を
過ごすことができました。

素晴らしいお料理とサービスに感謝! 感謝! です。

それでは、また 2月に伺いますネ!
ご馳走様でした。

★★★★☆4.5
2020/09訪問
9月20日(日)、家内と
ささしまライブに在る グローバルゲート 3F
人気フレンチ店 “グランド ダイア”
ランチで伺いました。

“グランド ダイア” の お昼のコースは、
通常 5,000円程からですが、
9月末までの期間限定で、なんとォ!
2,800円(税別)とお値打ちな
“プリフィックスコース” を提供されています。

前回に続いて、
家内も一緒にワインを楽しめるように
電車と徒歩でやって参りました。

わたし達は、入って左側で
スモークのかかった全面ガラス近くの
通路に面した4人用テーブル席へ案内されました。

少し明かりを落として、白と黒を基調にした
お洒落で 落ち着いた 大人の雰囲気の店内には、
印象的な円(ドーナツ)型の白いカウンター席と、
4人用テーブル席×3、4人用丸テーブル席×2 が
ソーシャルディスタンスを保って、
ゆったりと並んでいます。

衛生面もしっかりしてみえますネ!

スタッフさん方の対応も心地よく、
まずは、飲み物をお願いします。

“プリフィックスコース” は、アミューズ、前菜を4種から一品、
メイン料理を6種から一品チョイスして、
パン、デザート と コーヒー or 紅茶 の ランチコースです。

わたし達が グラスワインを お願いすると、
ソムリエが ワインの好みを聞いてくれます。

わたし達が好きな 赤ワインを
初めから グラスでお願いしました。

提供して頂いたのは、
ふたり共・・・、

◎ CHATEAU CHANTELUNE MARGAUX 2016(シャトー・シャントリュヌ マルゴー2016):ラベルに描かれているのは、月に向かって歌っているオオカミだそうです。♪♫ 華やかな アロマ & ブーケもステキです。 ボディーも有り、ふくよかな味わいに ほど良いタンニンを感じます。 酸味と渋みが丁度良く バランスの良いマルゴーの赤ワインですネ! お勧めですョ!

ふたりで乾杯をして・・・、
コースの始まりです。

それでは、本日 頂いたお料理を
紹介させて頂きますネ!

<アミューズ>
● 愛知県幸田産 和栗のポタージュ:


 熱し過ぎて、和栗の甘みを損わない様に、
 40℃ほどの暖かさで提供されます。

 栗のお味を活かしたポタージュに
 エスプーマがトッピングされています。

 名古屋も、ここのところ 少し涼しくなり、
 和栗の温かいポタージュで、秋を感じますネ!

● パン:ハード系のパンをバターで頂きます。

<前菜・私>
● 激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に:


 グツグツと音を立てながら運ばれてくる
 北海道産の青ツブ貝は、パセリ ニンニクと
 スペインのオリーブオイルの
 味付けで、マッシュルームと一緒に、
 とても柔らかな エスカルゴの様に
 仕上げられています。

 焼いたパンが お皿に3本添えられ、
 パセリガーリックバターに浸しながら
 美味しく頂きます。

 この一皿だけでも
 お腹に かなりズッシリしますョ!

 ボディーの有る 赤ワインが良く合います! (嬉)

<前菜・家内>
● ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース:


 良く脂がのり、トロリとした食感の
 ノルウェー産サーモンの 自家制マリネが、
 フェンネル、茗荷、レタス、トレビス、
 パプリカ、トマト、エンドウ、ビーツ で
 トマトバジルソースの サラダ仕立てにされ、
 葡萄の酢、シェリービネガー、蜂蜜、
 ニンニクのオイル、オリーブオイル、
 サフランのマヨネーズがかけられています。

 新鮮な グリーンの野菜に、
 細長く刻まれたビーツの 綺麗な赤色と
 サフランマヨネーズのイエローが 印象的な、
 とても美しく、美味しい、存在感のある一皿です。

 特に女性には、お勧めですョ!


ここで、わたしは・・・、

◎ Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ! わたしの好みのタイプの赤ワインです。


<メイン料理・私>
●北海道産牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て トリュフ入りマデランソース +3,800円:


 北海道出身の水口シェフの想いも有るのでしょうか?
 美しい赤色に仕上げられた 厚みのある
 やわらかで、お肉の旨味が濃厚に詰まった
 北海道産 牛フィレ肉が 2枚と、
 蕩ける食感のフォアグラ 2切れの周りを
 シメジ、人参、スナップエンドウ、蕪、
 ジャガイモのピューレが飾られています。

 実に 美味しいです!

<メイン料理・家内>
● 師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリとサフランのクリームソース:


 師崎産真鯛のポワレは、鯛のカマに近い
 よく脂がのった部位が使われています。

 パリッと焼き上げられた真鯛の皮には、
 アサリの出汁をベースにした
 濃厚なサフランクリームソースに
 ミルクエスプーマがかけられ、
 エディブルフラワーが綺麗に飾られています。

 うぅ~ん! 美味しィ~ッ! 


<デザート>
● 温州みかんのコンポート ジャスミンアイスのジェラートとミントのジュレ:


 コンポートされた温州ミカンに
 ジャスミンの香るアイスクリームが
 良く似合います。

 赤紫蘇の穂(花)が美しく飾られています。

● コーヒー or 紅茶:美味しいコーヒーを頂きました。
  試験官立ての様な、お洒落な容器でミルクとシュガーが提供されます。


本日も、通常では伺うことができない
ビックリする様な特別なサービス料金で
“グランドダイア” の素晴らしい
お料理を頂くことができました。

また、分かりやすい お料理の説明と、
ワインのチョイスをして下さいました。

わたし達の ワインの好みを確認して、
適切なチョイスと、
活舌の良い、分かりやすい解説、
ジョークを交えたフレンドリーで
とても気持の良い対応をして頂き、
家内と共に、素敵なお昼の ひと時を
過ごすことができました。

特に 本日は、水口シェフからも
お料理の説明を頂き、とても感激しました。

グランドダイアのみなさんの
素晴らしいサービスに感謝です!

それでは、また 伺いますネ!
ご馳走様でした。

★★★★4.2
2020/08訪問
8月29日(日)、家内と
ささしまライブに在る グローバルゲート 3F
人気フレンチ店 “グランド ダイア”
伺いました。

“グランド ダイア” の お昼のコースは、
通常 5,000円程からですが、
9月末までの期間限定で、なんとォ!
2,800円(税別)とお値打ちな
“プリフィックスコース” を提供されています。

前回は、車で伺いましたが、
本日は、家内も一緒にワインを
楽しめるように 電車と徒歩でやって参りました。

わたし達は、前回と同じ
入って左側の 通路に面した
スモークのかかった全面ガラス近くの
4人用テーブル席へ案内されました。

少し明かりを落として、白と黒を基調にした
お洒落で 落ち着いた 大人の雰囲気の店内には、
印象的な円(ドーナツ)型の白いカウンター席と、
4人用テーブル席×3、4人用丸テーブル席×2
がソーシャルディスタンスを保って並んでいます。

衛生面もしっかりしてみえますネ!

スタッフさん方の対応も心地よく、
まずは、飲み物をお願いします。

本日は、アミューズ、前菜を4種から一品、
メイン料理を6種から一品チョイスして、
パン、デザート と コーヒーor紅茶 の ランチコースです。

わたし達が グラスワインを お願いすると、
ソムリエが ワインの好みを聞いてくれます。

わたし達は、始めからコッテリとした
お料理をチョイスして、
赤ワインを お願いしました。

提供して頂いたのは、
家内が・・・、

◎ BENANTI ETNA ROSSO 2017(ベナンティ エトナ ロッソ):イタリア シチリア島で造られる赤ワインで、島の東部に在る “エトナ火山” の名の付いています。 “エトナ ロッソ” は 地中海のブルゴーニュと呼ばれ、エレガントな香りが特徴です。 ワインをグラスに注ぐと、ナニナニ?って思うほど 辺りにステキな香りが広がります。 やや強い酸味を感じますが、お料理と共に頂くと丁度良い酸味に感じられます。

わたしは・・・、

◎ CRU BOURGEOIS CHATEAU PEYREDON LAGRAUETE 2015 HAUT MEPOC(シャトー ペイルドン ラグラヴェット):ボルドー オーメドック のブルジョア級の赤ワインで、しっかりとしたボディーを感じられ、美味しく頂きました。

ふたりで乾杯をして・・・、
コースの始まりです。

それでは、本日 頂いたお料理を
紹介させて頂きますネ!

<アミューズ>
● 長野県産グリーンアスパラの冷製ポタージュ:


 冷製ポタージュに長野県産の
 グリーンアスパラがカットして
 使われています。
 トッピングされた ホワイトエスプーマと
 ポタージュスープをよく混ぜて頂きます。

 氷水の入った硝子の器で
 冷たぁ~く冷やされて、
 名古屋の蒸し暑い夏に
 ピッタリな冷製ポタージュです。

● パン:バケット系のパンをバターで美味しく頂きます。

<前菜・私>
● ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ:
 

 ズ~ンと肉感とオイリーなお味を感じる
 濃厚で しっとりとした舌触りの パテに
 刻んだエシャロットベースのラヴィゴットが塗られ、
 ピンクペッパーが飾られています。

 お好みに合わせて、練り辛子を付けて頂きます。

 茗荷、ゴーヤ、赤パプリカ、エンドウ、
 ニンジン、サニーレタス が添えられています。

 ボディーの有る 赤ワインが良く合いますョ! (嬉)

<前菜・家内>
● 激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に:


 グツグツと音を立てながら運ばれてくる
 北海道産ツブ貝は、パセリ ガーリックバターの
 味付けで、マッシュルームと一緒に、
 とても柔らかな エスカルゴの様に
 仕上げられています。

 焼いたパンが お皿に3本添えられ、
 パセリガーリックバターに浸しながら
 美味しく頂きます。

 この一皿だけでも
 お腹に かなりズッシリしますョ!

ここで、わたしは・・・、

◎ Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ! わたしの好みのタイプの赤ワインです。


<メイン料理・私>
● 愛知県半田産豚肩ロース肉の炭火焼き 徳島県産実山椒入りソース ~お味噌のアクセント~:


 3切れの 半田産豚肩ロース肉は、
 かなりボリューミーで、
 55℃で低温調理してから 遠火でじっくりと
 炭火焼きにされています。
 お肉のなかが綺麗な薄ピンクに仕上がっていますネ!

 黄爵、ベビーリーフ、蕪、人参 etc.
 が綺麗に添えられています。

<メイン料理・家内>
● パリパリに仕上げた愛知県産金爽鶏モモ肉ソテー ~森のスタイル~ ポルチーニ茸クリームソース:


 愛知県産金爽鶏モモ肉を
 旨味タップリで、ジューシーに
 焼き上げてあります。

 ドライフラワー様な 金時草(キンジソウ)が
 飾られ、ビジュアルも良いですネ!

 ポルチーニ茸クリームソースが
 クリーミーで、またまた美味しいですョ!

<デザート>
● 桃の赤ワインコンポート ベルヴァンヌアイス アングレーズとフランボワーズソース:


 桃の赤ワインコンポートに
 牛乳、砂糖、卵黄で造られた
 ベルヴァンヌアイスと 焼きメレンゲが
 トッピングされ、チョコが飾られています。
 アングレーズとフランボワーズのソースで頂きます。

● コーヒー or 紅茶:美味しいコーヒーを頂きました。
  試験官立ての様な、お洒落な容器でミルクとシュガーが提供されます。


本日も、通常では伺うことができない
ビックリする様なサービス料金で
“グランドダイア” の素晴らしい
お料理を頂くことができました。

また、分かりやすい お料理の説明と、
ワインのチョイスをして下さいました。

わたし達の ワインの好みを確認して、
適切なチョイスと、
活舌の良い、分かりやすい解説、
ジョークを交えたフレンドリーで
とても気持の良い対応をして頂き、
家内と共に、素敵なお昼の ひと時を
過ごすことができました。

素晴らしいサービスに感謝です。

それでは、また 伺いますネ!
ご馳走様でした。

★★★★☆4.6
2020/07訪問
7月26日(日)、ずっと訪れたかった
ささしまライブに在る グローバルゲート 3Fの
人気フレンチ店 “グランド ダイア”
家内と伺いました。

“グランド ダイア” の お昼のコースは、
通常 5,000円程からですが、
8月末までの期間限定で、なんとォ!
2,800円(税別)の “プリフィックスコース”
を 発見ッ!

こォ~れは、好い機会と、
早速、予約をさせて頂きました!

グローバルゲートから 西方向に在る
ささしまライブパーキング 200円/hr へ
車を停めて、12:00 に入店すると、
わたし達は、入って左辺りの
ゆったりとした4人用テーブル席へ
案内されました。

少し明かりを落として、白と黒を基調にした
お洒落で 落ち着いた 大人の雰囲気の店内には、
印象的な円(ドーナツ)型の白いカウンター席と、
4人用テーブル席×2、4人用丸テーブル席×2
がソーシャルディスタンスを保って並んでいます。

衛生面もしっかりしてみえますネ!

スタッフさん方の対応も心地よく、
まずは、飲み物をお願いします。

本日は、アミューズ、前菜を4種から一品チョイス、
メイン料理を6種から一品チョイス、パン、
デザート と コーヒーor紅茶 の ランチコースなので、
わたしが グラスワインを お願いすると、
ソムリエが ワインの好みを聞いてくれます。

わたしは、始めから肉系のお料理を頂きたいので、
ボディーの有る しっかりとした渋みを感じられる
赤ワインを お願いしました。

提供して頂いたのは・・・、

◎ Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と非常に高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ! わたしの好みのタイプの赤ワインです。

家内は・・・、
脱アルコールワインの
◎ CARL JUNG CHARDONNAY(カール ユング シャルドネ):厳選されたシャルドネ酒だけを使用して造られた白ワインからアルコール分を除去した本格的脱アルコールワインです。

ふたりで乾杯をして・・・、
コースの始まりです。

それでは、本日 頂いたお料理を
紹介させて頂きますネ!

<アミューズ>
● 宮崎県産ゴールドラッシュの冷製ポタージュ:

 生でも食べられる 甘ぁ~いトウモロコシ
 “ゴールドラッシュ” の入った 冷製ポタージュは、
 トウモロコシの芯で出汁を取ってあり、
 カリっと揚げたエシャロットと
 ホワイトエスプーマがトッピングされています。

 香りづけに、オリーブオイルがかけられ、
 クリーミーなスープに エシャロットの食感が
 アクセントになっていて とても美味しいですネ!

 ペンタスの紅い花が 綺麗に飾られ、
 氷水の入った硝子の器で つめたぁ~く冷やされています。
 名古屋の この蒸し暑い夏に
 ピッタリな冷製ポタージュです。

● パン:バターや、お料理の 美味しいソースと共に頂きますネ!

<前菜・わたし>
● ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ:
 

 ズ~ンと肉感とオイリーなお味を感じる
 濃厚で しっとりとした舌触りの パテに
 刻んだエシャロットベースのラヴィゴットが塗られ、
 ピンクペッパーが飾られています。

 お好みに合わせて、練り辛子を付けて頂きます。

 茗荷、ゴーヤ、赤パプリカ、エンドウ、
 ニンジン、サニーレタス が添えられています。

 ボディーの有る 赤ワインが良く合いますョ! (嬉)

<前菜・家内>
● ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース:


 良く脂がのり、トロリとした食感の
 ノルウェー産サーモンの 自家制マリネが、
 フェンネル、茗荷、レタス、トレビス、
 パプリカ、トマト、エンドウ、ビーツ で
 トマトバジルソースの サラダ仕立てにされ、
 サフランのマヨネーズがかけられています。

 新鮮な グリーンの野菜に、
 細長く刻まれたビーツの 綺麗な赤色と
 サフランマヨネーズのイエローが 印象的な、
 とても美しく、美味しい、存在感のある一皿です。

 特に女性には、お勧めですョ!

<メイン料理・わたし>
● 香高いタスマニア産仔羊背肉のロースト ペルシャ-ド風ジュ・ダニョ胡桃風味:


 タスマニア産仔羊背肉は、
 ペルシャ―ド(香草パン粉を塗す)して
 ローストしてあり、その肉質は ミルキーでジューシー、
 脂身は上品な甘みが感じられます。

 仔羊の骨と野菜で出汁を取り、胡桃のオイルで繋いだ
 ジュー・ド・アニョウのソースが
 そのお味を引き立てていますネ!

 黄爵 でしょうか? 黄色のジャガイモ、アスパラ、
 シメジ、エシャロット、スナップエンドウ が添えられ、
 クレソンがトッピングされています。

 ナイフとフォークで上品に
 仔羊の背肉のローストを頂いた後には、
 骨の部分を ワイルドに手で持って、
 骨の周りの味の滲みた お肉を
 ガブリッと 最後まで頂きます!

 肉好きな方なら、きっと
 病みつきになる お味ですョ!

<メイン料理・家内>
● 師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース


 師崎産真鯛のポワレは、鯛のカマに近い
 よく脂がのった部位が使われています。

 パリッと焼き上げられた真鯛の皮には、
 アサリの出汁をベースにした
 濃厚なサフランクリームソースに
 ミルクエスプーマがかけられ、
 エディブルフラワーが綺麗に飾られています。

 うぅ~ん! 美味しィ~ッ!

 最後は・・・、
 パンに サフランクリームを
 タップリとつけて楽しみました!

<デザート>
● 大人気! バスクチーズケーキと乳酸アイス マンゴーとフランボワーズソース:


 クリームチーズと生クリームで蕩ける様で
 しっとり なめらかなバスクチーズケーキと
 ヨーグルトのアイスクリームに、
 抹茶のチョコレートがトッピングされています。

 黄色のマンゴーソースと、紅いフランボワーズソース、
 パッションフルーツが 彩を添えています。

● コーヒー or 紅茶:美味しいコーヒーを頂きました。
  試験官立ての様な、お洒落な容器でミルクとシュガーが提供されます。


通常では、伺うことができない
サービス料金で “グランドダイア”の
素晴らしい お料理を頂くことができ、
大満足です!

入店から終始、ソムリエが お料理の提供と説明と、
ワインのチョイスをして下さいました。

わたし達の ワインの好みを確認して、
適切なチョイスと詳しい解説、
活舌の良い、分かりやすい料理の説明、
ジョークを交えたフレンドリーで
とても気持の良い対応をして頂き、
家内と共に、素敵なお昼の ひと時を
過ごすことができました。

8月中に、再度伺いたいものです。

素晴らしいサービスに感謝します。
ご馳走様でした。
▲ページトップ

グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<前菜>-198℃のサラダフラワー・北海道釧路産秋刀魚とモッツァレラチーズと生ハムのフリット ビーツとスダチのサラダ仕立て:色鮮やかな赤いビーツが印象的で茗荷やスナップエンドウも使われたシャキシャキ食感のサラダにエディブルフラワーが綺麗に散りばめられています。液体窒素が注がれて幻想的な一皿です。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<肉料理>フランス最高峰料理・北海道産牛フィレ肉とフォアグラと黒トリュフのロッシーニ仕立て トリュフのペリグーソース +3,500円:目の前でこれでもかと言うほど摩り下ろしてもらえる黒トリュフの香りが素晴らしいです! 牛フィレ肉はレア感満載で、とても柔らかですネ! フォアグラと黒トリュフと共に 口のなかで蕩けますョ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:家内のメイン:ノドグロのアメリケーヌソース。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:和栗のクレーム・ブリュレ。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:北海道産牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て トリュフ入りマデランソース +3,800円。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:デザート:温州みかんのコンポート ジャスミンアイスのジェラートとミントのジュレ。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:愛知県半田産豚肩ロース肉の炭火焼き 徳島県産実山椒入りソース ~お味噌のアクセント~。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:パリパリに仕上げた愛知県産金爽鶏モモ肉ソテー ~森のスタイル~ ポルチーニ茸クリームソース。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:桃の赤ワインコンポート ベルヴァンヌアイス アングレーズとフランボワーズソース。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:前菜・わたし:ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・わたし:香高いタスマニア産仔羊背肉のロースト ペルシャ-ド風ジュ・ダニョ胡桃風味。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:宮崎県産ゴールドラッシュの冷製ポタージュ。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - その他写真:乾杯ッ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:CHATEAU LYNCH BAGES FAMILLE J・M・CAZES PAUILLAC 2015(シャトー・ランシュ・バージュ)。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:CHATEAU LYNCH BAGES FAMILLE J・M・CAZES PAUILLAC 2015(シャトー・ランシュ・バージュ)。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:SANTENAY LUCIEN MUZARD & FILS 2017(リュシアン ミュザール エフィス)。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:SANTENAY LUCIEN MUZARD & FILS 2017(リュシアン ミュザール エフィス)。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<アミューズ> 秋の食材料理を庭園の様に。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<前菜>-198℃のサラダフラワー・北海道釧路産秋刀魚とモッツァレラチーズと生ハムのフリット ビーツとスダチのサラダ仕立て:色鮮やかな赤いビーツが印象的で茗荷やスナップエンドウも使われたシャキシャキ食感のサラダにエディブルフラワーが綺麗に散りばめられています。液体窒素が注がれて幻想的な一皿です。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<魚料理>フランスの19世紀後半フランス料理人アドルフ=デュグ、レレが考案したコクのあるソースを使用した、白ワイン・バターで仕上げた真鱈のクラシカルなフランス料理です。濃厚でとてもクリーミー、白身魚に良く合っていて、とても美味しいですョ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<魚料理>フランスの19世紀後半フランス料理人アドルフ=デュグ、レレが考案したコクのあるソースを使用した、白ワイン・バターで仕上げた真鱈のクラシカルなフランス料理です。濃厚でとてもクリーミー、白身魚に良く合っていて、とても美味しいですョ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:パン:ふんわりとしたパンを美味しく頂きます。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<肉料理>フランス最高峰料理・北海道産牛フィレ肉とフォアグラと黒トリュフのロッシーニ仕立て トリュフのペリグーソース +3,500円:目の前でこれでもかと言うほど摩り下ろしてもらえる黒トリュフの香りが素晴らしいです! 牛フィレ肉はレア感満載で、とても柔らかですネ! フォアグラと黒トリュフと共に 口のなかで蕩けますョ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:<肉料理>フランス最高峰料理・北海道産牛フィレ肉とフォアグラと黒トリュフのロッシーニ仕立て トリュフのペリグーソース +3,500円:目の前でこれでもかと言うほど摩り下ろしてもらえる黒トリュフの香りが素晴らしいです! 牛フィレ肉はレア感満載で、とても柔らかですネ! フォアグラと黒トリュフと共に 口のなかで蕩けますョ!     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真: グランド ダイア - 料理写真:家内のメイン:ノドグロのアメリケーヌソース。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.11.03 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:和栗のクレーム・ブリュレ。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:和栗のクレーム・ブリュレ。     2020.11.03 グランド ダイア - その他写真:和栗のクレーム・ブリュレ。     2020.11.03 グランド ダイア - その他写真:お菓子のなる木。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:お菓子のなる木。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:お菓子のなる木。     2020.11.03 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲートの入り口。     2020.11.03 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:愛知県幸田産 和栗のポタージュ。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:愛知県幸田産 和栗のポタージュ。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:愛知県幸田産 和栗のポタージュ。     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:ワインで乾杯!     2020.09.20 グランド ダイア - ドリンク写真:CHATEAU CHANTELUNE MARGAUX 2016(シャトー・シャントリュヌ マルゴー2016):ラベルに描かれているのは、月に向かって歌っているオオカミだそうです。 華やかなブーケ&アロマもステキです。ボディーも有り、ふくよかな味わいに ほど良いタンニンを感じます。 酸味と渋みが丁度良く バランスの良いマルゴーの赤ワインです。      2020.09.20 グランド ダイア - ドリンク写真:CHATEAU CHANTELUNE MARGAUX 2016(シャトー・シャントリュヌ マルゴー2016):ラベルに描かれているのは、月に向かって歌っているオオカミだそうです。 華やかなブーケ&アロマもステキです。ボディーも有り、ふくよかな味わいに ほど良いタンニンを感じます。 酸味と渋みが丁度良く バランスの良いマルゴーの赤ワインです。      2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:パン:ハード系のパンをバターで頂きます。     2020.09.20 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ!     2020.09.20 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル):スーパースパニッシュと言われる新時代のスペインワインを手掛けるファンヒルの限定ワイン。モナストレル種を主体にボディーの有る 濃厚なワインに仕上がっています。 アルコール度も15.5% と高く、コク、渋み、酸味のバランスも程良く、フルーティーな香りが素晴らしいですネ!     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:北海道産牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て トリュフ入りマデランソース +3,800円。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:北海道産牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て トリュフ入りマデランソース +3,800円。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:北海道産牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ仕立て トリュフ入りマデランソース +3,800円。     2020.09.20 グランド ダイア - 料理写真:デザート:温州みかんのコンポート ジャスミンアイスのジェラートとミントのジュレ。     2020.09.20 グランド ダイア - ドリンク写真:ホットコーヒー。     2020.09.20 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:これからランチコースの始まりです。     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:“プリフィックスコース”     2020.09.20 グランド ダイア - メニュー写真:“プリフィックスコース”     2020.09.20 グランド ダイア - メニュー写真:お昼のドリンクメニュー。     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:水口シェフと一緒に 記念の撮影をさせて頂きました。(シェフの了承を頂いています)     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 5F 屋上庭園からのロケーション。     2020.09.20 グランド ダイア - その他写真:ワインで乾杯!     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:長野県産グリーンアスパラの冷製ポタージュ。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:長野県産グリーンアスパラの冷製ポタージュ。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:長野県産グリーンアスパラの冷製ポタージュ。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:BENANTI ETNA ROSSO 2017(ベナンティ エトナ ロッソ)。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:BENANTI ETNA ROSSO 2017(ベナンティ エトナ ロッソ)。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:激熱!北海道産ツブ貝とマッシュルームのエスカルゴ風 こだわりパンと共に。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:パン。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:CRU BOURGEOIS CHATEAU PEYREDON LAGRAUETE 2015 HAUT MEPOC(シャトー ペイルドン ラグラヴェット)。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:CRU BOURGEOIS CHATEAU PEYREDON LAGRAUETE 2015 HAUT MEPOC(シャトー ペイルドン ラグラヴェット)。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:前菜・私:ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:パリパリに仕上げた愛知県産金爽鶏モモ肉ソテー ~森のスタイル~ ポルチーニ茸クリームソース。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:愛知県半田産豚肩ロース肉の炭火焼き 徳島県産実山椒入りソース ~お味噌のアクセント~。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・私:愛知県半田産豚肩ロース肉の炭火焼き 徳島県産実山椒入りソース ~お味噌のアクセント~。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:桃の赤ワインコンポート ベルヴァンヌアイス アングレーズとフランボワーズソース。     2020.08.29 グランド ダイア - 料理写真:桃の赤ワインコンポート ベルヴァンヌアイス アングレーズとフランボワーズソース。     2020.08.29 グランド ダイア - ドリンク写真:コーヒー。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲートの入り口。     2020.08.29 グランド ダイア - 外観写真:グランド ダイアの店舗。     2020.08.29 グランド ダイア - 外観写真:グランド ダイアの店舗入り口。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:今からランチコースが始まります。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:店内の様子。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 3F の園芸店。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 3F の様子。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 5F のガーデン。 休憩のできるテーブルも有ります。     2020.08.29 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 5F のガーデンからの眺望。     2020.08.29 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.07.26 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:これから ”限定ランチコース” の始まりです。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:ソムリエのサービス。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:乾杯ッ!     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:宮崎県産ゴールドラッシュの冷製ポタージュ。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:アミューズ:宮崎県産ゴールドラッシュの冷製ポタージュ。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:前菜・家内:ノルウェー産 自家制サーモンマリネのサラダ仕立て トマトバジルソース。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:赤ワイン:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:赤ワイン:Fuangil Blue Label JUMILLA 2017(ファンヒル ブルーラベル)。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:前菜・わたし:ビストロダイア名物! 豚肉と牛肉と砂肝とレバーのパテ・ド・カンパーニュ。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:パン。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・家内:師崎産真鯛のポワレ 愛知県アサリのサフランクリームソース。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:脱アルコールワイン:CARL JUNG CHARDONNAY(カール ユング シャルドネ)。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:脱アルコールワイン:CARL JUNG CHARDONNAY(カール ユング シャルドネ)。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・わたし:香高いタスマニア産仔羊背肉のロースト ペルシャ-ド風ジュ・ダニョ胡桃風味。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:メイン料理・わたし:香高いタスマニア産仔羊背肉のロースト ペルシャ-ド風ジュ・ダニョ胡桃風味。     2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:水。     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真:     2020.07.26 グランド ダイア - 料理写真: グランド ダイア - 料理写真:ミルク & シュガー。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:ホットコーヒー。     2020.07.26 グランド ダイア - ドリンク写真:ホットコーヒー。     2020.07.26 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.07.26 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.07.26 グランド ダイア - 内観写真:店内の様子。     2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:ランチの途中、トイレに立つとナプキンが整えてありました。     2020.07.26 グランド ダイア - メニュー写真:お昼限定 ドリンクメニュー。     2020.07.26 グランド ダイア - メニュー写真:8月末までの期間限定 ランチ “プリフィックスコース” 2,800円(税別)。      2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:”GRAND DIA”     2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 3F の風景。     2020.07.26 グランド ダイア - その他写真:グローバルゲート 3F からの風景。     2020.07.26
⇒もっと見る

グランド ダイアの口コミをもっと見る(108件)

[*]<前の口コミへ|次の口コミへ>[#]


この口コミの詳しい評価
■各項目の評価
夜:総合評価:★★★★☆4.8
夜:料理・味 :〓〓〓〓4.8
夜:サービス  :〓〓〓〓4.0
夜:雰囲気 :〓〓〓〓4.0
夜:CP   :〓〓〓==3.6
夜:ドリンク  :〓〓〓〓4.4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼:総合評価:★★★★☆4.5
昼:料理・味 :〓〓〓〓4.5
昼:サービス  :〓〓〓〓4.4
昼:雰囲気 :〓〓〓〓4.2
昼:CP   :〓〓〓〓4.0
昼:ドリンク  :〓〓〓〓4.2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■使った金額
夜:¥10,000~¥14,999
昼:¥6,000~¥7,999
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これらの口コミは、ユーザの方々お食事された当時の内容に基づく主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
▲ページトップ



こうじろちゃんさんの他のお店の口コミ
乙味 あさ井 (新栄町、高岳、栄町/割烹・小料理、そば、魚介料理・海鮮料理)
家族との貸し切り会で頂く 素晴らしいお料理の数々・・・、幸せ感じます! ψ(*^O ^*)ψ♪
★★★★☆4.9
★★★★★5.0
 2021/01

THE GATEHOUSE (名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋/フレンチ、ビストロ、ダイニングバー)
"THE GATEHOUSE" 窓辺の席から 名古屋の夜景を眺めながらディナーを楽しみました! ψ(...
★★★★4.3
★★★★4.0
 2021/01

ビストロ セルクル (高畑、荒子、八田(名古屋市営)/フレンチ、ビストロ)
お値打ちなコースと 丁寧な対応が嬉しい ”BISTRO CERCLE” でフルコースディナーを楽し...
★★★☆3.8
 2021/01

こうじろちゃんさんの口コミ一覧を見る(1073件)


グランド ダイアのその他の口コミ
クリスマスコース
@ara(646)

 2020/12

料理という名のエンターテイメント!
ジャン・ダラリン(126)
★★★★4.3
 2020/12

大ちゃんのダイアはやはり美味
大きなやまちゃん(2877)
★★★★☆4.6
 2020/11

⇒もっと見る(108件)
▲ページトップ



口コミ(108)写真メニュー
評価店舗情報地図


グランド ダイアトップ
食べログトップ
食べログ > 愛知 > 名古屋市 > 名古屋駅周辺 > グランド ダイア > 口コミ詳細

(c)Kakaku.com, Inc.